人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 13日

立山山麓の与四兵衛山623m

国立登山研修所で開催された積雪期登山基礎講習会に行ってきました。
那須の雪崩事故をうけて、高校の山岳部等を指導される先生方に積雪期登山技術の指導方法とリスク管理を学んでいただく講習会でした。
中でも、多くの時間が当てられたのが、「積雪と雪崩」「雪崩サーチ&レスキュー」に関する講習。
S講師から雪崩捜索救助(AvSAR:アブサー)の最新情報も取り入れた講義と実技講習があり、わし自身も勉強になりました。
S講師の作成した資料は、そのうちヤマケイにも掲載されるそうですよ。

アブサーについては、日本雪崩捜索救助協議会から詳しいマニュアルが公開されています。

わしが担当した班は、高校の先生ではなく山岳会や登山用品店からみえた方々でした。
講習は研修所の周辺地形を利用した模擬的なものだったので、一緒に担当したY講師との相談で、やっぱ「どこか山に登ったほうがいいよね。」ということになり、選んだのが研修所から3キロほど西にある与四兵衛山でした。
立山山麓の与四兵衛山623m_e0064783_10554700.jpg
この山は、南面・北面が非常に急峻で研修所から見ると非常に尖って見えます。
後で知ったのですが、神が降り立つ処として立山信仰にも関係が深いピークだそうです。
この山から刻印のある巨岩が発見されているそうです。

地形図から、東尾根上には難所がありそうな気がしました。
やはり2か所の岩場があって、小粒ながら面白い山でした。

わしのかんじきは「立山かんじき」と呼ばれるもので、芦峅寺で昔から作られてきたものです。
与四兵衛山を冬に登るのに、ふさわしい道具でしょ?
立山山麓の与四兵衛山623m_e0064783_23053217.jpg
山岳会に入ってすぐ購入したので、既に35年ほど使っていることになります。
スキーで行くことのほうが多いので、ヘビーユーザーではなかったけど、それにしても丈夫な道具だと思います。
残念ながら、作ってみえた佐伯さんが昨年末で引退されたそうです。
手に入れるなら今のうちですよ。




by s_space_s | 2019-02-13 12:42 | 山登り | Comments(0)


<< やめられない止まらない。      水後山と大日ヶ岳へ行ってきました。 >>