人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 26日

今シーズンラスト釣行

連休中日の午前中は天気がもつかもしれない。
けど、クライミングは岩が濡れててやる気がしないので、釣りでお茶を濁すことにする。
朝、車を降りてズック靴を履こうとしていたら、腰に違和感が(魔女の一撃)。

ここで帰るのももったいないので、木の枝を杖にして、ゆっくり歩いてみることにした。
今回も山越えしての源流釣行。
沢を下ると滝がありそうなので、地図をみて緩やかな尾根を降りたら、はまった。
ネマガリタケが強烈なうえに地形が緩すぎてコンパス直進するしか手がない。

今シーズンラスト釣行_e0064783_20284374.jpg
ブナ林に入ると笹も薄くなり、楽になった。
今シーズンラスト釣行_e0064783_20284393.jpg
目的の沢の中流に予定どおり降り立つことはできたが、腰が痛いのもあって時間がかかってしまった。
早速、竿を出すと思ったより毛バリへの反応はいい。
けど、谷の規模的にあまり大きいのはいないようだ。

釣れてくるのはネイティブな感じのイワナ
今シーズンラスト釣行_e0064783_20284341.jpg
日本海に注ぐ水系なのに、こんな感じは珍しい
今シーズンラスト釣行_e0064783_20284251.jpg
ある仮説が頭に浮かんでくる。
特定のイワナの系統にそれほど関心があるわけではないので、つっこんだ探究はしない。

納竿して、釣った魚の腹を裂くと、この時期当然のことながら、卵が出てくる。
今回は胃袋と肝臓もきれいに処理して醤油の入った容器に詰めて帰った。
2日ぐらい寝かせると、ホタルイカの沖漬けに似た感じの酒の肴ができた。
今シーズンラスト釣行_e0064783_20310530.jpg
こりこりして、なかなかいける。
岩魚の源流漬けと命名






by s_space_s | 2019-09-26 12:41 | 釣り | Comments(0)


<< 富士山の旅(2日目)      平成よっぱらい研究所 >>