人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:クライミング( 69 )


2019年 11月 24日

Nさんち「くしびき」5.11c?

昨年の秋からこの岩場の仕上げ(あくまで自分の課題として)と考えていたラインを登りました。
deeper deeper下部フェースの穴から左上しているクラックをつなげてセロトニン上部に入るラインです。
右のクラック沿いのホールドは白いカンテ上まで制限、セロトニンの上部の左カンテも制限、完全にフェースだけで登ります。
ちなみにセロトニンの中間にあったルーズセクションは岩が落ちてすっきりしました。

2便目でぶち落ちました。


3便目でRP。
グレードは例によって自信ありません。
ytさん、Aさんに感謝。

コシアブラ限定バージョンがytさんによって「風来坊」と命名されたので、わしも居酒屋の名前をつけてみました。
またくしびきで呑みたいな。





by s_space_s | 2019-11-24 16:47 | クライミング | Comments(0)
2019年 11月 13日

可能性は?

藍川橋下流にある岩場を見に行ってきました。
昔、岐阜ケルンのFさんたちが下見をしていたところです。
そのとき、スズメバチに攻撃され大変なことになったそうです。

長いところでは30mぐらいのスケールがあります。
川下から見たところ。
e0064783_20502955.jpg
岩場をへつって中段まで登ってみました。
ロープを付けないと、またぐらムズムズする高度感

e0064783_20502958.jpg
裏手の急斜面からトップにも登れました。
岩の上に立つと、すごく良い眺めでした。

e0064783_20503014.jpg
上流から見た岩場。
傾斜もいいし、壁もきれいです。
e0064783_20502990.jpg
残念なことに、岩の下は深い巻き込みです。
命がけでディープウォーターソロしてみる?






by s_space_s | 2019-11-13 12:11 | クライミング | Comments(2)
2019年 10月 28日

Nさんちの岩場の終了点整備

Nさんちの終了点は今まで、この岩場を整備していただいているAさんの懸垂作業用の支点や試登用のTR支点から長いスリングを垂らしたものを使っていましたが、紫外線や雨で劣化することや、壁まで垂れたTR用のカラビナを終了点と勘違いするなど具合が悪いので、ytさんの発案でラッペルステーション用のリングを設置することになりました。

日曜日の午前中は次男坊が来たり、法事があったりして、作業は午後からにしていただきました。
作業といっても、実際に設置作業をしていただくのはAさんで、わしは位置についてかってな意見をいわせてもらうだけです。
今日は2セットしかなかったので、「セロトニン」と「どんぐりと山猫」の終了点になりました。
真ん中の「deeper deeper」はブツが入ったらということに。

ケミカルアンカーの設置作業は初めて見ましたが、施工と呼ぶのがふさわしい感じですね。
古いスリングも撤去され、すっきりとした終了ポイントとなりました。
もう夕方になってましたが、ytさんと1本ずつリードして「どんぐり」のほうを使ってみました。
実際にロワーダウンしてみると、ちょうどロープが不安定な岩の割れ目に挟まる形になり、次回は挟まっている岩を落とす予定です。

「どんぐりと山猫」
e0064783_21280569.jpg




by s_space_s | 2019-10-28 18:04 | クライミング | Comments(0)
2019年 10月 23日

高木山の新ルート

土日でイシハラさんと穴毛谷へ行く予定にしていました。
中学の同総会をキャンセルして。
気象条件が良くなさそうで計画が二転(三転?)し、結局、近場の美濃加茂の岩場でクライミングをすることになりました。
わしの今日の目標は、前回、びびって登れなかった第三ゲレンデのダーリンフェースに設定されたショートルートの右をリードすることです。

山中さんの写真では赤のラインです。
もう少し右にある「ルート・イレブン」をアップで登ってみましたが、ちょっと体が重い感じ。
課題をまた先延ばしにするのもなんなので、取りついてみると案外簡単に登れました。
e0064783_09555546.jpg
イシハラさんは、わしとは違うムーブであっさりリードしてました。
このエリアの3本では赤がボルト位置のこともあり一番難しく、黄色、ルート・イレブンの順かな。


ここが済んだら、次は一段下の第二ゲレンデにあるOW(ハッピークラック)の右フェースに山中さんが設定中のラインを試登しました。
ラインがいまいち分からないので、携帯で山中さんに訊いてみたのですが、説明を聞いてもやっぱりよく分からないのでした。
終了点はハッピークラックを途中まで登り、右のクラックが入ったフェースを登った上にあります。

わしらのラインが想定のラインだとしたら、むっちゃ細かくて、かつ、脆い。
のどちんこ状の岩を使うのですが、取れそうなので注意!
二人でああでもないこうでもないと交代でムーブを試してみるのは、とても面白い遊びでした。
クライミングは楽しいな。
e0064783_09475813.jpg
指が出来上がってしまったので、早めに切り上げて、各務原権現に登りました。
北山まで足を延ばすと、御嶽が遠くに見えました。
ナツハゼの実を集めながら下山しました。

e0064783_09475831.jpg
わしも出席する予定だった、中学校の同窓会の二次会で盛り上がっているかみさんを迎えに行きました。
コウムラや同級生たち(もう名前も思い出せないやつもいる)と少し話をして、帰りました。





by s_space_s | 2019-10-23 17:47 | クライミング | Comments(0)
2019年 09月 11日

近場の岩場をはしごしました。チャート三昧。

夏のあいだはフリークライミングをやる気がおこりません。
沢登りや釣りなど涼しくて楽しいことがあるので。
夏でもストイックに岩に向かっているytさんを少しでも見習おうと、この土日に近場のクライミングをしました。

ちなみに、過去の記録を確認したら、夏が終わりクライミングを再開したタイミングは以下のとおりでした。

2016年10月23日 Nさんち
2017年10月1日 美濃加茂の岩場
2018年9月24日 Nさんち


土曜日は美濃加茂の高木山の岩場に行きました。
自衛隊の方が救助訓練をしてみえました。

岩尾根第3ゲレンデの「ルート・イレブン」の左のすっきりしたフェースに「ダーリンフェース」というTRのラインがあったのですが、ボルトが2本ずつ打たれ2本のショートルートができてました。
左は最初のボルトが遠く、失敗すると崖の下に転落なので緊張しましたが、なんとかリードできました。

右は昔、イシハラさんと触ったことがありました。
TRでは行けるのですが、リードとなるとクリップが微妙でRPできませんでした。
次に行く楽しみができました。

写真はルート・イレブンの下部

e0064783_05492458.jpg
ダーリンフェース

e0064783_05492402.jpg
第1ゲレンデのお薦めルート「森のちから]の右のガタガタしたフェースに「長良川鉄道」というラインがあります。
ここには1本も残置支点がなく、カムでランニングを取りながら楽しく登れました。
ラインは25m弱、カムもあまり小さいのや大きいのは不要です。

e0064783_05492479.jpg
長良川鉄道のラインから途中で右上する(草の生えた)ジェードルがあるのですが、ここもNPで、隣のライン「一人旅」の上部に出られます。
昨年、ヤマダさんと登り「子宝の湯」と命名しました。

クライミングが煮詰まったので、全装備を持って、高木山に登りました。

e0064783_05492419.jpg


e0064783_05492583.jpg
e0064783_05492488.jpg
結構、充実感がありました。
今日もビールがうまい。

日曜日は、Nさんち
朝いちで行ってみると、既にytさんが一人で登る準備をしてるとこでした。
ytさんお薦めのコシアブラ限定ラインをリードさせてもらいました。
11aぐらいの感じという話でした。

写真はTRでトライするヤマダさん。
左手のクラック(左フェースも)を使わないという限定は、たっぱがあるヤマダさんには少々窮屈そうでした。
出口の凹角の右のコーナークラックも使用不可にしてみました。
けっこう面白いです。

e0064783_05500251.jpg
セロトニンを黙々と登るytさん
e0064783_05500273.jpg
わしも、TRでなんとか登れました。

前腕が出来上がったので、金華山麓の岩戸公園の岩場で初心者を教えている、コウムラを冷やかしに行きました。
ここでは、リードクライミングのロープワークと懸垂下降を確認しました。
e0064783_05500246.jpg
2本ほど登ったところで、指が攣りそうになりました。
早めに切り上げました。





by s_space_s | 2019-09-11 12:30 | クライミング | Comments(2)
2019年 05月 26日

石焼きクライミング

家の用事を少しはしないとということで、この土日は家から5分の岩場でちょこっと登るだけにしました。
Mさんはご一緒するのが初めてでしたが、アルパインクライマーらしく危なげない積極的なリードで一緒に登ってて楽しかったです。
2人で同じルートを順番にリードして昼過ぎに満腹になったのであがりました。
テラスの木陰は意外に気持ちよかった。
e0064783_16232032.jpg
登ったルート
ママゴン 5.8
たんすに権現 5.10a
TRスラブ 5.10cd? ×
権現山ストーリー 5.9
ゴンドラの唄 5.10cd 本番チックで面白いルートでした。

わしRP MさんOS

日が当たる壁は触るとちんちん(分かるかな~?)でした。

簡単なトポなどは下記を参照のこと。





by s_space_s | 2019-05-26 20:15 | クライミング | Comments(0)
2019年 03月 25日

近所でワラビ採りとクライミング

最近、暖かい日が続いたので、そろそろ近所の山にもワラビが出てないかと見に行きました。
この土日は岐阜でもうっすら雪が積もるほど寒の戻りがありました。
山はまだ冬の様相です。
ネズミモチの独特な香り(臭い)で春が近いと感じる程度。

e0064783_18451531.jpg
半分あきらめ気分で歩いていると、日当たりのよいところにちらほら。
まだ太いやつは出てないけど、初物を味わうには十分採れました。
e0064783_18451529.jpg
からし醤油でいただきました。
e0064783_18444451.jpg
百春の生酒を大事に飲んでいましたが、どんどん味が変わってくるので、全部飲んでしまいました。
これを飲んでから、いつもの安い酒を飲むと、いいのか悪いのか「水の如し」。
それでもやっぱり飲み慣れたやつのほうが、自分には美味く感じます。(安上がり)
e0064783_18444458.jpg
日曜日は、久しぶりにNさんちの岩場に行きました。
この時期にクライミングを始めるのは、わしとしては早いほうです。
11月以来のクライミングの割には、体が軽かったです。
(食っても食っても体重が増えないのは、どこかが悪い?)

岐阜登行会の皆さんや名古屋のHさん、いつものAさんytさんと、いつになく賑わったNさんちでした。
Hさんの気合いの入ったトライは、いいもの見せてもらったという感じでした。
今年からガイド協会のお仲間になられるということで、いろいろ教えてもらえそうです。






by s_space_s | 2019-03-25 12:18 | クライミング | Comments(0)
2019年 02月 25日

濁河温泉から長沢F2まで。

【山域】御嶽
【場所】兵衛谷支流長沢
【日時】2019年2月24日(日)
【コース】濁河温泉~長沢F1~F2~濁河温泉
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】無風快晴

高木山のルート整備でお世話になっているYさんに情報をいただいたので、今シーズン初のアイスクライミングに行ってきました。
来週の中央アルプスの足ならし(腕ならし)のつもりでしたが、これ1回で終わる可能性も大。


濁河温泉からスノーシューを履いてアプローチしてみた。
歩き始めてすぐ無駄だとわかり切り株の陰にデポ。
e0064783_13260648.jpg
長沢は上流に滝があるとは思えないほど、しょぼい感じ。


e0064783_13261984.jpg
思ったより早く着いた。
情報どおり今年は結氷が悪い。
e0064783_13261944.jpg
本流が氷れば15mぐらいになるだろう。
e0064783_22292302.jpg
本流はとても無理なので、状態が良さそうな左手の氷柱を登ることにする。
わしは自信がないので、いしはらさんにリードをお任せする。
e0064783_13261985.jpg
非常に割れやすい氷で、見た目よりかなり難しそうだった。

e0064783_13261994.jpg
わしもなんとかフォローして、あとはTRにして遊ぶ。
最近、クライミングもしてないし、昔やってた筋トレも止めてしまったので、あきらかに筋力不足。
いしはらさんにトライアングルの作り方をアドバイスしてもらった。

やっぱTRでは腕が張るだけで飽きてしまうので、右岸の巻き道からF2を見にいってみる。
右岸の側壁に結構りっぱな氷が掛かっていた。
次回は登ってみたい。
e0064783_13263034.jpg
本流F2は10mほどの緩い氷で、落ち口に大きな穴のある薄いドーム状の氷を恐る恐る登る。
e0064783_13263056.jpg
e0064783_22292464.jpg
フォローするいしはらさん。
e0064783_13263097.jpg
下降は歩いて降りられる。
なかなか楽しい探索であった。

F1に戻って、ツララのラインを登ってみる。
いしはらさんは調子が出てきたみたいだが、
e0064783_13262984.jpg
わしはもうだめ。
e0064783_22292463.jpg
登っていると、滝めぐりの方たちがみえたので、終了とした。
ブラジルの男性や大阪のおばちゃんと話をしながらギアを片付ける。
定番の「あめちゃん」とチョコボールまでご馳走になった。

左端が登ったやつ。
こうやって見るとなかなかのスケール。
e0064783_13263829.jpg
駐車場に戻ると、春のような陽気だった。

e0064783_13263949.jpg
昨年、滑った草木谷シュートには薄っすらとしか雪が付いておらず、今年は滑れなそう。
その他のシュートも同じ状況。
e0064783_13263810.jpg

Yさんに情報をいただいた人工アイスを見に行ってみる。
温泉付きで800円だそうだ。
e0064783_13264234.jpg
道から覗く、アイスウォール。
20mぐらいある。

e0064783_14373686.jpg
運転中にいしはらさんが、こんな動物を見つけた。(目がいいね!)
e0064783_22292306.jpg
トガリネズミ?ヒミズやね。

県道、関金山線で帰る。
道沿いにある星谷の星滝も氷ることがあるらしいが、今年は無理にきまってる。

翌日は上半身がひどい筋肉痛になった。





by s_space_s | 2019-02-25 17:52 | クライミング | Comments(1)
2018年 12月 19日

古いクライミングシューズをリソール

10年以上前、東京の板橋にあった極地研究所のゲストハウスにいたころ、一生懸命ジムに通ったことがありました。
やっぱり努力はしてみるもので、下手なりに成果はあったような気がする。
そのころ、K隊員のお世話でお安く手に入れたスポルティバのバラクーダというクラック向けのシューズが今でも現役だというのが情けないですね。
もっと古いアナサジ・メサも未だに勝負靴です。
e0064783_10265037.jpg
バラクーダのつま先が薄くなりランドまでいきそうだったので、イシハラさんに教えてもらった京都の靴修理屋さん凛靴にリソールしてもらいました。
ゆうパックで靴とオーダーシートを送ると、すぐ確認の電話がありました。
細かい注文はこのとき出来ます。
ソールはビブラム3種類とステルスC4から選べます。
見積もりの料金を振り込むと、1週間ちょっとで靴が届きました。
e0064783_10265040.jpg
なかなか綺麗な仕上げで、足型のせいか若干ダウントゥになっていました。
履きなれた靴でプロジェクトが登れたらうれしいな。

料金等は下記のとおりでした。
ゆうパック 730円
修理料金 6,750円
振込手数料 324円
合計   7,804円




by s_space_s | 2018-12-19 12:30 | クライミング | Comments(0)
2018年 11月 17日

Nさんちの岩場一段落

3年前にytさんの紹介で登らせてもらえることになったこの岩場。
最初来た時は、TRでも一番簡単なラインが精いっぱいでした。
真ん中の前傾壁なんて不可能に思えて触ってもみなかった。
今日、そのラインをRPすることができました。
e0064783_20434596.jpg
実は、同じタイミングでこのラインを狙っていたakiさんが今週初めにボルトを設定し、初登していました。
わしもその前日にボルトの設定をする予定でしたが、akiさんと意見交換しお任せすることにしたのでした。
ルート名は「deeper deeper 5.11bc」
前回のセロトニンに続き、またも先を越された感じです。

でも、前回はボルトの位置決めしてAさんに整備してもらったのに、1年も放置していたのを反省し、今日は最初からリードトライ。
1回目は核心ムーブで失敗し、2回目で登ることができました。
コウムラがビレーをしてくれました。

非常に美しいラインとなり、結果的に良かったと思います。
垂れているロープを見てもわかるように、ジムにも行かないオールドクライマーには負担の大きい前傾壁です。
e0064783_20434514.jpg
あ!作業用のハーケンの残置が無くなっていることに、今、気が付きました。

主なラインはルートになったので、あとは、細かい制限付きのラインで楽しむぐらいでしょうか。
この岩場のおかげで、わしもちょっとは登れるようになったかな。
次は美濃加茂の岩場のYさんのハングを解決しに行きたいです。





by s_space_s | 2018-11-17 21:22 | クライミング | Comments(0)