blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 06日

カフカ寓話集

カフカの自由な発想から生まれたいろんなお話。
夢の世界を描いているようにも思えるし,シュールレアリストがやるオートマティスムのようにも感じる作品集。
おちのないのも,ふーんと納得するのもある。

納得するのは
「断食芸人」「最初の悩み」

なんじゃこりゃなのが
「巣穴」など(長いのでよけいに)

感覚的に好きなのが
「獣」「だだっ子」

話の途中でぷつん・・・と終わってしまっている話も多い。
面白い本であった。

池内 紀訳
岩波文庫
[PR]

by s_space_s | 2006-10-06 20:02 | 読書 | Comments(0)


<< 今日はいい天気      Texas Flood >>