人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 29日

G3のシールがにちゃにちゃ~。

夏の間の保管が悪かったので、昨シーズンデビューしたG3のシールのノリがにちゃにちゃになってしまいました。
定番のアイロンがけをしてみましたが、やっぱりソールにグルーが残る感じです。
家で張り付けていくと絶対スキーにくっつくと思ったので、先日の大日ではスキー場トップで貼るようにしたら、少しはましでした。

このシールはスカラスキンというモデルで、チートシートなしで丸めて収納できるのが売りです。
家に帰ってシールの表面を見たら、毛に糊がくっついていました。(泣き)
JANの講習にはこのシールを持っていこうと思っていたので、まず糊を取らないと。

スキーのソールについた糊はワックスリムーバーで落ちるので、ウエスにリムーバーを沁みこませ、シールを擦ってみました。
なんとなく糊が薄く広がっただけみたいです。
あとはワックスを塗ってアイロンがけしときました。
Yさんから、グルーの変質の原因は温度ではなく湿気だと聞いたので、1週間軒下で寒ざらしにして乾燥させてみました。
触ってみると、ネバツキが減って、いい感じになりました。

JANの講習では最初いい感じだと思ったのですが、何日も連続で使って、暖かい部屋にぶら下げていたら、またにちゃにちゃがぶり返してきました。
4日目のガイディングの講習では、シールは団子になるは、林道滑降ではみんなに置いて行かれるはで、散々でした。
帰宅後、家の用事などもあり山へ行けないので、再度メンテに挑戦しました。(いい加減あきらめろ)

グルーのこびりついた汚れは、柑橘油の剥離剤で落ちるとのネット情報があったので、ホームセンターで探してみるといいものがありました。
G3のシールがにちゃにちゃ~。_e0064783_19281631.jpg
3Mのクリーナー30という柑橘油のスプレーです。

毛の先の黒い汚れがグルー。
G3のシールがにちゃにちゃ~。_e0064783_19281674.jpg
さっとスプレーして歯ブラシでゴシゴシすると綺麗になりました。
あとは、何回か水拭きして完成です。
G3のシールがにちゃにちゃ~。_e0064783_19281636.jpg
さらっさらになって、これなら大丈夫そうです。
部屋もオレンジのいい香り。

糊面は、厚手の紙を載せてアイロンがけして汚れた糊を除去しました。
残ったグルーはキッチンペーパーを当てて軽くアイロンがけして整えました。
寒ざらしでは乾燥が甘かったので、現在、冷凍庫に入れてあります。
試しに張り付けてみると、ちょうどいい接着ぐあいで、こちらも使えそうです。

今週末の山で試してみます。
うまくいったらtsutomuさんに教えたろう。

関係ないけど、うまいものの写真
G3のシールがにちゃにちゃ~。_e0064783_19281622.jpg
G3のシールがにちゃにちゃ~。_e0064783_19281633.jpg




by s_space_s | 2019-01-29 12:22 | テレマーク | Comments(0)
2019年 01月 28日

★★沢登り記録(地域別)★★

ブログ掲載の沢登り記録を整理してみました。
それ以前の記録はこちらをご覧ください。


こちらをご覧ください

by s_space_s | 2019-01-28 20:08 | 山登り | Comments(0)
2019年 01月 26日

八方温泉で一週間の湯治

座骨神経痛の療養に行ってきました。

というのは冗談で、JANのレベル1の講習の1週間でした。
なかなか厳しい講習で知恵熱が出そうな感じでした。
車中泊で参加の方もみえましたが、この老体ではたぶん最後までいけなかったと思います。
温泉のある民宿でよかった~。

安曇野を北へ
八方温泉で一週間の湯治_e0064783_16352228.jpg
部屋はこんな感じ
八方温泉で一週間の湯治_e0064783_16352232.jpg
温泉は貸切
八方温泉で一週間の湯治_e0064783_16340744.jpg
講習が朝早くて、夕方はいつ終わるか分からないので、スーパーのお惣菜とカップ酒で過ごしました。
八方温泉で一週間の湯治_e0064783_16332579.jpg
モヒカン
八方温泉で一週間の湯治_e0064783_16332577.jpg
合否通知は一か月後だそうです。

・・・

先日、合格のお知らせがありました!





by s_space_s | 2019-01-26 16:49 | 旅行 | Comments(0)
2019年 01月 13日

雪がないのにスノーシュー

荘川のODファームにスノーシューのガイドに行きました。
日当たりのいい広場は積雪が10cmもないくらい。
大型のワンちゃんを連れたご夫妻と半日遊びました。

ツアーの前に少し早めに行って、ビーコンとプロ―ビングのトレーニングをしました。
雪がないのにスノーシュー_e0064783_22374851.jpg
使っているのは、旧型のピープスで、一応3本アンテナですが、長軸のアンテナの特性が強すぎるのか、ピンポイントでスパイクが発生して、当てるのに慣れが要ります。
人体ほど大きな物ならプロ―ビングに早めに切り替えればヒットするでしょうが、深い埋没だったらかなり時間がかかりそうです。

帰りに、てれカズさんの家に寄って新しいピープス(DSP SPORT)をお借りしました。
部屋でピンポイントをやってみると、ほぼ対象の真上付近で数値が最小になり、信頼性も高いと思いました。
次のビーコンとしてマムートを考えていましたが、機能もシンプルで、こっちもありかな。






by s_space_s | 2019-01-13 23:06 | ガイド | Comments(0)
2019年 01月 12日

まだあった中華料理「左門」

先生が上手だったようで、大腸内視鏡検査は思ったよりつらくなかった。
朝5時からポカリスエットみたいな味の下剤を1.8L飲むのが、少し大変だったくらい。
検査結果は、大腸はきれいなものだったが、直腸に1個ポリープが見つかり、先生は鼻歌交じりで嬉しそうだった。

お昼前に検査が終わり、入院しているじいちゃんの様子を見に行く前に、昼飯を食うことにした。
胃から腸まですっからかんなので、消化のいいものを食べるように言われたのに、鶯谷のトンネルを通りかかったら、昔、行ったことのある中華料理屋を思い出してしまった。

それは、岐阜登高会の先輩、キタさんに教えてもらった「左門」という年配の夫婦がやってる店だった。
岩戸公園から近いし、安くて美味いので、岩登りの帰りに寄ったり、小さかった子供たちを連れて家族で行ったりした。
もう30年近く昔のことだ。
記憶を辿って左の路地を北進すると、昔のままの「きたなこい」感じでまだあった。
まだあった中華料理「左門」_e0064783_20023474.jpg
お昼なのにお客はいないし、メニューも字が消えかけたり、ちょっと心配になる。
少し若くなったおばちゃんは中国の人みたいだった。
昔のおばちゃんも店に出てたけど、かなり年をとったように見えた(当たり前)。
今のおばちゃんに言われてお茶を出すと、店の奥で座り込んで居眠りしている。

左門定食B(油淋鶏と揚げ餃子)を注文する。
厨房で鍋を振っている大将の顔は見えなかったけど、昔と変わらず美味かった。
普段よりよく噛んで、ゆっくり食べる。

今のおばちゃんはずっと映りの悪いテレビで韓国ドラマを観ている。
地元のおばあちゃんが来て、左門定食Aを注文(リッチー!)。
一人で黙々と食べているより、他のお客がいるとホッとする。

店を出て車に乗ろうとして、帽子を忘れたことに気が付いた。
店に戻ると椅子に毛糸の帽子が載ったまま。
「ゴメンネ、キガツカナカッタ。」
今のおばちゃんが笑った顔は案外、愛想が良かった。





by s_space_s | 2019-01-12 21:26 | うまいもん | Comments(0)
2019年 01月 06日

私をスキーに連れてって

tsutomuさんと国見岳スキー場へテレマークに行ってきました。
所々、草や石が出ている状態で、ガリガリのハードバーンでしたが、新しい板と靴ならしには良かったです。
スキー場のレストハウスは昭和の香りいっぱいで落ち着きました。
私をスキーに連れてって_e0064783_20300275.jpg
懐かしい映画のポスターも
私をスキーに連れてって_e0064783_20300206.jpg
右がその時代のK2、エクストリームX。
遠近法ではありません。
私をスキーに連れてって_e0064783_20300226.jpg
細板とT3のほうが滑っていて気持ちよかったのは発見でした。
多分センター95mmはハードバーンではわしの技術ではしかっり乗れないのだと思います。





by s_space_s | 2019-01-06 20:40 | テレマーク | Comments(0)
2019年 01月 04日

雪不足の大日

快晴の土曜日、ガイドの下見を兼ねて高鷲スノーパークから大日ヶ岳へ上がりました。
頂上まで登山道以外は薮で歩けないくらいの状況でした。

普通なら、諦めて下山するのでしょうが、メンバーがY田さんとtsutomuさん。
強引に大日谷へ滑り込み、お昼過ぎまで5本ほど滑って遊びました。
年末年始の不摂生がたたって脚がつりそうでした。

雪不足の大日_e0064783_22014656.jpg
雪不足の大日_e0064783_22011735.jpg
雪不足の大日_e0064783_22014666.jpg
雪不足の大日_e0064783_22011703.jpg
雪不足の大日_e0064783_22014698.jpg
雪不足の大日_e0064783_22011705.jpg
雪不足の大日_e0064783_22011719.jpg






by s_space_s | 2019-01-04 22:08 | テレマーク | Comments(0)
2019年 01月 02日

年末の十石山

【山域】乗鞍
【場所】十石山
【日時】2018年12月29日(土)30日(日)
【コース】白骨温泉~十石山東尾根~十石峠避難小屋(往復)
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】雪
【タイム】1日目 温泉7:20 避難小屋12:20
     2日目 避難小屋10:00 温泉11:50

新穂高から弓折方面の予定でしたが、強い冬型の予報に恐れをなし、気楽な十石山に変更しました。
なめていた訳ではありませんが、2500mの稜線は思ったより厳しかったです。
十石峠避難小屋は評判どおり快適な小屋です。


旧料金所あたりに駐車して、1470mの登山道入口までシールで林道を上がる。
笹は出ているが、シールで上がることはできる。
倒木がうっとうしい。
先行者のトレースがあり、単独のようだ。

年末の十石山_e0064783_21213832.jpg
次第に積雪は増える。

年末の十石山_e0064783_21213762.jpg
森林限界を超えるころには、吹雪となる。
先行の方は十石を目指して登っていったが、わしらは直接小屋を目指す。

年末の十石山_e0064783_21213830.jpg
頂上経由で小屋に着いた単独の方が暫く休憩してから出ていくと、数十人は泊まれそうな広い小屋は貸切となる。
マットレスや毛布もあり、鍋や食器なども使わせていただける。
トイレはないので、外でしてこないといけない。
年末の十石山_e0064783_21212703.jpg
標高が高いので小屋の中でも-8℃。
いしはらさんが上げてくれたビールを注ぐと半分氷ったクリームみたいで美味かった。

年末の十石山_e0064783_21212752.jpg
酒までデポしてあったが、自分たちが持ってきたので十分だった。

年末の十石山_e0064783_21210208.jpg
翌日、少しは回復するかと期待したが、ますます吹雪がひどくなって、暫く小屋で待機。
10時ごろ意を決して小屋を出る。
年末の十石山_e0064783_21213850.jpg
完全なホワイトアウトのなか、コンパス頼りに東尾根を目指す。
下るだけで精いっぱい、スキーを楽しむところではない。
樹林帯に入ってほっとする。
地形は単純だけど、調子に乗って良い斜面を追っていると尾根から外れてしまい、戻るのに苦労する。
年末の十石山_e0064783_21213873.jpg
下部も思ったよりスキーが使えた。
隠れている株などにスキーをひっかけコケること数回。
年末の十石山_e0064783_22312987.jpg
林道を快適に滑ってゴールイン。
車には5cmほど雪が積もっていた。

明郷で蕎麦を食って帰る。
国道41号で帰ったが、下呂辺りまで雪がちらついていた。
家に帰ると大変な事態が・・・。





by s_space_s | 2019-01-02 07:53 | テレマーク | Comments(0)