人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 08日

シベリアの旅・サハリン島

チェーホフの短編から戯曲ときて、こんどはドキュメントを読んでみた。
文庫で600ページもある大作。
1890年、チェーホフ30歳の年、当時鉄道もないシベリア、それも洪水期で馬車を使えないところは渡し船や渡渉しながら、サハリンに向かう。

この本を読むきっかけは、カーヴァーの遺作「滝への新しい小径」にいくつか断片が挿入されていたから。
旅の苦労話や出会った人たちの様子も興味深いが、旅情を誘うシベリアの描写がすばらしい。
サハリンの悲惨な状況を自分の目で見たいという目的は確かにあってのことだけど、チェーホフは旅がしたかったということが伝わってくる文章だ。

苦労して上陸したサハリン島の滞在は3か月。
公的な調査員でもない彼であったが、現地の役人のある程度の協力は得られた。
当時のサハリンは、徒刑囚、流刑囚による農業植民政策を進めており、島の中で徒刑囚が結婚したり、商売を始めたり、酒・賭博・売春が事実上黙認されたり、今、わしらが想像する刑務所の状況とはあまりにもかけ離れた世界である。

労働が課されるかわり、少ないなりに食料や寝る場所が保障される徒刑囚から、ある程度自由のある流刑囚に昇格?したとたん、食うものに困るという矛盾。
女囚は、器量のいい若くて健康なのから、大きな監視所優先で割り当てられ、前線の植民区域に回されるのは年寄と病気持ち。
脱走の常態化と、裁判を省略して行われる鞭打ちなどの刑。

非常に厳しい自然環境の土地で、政治・政策的な目的で特殊なルールで作り上げられた社会。
SFのディストピア小説を読んでいるようだった。
統計的な記述の部分は、眠気をこらえて読むのが大変だったけど、囚人の言葉などハッとする部分も多く、dog-earがいっぱいになってしまった。

(十七)
サハリンの子どもたちを、どういうふううにして助けるべきか。なによりもまず、わたしには、援助を受ける権利は、「極貧の」とか「不具者」といったような基準によって限られるべきではない、と思われる。申請者は例外なしに援助しなければならないし、そのさい嘘をついているのではないかと恐れてはならない。過ちを犯すよりは、だまされるほうがましだからだ。

(二十一)
女性の隷属状態、その貧しさと卑屈さとは、売春を蔓延させている。わたしがアレクサンドロフスクで、ここにも売春婦がいるかとたずねると、「いくらでも!」という返事だった。需要はものすごくあるので、年寄りだろうと、不器量だろうと、第三期の梅毒でさえ、売春業の妨げにはならない。

孫引きであるが、訳者の解題にこうあった。ボグダノーヴィチ曰く、
「作者は、誇張したり無理に解決を示したりしようとせずに、事実と個人的観察との見事な組みあわせによって、サハリン島の衝撃的な光景をあまりにも精緻に描きだしているので、読者は全く圧倒され、心底から赤面させられて、本を閉じてなお、長いことその印象から逃れることができない。もしもチェーホフ氏がこの本以外に何ひとつ書かなかったとしても、その名を永久にロシア文学史にとどめ、ロシア流刑史のなかで決して忘れられることはないだろう。」
言い得て妙である。

松下 裕訳 ちくま文庫





by s_space_s | 2019-04-08 18:02 | 読書 | Comments(0)


<< リピートタイ(リリースタイ)      足は第二の・・・ >>