人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 30日

オフシーズンに差をつけろ!サマーゲレンデ2回目

土日のうち土曜日がましそうだったので、tsutomuさんと2回目のサマーゲレンデへ。
ロッテフェラーのフリーダムとクリスピのSHIVERというNTNのセットで滑ってみました。
1本目は、エッジシャープナーで削ったエッジがブラシに歯が立たず、滑りになりませんでした。

tsutomuさんと相談して今回はレンタルショップのチューンナップに出してみました。
こっちは1000円です。
K PROJECTの出張ブースは1500円です。
7分ぐらいの作業時間のはずなのに結構時間がかかりました。

急ぐ必要もないので2人でロビーでぼけっ~としていたら30分ほどで出来上がり。
tsutomuさんの山スキーでボロボロになったエッジはブラシに効くようにするのに、相当削らないといけなかったみたいです。

足場ができればtsutomuさんも普通にテレマークしてて感心しました。
わしのほうはきついカービングの板に最初は慣れなかったけど、数本滑るうちに気持ちよくなってきました。

e0064783_16282549.jpg
NTNのセットにも慣れてきました。
e0064783_16282514.jpg
このあたりがピークかな。



そのうち、またエッジが甘くなって、1回持参のエッジシャープナーで削って、あと数本。

センターハウスに「オフシーズンに差をつけろ!」というポスターがありました。
tsutomuさんはそんな予感がするぐらい楽しんでいたみたい。

帰りに美濃市の柳谷食堂でとんちゃんを買って帰ろうと寄ったら準備中だったので、国道沿いの島屋食堂に寄りました。
こっちのほうは少しとんがらしの効いたピリ辛のあっさり系。
「男はつらいよ」を観ながら酒がすすみました。






# by s_space_s | 2019-06-30 20:39 | テレマーク | Comments(0)
2019年 06月 27日

小津の白倉谷左俣大滝登攀

【山域】奥美濃
【場所】揖斐川支流高地谷白倉谷
【日時】2019年6月23日(日)
【コース】白倉谷左俣~大滝~奥の右俣~林道~右岸尾根下降
【メンバー】tsutomuさん、YAMAさん、Yさん、わし 
【天気】曇り
【タイム】堰堤横駐車スペース8:00 林道の橋下9:20 大滝下10:10 稜線林道12:45 林道の橋14:00 駐車スペース14:40
【ルート図】クリックしてね
e0064783_10110411.jpg

前日の大日ヶ岳が思ったより時間がかかり、夕方から予定していた登高会のザイル祭をお断りしてしまいました。
ザイル祭に参加してたら、多分飲み過ぎで翌日は起きれなかったと思います。
久しぶりの沢でもあり、皆さんの足を引っ張らないよう、晩酌もほどほどにして寝ました。

翌朝、YAMAさんに迎えにきていただき、揖斐の総合庁舎で皆さんと合流しました。
車の中で話を聞いていると、ゆる沢へGO!の予定が、なにやら怪しい感じに・・・
昨年秋にtsutomuさんが単独で登った左俣大滝も登るらしい。

今回は皆さんの計画にのっかる形なので、大人しくついていきます。


本日のガイド、ひょっこりはん、ではなくtsutomuさん
e0064783_05055260.jpg
堰堤上から白倉谷に降り立つとすぐいい感じのミニ廊下
e0064783_05055261.jpg
新緑が美しい
e0064783_05152306.jpg
最初の難しそうな滝は、tsutomuガイドが上手にラインを示してくれました。

e0064783_05055200.jpg
わしは空元気
e0064783_05272293.jpg
YAMAさんがどんどんシャワーに突っ込むので、だいぶ体も冷えてきました。
e0064783_05055250.jpg
ここはYAMAさんがいいラインを見つけました。
e0064783_05073225.jpg
お手頃な滝は先行させてもらいます。
e0064783_05313751.jpg
うれしそうなYAMAさん

e0064783_05073256.jpg
やるかと思ったら・・・

e0064783_05195833.jpg
やっぱり
e0064783_05073110.jpg

e0064783_05082480.jpg
e0064783_05082583.jpg
ここまでで結構お腹が膨れたのですが、時間はそんなに経ってません。
夏の水遊びにはもってこいのとこですね。

e0064783_05082554.jpg
ガイドお薦めのシャワーゾーンも今回はパス
e0064783_05082402.jpg
ボルダリングのように楽しみます。
e0064783_05325498.jpg
登り方がみんな違ってみんないい。
e0064783_05091926.jpg
左俣の出合は巨岩帯
e0064783_05091905.jpg
左俣に入ると水が涸れてしまい、ほんまに大滝なんかあるのかと心配するのも束の間。
立派な大滝が出ました。

e0064783_05091973.jpg
水量もあり立派な滝です。
e0064783_05091826.jpg
ゆっくり眺めても直登するラインが見えてこないので、tsutomuガイドの初登ラインで登ることにしました。
まずは左岸のスラブに入ったルンゼっぽいとこを1ピッチ。
e0064783_05120225.jpg
2ピッチ目は絶妙な感じで岩壁にバンドが繋がっていました。
e0064783_05325421.jpg
落ち口のしょぼい根っこでビレーしました。
e0064783_05325458.jpg
まだまだ小滝が続きます。

e0064783_05120268.jpg
りっぱな炭焼き窯の跡がありました。
周囲には大きなサワグルミの木が多い。
ということは、基本的に沢床が不安定な沢であろうかと。
e0064783_05120256.jpg
奥の三俣を右に取ると、tsutomuガイドも未知の連瀑帯に突入です。

e0064783_05330196.jpg
5mほどの細い滝をフリーで越えると、8mほどのチョックストーン滝
ここは上手いこと巻くことができました。
e0064783_05135284.jpg
もう滝はいらないのですが、まだ出てきます。
e0064783_05135213.jpg
最後は少し荒れた感じのガレ沢を詰めて、稜線の林道に出ました。
e0064783_05135243.jpg
高地谷を挟んで対岸には花房と小津権現が。
e0064783_05135268.jpg
tsutomuガイドによるとプロムナードという評価の下降尾根は、鼻歌交じりで降りれるような尾根ではありません。
e0064783_05330514.jpg
最後は廃道になった林道に出て終了。

e0064783_05152346.jpg
にょろにょろも居るみたいなので、チェックを忘れずに。
e0064783_05152398.jpg
なかなか充実した沢でした。
お疲れ沢~。(ぱくり)





# by s_space_s | 2019-06-27 17:49 | 山登り | Comments(0)
2019年 06月 24日

美奈登食料品店が閉店

87歳の母が高山市である女学校の同窓会に出席したいというので、休日出勤の代休をあてて車で送っていきました。

まずは駅前のホテルで母を下ろし、高山市役所でのわしの用事もすぐ済んだので、近くの渓流に行ってイワナを引っかけて暇つぶしをしました。
e0064783_16265154.jpg
釣りにも飽きて、渓流沿いの木陰でモー娘のクーラーボックスに腰かけてぼけーっとしてから、予定の時間になったので、母を迎えに行きました。
高山へ来ると、懐かしいと言ってよく寄る惣菜店「美奈登」に買い物に行きました。
場所は通りからちょっと入った、わかりにくいところです。
e0064783_16265013.jpg
中はこんな感じ。

e0064783_16265044.jpg
店のおばちゃんと話をしていたら、今月いっぱいで閉店することになったことを知りました。
閉店の話を聞くと、母はご近所へのお土産だと言って、大量のお惣菜を買い込んでいました。
e0064783_16265081.jpg
うちにもおすそ分けもらいました。
小芋の煮っころがし、ゼンマイの煮物、にたくもじ、フキの煮物
昔から食べ慣れた高山の味付けです。
祭りとか法事を思い出します。
e0064783_16265026.jpg
美奈登食料品店
高山市八軒町2丁目30


高山からの帰りはせせらぎ街道で郡上に出ました。
ここでも、かしわ専門店「鳥信」に寄って懐かしい味を買って帰りました。
大人気の「皮きもミックス」です。
このひね鳥の皮と肉は、初めて食べたら驚くくらいの歯ごたえです。
かめば噛むほど味が出る。
e0064783_16265036.jpg
100gで100円です。

鳥信商店 小野店(Aコープ郡上店前)
八幡町小野6丁目7−13

夕食には、ハムと野菜の炒め物も出ていました。
明宝ハムか明方ハムのどっちかわかりませんが、これも郡上の味ですね。
わしには違いがわかりません。
e0064783_16265129.jpg
飛騨の味も郡上の味も酒に合うものばかりで、また飲みすぎました。







# by s_space_s | 2019-06-24 21:24 | うまいもん | Comments(0)
2019年 06月 23日

大日ヶ岳登山

かみさんの知りあいのご家族からご依頼があり、ダイナランドから大日ヶ岳をご案内しました。
今回は目的があったのでしかたがないけど、このコースはお勧めできません。
半分がスキー場の歩きにくい急斜面の登り降りで、大変です。
登山道としては「ひるがの」からの北尾根が一番雰囲気がいいかも。

ユリ園の営業もなくなり、ひと気のない夏のゲレンデ
e0064783_20465743.jpg
唯一雰囲気がいい、高鷲スノーパークトップ前後のブナ林

e0064783_20464570.jpg
曇っていたので、ブユが怖いほど寄ってきました。

e0064783_20464574.jpg
前大日から見る頂上方面
e0064783_20464488.jpg
東縦走路の入り口が刈ってありました。
どなたか整備されているのでしょうか。

前大日の手前は雪がないときも難所です。

e0064783_20463407.jpg
帰りは、ゲレンデのガレた作業道の下りで足が棒になりました。
荘川まで回って「桜香の湯」に入って帰りました。
お肌がぬるぬるになる温泉らしい温泉でした。




# by s_space_s | 2019-06-23 20:50 | 山登り | Comments(0)
2019年 06月 18日

大きな変態?

今朝、ハッカーを名乗る人物から変なメールが届きました。
わしのPCをハッキングして、閲覧履歴をチェックしたところ下記の結論に達したそうです。
「私は言う - あなたは大きな変態です。 無限のファンタジー!」
ビットコインを要求されました。
秘密がばらまかれても、わしが変態なのは皆さん気がついてみえると思うので、ほかっておこう。

この土日暇だったので、サマーゲレンデ用のテレマークスキーをセッティングしてみました。
子供が使っていた古いカービングの板です。
エッジもシャープナーでときんときんにしました。(わっかるかな~?)
e0064783_21065109.jpg
これで、NTNのブーツとビンディングをいろいろ試してみようと思います。
暑い夏にカッパ着てスキーするような変態に付き合ってくれる人、てれカズさんぐらいしかいないかな。

コザエモンさ~ん!
tsutomuさ~ん!
大きな変態 無限のファンタジー!





# by s_space_s | 2019-06-18 17:51 | あほばなし | Comments(5)
2019年 06月 15日

最近読んだ本(みずうみ、二人がここにいる不思議、ダンス・ダンス・ダンス)

テレビを観ることはあまりなくて、ニュースとテレビ体操とそのあとの子供向け番組ぐらいです。
あと笑点は観るかな。
そのかわり、時間があれば本を読んでいます。
酒を飲んでしまうと数ページもいかないことが多いので、眠り薬的なものかも。
必要に迫られたとき以外は、役に立つ本というのは読みません。
純粋に楽しみで読んでいます。

★みずうみ 他四篇
ドイツの抒情詩人シュトルムは少々、少女趣味のようである。
男女にかかわらず若いということは美しい。

「マルテと彼女の時計」は、老女マルテの生き方そのものが美しい。
―― 人生を知ってこれを愛する者なら、あえて口に出そうとしないことを、彼女はよく大きな声で怖じることなく言ったものである。
「わたしはいちども病気になったことがありませんの。きっと長生きをするでしょうよ」と。 ――
結婚もせず家族もいない下宿屋のおばさんに、生きる苦しみや寂しさがなかったわけではないのに。

「遅咲きの薔薇」は妻を惚れなおす話。
若いころの妻の美しい肖像画を見て突然、トリスタンとイゾルデが飲んだ愛の美酒をあおったようになる旦那。
中2のころのかみさんは確かに美しかったと思う。

岩波文庫 シュトルム著 関泰祐訳

★二人がここにいる不思議
e0064783_05355458.jpg
この書名と帯のコピーは、ちょっと誤解をまねくのでは。
ここにいるのが不思議なのは、亡くなってしまった両親。
ロマンチックではなく、ちょっと皮肉なほろ苦いお話。

丘の上で見知らぬ女性と眠る話は「生涯に一度の夜」。
まあ、こちらも不思議な話ではある。

オリジナルの表題は"The Toyngee Convector"。
100年後の未来へのタイムトラベルから帰還し、100年後にインタビューにこたえるタイムトラベラーのお話。

「プロミセズ、プロミセズ」のラストが上手い。
SFという範疇に収まらない短編集。

新潮文庫 レイ ブラッドベリ著  伊藤 典夫訳

★ダンス・ダンス・ダンス上下
「羊をめぐる冒険」の続編みたいな長編。
ここにも「羊男」が出てくる。
耳のすごい彼女ってキキっていう名前やったっけ?

村上春樹は優れたストーリーテラーなので面白くてどんどん読み進めることができた。
何がテーマかなんて考える必要もない。
「文化的雪かき」と感じる読者がいるかもしれないけど、村上自身が書きたいとおもって書いたものならそんなこと言われる筋合いではない。

講談社文庫 村上春樹著





# by s_space_s | 2019-06-15 21:03 | 読書 | Comments(0)
2019年 06月 14日

自分でできるもん?

980円で買ったカシオのアナログ時計の電池が切れ、通勤途中の時計屋さんで交換してもらったら、1080円でした。
ひょっとしたら自分でも交換できるのではないかとネットで電池を探したら1個200円弱で売ってました。
e0064783_20403443.jpg
小さなネジに合うドライバーさえあれば、構造は単純です。

e0064783_20403468.jpg
簡単に交換できました。
e0064783_20403384.jpg
裏蓋を閉めて、時刻を合わせて作業完了。
秒針もちゃんと動いているようでした。

ところが、2日ぐらい経って時刻を確認してみると、全然あってない~!
果たして接触が悪いのか、埃でも入ったのか。
もう一回入れなおしてみて、様子を見たいと思います。


6月15日 7:42現在 正常に動いているようです。







# by s_space_s | 2019-06-14 12:41 | 日常 | Comments(0)
2019年 06月 10日

二日連続で

出張の帰りにコザエモンさんと一宮の駅裏でいっぱい。
平和がいちばん。
おばちゃん二人で切り盛りするお店はカウンターのみで、いい感じ。
e0064783_20415064.jpg
キング・オブ・ドリンクをたくさん呑みました。
あては味噌おでん、ねぎま、しいたけ、牛筋、などなど
e0064783_20415801.jpg
このあたりは、繊維業界華やかなりしころ賑わっていたんだな。
e0064783_20420303.jpg
岐阜で飲むのと違い、終電を意識する緊張感もあり、珍しく正気で帰りました。
なのに、家に帰って呑み直しで、翌朝は反省することしきり。


こういう時に限って、翌日は爽やかないい天気。
夕方、酒も抜け(ホントか?)、近所のまっちゃんの家にまた飲みに行きました。
手土産は、先ごろ亡くなった親父が飲んでいたウイスキーのジャンボボトル。
借りっぱなしだった、新・冒険論も返さねば。

親父は、ビールは腹が膨れて酔えないからと、ビールにウイスキーを入れて飲んでた。
わしも実家で飲むときはそうやって飲んでました。
こいつは、爆弾とか言われる、れっきとした飲み方で、リバー・ランズ・スルー・イットのブラピもやってたなあ。
e0064783_20421692.jpg
まっちゃんは新居?のベランダに七輪を用意して待っていてくれました。
美濃市は柳屋のホルモンを焼きながらビールと焼酎を飲む。
ナビィの恋」のサントラを聴いてると、離島のコテージのような夜風が吹いて。

e0064783_20421626.jpg
新しい職場がいいとこで、表情も明るいまっちゃん。
奇しくも、わしのテレマークの大師匠が、まっちゃんの新しい職場の班長さんなんだとか。
師匠!また一緒に滑ってください。

e0064783_20421793.jpg
例によって、これからの山の話になったが、自分のやりたい山の話ができず寂しかった。






# by s_space_s | 2019-06-10 22:19 | うまいもん | Comments(0)
2019年 06月 10日

山へ行けば雪があるのに・・・

朝から雨の日曜日。
前日にある程度、用事が片付いたので、コザエモンさんご要望のサマーゲレンデへ行ってきました。
ほんとは、てれカズさんのご都合に合わせてご一緒してもらいたかったのですが、待ち切れず。

立山とか白馬に行けば雪もまだあるのにね。
テレマークの練習になったかもちょっと微妙です。
前回、エッジが立ち過ぎたヌーニョは少しダラしたら調子良かったです。

遊びとしては面白いのでまた来よう。
エッジシャープナーを忘れずに。

e0064783_20453435.jpg
コザエモンさんひゅーひゅー
e0064783_20453460.jpg
わしも行くど~
e0064783_21284463.jpg
やっぱコザエモンさんと滑りが似てるね
e0064783_21284356.jpg

ちょっと痛そう。










# by s_space_s | 2019-06-10 03:40 | テレマーク | Comments(0)
2019年 06月 03日

リベンジできた?

昨年、地図読みを失敗して、違う尾根を降りてしまった、郡上の谷へ行ってきました。
2回目行ってみると、なんで間違ったか分からないくらい単純な尾根でした。
何が原因かを検証できないということは、またやらかす可能性があるということなんですが・・・。

日曜日は、最近の暑さがうそのような爽やかな天気で、毛ばり釣りには少し寒すぎた。
林道の広場から歩き出すと、野鳥の声が賑やかです。
本日確認できたのは、ヤマガラ、シジュウカラ、キビタキ、コルリ、ヤブサメ、ミソサザイ、アオバトなど

新緑の雑木林は歩きやすい。

e0064783_19274089.jpg
谷へ降りる尾根はかなり急で、食害を逃れたアセビの灌木がありがたかった。
前回よりかなり下流に降りることができました。

直登不能の10m。
ここまで、アマゴの反応がいまいち。
e0064783_19274051.jpg
滝の上にもいるのは確認済なので、反応がなくても粘ります。
たまに出るアマゴはいい型が多い。
今日は、結構いい確率で引っ掛けることができました(11匹/?回)。
e0064783_19274123.jpg
水温が低く流れ込みに隠れていたやつを誘い出して、ヒットしたときの快感は格別でした。
e0064783_19274075.jpg
流域が自然林なので、ここのアマゴはよく肥えています。

e0064783_19275384.jpg
帰りの林道で、子ぎつねの兄弟が道を渡っている間に車を入れてしまいました。
渡っていない2匹が渡ってしまった1匹?を心配して行ったり来たり。
邪魔してごめんね。

今回は、地図読みも毛ばり釣りも、まあまあ思うようにできました。
車も少ない日曜午後の156号を、T.RexのTanxかけて、一緒に歌いながら帰りました。


家に帰ってアマゴを塩焼きにして食べました。
天然のアユはキュウリのにおいがします。
ここのアマゴは山椒の香りがして美味かった。
食べている昆虫の関係でしょうか。








# by s_space_s | 2019-06-03 12:56 | 釣り | Comments(0)