人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 31日

最近観た映画

読書しようと思っていたのに、酒飲んで映画を観る楽さに流れたこの1ヶ月余り。気合いを入れて観たのがないので、感想もそれなりです。

昨年の今日(大晦日)は、夏作業まっただなか。午前中は氷上輸送。午後はプロパンガスのゲージの入れ替え作業。終わってから夏宿配管の除雪作業を夕方までやって、早めに夕食を済ませ、雪上車でしらせに戻って年越ししました。

今年は、まだ50次隊が昭和基地入りしていないので、のんびり年越しムードです。
わしは、午前中、1時間自転車漕ぎしてから新しいハープのリフ練習、ブランチは塩バターラーメン、事務室の書類などの整理、年越し蕎麦打ち、ウエイトトレーニングしてから風呂入って髭剃り。
6時からの夕食はすき焼きに松茸ご飯らしいです。

明日はテレマークの初滑り&昭和滑り納めの予定。
それから、元旦深夜0時10分ごろ(日本時間で朝6時10分ごろ)テレビ朝日の生中継で昭和基地が紹介されます。
坊主頭(というかほとんどスキンヘッド)で黒縁メガネ、顎にちょび髭のおっさんが映ったらわしですので、よろしく!

皆さん、よいお年をお迎えください。


★ファイヤーウォール
普通のサスペンスドラマとして観ればまあまあ面白かった。
メアリー・リン・ライスカブ演ずる秘書はハリソンフォードに惚れてるんだね。
2005年アメリカ映画、ハリソンフォード主演、リチャード・ロンクレイン監督

★ビューティフル・ボーイ
わし担当の金曜ロードショーで鑑賞したタイの映画。
女の子になりたかったムエタイボクサーの話。
なかなか良かった。
自分の心に正直に生きること、誇りを持って生きることの大切さを語っていた。
実話に基づいているらしい。
本人も美しい人だ。
2003年、タイ映画、ユカチャイ・ウアクロンタム監督

★ヒストリー・オブ・バイオレンス
これは怖い話。
突然付き上げる暴力への衝動。
子供が切れるシーンは怖かったけど何故かすっきりしてしまったのは、自分にも同じ感情が働いていたから。
ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、主演2人が魅力的。
アメリカの片田舎の秋の風景が美しい。
2005年、アメリカ・カナダ合作、デヴィッド・クローネンバーグ監督

★マーズ・アタック
休日に観てゴロゴロする。
火星人のブラックユーモア的なキャラクターが面白かった。
俳優も大物揃い。
評判が非常に悪い映画であるが(U隊員は劇場で観てがっかりしたらしい)、わしは、こういう映画嫌いではない。
1996年、アメリカ映画、ティム・バートン監督

★まあだだよ
黒澤明監督の遺作。
小説家、内田百閒の晩年を描いた作品。
「しみじみした~。」以外、特に感想なし。
1993年、日本映画

★ビートル・ジュース
またまたティム・バートン作品。
この映画もかなり好き。
悪魔払い師ならぬ人間払い師ビートル・ジュース(おえっ!)がイン・ザ・プールの精神科医伊良部と似ているような気がした。
継母役のしゃくれおばさんも嫌味な役だが、いい味出してる。
霊が憑いて、やりたくもないバナナボートのダンスをするシーンが圧巻。
ウィノナ・ライダーは小さいころから可愛かった。
この女優さん、ジャームッシュの「ナイト・オン・ザ・プラネット」にタクシードライバー役で出ていた。
1988年、アメリカ映画

★ショコラ
禁欲的な村長さんが、チョコレートのかけらを口にした途端、欲望を抑えきれなくなって、怒涛のごとく食べまくるシーンがある。
酒を飲むと同じことしているから、他人事とは思えなかった。
酒を飲みながら観はじめると途中で酔っ払ってラストの覚えがなくなるので、何回も観なおすことに・・・。
戒律より人間性が重要というメッセージ。
異なる価値観を持った他人を受け入れよというメッセージの込められた映画だった。
ハルストレム監督の前年の「サイダー・ハウス・ルール」翌年の「シッピング・ニュース」と3作観たが、これが一番好き。
ジョニー・デップはここではチョコレートを作るのではなく食う役。
2000年、アメリカ映画

★ホテル・ルワンダ
ルワンダのフツ族とツチ族の民族抗争に巻き込まれる家族の話。
旦那がフツ族で奥さんがツチ族なのでその争いの不条理さがさらに際立つ。
人間個人の関係ではなく集団として、政治や経済の問題から、他の部族を虐殺したいという感情を抱くようになるということは恐ろしいことだ。
社会的な存在でしか生存できない人間の性なのかも。
2004年、南アフリカ共和国、イギリス、イタリア合作、テリー・ジョージ監督

★オリバーツイスト
「戦場のピアニスト」と同じポランスキー監督の作品。
ディケンズの長編小説の映画化。
1830年台のイギリスの田舎と大都市を描く映像には重厚な雰囲気がある。
オリバーの純真無垢さにはついていけない感じがした。
2005年、イギリス映画

★手紙
泣かせるように作られた映画。
テレビドラマにでもしたらいい視聴率が稼げるのでは。
ラストシーンに流れる小田和正の「言葉にできない」はそこまでやるかという感じ。
被害者の息子の心情は分かるような気がした。
2006年、日本映画、生野滋朗監督

by s_space_s | 2008-12-31 19:18 | 映画 | Comments(0)


<< 不思議な和音      やっとゴールが見えてきた >>