人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自然( 124 )


2019年 05月 10日

モズがいなくなりました。

4月初めごろから、庭のキンモクセイに巣を作っていたモズの番いがいなくなってしまいました。
4月14日、日曜日の朝、庭がモズの鳴き声で騒がしいので窓から覗いてみると、ネコがキンモクセイの茂みの中を登ろうとしていました。
巣がネコに見つかってしまったようです。

さすがのモズもネコを追い払うことはできません。
わしが声を出してネコを追い払いました。
逃げていったネコを追いかけて、モズは鳴き続けていました。

数日間は近くの電線に止まって、キキキキキと鳴いていましたが、そのうちにいなくなってしまいました。
戻ってくる様子もないので、5月5日に巣を取り出してみました。
e0064783_13414715.jpg
卵でも残っているかと思いましたが、食べ残しの昆虫の脚などが残っているだけでした。
糞で汚れてもいないし、まだ抱卵の前で、ネコに警戒して巣を放棄したのかもしれません。
温かそうな巣でした。










by s_space_s | 2019-05-10 12:15 | 自然 | Comments(0)
2019年 05月 05日

新緑のマルバノキ

先日(4月23日)、岩村の三森山へいったとき、真っ先に新緑が出ている木がありました。
e0064783_12482749.jpg
よく見ると、面白い実がもう付いていました。
e0064783_12595088.jpg
マルバノキです。
秋になるとハート形の実がくっついて生ります。
e0064783_13030996.jpg








by s_space_s | 2019-05-05 13:24 | 自然 | Comments(0)
2019年 03月 08日

この木なんの木?

先日のテレマークのとき、安房平で面白い冬芽をみかけました。
頂芽が大きくてエビ茶色でとんがっていて、枝は対生。
e0064783_23082969.jpg
一番目立つのが実のうえにある四角い翼です。
e0064783_23082896.jpg
冬芽や実の感じからすると、マユミの仲間のような気がしたのですが、画像検索などしてみてもなかなか同じものが見つかりませんでした。
やっと見つけたのは、やはりマユミと同じニシキギ属のヒロハツリバナでした。

秋には赤い特徴的な実をつけるので、そちらの画像はたくさんあるのですが、冬芽に残った実は地味なのであまり写真を撮られないのかもしれません。
けど、冬芽としては結構、目を引く存在だと思います。






by s_space_s | 2019-03-08 22:44 | 自然 | Comments(0)
2019年 02月 22日

伊自良川にコハクチョウ

昨日の朝、自転車で大学近くの繰舟橋の上を走っていて、上流を眺めていたら白い大きな鳥が数羽浮かんでいました。
ここの中洲の堰堤には最近までシラサギのコロニーがあったのですが、伐採されてから見かけなくなりました。
近づいてみるとダイサギとかではなく白鳥でした。
e0064783_21053163.jpg
ここで白鳥を観るのは初めてだったので大事件だと思い、ネットで検索してみたら、岐阜市周辺にコハクチョウが飛来しているのを知りました。
新聞にも冬の話題として記事になっていました。

この辺りにはオオバンがよく来るようになりました。
混ざったらオセロみたいになって面白いかも。





by s_space_s | 2019-02-22 04:37 | 自然 | Comments(0)
2019年 02月 15日

第15回 川と山のぎふ自然体験活動の集い 「ぎふの自然と人を生かして」のご案内

エヌエスネットの良さんから、毎年恒例の集いの案内がありましたので、リンクさせていただきます。
今年は2月26日(火)・27日(水)で平日開催となりました。

メイン会場は美濃市の岐阜県立森林文化アカデミーで、1日目は13時から開始です。
2日目は各種の現地体験プログラムが予定されています。
ツアーの内容については、参加申込書に記載があります。

お申し込みはエヌエスネットの事務局へお願いします。





by s_space_s | 2019-02-15 12:25 | 自然 | Comments(0)
2018年 11月 13日

やっぱりここがいいのだに

1か月ほど前から、裏の物置のドアノブの上にいつもアマガエルが座っています
e0064783_10425099.jpg
ノブを回そうとしても逃げないし、邪魔なのでつついてどかしても、次に行くときには戻ってきています
ここを家だと思っているのでしょうか
冬になったら本当のねぐらに引っ越すことでしょう

しかし また もどっておいでね





by s_space_s | 2018-11-13 19:46 | 自然 | Comments(0)
2018年 10月 25日

千鳥橋の川下にて

きっと釣りの仕掛に絡まったのだと思います。
11月11日(日)には長良川クリーンアップ作戦があるので、できたら下してやりたい。
(野生の鳥の死骸は触らないほうがいいのかもしれませんが。)

e0064783_14515763.jpg
川下りを楽しむ感覚でご参加いただければ幸いです。

『Eボート長良川クリーンアップ作戦』2018 ご案内

11月11日(日) 9:00~12:00 長良川(千鳥橋~長良橋)
<集合/解散> 9:00※長良川公園駐車場・9:30 千鳥橋河原/9:00 長良川公園駐車場
※長良橋しも、インラインスケート場・高橋尚子ロード駐車場
<内 容> Eボート(10人乗り川下り用ボート)2艇で川を下りながら、陸から近づきにくい場所のゴミの除去を行います。
※ 主に子どもは河原や水辺の漂着ゴミ回収、大人は河畔林に引っ掛かったゴミの除去の活動を行います。
<服装・持ち物> 野外で活動できる服装、帽子、水にぬれてもいい靴(かかとのとまるサンダル)、飲み物、雨具(雨天時)
<対 象> 小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いします)
<参加者定員>18名
<参加料> 500円(保険料を含む)
<主 催> 特定非営利活動法人 エヌエスネット






by s_space_s | 2018-10-25 19:37 | 自然 | Comments(0)
2018年 10月 12日

窓からバードウォッチング

相変わらずの特命係状態(相棒なし)です。
連休明けに出勤したら、部屋がいやに明るい感じでした。
最初、部屋を間違えたのかと思いました。
鍵を開けて入るのでそんなことあるわけないのですが、考え事をしながら前にいた部屋に入ってしまったことがあったので。

窓の外を見ると理由がわかりました。
中庭にあったクスとツブラジイがクルーカット並みにばっさり剪定されていたのでした。
e0064783_12541964.jpg
今までほとんど空が見えなかったのに、雲が流れていくのを眺めることができるようになりました。
(窓際族か!)
それともう一ついいことが。
枝が茂っていたころより、小鳥の来訪が多くなったような気がします。
スズメはひっきりなしに来て遊び場のようになってるし、シジュウカラ、キジバトもよく来ます。
ハクセキレイも見ました。

これから季節が変わると、新しい鳥が来ないか楽しみです。
みかんでも置いてやろうかな。





by s_space_s | 2018-10-12 17:31 | 自然 | Comments(0)
2018年 09月 25日

久々に長良川を下り自然の力に驚くこと

NSネットの良さんのお手伝いで久々の川下りをしてきました。
天気もまずまずで水量も多く条件は良かったのですが、残念なことに親子の申し込みがありませんでした。
スタッフの身内だけで「大人の川下り」を楽しむことになりました。

今回は、いつも藍川橋~長良橋、長良橋~河渡橋と2回に分けてやっているのを通しで下ります。
子供がいないとちょっと寂しいです(楽だけど)。
まっちゃん親子に声をかけましたが、たけお君は都合が悪く、まっちゃんだけ参加。
e0064783_20572360.jpg
山田川のワンド下の岩場に興味深々のまっちゃん
e0064783_20572301.jpg
沢屋だけあって、水を得た魚のようでした。
e0064783_20572345.jpg
藍川橋から忠節橋までの河原の丸石が流されてしまい、瀬と瀞の出てくるメリハリある流れが、川幅いっぱいの均一な流れに変わっていました。
川岸の柳や竹林も根元までえぐられ倒れているのが多く見られました。

千鳥橋上の通称「左巻き」も、どこが渦?という感じです。

e0064783_20572227.jpg
中国の大河を下っているみたい(行ったことないけど)。

e0064783_17030821.jpg
いつも飛び込みをする古津のワンドも様子が変わっていました。
まっちゃんは泳いで中州に上陸してました。
e0064783_17030929.jpg
大人はBOSSで乾杯!

e0064783_16585236.jpg
交通公園下に、流れが大岩を乗り越えてウエーブができている瀬があり、今回一番のイベントでした。

別に隠す必要はないのですが・・・。
e0064783_20572229.jpg
長良川温泉の下でいつもは上陸するのですが、今回は下流へ向かいます。

e0064783_20572309.jpg
忠節橋下も淡々とした流れとなり、川幅が広がった分、流速は遅くなったみたいです。
まだ瀬張り漁は始まっていませんでした。
なんとなくパドルを入れながら、「大人の時間」はゆっくり流れていきました。

次回は11月11日(日)のEボート長良川クリーンアップ作戦です。
皆様のご参加お待ちしております。







by s_space_s | 2018-09-25 17:54 | 自然 | Comments(0)
2018年 09月 04日

この木なんの木?かぶれの木?

千鳥橋のたもとあたりに、ウルシの木に似た変な木があります。
e0064783_11183889.jpg
ヤマハゼの葉っぱにそっくりで、道端にたくさん枝を出しているので、うるしにかぶれる体質のわしには、怖い存在でした。
けど、同じ葉っぱでかなり大きくなった木があって、幹の感じからするとヤマハゼではないような気がしてきました。
e0064783_11183824.jpg
樹皮の色は違いますが、センダンに樹形が似ています。
どうも日本の木ではないような、違和感のある雰囲気を持っています。
写真を撮っていって、家の図鑑「葉っぱでおぼえる樹木」で調べると、ニワウルシという中国原産の木でした。

幸いなことに、ウルシ科ではなく、かぶれないようです。
葉を(恐る恐る)もむと、クサギに似た独特の匂いがあります。
葉の基部に一つだけある鋸歯が特徴です。

国立環境研究所の侵入生物データベースによると、岐阜県にはまだ侵入していないことになっています。
セイダカアワダチソウのように他の植物を排除する物質を出すようで、かぶれないといっても厄介な植物です。
別名はシンジュ(神樹)で庭木や街路樹にもされるそうですが、あまり好きになれない木です。






by s_space_s | 2018-09-04 12:09 | 自然 | Comments(0)