人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2019年 12月 10日

テレビのない生活

キッチンと浴室をリフォームすることになり、暫くのあいだ隣の「はなれ」で生活することになりました。
この家は、普段は、スキーや登山装備を置いたり、レコードを聴いたり、昼寝をしたり、かみさんが琴や三味線の稽古をしたり、客人があったときは、宴会したり泊まってもらったりしています。

ちょっとした引っ越しになったのですが、半月ほどで戻るので、電話やテレビは動かさないことにしました。
思うに、生活のなかでテレビがなかった時期は、学生時代の4年間と南極観測の準備で極地研のゲストハウスから昭和基地滞在の2年弱だけです。
なので、わしはテレビが嫌いなわけではないと思います。
けど、ドラマやバラエティ番組やクイズ番組はほとんど観ないし、時間があれば本を読んだりラジオを聴きたいと思うほうです。

かみさんは、テレビをぼけっと観るのが休養になっているようなので、スイッチを切ってしまうわけにもいかず、「はなれ」に逃げるのもちょっと何かなという感じで、読書にも集中できず。
それがリフォームという事情でテレビなし生活になりました。

古くからの友人で、テレビのない生活をしているのが何人かいました(今もいます)。
昭和30年ごろみたいにテレビを持つのに高いハードルがあるわけではないので、それを排除するということは、その人の信条のようなものがあるような気がします。
わしは、そういうタイプの友人とは気が合うというか、愛していると言っていい人もいました。

ちなみに、うちの長男坊はテレビを持っていません。
こっちは単なる若者のテレビ離れかもしれませんが。

前置きが長すぎました。
要するに、テレビがない生活は落ち着いて話もできるし、本も読めるというお話です。
これを機会に、録画機能が壊れてしまったテレビを捨てることにならないかなあ。
ついでに、家ではPCも使えません。

今、ラジオで火曜日のJAZZ番組を聴いてます。





by s_space_s | 2019-12-10 18:06 | 日常 | Comments(0)


<< 岐阜テレマーク倶楽部交流会を開...      山岳ナビゲーション講習会(コン... >>