人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 03日

Bohemian Rhapsody

中学の時、友達が「キラー・クイーン」とか良いと言っていたけど、そのころはウイングスのほうが好きだった。
大学生まで自転車小僧だったので、「バイシクル・レース」は気になったけど、あんなジャケットとプロモーションビデオとは知らんかった。
Bohemian Rhapsody_e0064783_11235240.jpg
フレディ・マーキュリーがインド人だったのも知らんかった。


この映画は単純にクイーンの音楽を楽しむ映画だ。
"Bohemian Rhapsody" のレコード収録シーンや、ズンズンチャの "We Will Rock You" 誕生エピソードなど、ファンでなくても楽しめるシーンがどんどん出てきて退屈しない。

中でも1985年7月13日に開催された「20世紀最大のチャリティーコンサート」ライヴエイドのシーンが凄かった。
2つのメイン会場のうちイギリスのウェンブリー・スタジアムが細部まで忠実に再現されているらしい。
楽屋で出番を待つシーンでダイアー・ストレイツの "Sultans Of Swing" が流れてきたのがリアルだった。

ライヴエイドで演奏された6曲のうち4曲が再現された。
Bohemian Rhapsody
Radio Ga Ga
Hammer To Fall(これ知らんかった)
Crazy Little Thing Called Love(カット)
We Will Rock You(カット)
We Are The Champions
フレディが自分のHIV感染を自覚していたという設定なので、歌詞とパフォーマンスが重なって涙腺が緩んでしまった。

エンドロールに本物のライブ映像で ”Don’t Stop Me Now" が流れるのであるが、ファンでないわしには、ラミ・マレック演ずるフレディに慣れてしまって、本物のパフォーマンスがおかしく感じて、涙腺を元にもどすのにはよかった。


2018年 イギリス・アメリカ映画 ブライアン・シンガー監督





by s_space_s | 2018-12-03 12:44 | 映画 | Comments(0)


<< ビーコン練習会やります。      冬支度 >>