blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山登り( 215 )


2018年 08月 17日

横谷〜大ダワ〜バイクランド右岸支流

【山域】奥美濃
【場所】坂内 大ダワ1067.5m
【日時】2018年8月15日(水)
【コース】坂内バイクランド~横谷~大ダワ~バイクランド右岸支流~バイクランド
【メンバー】ヤマダさん(日本山岳会岐阜支部)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇り
【タイム】バイクランド8:30 大ダワ12:50~13:10 バイクランド15:00

ルート図(クリックしてね)
e0064783_20584053.jpg
ほんとうは、そろそろフリーをやろうと思っていたのです。
けど、天気がすっきりしないので、ヤマダさんと相談してお手頃な沢へ行くことにしました。
この沢の源流はtsutomuさんやmasaさんの記録で癒し系のいいところらしい。

昨年2月に大ダワの北面を滑っていて、その素晴らしい斜面がちょうど横谷の源頭でした。
登っていて気が付きました。
季節を変えて、また行ってみたいところです。


坂内川は干上がって水溜りになってました。
奥にあるのが横谷出合いの堰堤。
e0064783_20594441.jpg
最初は藪沢の感じでしたが、そのうち小滝がぽんぽんと出てきて、気持ちがいい。
e0064783_20592643.jpg
6m滝は右壁を登ってみました。

e0064783_21002672.jpg
沢がクランク状に曲がった先に滝が現れる。
e0064783_20592707.jpg
なんとなく登れそうなので、ラインを読んでいると、ヤマダさんが取り付いて・・・。
ハイステップで足を切るというジム的なムーブで登ってしまいました~。
わしにはあんなムーブ無理!
ロープを出してもらい、クラシックなムーブでフォローしました。

e0064783_21000064.jpg
この滝の上は、サワグルミの多い平流で、まさしく癒し渓。
左右の斜面はトチやブナの自然林です。
横谷通して植林は見かけませんでした。

H870mの二俣は、先のお二人は右をとっています。
が、左俣のほうが水量が多いし、10m滝が美味しそう。
三角点を狙うにもほとんど遠回りでないので、歓声を上げてシャワークライムしました。
e0064783_21005922.jpg
Goood!
e0064783_20593592.jpg
源頭の最初の一滴は湧水でした。
e0064783_20593558.jpg
右の中間尾根に乗ってから、コンパス直進で三角点を狙いました。
三角点で収束するので、ときどきコールでお互い位置を確認しながら、それぞれのタクティクスで前進します。
わしはピンポイント狙い、ヤマダさんは左エイミングオフ
地形的には後者が確実だと思いますが、現実は南のエッジに出てから西に進むラインが激藪で、結果的にわしのほうが少し早く着きました。

道標もマーキングもない三角点
e0064783_20593510.jpg
ツノハシバミの実がなっていました。
e0064783_20592766.jpg
下降は最短ルートで、バイクランドに降りている沢としました。
コンパス直進で大ダワの石灰岩大地を横切ります。
地図に表れない大きなドリーネが複数出てきて、惑わされました。

下降に入ってからは恐ろしい急傾斜。
シカの食害が進んでブッシュがなくなったら、とても降りれないところです。
夏毛のノウサギをみました。
アオバトが遠くでオカリナを吹いています。
e0064783_20594494.jpg
古い石組み堰堤がいくつもありました。
一か所、滝場もありました。
地形図にある堰堤に出て、やっと一息。
e0064783_20594430.jpg
バイクランド手前の尾根に見覚えのある十字架
e0064783_21000083.jpg
坂内の道の駅で食べたソフトクリームがバカうま。




[PR]

by s_space_s | 2018-08-17 17:18 | 山登り | Comments(3)
2018年 05月 13日

高賀三山六社巡りをやってみた。

【山域】美濃
【場所】高賀三山
【日時】2018年5月12日(土)
【コース】金峰神社~瓢ヶ岳~星宮神社~新宮神社~本宮神社~高賀山~高賀山登山口~高賀神社(車)~金峰神社(車)~滝神社(車)
【メンバー】まっちゃん、わし 
【天気】晴れ
【タイム】金峰神社0:50 瓢ヶ岳3:40 星宮神社5:30 新宮神社7:00 本宮神社8:20 高賀山10:20 登山口12:10
e0064783_08455346.jpg
まっちゃんの記録
合計距離: 33km 累積標高(上り): 2821m

分担執筆した山渓の「岐阜県の山」で高賀三山の紹介をしました。
その文章のなかで修験者の荒行として行われていた「高賀六社巡り」について触れました。
実は詳しく調べもせず、1日で六社を周ったら面白いだろう、ぐらいの感覚で書いただけでした。
それをまっちゃんが読んで興味を持ったらしく、計画に際してわしにも声をかけてくれたのでした。

まっちゃんは最初から周回ルートにこだわっているようでした。
しかし、金峰神社が外れたとこにあるため、周回にすると距離がフルマラソン超えになってしまう。
現実的な計画としてわしが提案したのは、星宮神社発で金峰神社ゴールのルートでした。
多分、距離は36kmぐらい、これなら明るいうちにゴールできると思いました。

分担して登山道のない区間の踏査を行い、このラインで実施する準備は整いました。
ところが、4月下旬にまっちゃんから再度連絡があり、やはり周回にしたいとの意向。
また酒を飲みながら相談し、金峰神社を起点・終点の周回コースにすることになりました。
距離はざっと46km、累積標高は4000mになります。

数日前に、またメールが。
六社に加えて板取の白谷観音にも周れないかとの相談でした。
六社巡りが盛んだった江戸時代には、板取の白谷観音も入れて六社一観音として回られていたのです。

ラインにもよりますが、距離で8~12㎞、標高は500~700mプラスになります。
その上、白谷観音への尾根ルートの踏査はしていないので、オンサイトとなる。
このトライについては、よほど高賀山までの行程が上手くいった場合のオプションとしました。

結論からいうと、今回は四社二山という結果に終わりました。
けど、準備から本番を通じ大変楽しく、有意義な山行となりました。



エネルギ―を蓄えておこうと食べ過ぎ、3時間の貴重な睡眠は質の悪いものとなった(意味ね~!)。
深夜0時ごろ、まっちゃんの家に迎えにあがる。

片知渓谷入口にある金峰神社には常夜灯がともっていた。
まずは参拝し、出立のご挨拶をする。
e0064783_12525740.jpg
長く急勾配の林道をバカ話をしながら瓢の登山口へ。
星空がきれい。
ヤマレコのblackさんの噂話などで気を紛らし瓢を目指す。
谷沿いの道は渡渉が数回あり、夜間には道が見つけにくい。
e0064783_12525821.jpg
オレンジ色の三日月が山影の上に低くかかっていた。
麓の街の灯が見えた。
瓢の下降でも谷沿いの道を選択したことを後悔する。
林道に出るころ、やっとヘッドランプを消した。
e0064783_12525804.jpg
瓢の登山口から林道で星宮神社を往復する。
矢納ヶ淵
e0064783_13085423.jpg
星宮神社。名前がロマンチック。
e0064783_13085411.jpg
新宮神社へは車でも越えられる八王子峠経由
新宮神社。社叢が素晴らしい。
e0064783_13085434.jpg
歩きながら、「コンピューターに護られたバビルの塔」の話題で盛り上がる。
本宮神社へは道のない尾根を越える。
コンパスで確認し、ばっちりのラインで林道に出ることができた。
e0064783_13085456.jpg
本宮神社の社叢
e0064783_15300856.jpg
檻で護られた宝印塔
e0064783_13085447.jpg
今回のポイントともいえる高賀山への登り。
下部は植林の作業道があったが、早々に踏み跡がなくなり、急斜面の笹ヤブ登りは苦しいところ。
まっちゃんは絶好調なのか、えろう飛ばすので声を掛けて抑える。
e0064783_13085422.jpg
ヒノキの大木

e0064783_13115228.jpg
高賀山手前の林道法面のクライミング
e0064783_15300834.jpg
12時に着けば上出来だと見積もっていた高賀山に10時半に着いてしまう。
これなら白谷観音も照準に入ってきた。

e0064783_13105172.jpg
尾根コースはリスクが高いので、白谷観音へは車道を往復してこようということなった。
これなら距離は13km、標高差は200mで2時間ほどで済むだろう。

御坂峠で単独の女性と挨拶し、谷道の下降にかかる。
しばらく下ったところで、背後に気配がないので振り返ると、まっちゃんの様子がおかしい。
足をひきずって顔をしかめている。
膝の痛みがひどいらしい。

しばらく様子を見ていたが、歩き方が普通ではないので、関節のトラブルだと思った。
左膝にテーピングすると少しは楽になったようだ。
歩いていると右膝まで痛くなってきたというので、手ぬぐいで仮固定した。
e0064783_13115225.jpg
ストックを使えば、ゆっくり下ることはできそう。
この段階で六社巡りは諦める。
いま考えなければならないのは、金峰神社にデポしてある車の回収だ。

行者岩屋に寄る。
コウモリが住んでいる。
e0064783_13105125.jpg
御坂峠にいた女性が追いつく。
挨拶して足元を見ると、珍しい(特に女性では)ことに地下足袋だ。
まっちゃんとはタビ仲間ということで話がはずんだ。
金峰まで送ってもらえないかと思ったが、若い女性におっさん2人がそんなことお願いしたら迷惑だろう。
ぐっとこらえて(言い出せず)先に行っていただく。

登山口手前で写真を撮っている山旅(足袋)の彼女に追いつく。
(心配して待っててくれたのかも。)
駐車場で話をしながら、まっちゃんが思い切って金峰に送ってもらえないかと切り出す。
快くOKの返事。
e0064783_13115295.jpg
彼女は名古屋のひとで、美濃ICから高速に載る予定だったので、ちょうど良かった。
一緒に高賀神社にお参りして金峰に向かう。
不思議な魅力のある女性で、短い時間だったけど山の話が面白かった。

金峰の駐車場で、山旅(足袋)女子Nさんに関市のパン屋さんペイザンのおいしいパンを進呈するまっちゃん
e0064783_13105159.jpg
Nさんを見送ってから、最後の滝神社にお詣りに行く。
これで一応、六社を巡ったわけだ。
賽銭箱が置いてない神社で、お賽銭は村の子供達で使い切ることになっている。
e0064783_13115265.jpg
まっちゃんを家に送る。
缶ビールやらおみやげに買った山野草やら持たせてくれる。
本人の気持ちもおさまらないのだろうと、ありがたく頂戴する。

家でシャワーを浴び、ビールを飲み始めたら、もはや止めどもなく・・・
e0064783_13105124.jpg
次は三山六社一観音をやってみたい。
今回やってみて、十分できる計画だと思った。
楽しみが残ってよかった。




[PR]

by s_space_s | 2018-05-13 14:59 | 山登り | Comments(0)
2018年 05月 12日

六社巡りからもう帰ってきてます。

訳あって3時ごろ家に帰り、もう2時間酒飲んでます。
昨夜は23時起きでよく回ります。
良い山旅(足袋)でした。

[PR]

by s_space_s | 2018-05-12 16:49 | 山登り | Comments(0)
2018年 05月 10日

本巣アウトドアフェスティバル(藪漕ぎ・読図企画)

5月25日・26日の土日で本巣アウトドアフェスティバルが開催されます。
発案者の美濃和人さんから、わしにもお誘いがあったので、下記の企画で参加します。
お申し込みは直接わしのほうへお願いします。
e0064783_20550245.jpg
全体では、サイクリング、ハイキング、能郷白山登山、川下り、ロッククライミング、フライフィッシングなどもあります。
facebookで検索してみてください。



(以下、わしの企画)
[PR]

by s_space_s | 2018-05-10 16:13 | 山登り | Comments(2)
2018年 05月 10日

高賀三山・六社巡り

江戸時代に盛んだった荒行「高賀六社巡り」のルートは今では定かでありません。
洞戸なんでもあり・・情報」の管理人さんがお詳しいのでお尋ねすると、順番は反時計まわりだったことを教えていただきました。

まっちゃんとわしが決めたルールは、1日で六社と三山を経由してスタート地点に戻ることだけ。
色々相談した結果、このようなラインになりました。
e0064783_08455346.jpg
昔の道に三山が含まれていたのかは分かりませんが、ここを経由するのは山屋としてのこだわりです。
妥協したのは、古の順路には板取の白谷観音も含まれていたのを割愛したこと。
今回様子をみて、またの機会にやってみるか、無理ならトレランの専門家にでもお任せします。

まっちゃんがヤマレコで計測したところ、ざっと距離は50km、累積標高差は4000mぐらいでした。
はたしてクライマーズ・ハイの境地に入ることができるのか?
それとも坐骨神経痛が悪化して動けなくなるのか?

今週末に決行です。
楽しみ~。




[PR]

by s_space_s | 2018-05-10 06:07 | 山登り | Comments(0)
2018年 04月 17日

高賀山のあたりを踏査してます。

最近、高賀三山周辺をうろうろしています。

本宮神社のしめ縄が新しくなっていました。
ビニール製でした。
e0064783_15551077.jpg
高賀神社から滝神社越え
e0064783_15544096.jpg
高賀の集落で峠道をお聞きしたご高齢のご夫婦。
高賀山の南にある峰稚児神社の興味深いお話を教えていただきました。
最初「みねちょう神社」と言われたので、あの巨岩の上に祀ってある祠のこととは気が付きませんでした。
祠は特に岩に固定してあるわけではないのですが、どんな台風が来ても落ちないのだそうです。
もし、落ちるようなことがあれば、高賀ではえらい騒ぎになるのだとか。
4月29日にはお祭りがあるのでまた来なさいと言われました。

ヒミズの死骸
e0064783_15540948.jpg
e0064783_15540903.jpg
モグラの仲間です。


帰りに美山のふれあいバザールに寄りました。
食堂は、いつも行列ができていて、あきらめて帰ることが多いです。
桑の木豆入りのおこわが珍しかった。蕎麦もわしの好みの感じ。

夕方、からあげと酒を持ってまっちゃんの家にお邪魔しました。
踏査の報告と作戦会議が口実で、まあ、飲むのが目的。
夕方から雨が降りだし、肌寒い日だったので、薪ストーブに火を入れて。
e0064783_15540851.jpg
まっちゃんは三千盛純米大吟醸を用意してくれてました。
山に対する考え方などを肴に飲む酒は、ついつい飲みすぎます。

1998年に出たイギリスのフリークライミング・ビデオ "Hard Grit"を一緒に見ました。
沢の大家のまっちゃんが、Rの付くクライミングを見て熱くなったりして。
山の世界に対して視野が広い人だと思いました。

決行は連休明けです。




[PR]

by s_space_s | 2018-04-17 20:24 | 山登り | Comments(0)
2018年 04月 13日

大平八滝 春日村

揖斐の谷の名前を検索していて、たまたまこんなサイトに当たりました。

-岐阜県揖斐郡春日村 美束 中山 で聞いたこと。-

春日村の地名や伝承、風俗などについて地元の方の貴重な口述や写真とともに紹介されています。
春日村の谷の名前についても細かく記録されており、参考になります。

素晴らしいサイトだと思います。




[PR]

by s_space_s | 2018-04-13 19:56 | 山登り | Comments(0)
2018年 03月 08日

自分の山

ガイドでも遊びの山でもきちんと記録を残したほうがいいと思うのだが、家に帰り酒を飲んでしまうと、なかなかその気にもなれない。
せめて、何処へ誰と行ったぐらいは憶えておかないと、記憶も定かでなくなるので、エクセルで山行一覧をつけている。
その一覧を見て最近ちょっと考えこんだ。
e0064783_12181140.jpg
1月下旬から自分の山がひとつもなく、ガイドの山がずらっと並んでいる。
わしの職能範囲では積雪期の高い山はガイドできないので、低くても雪山が楽しめる1~3月が書き入れ時といえばそうなのだ。
有難いことではあるけど、これでは本末転倒だ。
3月も同じ状況が続きそう。

4月からは自分の山に行きたい。

と思ったが、娘の結婚式などで、無理のような・・・。








[PR]

by s_space_s | 2018-03-08 12:19 | 山登り | Comments(0)
2018年 02月 28日

★★沢登り記録(地域別)★★

ブログ掲載の沢登り記録を整理してみました。
それ以前の記録はこちらをご覧ください。


こちらをご覧ください
[PR]

by s_space_s | 2018-02-28 20:08 | 山登り | Comments(0)
2017年 11月 28日

毘沙門谷から三国岳、ダイラ、瓢箪(琵琶)池を周遊

【山域】鈴鹿北部
【場所】三国岳、ダイラの頭
【日時】2017年11月26日(日)
【コース】ゲート手前駐車スペース~毘沙門谷~ダイラの頭~三国岳~阿蘇谷~ダイラ~瓢箪池~時山~駐車スペース
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れのち曇り
【タイム】林道ゲート手前8:25 毘沙門谷出合9:00 ダイラの頭11:45 三国岳最高点12:50 ダイラの北の尾根上14:10 瓢箪池14:35~14:55 時山15:25 ゲート手前15:40

周遊ルート(クリックしてね)
e0064783_08422426.jpg
気になっていたといっても、ダイラを知ったのはごく最近の話。
「岐阜県の山」の次の候補として適当な山を探していて、三国岳にダイラという面白そうな場所があることを知りました。
牧田川上流の五僧の峠は2001年秋に岐阜ケルンのKさんとポデローザ3号で越えたところです。
その当時は、まだ車で越える林道はできていなくて、マウンテンバイクもどきを押したり担いだりして越えました。
なんとなく懐かしいエリアでもあるのです。

* * * * * * * * * * *

薮谷出合から少し奥に林道ゲートがあって、そこから歩く。
持ってきた古い5万図には、新しい林道が載っていなかった。
旧道と新道の分岐があることも知らず、毘沙門谷の出合まで新道を行く。
林道は毘沙門谷出合よりかなり上の急斜面に付けられていて、林道から下るのはやっかいそうだ。
うろうろしていたら、山仕事のご老人がみえた。
毘沙門谷へ下る道を尋ねると、さきほど通過した堰堤の上流に旧道の分岐があると教えていただいた。

言われたように、谷沿いには旧道の跡が残っていた。
e0064783_09462417.jpg
毘沙門谷出合には炭焼き小屋や廃車が打ち捨てられている。
e0064783_09462444.jpg
恐る恐る腐って傾いた木の橋を渡る。
e0064783_09462432.jpg
この小屋は2001年11月のサイクリングで旧道を下ってきたときにも写真を撮ったところだ。
毘沙門谷に入っても人工的な道の跡が残っていて、それを辿る。
ここは昔、橋が架かっていたところだろう。
なにやら上流が開けていると思ったら・・・
e0064783_09462403.jpg
こんな自然林の平坦地があった。
ミニ・ダイラと命名
e0064783_09462482.jpg
踏み跡を辿りながらズックで歩いていたが、へつりでドボンして、地下足袋に替える。
好きなところを歩けて、このほうが楽しい。
谷沿いに杉が植林してあるところもあるが、全体的には自然林の美しい谷だ。
ケヤキの大木が多いのが奥美濃と違う。
e0064783_12520657.jpg
こんな淵では、なにかの影を探してしまう。
e0064783_09495888.jpg
上流まで窯跡が多いのも鈴鹿らしい。
e0064783_09495851.jpg
明るい、谷の詰め
e0064783_09495907.jpg
コルに出て休んでいると、キノコ採りのおっちゃんがダイラへ下っていった。
ダイラの頭への尾根道

e0064783_09495925.jpg
三国へ向かう道は阿蘇谷側の急斜面をトラバースするところが多く、怖かった。
e0064783_09495934.jpg
三国岳手前で男女ペアが下ってきてすれ違う。
せっかくなので911mの最高点まで往復する。
e0064783_09495920.jpg
三国岳直下のやせ尾根からダイラを俯瞰する。
真ん中から少し右寄りの台地状のところ。
右に緩やかに降りている尾根を下った。
e0064783_09495815.jpg
現在の2万5千図の道は815m三角点付近から阿蘇谷に下っている。
下ってみると道などなく非常に急斜面で、下草がないので手掛かりがなく恐ろしい。
地形図で滝がありそうな気がしたところに3mほどの滝があって、クライムダウンできず巻く。
e0064783_09522789.jpg
ダイラ入口にかかると急に谷が開ける。

e0064783_09522773.jpg
最近の阿蘇谷への下降ルートは、ダイラの頭南東のコルから降りているようで、そっち方面から登山者が下ってきた。
先ほど三国岳直下ですれ違ったペアであった。
彼らはダイラに寄ったあと阿蘇谷を下降したようだ。
e0064783_09522791.jpg
ダイラは名前のとおり平らな森
種類は特定していないがカエデが多く、もう少し早い時期なら紅葉が素晴らしいだろう。
ブナやミズナラの林とは違う雰囲気で面白い。
それにしても、アセビとユズリハのほか下草が皆無なのは何で?

e0064783_09522703.jpg
当初はここでのんびりする予定であった。
けど、下降の尾根を確認するまで気が急いて、なんとなく通り過ぎてしまう。

e0064783_12515991.jpg
ダイラの北の尾根に乗り、597mピークを目指す。
途中、見落としやすい分岐がありテープが過剰なほど付けてある。
ピーク周辺には鹿の泊り場が。
e0064783_09540889.jpg
瓢箪といえば瓢箪か。
琵琶といえば琵琶か。

e0064783_09540708.jpg
あとのルートはほぼ見えたので、池の畔でまったりする。
ガスコンロを消すと静寂、鳥と獣の声しかしない。
林の向こうに大きな獣の影が見えてぎょっとする。
イノシシに見えたが、声を出すと立ち上がりサルだとわかる。
サルとお茶する風流さはなく、鈴をならして群れを離れさせた。
e0064783_12521372.jpg
時山への尾根の下部は急になり尾根芯がはっきりしないため、コンパスで方向を確認しながら降りる。
踏み跡が出てくると、やがて阿蘇谷の道と合流して、獣除けのフェンスに囲まれた時山文化伝承館に着いた。

e0064783_09545130.jpg
すでに夕暮れの気配漂う時山集落を抜け、15分ほど歩いて車に戻る。
エンジンをかけると雨が降り出した。

帰りに湯葉神社の大杉を見る。



[PR]

by s_space_s | 2017-11-28 17:34 | 山登り | Comments(2)