人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 24日

Nさんちの岩場「セロトニン」5.11cd→b

Nさんちの岩場で2年前に設定したのに、たまに来てはTRで触るだけで、ちっともリードトライをせずに放置していた左カンテラインがやっとルートになりました。
初登は残念ながら、わしではなく、ちょっと前から一緒に触っていたytさんです。
Nさんちの岩場「セロトニン」5.11cd→b_e0064783_20575266.jpg
実は昨日、わしもリードトライしようと思い、ytさんを誘ったのですが、既に登られていることを知りませんでした。
話を聞いてみると、ytさんはムーブが繋がったらすぐリードトライに切り替え、3便で落としたということでした。
わーやられた!温めすぎた!と思いました。
こうなったら何でもありで、ytさんにタクティクスを色々教えてもらい、わしも宿題を片付けることができ、セロトニン出まくり~。
夜はうまい酒が飲めました。

グレードは、わしもytさんもあまり自信はありませんが、右のシンクラックの「どんぐりと山猫」11bとの比較です。
なかなか楽しいルートになったと思います。

初登時に「コシアブラ」と命名してたのが、わけあって「どんぐりと山猫」に改名
Nさんちの岩場「セロトニン」5.11cd→b_e0064783_21280569.jpg
Nさんちの岩場「セロトニン」5.11cd→b_e0064783_21281680.jpg
「よろしい。しづかにしろ。申しわたしだ。このなかで、いちばんえらくなくて、ばかで、めちやくちやで、てんでなつてゐなくて、あたまのつぶれたやうなやつが、いちばんえらいのだ。」(宮沢賢治「どんぐりと山猫」より、山猫の判決)


あとは真ん中か・・・。





by s_space_s | 2018-10-24 20:13 | クライミング | Comments(0)


<< 千鳥橋の川下にて      スプートニクの恋人 >>