blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:釣り( 78 )


2018年 09月 06日

山越えして岩魚の谷へ —釣れないのは腕のせい?—

白山のちっちゃな谷のそのまた源流へ山越えして行ってみた。
尾根の乗越まで1時間くらい。トチ、ブナ、ミズナラの林床は低い笹で歩きやすい。
e0064783_21402915.jpg
イワウチワの群生する歩きやすい尾根をどんどん下る。
e0064783_21403232.jpg
目的の谷まで2時間かからなかった。
かなり水量もあり、岩盤主体のりっぱな谷である。
ここも先日の豪雨の影響を受けているようだ。
支流からガレが押し出している。
e0064783_21411407.jpg
地形図から想像していたのは、岩魚の楽園のような平流であった。
ところが、しばらく登ると予想に反して谷がゴルゴルしてきた。

e0064783_21412030.jpg
そして、遂に恐れていた滝場。
e0064783_21412334.jpg
廊下状がしばらく続き・・・
最後の滝。5m、2mの2段。
を抜けてほっとする。
e0064783_21413002.jpg
その後はゴーロとなるが、またも支流の伐採斜面から土砂の流出。
e0064783_21403575.jpg
この支流を分けてからは、魚影が走るようになる。
掛かるのは20㎝以上の良い型が多い。
けど、きっちり合わせたはずの魚が、取りこみの最中に外れることが何回もあった。
遊びなので、魚に逃げられても、さいなら~。って感じだが、尺物が水際で外れて、淵に戻っていくのを見送るのは悔しい。
e0064783_21410179.jpg
フッキングした魚が落ちてしまうことは、仕掛けの短い提灯釣りではよくある。
けど、今日は明らかに頻度が高い。
こういう時は、まず毛鉤の針先(ポイント)が鈍っていることが多いので、チェックする。
指の爪に斜めに滑らせ、引っかかればOKで、滑るようならダイヤモンドヤスリで研ぐ。

ポイントはそれほど鈍っていなかったが、念のため左右面と外側を研いだ。
使っている毛鉤は自分で巻いたものだが、研いでいて気になることがあった。
明らかに、ポイントがゲイプ側に巻き込んでいるのだ。

源流の滝

e0064783_21413241.jpg
最源流までイワナは生息していた。
納竿して支流を15分ほどで尾根に着く。
尾根上にはりっぱな道がつけられていた。

e0064783_21414108.jpg
なんと、この道が林道まで繋がっていて、鼻歌気分で車に戻れた。
豪雨の影響が納まったころ、また行ってみたい沢だ。


帰ってから、気になったフックの形状について調べてみた。
ポイントが内側に曲がっている形状のことを「ネムリ」というらしい。
e0064783_15272359.jpg
効用としては、
飲み込まれた鉤が喉の奥に引っ掛かりにくく、口元まで出てきて刺さる。
一旦フッキングすれば外れにくい。
構造的に鉤が折れにくい。
底石などに根がかりしにくい。などなど

マイナス面としては、
すっぽ抜ける確率が高くなる。
口を閉じてないとかからない。
ネムリが組織を切るためバーブが効きにくい。
早合わせに向かない。などなど

ということで、早合わせ勝負的な提灯毛鉤には向かない形状のようだ。
フライフィッシングでは状況によって頻繁に毛鉤を交換するのが普通だ。
テンカラの場合、流し方や誘い方で対応することが多く、面倒くさがりのわしなんか、数回の釣行を同じ毛鉤で通すこともある。
なので、巻くときは耐久性重視のマテリアルを使っている。

今回のことで、おかしいと思ったら面倒がらず、毛鉤を換えてみることが必要だと思った。
機会があれば、ストレートゲイプのネムリのないものと比べてみたいと思う。




[PR]

by s_space_s | 2018-09-06 08:28 | 釣り | Comments(0)
2018年 08月 14日

夏休み源流男キャンプ(北アルプス)

毎年、恒例の源流キャンプですが、いつものメンバーのコザエモンさん、イシハラさんの都合が合いませんでした。
今回は初めて、岐阜登高会のK先生と2人で行ってきました。
北アルプスの山越えした谷の支流です。

林道の入口に着いたら結構雨が降っていて、少しテンション下がり気味。
午後には上がるだろうという楽観的な予測でカッパも着ず歩き始めました。
林道は予定より手前で廃道化していて沢を詰めました。

尾根に上がると、トウヒ、シラビソの原生林でいい感じ。
e0064783_13230548.jpg
下降した沢は、地形図から予想していたのとは違い、ナメが非常に発達した沢で、驚きました。

e0064783_13240951.jpg
上部は凝灰岩や砂岩、下部は礫岩の珍しいナメ滝が連続して、本流まで楽しく下りました。
K先生は世界を股にかける地学の研究者。
面白いものがあるたびに解説していただきました。
e0064783_13175931.jpg
ほぼ、ナメ床とナメ滝の連続と言っても大げさではない。
e0064783_13230542.jpg
中流の魚止滝。お釜には大きな魚影が。
e0064783_13261686.jpg
花崗岩などの詰まった礫岩の滝は、ホールド豊富
e0064783_13121287.jpg
お昼に本流に着き、テンカラを振ってみました。
ノーヒット。


e0064783_13121238.jpg
手取層の植物化石
e0064783_13264737.jpg
目的の沢の出合から竿を出して登りました。

e0064783_13273031.jpg
すぐに様子がおかしいのに気が付きました。
この時期、開きだしに定位するはずの魚影が見られず、たまに岩陰からアタックしてくるイワナの出方がアマゴみたいです。
これを誘い出して、かつ、フッキングするのは少し難しかったかも。

e0064783_13274304.jpg
掛かる岩魚は良い型です。

e0064783_13270134.jpg
中流部まで来て、謎が解けました。
こうなったら、竿を畳んでキャンプ地を探したほうがいい。
少し登ると、山側がなだらかな砂地のあるいいとこを見つけました。

K先生はもう少し釣りたいということで、わしはウイスキーをやりながら、ぼちぼちキャンプの準備にかかります。
暫くしてK先生が良い型のイワナを2匹追加して下ってきました。
本日の釣果は十分すぎる8匹。

フィールドで焚火をしたいので世界の山へ地質調査に入るという先生の、年季の入ったひょっとこ姿。
北極圏から南極圏までいってみえます。
南極観測隊の大先輩でもあります。

e0064783_13254403.jpg
カワネズミがちょろちょろ歩き回っていました。
すぐ上流をカモシカが渡っていきました。
塩焼きがいい感じになってきました。
e0064783_13252669.jpg
本日のお品書き
岩魚の塩焼き、ムニエル、刺身、胃袋のオリーブ焼き、焼きなす、茹でオクラ、オクラのホイル焼き、茹でフランクフルト、ばくだん、飯盒の飯・・・
ビール、ウイスキー、ウオッカ
e0064783_13241082.jpg
キャンプの朝
e0064783_13183310.jpg
茄子と玉ねぎと岩魚の味噌汁、おこげご飯を入れて食べたら美味かった。

e0064783_13184695.jpg
予想どおり、岩魚も少しリセットされ、食いが良い。

e0064783_13121132.jpg
どんどん、魚籠が重くなっていく。

e0064783_13121143.jpg
ポイントが小さくなってきたところで納竿

e0064783_13172455.jpg
岩魚のアパート「みずなら荘」健在

e0064783_13121275.jpg
また、山越えして戻ります。

e0064783_13121200.jpg

心配なのが、せっかく持って帰ったイワナの鮮度。
K先生が急がれるので、付いて行くのが大変でした。
水流があるたびに冷やして車まで戻りました。

e0064783_13180510.jpg
最後に、地図も見ないで沢を下っていて、駐車した所より下りすぎ、タイムロス。
クーラーボックスに谷の水を満タンにして、岩魚を入れて帰路につきました。
東海北陸が2か所で事故渋滞、下道も土砂降りの雷雨で焦りましたが、家まで持ちました。


K先生から送っていただいた写真。岩魚がでかくない?

e0064783_13121101.jpg
何度でも行きたいところです。



[PR]

by s_space_s | 2018-08-14 15:11 | 釣り | Comments(0)
2018年 07月 30日

山越えしてアマゴの谷へ

コザエモンさんとの源流キャンプが中止になったけど、土曜日なら、まだ台風の影響がなさそう。
前から行ってみたかった、郡上の谷へ行ってきました。
この谷は、本谷の出合いまで行く道がないので、稜線から藪尾根を下降して中流部へ降りました。

尾根が複雑で予定の尾根を1本外してしまいました。
途中で気づいてリカバリーできたので、予定の地点には降りれました。
けど悔しい。

降りてみたら案外滝が多くて、中流部はドキドキものでした。
e0064783_06150393.jpg
予想どおりアマゴの谷でした。

e0064783_06142093.jpg
水がちょろちょろになる最源流まで魚がいることがわかったので、読図のリベンジも兼ねてまた行こうと思います。

中流の滝つぼで毛鉤をふっていたら、すぐ横の斜面で物音がしました。
顔を上げると、1mほどのところにある穴から、イタチが顔を出していました。
しばらく、じっと見つめあっていましたが、穴に戻っていきました。
山奥でイタチを観るのは初めて。





[PR]

by s_space_s | 2018-07-30 17:28 | 釣り | Comments(0)
2018年 07月 17日

猛暑の連休釣り三昧

土曜日は今シーズン最初のシャワクラガイドで荘川へ。
先日の豪雨のしわざだと思われるが、銚子滝の形が変わっていて、びっくりした。
水量多く、2ファミリーを楽しくご案内した。


日曜日は揖斐川の支流へ。
これも今シーズン、初テンカラ。
まだ、水が多めで毛ばりの食いは浅かった。
それでも大滝上では入食いになり、楽しめた。
e0064783_15195144.jpg
白い魚体にオレンジの腹とヒレのネイティブっぽいイワナ達
e0064783_15195147.jpg
ここは絶対いると粘ってみた。
e0064783_15195226.jpg
岩の陰から出てきて、カラスの羽で巻いた毛ばりに食いついた滝つぼの主
e0064783_15405349.jpg
揖斐川町の最高気温は38度を超えて、全国一だった。
めった使わない車のクーラーをかけて帰った。


海の日は釣りの師匠Kさんのボートで伊良湖沖へ出た。
例によって坊主もお世話になる。
わしらはサビキで遅めのイサキ狙い。
K師匠はサビキで釣れたイワシやサバの生餌でカツオ狙いらしい(わしにはよく分かりません)。

外道なのだが、ソウダガツオ、サバ、カサゴ、ホウボウ、シイラまで釣れて、だれることなく楽しめた。
e0064783_22075462.jpg
e0064783_22075493.jpg
e0064783_22075559.jpg
坊主は良い型のイサキを上げていた。
e0064783_20510684.jpg
潮風に吹かれて飲むビールが最高!
わしにはこっちがメインの楽しみ。
e0064783_22075534.jpg
ソウダカツオは足が早く、ヒスタミン中毒に注意と教わった。
K師匠の血抜き処理がよく、家で竜田揚げにしてもらったら旨かった。
料理好きの坊主は色んな種類の魚を持って帰った。
一人暮らしで、どうやって食ったのやら。


後日、坊主から送ってきた写真
e0064783_22075433.jpg
ちゃんと料理しとった
e0064783_22075406.jpg




[PR]

by s_space_s | 2018-07-17 20:53 | 釣り | Comments(0)
2017年 12月 20日

海釣りと初滑りと皮肝

釣りの師匠のKさんのボートに乗せていただき海釣りへ行ってきました。
蒲郡のマリーナから佐久島へ向かいましたが、北西の風強く、波が高いため引き返しました。
波をジャンプしながらドシンドシンと船底を海面にたたきつけるように走るボートは、海になれていない者には怖かった。
漂着した北朝鮮の船に乗っていた人たちはどんな思いだったのでしょう。
e0064783_22000100.jpg
マリーナ近くまで戻ってカレイを狙うも反応なし。

e0064783_22000165.jpg
釣りをあきらめ、マリーナに戻って船上で宴会開始。
ayaちゃんに送ってもらった日本酒をいただきました。
それぞれ個性があって美味しかったけど、谷川岳が一番人気でした。

e0064783_22000140.jpg
飲みながら、K師匠が小さかったころ、家のニワトリをつぶして食べた話や、鳥屋(とや)でおじいさんの焼き鳥の手伝いをした話を聞きました。
小さいころ鳥の肝(特にきんかん)を食べさせられたけど好きになれなかったというのは、うちのかみさんと同じで面白かった。


今日、初滑りにウイングヒルズへ行ってきました。
シーズン1本目はすぐ腿がパンパンになって、まだ気持ちよいとこまで行きませんでした。
おまけに後ろこけして首がむち打ち症で曲がらなくなってしまいました。

K師匠の話を聞いていたら硬いかしわを食いたくなり、郡上の鳥信で皮肝ミックスを買ってきました。
こういう写真ってインスタ映えします?
e0064783_21594514.jpg






[PR]

by s_space_s | 2017-12-20 22:55 | 釣り | Comments(0)
2017年 09月 16日

よい沢の条件

わしにとって良い沢の条件は、魚がたくさんいることです。
あと、自然林できれいな水が流れているところ。
良い沢の逆は、面白くない沢?良くない沢?
沢登りの話で悪いというと、別の意味になってしまいます。
悪くて良い沢ってこともあるのです。

今日はこんな沢に行ってきました。
白山山系の谷で、平日なら誰もいないと思ったのに・・・
滝を超えても新しい足跡かありました。
魚も走らないので、我慢して遡行に専念します。

今回は買ってから全然履いてないモンベルの沢靴で行きました。
タビに慣れた足には固いソールが足裏感覚を邪魔して歩きにくいことこのうえない。
大きな岩を乗越すときにスリップしてあっという間に背中から川床に落ちました。
全身ずぶ濡れになったのとお尻と脇腹をしたたか打っただけで済みましたが、危なかった。

顕著な支流の出合いを過ぎると、魚影が濃くなりました。
e0064783_21452640.jpg
ここまで来ると岩魚はすれていなくて、姿を見せたまま木になったつもりになって、岩魚を見ながら釣りができました。
木化け石化けという技?です。
e0064783_21452944.jpg
よく肥えた尺岩魚
e0064783_21453338.jpg
両手・両足ほどひっかけて納竿。
ぶら下げた袋が重くて、下るのにバランスが取れず、ふらふらしました。
足回りにも不安があるし、ゆっくり下りました。
悪くない良い沢でした。

地図を見て余韻に浸りながら、ウイスキーをちびちびやってます。
お尻が痛いです。

晩酌するには、肴が美味くなる日本酒がいいけど、夜、のんびりするにはウイスキーが良い。
長男坊が置いていった、ラフロイグというシングル・モルトは、癖になる大人の味です。
はじめはピートのスモークが「うげ~!」という感じだったけど。
e0064783_21453938.jpg
最近、ブコウススキーの「パルプ」という探偵小説を読んでいます。
この酒と取り合わせがいい感じです。
難点は2ページぐらいで眠くなってしまうこと。




[PR]

by s_space_s | 2017-09-16 12:33 | 釣り | Comments(0)
2017年 07月 04日

揖斐の桃源郷?

色々、用事が入っていて諦めていた日曜日。
天気がもちそうなので、うまくやりくりして揖斐へ釣りに行きました。
雨後で少し水も多めで毛鉤の追いは今一(いつもの言訳)。
中流までアマゴ混じり、源流ではネイティブっぽいイワナが釣れました。
e0064783_05053285.jpg
いかにも居そうなとこです。
e0064783_05053234.jpg
尺に少し足りないやつが出ました。
e0064783_05053398.jpg
帰りにカモシカの角を拾いました。
e0064783_05053206.jpg
シカと違って中が空洞なんですね。
シカのように毎年生えかわらないので、こうやって落ちているのは珍しいのでは。
先っちょが鋭利な岩角にでも挟まれたのか、削れていました。
横に干してあるのは男達の熱き挑戦
ほとんどフェルトが無くなってきました。

条件のいいときにまた行ってみたい谷でした。




[PR]

by s_space_s | 2017-07-04 05:24 | 釣り | Comments(1)
2016年 09月 15日

海釣り再挑戦

前回不甲斐ない結果に終わったので、今度は酔い止めを用意して再挑戦しました。
今回は神島沖でタチウオ狙いです。

気分は船長

e0064783_21235158.jpg
弟子2号にさっそく当たりが
e0064783_21233013.jpg
釣れたのはイシモチ
上げると浮き袋でぐーぐー鳴きます。
e0064783_21235108.jpg
師匠は外道だと言いますが、大変おいしい魚です。
さっそく師匠にタチウオが。
弟子たちは地球を釣ったりしてなかなか釣れません。

e0064783_21233032.jpg
弟子1号にようやくタチウオが来ました。
きれいな魚でした。
e0064783_21233094.jpg
船上で刺身にしていただきました。

e0064783_21233063.jpg
これがばかうま。
e0064783_21234310.jpg
弟子2号は終わりがけに調子が出てきたのかマダイを連続で上げてました。

e0064783_21234325.jpg
弟子2号が炊いた鯛めしです。

e0064783_21234386.jpg
家に帰ってかみさんとタチウオの刺身で乾杯。
イシモチは煮付けにしたらいい感じでした。

ほんとに贅沢な遊びです。













[PR]

by s_space_s | 2016-09-15 12:53 | 釣り | Comments(0)
2016年 08月 08日

2年ぶりの海釣り

昨年は入院したりしてそれどころではなかったので、海釣りに出かけるのは久しぶり。
毎度のことながら、船から仕掛け餌までK師匠にお任せです。
今回は名古屋に住んでいる坊主も同行させていただきました。
e0064783_22085488.jpg
台風の影響なのか、神島沖に出たらうねりが高く、慣れていないわしらは釣りをはじめて1時間も経たないうちに酔ってしまいました。
K師匠は元気いっぱいなのに。

このメバルの引きは気持ちいかった。
e0064783_22085737.jpg
釣ってるときはいいのですが、仕掛けを直したりしていると、もういけません。
e0064783_22085030.jpg
カサゴ、メバル、イサキ、子ダイなどボチボチ釣れて頑張れば大物の予感もしたのですが。
e0064783_10494584.jpg
結局ギブアップ。

K師匠には申し訳ありませんでしたが、早めに納竿、午前中で帰港となりました。
上陸してみると、喉元過ぎればなんとかみたいに、お腹がすいてきました。
中川区の「餃子苑」で坦々麺を食して帰りました。
e0064783_22084545.jpg

この店は、なかなかグレード高いです。
e0064783_22084703.jpg
ほんとうに…






[PR]

by s_space_s | 2016-08-08 22:10 | 釣り | Comments(0)
2016年 07月 20日

隔絶されたアマゴはどうなる?

最近、Tさんの影響か、アマゴの毛鉤釣りが面白くてアマゴの谷へ入ります。
今回は、20年以上前に沢登りをして、大滝の上の源流までアマゴがたくさんいた谷へ。
当時、釣りでも入ったことがありました。
まだ毛鉤釣りを始めたばかりで、1匹も掛けられず悔しい思いをしたものです。
ちょっとは上手くなったかなと、リベンジも兼ねての釣行です。

この大滝は奥美濃でもベストテンに入るのでは。

e0064783_22025599.jpg
大滝上には、今でもアマゴが健在でした。
ただし、魚影が濃すぎて、桁あふれ状態になっているのでしょう。
20cm前後のスリムなのが多い感じでした。

e0064783_22025567.jpg
大滝に続く2ヶ所の滝場を越えると、沢は平坦になります。

e0064783_22025539.jpg
両岸にはブナ、カツラなどの自然林が広がり、渓流魚にとって良い環境です。
淵に毛鉤を落とすと、それを追いかけて何匹も集まってくるくらい魚がいます。
e0064783_22025519.jpg
写真では分かりにくいですが、大きな赤い斑点が体側に多い個体。
黒い斑点が大きいのが特徴的です。

e0064783_22025688.jpg
こいつは赤い斑点は小さいですが、黒い斑点が大きいのは同じ。

e0064783_22025532.jpg
個体差はありますが、この谷特有の形質を持っているようです。
明らかに本流のアマゴと違う雰囲気があります。
ヤマトイワナなど原種イワナの研究はされていますが、アマゴに関するハプロタイプなどの研究は聞いたことがありません。
もし、ここのアマゴたちが大滝によって隔絶されたまま何百年も生き延びたら、独自の進化を遂げた違う魚になるのでしょうか。
それとも、小グループの個体群として弱体化が進み消滅してしまうのでしょうか。

リベンジのほうですが、やっぱりアマゴは難しい。
思ったポイントでイメージどおりに釣れるのは5回に1回くらい。
(足で稼げるので30匹ぐらいは掛けたと思います。)
まず、貰い物のドライフライ(パラシュート)を沈めて使っているようでは論外ですわな。

家に帰って早速毛鉤を巻きました。





[PR]

by s_space_s | 2016-07-20 17:52 | 釣り | Comments(2)