blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 22日

また股、穴毛に行ってきました。

昨年、肘鉄を食わされた穴毛岩に行ってきました。
相棒は、いつものイシハラさん。
正攻法では受け入れてくれず、後方から押し倒す感じになりましたが、なんとかあのアーチ橋の上に立てました。
e0064783_09322184.jpg
裏から見た穴毛橋(かってに命名)。
穴から穴毛谷が見えます。
e0064783_09322162.jpg
裏側から見て、あらためてその造形に驚きました。
まるで岩の大聖堂です。
この橋の上に立ったのは、ひょっとして人類初?

記録は後ほど




[PR]

# by s_space_s | 2018-10-22 12:40 | クライミング | Comments(0)
2018年 10月 15日

錫杖岳烏帽子岩「A感覚とV感覚」開拓

【山域】北アルプス
【場所】錫杖岳烏帽子岩
【日時】2018年10月14日(日)
【コース】槍見~クリヤ谷~右俣沢~烏帽子岩西肩~烏帽子岩~東肩へ懸垂~西肩~クリヤ谷~槍見
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇り

ルート図(クリックしてね)
e0064783_12305722.jpg
錫杖岳烏帽子岩はその屹立した独特の形から本峰以上に目を引く存在だ。
この岩峰には東西南北の4面にルートが築かれている。
そのうち、現在クライマーを迎えているのは東肩ルートのみと言ってもよいだろう。
それも年に数パーティーだと思われる。

なんで、前衛フェース側からは隠れて見えず、ほとんど登られていない西肩ルートを登りたいと思ったのか?
本峰方面から見る烏帽子岩の真ん中にパッカーンと入った割れ目を見て、非常に惹かれるものがあったからだ。
e0064783_21051948.jpg
昨年、撮影した写真を飽くことなく眺めていたら、既成の西肩ルートと違うラインも引けるような気がしてきた。
久しぶりにいしはらさんを誘って錫杖に向かった。

錫杖沢に入るころに雨がポツポツし始めたので、大滝経由で西肩に上がる予定を変更し、右俣沢経由でダイレクトに取付に向かうことにする。
後から考えると、これが正解だった。
右俣沢の登りでは、いしはらさんが相変わらず早いので、しんどかった。10時半ごろ西肩に着く。
e0064783_20250608.jpg
烏帽子岩にはガスがかかったままだ。
行動食を食べながらゆっくり登攀の準備をして、ラインが確認できるようになるのを待つ。
e0064783_20253001.jpg
暫くするとようやく壁が見えてきた。
予想どおり割れ目は濡れているし、ラインを引けそうだと思っていたところも、傾斜が強いうえに、プロテクションがとれるかどうか分からない感じだった。
既成ラインを登るのもちょっと考えてしまうような状況だった。
けど、次回のチャンスはもうないだろうと思い、取りついてみることにした。
e0064783_20253189.jpg
1ピッチ目:わしリード
チムニーの中は水が滴っている。
一段上がるとチムニーはOWになり、出口にカムが決まったので、思い切って右のフェースに出てみる。
慎重に登り、懸垂下降した残置を経由して、さらに右上する。
e0064783_20253178.jpg
ショボい灌木でランニングをとった後、脆いうえ傾斜の強いフェースを我慢して登ると、安定したレッジに着いてピッチを切る。
いしはらさんはデカいピナクルを落としながら登ってきた。
e0064783_20253086.jpg
2ピッチ目:いしはらさんリード
直上は傾斜がきついので、少し右にトラバースしてカンテの裏に出ると、岩が固くなった。
快調にロープが伸び、ブッシュ帯に入ってピッチを切る。
e0064783_20383741.jpg
3ピッチ目:わしリード
写真や取付から見て、行けそうだと思った右のジェードルを目指す。
回り込んでみると、ジェードルの上部はきれいなクラックが入っていて行けると思った。
しかし、そこへトラバースするセクションは白い岩が崩れて重なったようなバンド状。
その下はツルツルでハンド・トラバースになるのが分かり、しばらく悩んだが、諦めてビレーポイントに戻る。
e0064783_20250696.jpg
ここからは西肩ルートの上部をたどる。
広いチムニーを一段上がったテラスから左の草付きガリーに入るところが、少し微妙。
ブッシュ帯に入って重いロープを引きながら、見晴らしのよいピークに到着。

A感覚とV感覚 3ピッチ 5.8NP
旧キャメ♯05~3、エイリアン中間サイズ3個ほど、ピトン各種数枚
新規ライン上はアンカーも含め残置なし

下降は東肩ルートを懸垂した。
まず、東に向かって傾斜の緩いチムニーをクライムダウンするとブッシュのテラス。
e0064783_20250676.jpg
すぐ右下にチョックストンの挟まったチムニーがある。
ここから15mほど懸垂して灌木の生えたバンドを右に進むと、テーブルのような岩の載った第2テラス。
第2テラスからは40mほどの懸垂1回で東肩基部に着く。
e0064783_20250781.jpg

東肩ルートを登ったのは30年近く前なので、下降ルートに自信が持てず、時間をロスしてしまった。
ぎりぎりヘッドランプなしで降りれたと思ったら、下山届を書くのに結局ヘッドランプを出すことになった。
たった3ピッチの登攀であったが、今日も充実した~。




[PR]

# by s_space_s | 2018-10-15 20:39 | クライミング | Comments(0)
2018年 10月 12日

窓からバードウォッチング

相変わらずの特命係状態(相棒なし)です。
連休明けに出勤したら、部屋がいやに明るい感じでした。
最初、部屋を間違えたのかと思いました。
鍵を開けて入るのでそんなことあるわけないのですが、考え事をしながら前にいた部屋に入ってしまったことがあったので。

窓の外を見ると理由がわかりました。
中庭にあったクスとツブラジイがクルーカット並みにばっさり剪定されていたのでした。
e0064783_12541964.jpg
今までほとんど空が見えなかったのに、雲が流れていくのを眺めることができるようになりました。
(窓際族か!)
それともう一ついいことが。
枝が茂っていたころより、小鳥の来訪が多くなったような気がします。
スズメはひっきりなしに来て遊び場のようになってるし、シジュウカラ、キジバトもよく来ます。
ハクセキレイも見ました。

これから季節が変わると、新しい鳥が来ないか楽しみです。
みかんでも置いてやろうかな。




[PR]

# by s_space_s | 2018-10-12 17:31 | 自然 | Comments(0)
2018年 10月 11日

乗鞍岳土樋池踏査、大丹生池再訪(その2)

先日、乗鞍の土樋池と大丹生池を踏査して、下山後、いろいろな疑問が湧いてきました。
本当なら、図書館に行って文献にあたるとかすべきでしょうが、やはり、この山に精通した方にお聞きするほうが早いと思い、飛騨山岳会のお二人の長老、島田氏と木下氏にお尋ねしました。
以下、そのご回答です。

Q1:大丹生池の水はどこに流れているのか。

A1:乗鞍西面は、火砕流が流れたあとで全てが熔岩。そのため平地にある池は、水は貯まるが、ある時期に抜けてしまう。布引の滝の水は、熔岩の中の伏流水。(島田氏)

ということで、どこへ流れるとかではなく、岩盤にある穴?に吸い込まれているようです。
これは基本的には土樋池も同じだと思います。

Q2:土樋谷中流の炭焼窯跡があったが、針葉樹林帯で炭焼が行われていたのか。

A2:籏鉾には、平金鉱山という明治、大正時代に2千人を超える大鉱山があり、学校もある一大部落があった、鉱山の精錬所で使う炭を焼くため、丸黒尾根の反対側まで、炭焼きで木は全て切り尽くされた。鉱山周辺のいたる所に炭焼き窯があった。(島田氏)

鉱山で使う燃料のためなので、どんな樹種でもいいわけだ。
金平鉱山のお話しは青年の家にいたころに聞いていました。
昔登った恵比寿尾根も若い針葉樹が多かった。
鉱山があったころは、このあたりは「もののけ姫」のような感じだったのでしょうか。

Q3:土樋池の読み方

A3:読み方は、ツチトイイケです、古い地元の案内書には、(大正、昭和初め)ツチトイ(つちとひ)、ツチトヨ、など仮名を打ってあるものがありますが、今は地元では、ツチトイと言っています。(島田氏)

木下氏からは、地元の方の呼称として「つちどよいけ」をいただいた。

Q4:籏鉾の石碑にある行者「無盡秀全」の開拓した登山道はどこを通っていたのか。

A4:
島田氏からのご回答
昔の登山道は、
赤川新道、最後まで残った道、今は無い。
蛇出道、五色ヶ原から鶴が池へ登り着く。
池之俣大丹生道、大丹生池から桔梗ガ原。
私は、赤川新道は旗鉾の人の案内で登りました。

木下氏からのご回答
旗鉾にある石碑は、明治27年に乗鞍へ石碑を上げようとした修験者木食秀全のものです。
このとき通ったのが「蛇出道」。
貴兄が登られたルートには「池之俣大丹生池道」がありましたが、いづれも昭和のはじめに廃っていたようです。   

木下氏からは、飛騨の郷土史研究会の紀要に書かれた「乗鞍岳登拝路の盛衰」という地図付きの詳細な資料もお送りいただきました。
前記事に添付した地図の池之俣大丹生池道のラインはその資料を参考にしています。
旧道では、土樋池~大丹生池間は、わしらのラインではなく、大丹生池北の鞍部を乗越しているようです。

紀要文章を引用させていただきます。
⑨池之俣道
池之俣御越谷を遡り、途中から尾根を越えて土桶池、大丹生池を経て土俵ヶ原へ出る。江戸期に鉈削り(ナタバツリ)の円空が、大丹生池に木端仏千体を池底に沈めたという話が残っている。この時は金山道を経たようだ。土桶池、大丹生池へは古くから山麓の人々が雨乞いに集団登山しており、この時の道である。
大正七年(一九一八)八月には、丹生川村青年会と軍人会の約四〇〇名が蛇出道から登って室堂に泊まり、翌日大丹生池、土桶池を訪ね、この道を下っている。

氏によれば、既に廃道となっていたこの道のほかにも、昭和初期の最盛期で8本もの登山道があったということで、その歴史について興味深いお話が記述されていました。

以上、その道を極めた諸先輩の造詣の深さに頭がさがったという、後日談でした。




[PR]

# by s_space_s | 2018-10-11 12:32 | 山登り | Comments(0)
2018年 10月 10日

乗鞍岳土樋池踏査、大丹生池再訪

まっちゃんが、かねてから温めていた計画にご一緒しました。
純粋にそこに行ってみたい、地形はどうなっているのかという興味から出たものです。
登攀的に価値があるとかいうのではないのが面白い。

目的地は、乗鞍の土樋池です。
上流っぽく見える大丹生池や中間の堰止湖跡にも興味津々。
行ってみて地形がどうなっているかこの目で検証するのが大事だと再認識した山行でした。

e0064783_11333552.jpg
国土地理院の電子地形図にルート等を追記して掲載


地形的には池之俣発電所のある土樋谷川に流れ出るはずの土樋池の水ですが、ほとんどの部分が伏流しており、谷の中は苔むした巨岩のゴーロ歩きが延々と続きます。
中流には炭焼釜跡がありました。
シラビソなど針葉樹の森でどうやって炭焼をしたのか不思議でした。
e0064783_21152819.jpg
H1880mあたりに支流から水が流れ込むところがあり、波板などの人工物ときれいな池がありました。
e0064783_21152822.jpg
土樋池からは水が流れ出していました。
e0064783_21152898.jpg
池にはどこからも水が流れ込むところがありません。
ときおり底から泡が浮き出すので、伏流水が沸いているのかもしれません。
紅葉が素晴らしい。
e0064783_21161923.jpg

e0064783_21373693.jpg
ナラタケ豊作
e0064783_21161912.jpg
樺の皮で焚きつけます。
e0064783_20470038.jpg
e0064783_20470064.jpg
新規投入の丸飯盒デビュー
e0064783_20464803.jpg
火の粉が天に昇り、天の川に白鳥座
e0064783_20470093.jpg
池の水で自炊。
途中で採ったキノコで作った具沢山ラーメンがうまかった。
e0064783_21161899.jpg
まっちゃんの持ってきた、レメディに使うアロマエッセンス?入りのブランデーで静かに夜は更けていきました。
夜中にフクロウが鳴いていました。


朝は濡れた地下足袋が氷っていました。
e0064783_21152914.jpg
湧水のせいか湖面には霧が
e0064783_20471747.jpg

一段上流にある堰止湖跡
水流の跡はありましたが、水がない。
上から眺めると、気分はもうジャングル大帝。
e0064783_21161868.jpg
大丹生池下の急斜面
ほとんど沢型がありません。
e0064783_21374627.jpg

大丹生池には雪のある時に来たことがありました。
e0064783_21374328.jpg
雪がないときのほうが神秘的な感じです。
e0064783_21161845.jpg
上流からかなりの水量の沢が流れ込んでいました。
大丹生池の水は土樋池のほうではなくアザミ平のほうへ抜けているのでしょうか。
e0064783_21161808.jpg
土樋池谷の下降は、まっちゃん流に言うと「不快調」そのものでした。
エノモトさんの記録にあるとおり、落とし穴がそこら中にあり、わしはその一つにやられてしまいました。
その後は、足をひきずり、まっちゃんを待たせながら我慢の下山になりました。

滝登りもナメ床もゴルジュもない沢歩きでしたが、充実した~!と言える山行でした。
大丹生池、土樋池のあたりにはスキーでまた来てみたいと思います。


籏鉾のバス停横にあった石碑が気になりました。
e0064783_21534160.jpg
以下に引用します。

史跡
石碑「無盡秀全 三十六童供養塔」 員数 一基

明治初期、木喰行書「無盡秀全」が乗鞍岳への登山道を開き、沢上集落から乗鞍岳頂上までに、三十六本の石製道標を設置した。
この道標は1本約二百キロで、童子が刻まれている。現在は肩の小屋から頂上までに三体の像が現存している。
丹生川町地内には、この行書が木っ端により書いた掛け軸が多く残っている。

平成十四年七月二十四日 指定
高山市教育委員会

下山後湧いてきたいくつかの疑問について、飛騨山岳会の諸先輩に質問してみました。





[PR]

# by s_space_s | 2018-10-10 22:31 | 山登り | Comments(2)
2018年 10月 06日

最近読んだ本(一千一秒物語、東西不思議物語、清兵衛と瓢箪・網走まで)

最近、割と読書をしています。
感想まで書けるといいと思うのですが、そのずくがない。
備忘のメモが精いっぱいです。

★一千一秒物語
以前の記事で少し触れましたが、戦後短編小説再発見「表現の冒険」という短編集のなかに、稲垣足穂の「澄江堂河童談義」がありました。
独特の雰囲気と少年・後門愛についての蘊蓄話が面白く、その続編ともいえる「A感覚とV感覚」が収録されている本書をアマゾンの古本屋で購入しました。
便利な世の中になったもんだ。

表題作の「一千・・・」は星新一のショートショートをもっと凝縮してポエムにしてしまったようなもの。
テーマは月や星や流星や彗星を拾ったり食べてみたり、月と喧嘩してみたり、おとぎ話のような感じのが多い。
酒を飲むと数日にわたって呑み続け、最後には糞まで垂らしたという足穂のアル中的、幻視・妄想のようなものもあります。

その他の短編も独特の世界観で楽しめました。
56億7千万年後の未来にこの世界に現われ悟りを開き、人々を救済するという「弥勒」の宇宙的なイメージが洒落ていました。
貧困のため半断食生活となり、朦朧の中で突然なにかを悟る(悟った気になる)ということは、ありうることだと思います。

「美のはかなさ」を読むのが苦しかった~。
2回目読んでも、学生時代に吉本隆明を読んだときみたいに、全然頭に入ってこない。
美の偶然性とか美の冒険性などについての評論で、内容を整理しながら3回目読んで、やっと分かったような気になりました。

目的の「A感覚とV感覚」も評論的なもので、おしりに関する蘊蓄いっぱい。
理論的なことは分かりませんが、まあ楽しめました。
P感覚というのは、足穂によれば従属的なものだそうです。
そうかもね。

稲垣足穂著 新潮文庫

★東西不思議物語
昭和50年に毎日新聞・日曜版に連載された澁澤龍彦のエッセー。
超自然現象や神秘体験に関する物語を、日本と世界、古今東西の書物からとりあげ、似たような話を紹介するという軽い読み物です。

江戸時代の後半、橘南谿という医者の書いた「東遊記」「西遊記」という日本見聞録の人気本があったそうです。
そのなかに書かれた、四五六谷(しごろくたに)の話しがありました。

神通川の上流ということなので、今でいう双六谷です。
飛騨船津の男が二人で、この谷の奥を見極めようと入ったところ、食料も乏しくなり釣りをしたのだそうです。
あるとき、相棒が釣りをしている顔を見ると、「化け物のような異様な顔」をしている。
驚いたことに相棒もこちらの顔を見て同じように驚き、山の神のしわざだと怖くなって谷を下るという話です。

「東遊記」では、高山の人の意見として、光の加減で顔がひょろ長く異様に見えるような場所は他にもあり、珍しくないというのがオチになっています。
空腹と疲労のため幻覚を見たというのが、もっともらしい説明でしょう。
けど、餓鬼のようになる釣師の根性が顔に出たというのも、まんざら無くはない?

澁澤龍彦著 河出文庫

★清兵衛と瓢箪・網走まで
志賀直哉の初期の短編集です。
本棚にあって、何回も読んでいるはずですが・・・。
「剃刀」「正義派」などいくつかの作品はストーリーにおぼえがありましたが、読み進めても最後まで思い出せない作品のほうが多かった。
台風接近でクライミングにも行けない休日には、しみじみする短編集です。

志賀直哉著 新潮文庫

連休後半で、まっちゃんと乗鞍へんてこ山行の予定です。
楽しみ〜。




[PR]

# by s_space_s | 2018-10-06 15:55 | 読書 | Comments(0)
2018年 10月 01日

石徹白の鍋倉平(美濃禅定道)

白山順禮というサイトに、白山中居神社から尾根や谷筋を辿り大杉のある今清水社まで通じていた禅定道を歩いた記録が載っていました。
わしは今まで、中居神社から大杉までは昔も石徹白川沿いに道があったと思いこんでいました。
この古の道に興味が湧いてきました。

上記のサイトの管理人の方は、想像するに修験者ではないかと思います。
昔の禅定道周辺を季節を問わず何回も歩き、礼拝所で念仏をあげられています。
この時も1日で昔の道を往復してみえます。
相当、健脚な方です。
地図を公開されていないので、文面からルートを想像すると、こんな感じになりました。
(クリックしてね)
e0064783_14555112.jpg
この地図を作っていて思い出したのが、6年前、石徹白文化祭を見学したとき、小学校の廊下に掲示してあった絵地図です。
この地図は、聞くところによると、石徹白にみえた先生(役場の方?)が書かれたもの。
かなり以前にはインターネットにも公開されていました。
国土地理院の地形図を基に、美しい手書きで石徹白地区の史跡や地名、湿原、谷、滝などのランドマークが記載されていました。
残念ながら、現在は公開されておらず、ダウンロードしとけば良かったと悔やまれます。
e0064783_20013795.jpg
小学校でこの地図を見たときに、コザエモンさんと何枚かに分けて写真を撮りました。
この地図なら、禅定道のコースも描いてあるかもしれないと思い、外付けのハードディスクに入っていた写真を確認すると、ちゃんと禅定道が描かれていました。ラッキー!

さっそく地形図に写してみました。
女人禁制で女性はここで帰されたという美女下平の美女下社跡。
立山の美女平となにか関係があるのでしょうか。
伝説のある斧石(よきいし)、犬石。
垢離かき場など、興味深いものがいっぱい並んでいます。
e0064783_15475979.jpg
雨模様の休日、やることがないので鍋倉平に行ってみました。
ルートは禅定道ではなくナベクラ谷からの往復です。
ナベクラ谷は、鍋倉平までは非常に傾斜の強い谷で、途中2段10mほどの滝があります。
e0064783_15484098.jpg
鍋倉平は広い平坦地で、不思議なところでした。
よくあることですが、谷は地形図の水線とは違うところを流れています。
絵地図にあった水芭蕉は確認できませんでした。
石徹白の周辺では出作り・焼き畑が昔から行われてきましたが、このあたりも人が住んでいたのかもしれません。
現在は、平らな部分は全て杉の植林となっています。
e0064783_15484419.jpg
上流二俣まで遡行し戻りました。
そのうちに、コザエモンさんを誘って中居神社から大杉まで通しで歩いてみたいと思っています。




[PR]

# by s_space_s | 2018-10-01 20:18 | 山登り | Comments(4)
2018年 09月 26日

Nさんち・芥見権現の岩場を梯子

ytさんと久しぶりにNさんちの岩場に行きました。
浸みだしもあり、TRで体を慣らしました。
左カンテラインはアンドウさんにボルトを打っていただいてから、リードトライすることができず、いい加減おこられそうです。
e0064783_20575266.jpg
左端のルート「タカノツメ」の左の前傾壁にトップロープのラインを設定しました。
脆そうなフェースの三角穴を使って右上し「タカノツメ」に合流します。
シロハツモドキ10c
e0064783_11180461.jpg
お昼前にアンドウさんがみえたので、移動して権現の新しいラインを案内していただきました。

権々クラックの左フェースに設定された「ままごん 5.7-8」
安心安全のボルト間隔です。
e0064783_20575291.jpg
基部テラスを一段右に下がったところから登る、30mの長いラインが設定されていました。
e0064783_20575290.jpg
右が「ごんどらの唄 10cd」
ほぼ上の写真の赤いロープのラインです。
左が「権現山ストー リー 5.8」
2ルートともまだボルトが設置されていません。

6月にytさんと登った「GONTITI 5.5NP」をラインを変えて再登しました。
1ピッチ目は2本並行してあるクラックの左のワイドを登りました。
2ピッチ目はバンドを歩いて右にトラバースし、枯れ木の左にあるすっきりしたクラックを登ってリッジに出ます。
ジャミングはしなくても登れます。
e0064783_20575231.jpg
権現槍に突き上げる、気持ちいいルートです。

その他、4本ほど設定作業中のラインがあるそうです。
翌日は筋肉痛になりました。




[PR]

# by s_space_s | 2018-09-26 12:18 | クライミング | Comments(0)
2018年 09月 25日

久々に長良川を下り自然の力に驚くこと

NSネットの良さんのお手伝いで久々の川下りをしてきました。
天気もまずまずで水量も多く条件は良かったのですが、残念なことに親子の申し込みがありませんでした。
スタッフの身内だけで「大人の川下り」を楽しむことになりました。

今回は、いつも藍川橋~長良橋、長良橋~河渡橋と2回に分けてやっているのを通しで下ります。
子供がいないとちょっと寂しいです(楽だけど)。
まっちゃん親子に声をかけましたが、たけお君は都合が悪く、まっちゃんだけ参加。
e0064783_20572360.jpg
山田川のワンド下の岩場に興味深々のまっちゃん
e0064783_20572301.jpg
沢屋だけあって、水を得た魚のようでした。
e0064783_20572345.jpg
藍川橋から忠節橋までの河原の丸石が流されてしまい、瀬と瀞の出てくるメリハリある流れが、川幅いっぱいの均一な流れに変わっていました。
川岸の柳や竹林も根元までえぐられ倒れているのが多く見られました。

千鳥橋上の通称「左巻き」も、どこが渦?という感じです。

e0064783_20572227.jpg
中国の大河を下っているみたい(行ったことないけど)。

e0064783_17030821.jpg
いつも飛び込みをする古津のワンドも様子が変わっていました。
まっちゃんは泳いで中州に上陸してました。
e0064783_17030929.jpg
大人はBOSSで乾杯!

e0064783_16585236.jpg
交通公園下に、流れが大岩を乗り越えてウエーブができている瀬があり、今回一番のイベントでした。

別に隠す必要はないのですが・・・。
e0064783_20572229.jpg
長良川温泉の下でいつもは上陸するのですが、今回は下流へ向かいます。

e0064783_20572309.jpg
忠節橋下も淡々とした流れとなり、川幅が広がった分、流速は遅くなったみたいです。
まだ瀬張り漁は始まっていませんでした。
なんとなくパドルを入れながら、「大人の時間」はゆっくり流れていきました。

次回は11月11日(日)のEボート長良川クリーンアップ作戦です。
皆様のご参加お待ちしております。






[PR]

# by s_space_s | 2018-09-25 17:54 | 自然 | Comments(0)
2018年 09月 25日

丸い飯盒

最近、ご近所の方からカタログギフトをいただきました。
お菓子からグルメ、日用品やアウトドアグッズまであって、カタログの厚みがすごい。
印刷代が相当かかっているのではないかと、考えなくてもいいことが気になったりして。
e0064783_20564124.jpg
キャンプ用品のページを見ていたら、丸型の飯盒がありました。
釣りが主体の、のんびりキャンプには飯盒を使っています。
旨い飯が炊けるし、なんか道具として味があるような気がして、これはこれでいいのですが、まっちゃんとか沢屋さんが使っているビリーカンという焚き火用の鍋が良さそうに見えて、丸型の飯盒ならその代用になるのではと思いました。

どちらも4合焚きですが、丸型のほうが350gで100gほど軽いです。
鍋のかわりにもなりそうだし、重宝しそうです。





[PR]

# by s_space_s | 2018-09-25 17:42 | 山登り | Comments(3)