人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 11日

岩村の三森山1100.7m

日本中が寒波に襲われた12月の第2土日で旅行を兼ねて岩村の三森山へ行ってきました。
雪はありませんでしたが、たくさん着込んで歩いていても体が温まらないほど寒かったです。

第1版の「岐阜県の山」には取り上げられていたけど、第2版からは落とされた山で、気になっていました。
東濃の山らしくヒノキの植林主体の山です。
三十三の石仏、何ヵ所かの展望地、イワカガミのすごい群落などあって、楽しめる山だと思いました。
三森神社の参道から登り、三森山を時計回りに縦走し、鈴ヶ根からダムに下るコースで4時間ぐらいです。

登山口よりかなり手前にある一番目の石仏
多くの石仏は寛政7~9年(1795年ごろ)に建立されたもの。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11081391.jpg
登山口の鳥居
しめ縄が低いのは頭を下げさせるため?

岩村の三森山1100.7m_e0064783_11083168.jpg
石仏は2体並んでいる所が多い。
右の石板は案内板で文政4年(1821年)に設置されたもの。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11083174.jpg
色んな表情やお姿の石仏があって、登りでも退屈しない。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11083147.jpg
赤松の大木が多い。
七本松と命名されていた大木は立ち枯れて倒れてしまっていた。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11083024.jpg
石造りの水舟
横の沢から水がひいてあるが、枯れていた。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11091281.jpg
そのすぐ先に大規模林道の工事中
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11091263.jpg
三森神社は寛永17年(1640年)に開山された由緒ある神社
恵那山で天照大神がお産したときに臍の緒を切った神鎌が納められていたという。
現在の社屋は平成2年に建て替えられたもの。
左の建物は避難小屋で、真ん中に囲炉裏があり、快適そうだった。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11091118.jpg
神社の奥の展望地からは農村景観日本一の眺め
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11091262.jpg
神社の水舟の水が固く氷っていた。

岩村の三森山1100.7m_e0064783_11103967.jpg
三森山の三角点に向かう道

岩村の三森山1100.7m_e0064783_11103975.jpg
左観音という標識があったので寄ってみる。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11103950.jpg
奥の院には観世音菩薩が祀られている。
貞享3年(1686年)に建立された古いものらしい。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11112402.jpg
イワカガミの群落の中に立つ石仏
開花の時期には見事だろう。

岩村の三森山1100.7m_e0064783_11112469.jpg
三森山は、いい感じのピーク

岩村の三森山1100.7m_e0064783_11112380.jpg
せっかくなので三十三番の観音様に会いに行く。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11121246.jpg
その奥には帝釈天

岩村の三森山1100.7m_e0064783_11121248.jpg
お社の前で温かい飲み物を作って休憩した。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11121207.jpg
水晶山へ向かう尾根は、最初、急な痩せ尾根で注意
図根三角点のある辺りからは笹の林床の広い尾根となる。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11121291.jpg
鈴ヶ根展望地手前に仮設トイレがあった。
展望地からは三河湾が望まれる。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_10093718.jpg
岩村ダムへの緩やかな尾根は昔からの道のようで、石仏もある。
岩村の三森山1100.7m_e0064783_11131426.jpg
広くて歩きやすい道

岩村の三森山1100.7m_e0064783_11133164.jpg
お昼過ぎに下山し、宿に向かいました






by s_space_s | 2018-12-11 17:43 | 山登り | Comments(0)


<< 岩村観光(城址は東洋のマチュピ...      最近読んだ本(羊をめぐる冒険、... >>