blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2018年 06月 19日

赤翡翠

近所の庭に落ちていました。
初めて見ました。
赤い大きなくちばしがきれいでした。
e0064783_13131734.jpg
生きているのに出会ってみたいです。
声だけでも・・・。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-19 12:51 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 18日

美濃加茂高木山の岩場(南壁)

前日の夜は、昔在籍した岐阜登高会のザイル祭に呼んでいただきました。
ニセ神主(失礼)の祝詞が昔のままで懐かしかった。
30年前お世話になった方々や、今活躍中の若い方々とお話でき楽しい宴でした。
「脱システム」の話題で盛り上がるのは、やっぱ山屋の集まりです。
e0064783_16040556.jpg

翌日は、町内の防災訓練があったので一旦家に帰り、午後からコウムラと高木山の岩場に行きました。
登高会のK先生たちも夏合宿の剣のトレーニングで合流予定です。
この岩場の開拓・整備をしてみえるYさんに電話で岩場の状況をお尋ねしました。
昔登らせていただいた南壁の一番左にあるCHABOの右に3本のラインを作られたとのことでした。

南壁の基部までは、通常、南稜のコルから懸垂で下降して取り付くようです。
川ぞいの踏みあとからのアプローチは急でけっこうワイルドです。
コウムラは何回か南壁に来ているので、取りつきはすぐ分かりました。

最初、コウムラが昨年登って岩が剥がれ墜落したフェースに取りつきました、
右と左にラインがあるようで、はじめ左のラインに入ってしまい、右に戻ったらロープの流れが悪く、核心部で1回テンションが入ってしまいました。

仕切り直して右のボルトラインでまっすぐ登ったら登れました。
中間のランナウト気味のところが微妙で勇気がいりました。
40m近い垂壁で充実しました。
ボルトラインから外れると途端にルーズになるので注意!
あとでYさんにお尋ねしたら「3ルート」と呼んでみえました。

すぐ左のライン(2ルート)も登れるようです。

次に一番右の最新3ピッチルート(4ルート)に取りついてみました。
結果は最初のハングで左に寄りすぎ、アンダー気味に持った岩が大きくはがれ墜落しました。
まるでスローモーションみたいで、落ちながら気持ちいかったです。
ビレーしているコウムラは大きな岩を避けるのに右往左往。ゴメン。
そのままハング右のムーブを探ってみましたが、よく分かりませんでした。
e0064783_14010427.jpg

また近いうちにトライしに行ってみたいです。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-18 17:21 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 15日

乞食の苺?

通勤途中の草むらになにやら美味しそうな実がなっていました。
e0064783_11190884.jpg
木苺の仲間のようですが、採ってみると中が空洞です。
木苺に毒のある種類はないそうなので食べてみました。
癖のない味で結構うまかった。

e0064783_11190855.jpg
その草むらにはニガイチゴがいっぱいあって、こちらは以前から、チャリ通勤途中のエネルギー補給に摘まんでました。
苦苺という名前ですが、それほど苦くなくて、熟れたやつは美味しいです。
e0064783_11190847.jpg
コウゾの実もありますが、こちらはあまり美味しくない。
通勤途中で食べられる実としては、少し前の時期ならクワの実。
もう少し経つとヤマモモの実が楽しみです。

最初のオレンジ色の実をネットで検索してみたら、名前がなんとコジキイチゴ
説明では、乞食が食べるからではなくて袋状の実の形が名前の由来だとありますが・・・。
ニガイチゴといいコジキイチゴといい、ちょっと食欲の湧かない名前です。

関市のあたりではノビルのことを「乞食の根深」というそうです(かみさん情報)。
こっちは完全に馬鹿にしています。




[PR]

by s_space_s | 2018-06-15 17:26 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 13日

極夜行

先日の高賀六社巡りの帰りにまっちゃんが貸してくれたこの本。
「夜の果てへの旅」を読んでいる最中に、別の話(それも夜の)を読む気になれず、ずっとテーブルの上に置いてあった。

このノンフィクションの題材となっている冒険行については、国立登山研修所から送っていただいた「登山研修vol.33」の巻頭にある角幡氏自身による「極夜探検におけるナビゲーション」という文章を読み、概要と肝については知っていた。

「今度の極夜探検は、どこかに到達することより、むしろ極夜という暗闇の世界の状況そのものを洞察するのが目的だった。つまり極夜という外部世界をどれだけ深く認識し、自分の世界の内部に組み込むかがポイントだったので、その過程を省略してしまうGPSのような機器を使用することは、私的にはご法度だったのである。」(上記からの引用)

極夜探検という究極の行為でなく通常の登山であったも、この点は常々感じてきたことであり、氏の言わんとすることは腑に落ちた。
登山に何を求めるかという問題になるが、GPSに頼ることは一番美味しいところを食わずに捨てているようなものと思う。
この方も同じお考えのようだ。

このノンフィクションを読んでみて、頭で上記のようなコンセプトを理解することと、探検の恐怖、苦しみ、感動といったものを追体験することは違うと思った(たとえ文章上であっても)。
極夜明けの太陽と対面することは、出生時の疑似体験というような意味付けはどうでもいい。
読む者は、はらはらドキドキして、文章を楽しめばよいのだ。
そして、極夜の宇宙的な情景やエネルギーの塊である太陽のすごさを感じれればいい。
このノンフィクションはそれに成功していると思う。


昔越冬した南極昭和基地は、この極夜行の舞台よりも低緯度に位置する。
それでも1月半ほどの極夜はあった。
氷床から流れ出る氷河の舌端や、海氷と陸地の間にできる乱氷帯がどんなものか知っているだけに、極夜探検の困難さが身につまされた。

昭和基地の極夜明け
e0064783_18301471.jpg


お恥ずかしいことに、わしは登山記や探検記といったものを読むことがほとんどない。
これからも多分読まないとおもうが、この本は読んでよかった。
まっちゃんに感謝したい。

角幡 唯介著 2018年 文藝春秋

(追記)
エンターテイメントとしてのノンフィクションなら、面白かったという感想で十分だろう。
冒険とは「脱システム」という命題については、まがりなりにもルート開拓という行為を行ってきた者として、自分の登山行為も含め改めて検証してみたい。




[PR]

by s_space_s | 2018-06-13 17:19 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 11日

夜の果てへの旅(上・下)

ヴコウスキーの「パルプ」にキャラクターとしてセリーヌが出てきたので、興味を持った。
先日読んだ「なしくずしの死」で免疫がついてしまったので、少々刺激が足らないように感じてしまった。
セリーヌ読むなら先にこっちを読んだほうが良かったのかも。
こっちは、糞尿やへどや精液の話は控え目。

上巻では戦場、アフリカの植民地、ニューヨーク・・・と主人公の先へ先へ亡霊のように現れるロバンソン。
忘れたころに出てくるので、ロバンソン用にページの下の角を折って読み進んだ。
こいつが、何か重要なことに繋がってくる予感はあった。
例えばロバンソンはフェルディナンの分身だったみたいな、オースター的な…。

わしの予想に反して下巻では、ロバンソンがもっと実体のある生身の人間として描かれる。
愛国心も道徳も愛情さえも唾棄すべきものとして、自分の生きたいように生きるロバンソン。
社会にどぶつきながらも中途半端なフェルディナンは、そんな生き方(死に方)を見せられてしまったらもう「何もいうことはない。」

これだけ長い小説だと、前読んだ内容を忘れてしまうので、2回目読んでいる。

e0064783_16212167.jpg
e0064783_16212837.jpg

セリーヌ著 生田 耕作 訳 中公文庫




[PR]

by s_space_s | 2018-06-11 17:18 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 10日

芥見権現山の岩場②

ytさんからお誘いいただき、また裏山の岩場へ行ってきました。
ぎっくり腰も大分良くなってきました。

ごんぎつね 5.10cd(グレードはわしの独断です。以下同じ。)
Aさんたちがルート整備中の「ごんぎつね」は終了点が未設置でしたが、ytさんのお話ではリードしてもいいとのこと。
登らせていただきました。
数日前に設置されたボルトはかなり右のカンテ寄りだったので、1回目にリードしたときは自然にカンテライン沿いになってしまいすっきりしませんでした。
次に登ったytさんも同意見でした。

トポにある5.10cdとするには、ボルトラインより右に出ない制限が必要と感じたので、2回目はそのスタイルで登ってみました。
薄かぶりのガバフェースが楽しめるラインになりました。
当然、スラブは制限です。
e0064783_12473936.jpg

GONTITI 5.5NP
ytさんが目を付けていたクラックから権現槍の岩稜に繋げるラインを登りました。
ルート開拓気分で楽しかったです。
1ピッチ目はカムが良く効く傾斜の緩いクラック 10m
2ピッチ目は岩稜コースをたどります。25m
権現槍のピークにはアンカーがないので、メインロープで構築します。
e0064783_12480033.jpg
ゴン太 5.8
ytさんが設定した短めのフェースです。
岩も固く、アップにちょうどいい感じ。
e0064783_12474049.jpg

権々クラック 5.8NP
カムがボンバーに決まる箇所が限られているので、意外と緊張感のあるクライミングが楽しめます。
e0064783_12473921.jpg
権兵衛の種まき 5.8~9?
気分のいい長めのフェースです。
e0064783_12474091.jpg
権現レイバック 5.9NP
きれいなコーナークラックです。
e0064783_12474027.jpg
ごきげんスラブ 5.10c
上の写真の左のスラブです。
左カンテと右クラックは制限です。
スラブの最上部では制限に挟まれたエリアが狭くなってくるので、どこまでストイックになれるか試されます。
完全に制限したら11はあるのでは。
上部フェースはコーナークラックに触らずフェースだけで登ると楽しい。


たんすに権現 5.9
上部はカンテ上に出ない。
終了点手前はハンドトラバース気味に登ります。
e0064783_13261868.jpg

Aさんが作られたきれいなトポがあるのですが、現地に行ってみればラインはわかる感じなので、写真に大体の位置を書き入れてみました。
e0064783_08404527.jpg

[PR]

by s_space_s | 2018-06-10 14:02 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 03日

墜落

頭の下に枕がわりに敷いたロープバックに紅いものが流れ出す
素手で触ってはいけないなどと言っていられなかった

***

リードすることに不安を漏らすXにトライを唆したのはわしだ
2ピンめのロープさばきで、今日はXには登れないなと思った
Xはラインから左にはずれ危なっかしく隣のルートのボルトに向かって登っていく
2ピンめは既に足元のかなり下なのに

何故目の前のボルトにクリップしないんだ
ランナウトしてるぞと声を掛けた直後、ぽろっと壁から落ちた
Xの相棒はしっかり確保していたが、ランナウトが激しくグラウンド寸前でやっと制動がかかった
その瞬間、体が回転し頭が下になり逆さ吊りの状態で止まった

Xには何が起こったのか分からないようだった
意識レベルは一桁、外傷をチェックすると頭を打ったようだという
ヘルメットをかぶっていなかったのを、そのとき気が付いた
手ぬぐいのほうかむりが紅く染まっていく
横にならせ、わしの被っていた手ぬぐいしかなかったが、畳んで圧迫止血する

見当識障害があり、ここがどこか、午前中何をしていたかが分からない
幸い出血は止まり、手足のしびれや目まいなどもないというので、歩いて駐車場まで下ることにする
最寄りの総合病院の時間外外来に行ってみると、当直の先生に診ていただけることとなった

***

朝、翌日のガイドの準備をしているとき魔女の一撃を腰にくらった
午後にはXとのクライミングの約束があった
自分はビレーだけでもするつもりで、岩場に向かったのであった

もう少し注意して見ていればよかった
一つ間違えばXもわしもクライミングできなくなるところだった
この1日で何年も歳をとったような気がする





[PR]

by s_space_s | 2018-06-03 14:38 | クライミング | Trackback | Comments(2)
2018年 06月 01日

芥見権現山の岩場

伊木やNさんちの岩場の整備をしてみえる、Aさんに案内していただき、権現岩を登りに行きました。

権現岩全景。20mほどのスケールですが、りっぱに見えます。
e0064783_20563424.jpg
現在、6本のラインが設定されています。
行ってみると既にお二人のクライマーが「権々クラック NP5.8」に取りついてみえました。
2本の岩稜ルートが最近人気のこのエリアですが、フリークライミングをしているのを初めてみました。

たんすに権現 5.9
終了点手前のカンテがかぶってきて厳しい。
リードするytさん
e0064783_20562894.jpg
ごきげんスラブ 5.10c
数年前に見に来たときに、わしも目をつけていたラインがルートになりました。
左のカンテと右クラックは制限です。
半年ぶりのクライミングで、真剣モードになってしまいましたが、1発でいけました。
e0064783_20562867.jpg
ごんぎつね 5.10cd
ごきげんスラブの右にある白っぽい壁で、薄かぶりでぐいぐい登れるラインです。
まだボルト設置されてません。
TRで遊びました。

権兵衛の種まき 5.10a
この岩場で最初に引かれた右端のボルトラインです。
当初は「禿山の一夜 5.8」と呼ばれてました。

あと「権現レイバック NP5.10a」というかっこいいコーナークラックもありますよ。

家から歩いて行けるので、色々活用できそうです。




[PR]

by s_space_s | 2018-06-01 08:27 | クライミング | Trackback | Comments(0)