blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 23日

旅の読み物

近々出張に行く予定があるので,列車や宿で読む本を買いに行った。
最近はラップトップなんかで仕事をしながら移動しているビジネスマンもよく見かけるけど,せっかくの旅行の時間に読む本の楽しみは何物にも代えがたい。

いつものごとく迷いに迷ったあげく,スタインベックの「ハツカネズミと人間」(大浦暁生 訳)とティム・オブライエンの「本当の戦争の話をしよう」(村上春樹 訳)を購入した。「本当の・・・」のほうはハードカヴァーで以前に読んだことがあるような気がしたが,さわりを読んでみて思い出せない(よくあることだ。)のでもう一回読んでみることにした。

なんか読むものがないと不安になる,活字中毒かしら?

学生時代に名古屋から北海道まで自転車でうろうろしたときは,石井隆のエロ漫画をキャリアにはさんで自転車こいだもんだ。ちょっと目的が違うけど。
[PR]

by s_space_s | 2006-06-23 22:40 | 日常 | Comments(0)


<< 宮本武蔵「五輪書」      山之口川支流 >>