blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 14日

鋳物ホーロー鍋

関市にある刃物工場、ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパンのチラシが新聞の折込に入っていました。
かみさんが、切れなくなった包丁を買い換えたいというので、最大80%オフに惹かれて、見に行ってきました。

工場の事務所の3階が会場で、関連会社の製品も含めおしゃれで機能的そうな台所用品が所狭しと積まれていました。
40%~80%オフの札が貼ってあります。
こういう物に関心がないので、定価の設定が妥当なのかは分かりませんが、オフとか言われると弱い。
お客さんは趣味の良さそうなご夫婦も多かったけど、若い女性が多いのが目につきました。
わしみたいに、ジャージの上下とサンダル履きの人はいませんでした。

まずは、60%オフの包丁とキッチンバサミをゲット。
ヘンケルスの4千円ぐらいのものですが、昼に冷麦たべるのにネギを切ったら、むちゃくちゃ良く切れました。
目的の商品を買ったらすぐ帰ればいいのに、なんとなく見て歩いていたら、会場の中央に沢山積まれたフライパンや鍋が気になりました。
良さそうに見えたのが、全体が鋳物で作られた鍋。
石窯に入れたら料理のレパートリーが広がるような気がしました(かみさんが)。
お値段を見てびっくり。中ぐらいので、うん万円もします。

年に何回使うかわからないけど、デザインも気に入ったのでフランス製のSTAUBの鍋を買ってしまいました。
e0064783_10424999.jpg
早速、添付のレシピ本を見て、かみさんがズッキーニ、ナス、トマト、セロリなどの煮込み料理を作ってくれました。
重い蓋に秘密があるらしく、水も入れないので素材の味が出ていて、おいしかったです。
多分、次の出番は正月のような気がしますけど。


PS
めったに出番はないかと思ったら、連日、これ使った料理が食卓に出てます。
レンコンとゴボウのカマンベールチーズ煮とか、焼きリンゴとか・・・




[PR]

by s_space_s | 2018-11-14 20:39 | 日常 | Comments(0)


<< 岩でできたアーチ橋      やっぱりここがいいのだに >>