blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アニマル・トラッキング ( 40 ) タグの人気記事


2018年 08月 27日

姉川支流矢谷から1110mピーク尾根下降

【山域】伊吹山地
【場所】姉川支流・矢谷
【日時】2018年8月26日(日)
【コース】甲津原~矢谷~左岸1110ピーク~尾根下降
【メンバー】ヤマダさん(日本山岳会岐阜支部)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇りのち晴れ
【タイム)矢谷出合6:50 1110mピーク10:45~11:05 矢谷出合13:00

ルート図(クリックしてね)
国土地理院の電子地形図にルート等を追記して掲載
e0064783_11440730.jpg
白山の谷へ行く予定でしたが、台風後もすっきりしない天気との予報にびびって・・・。
ブンゲンにも登らず・・・。
何とか予定コースは踏査できました。

日比野さんの続・百山百渓に矢谷の記録が載っています。
なんと日付が1989年2月26日の雪の日。
それも、ブンゲンまで3時間で遡行してみえます。

動き続けてないと凍えるような日だったのでしょう。
多分、日比野さんも楽しくなかったのだと思います(かってな想像です)。
記録にはナメ床が発達した谷との記述のみで、いいことが書いてない。
なので、これまで遡行の候補にも上がらなかったのでした。

暑い夏の日にシャワークライミングすると気持ちのいい沢です。
わしらはボルダリングのようにラインを設定して楽しんだり、生物を見つけては観察したり。
ゆったりとした時間を楽しみました。
ブンゲンにこだわらなければ左岸尾根を下ると便利です。
適度に難しい分岐もあるので読図の練習にも最適です。

前半はナメ床と大きなプールをもった手ごろな滝が連続します。
両岸が植林なのが惜しい。
e0064783_20115393.jpg
e0064783_20123860.jpg
e0064783_20123851.jpg
岩棚の滝
e0064783_20123886.jpg
棚に這い上がるヤマダさん。
うぉりゃー!

e0064783_20114768.jpg
くの字滝を攻める。
e0064783_20114796.jpg
連瀑帯の大スラブ滝は水量の多い左のチムニーラインから。
スリップしたら滝下までウォータースライダー。

e0064783_20113164.jpg
これは遊べなそうなので、あっさり巻いた。

e0064783_20114798.jpg
920mの二俣
右は滝の上に大岩が乗っかってます。
e0064783_20113850.jpg
少し戻って左岸支流から1110mピークを目指しました。
ほとんど藪漕ぎなしでピークに着きました。
クマが登った爪痕のたくさんあるブナの木の下で昼飯。
e0064783_20113185.jpg
コンパス・地形図を出して、2人でああじゃこうじゃ言いながら尾根を下りました。
廃道になったススキだらけの林道に出ましたが、暑いので谷に降りてクールダウンしながら戻りました。

e0064783_20113860.jpg
甲津原の「奥伊吹ふるさと伝承館」に寄りました。
入口から中を覗いていると、昼寝していた年配の管理人さんのところへ近所のおばあちゃんが訪ねてきました。
お二人が上がりなさいというので、中を見学させてもらいました。

ヤマダさんと熊の剥製を見て話をしていると、管理人さんがこのあたりの熊の話を色々聞かせてくれました。
熊は木から降りるときはどしーんとお尻から落ちてくる、だとか。
正面向いている熊は何もしない。後ろ向きの熊は危ない、だとか。
人間は熊より背が高いで、熊も怖がっている、だとか。
e0064783_20123864.jpg
木に登っているもう1頭の熊が、毛が茶色で何か変なので管理人さんに訊いてみると。
ツキノワグマではなく、何処かから持ってきたものだそうです。(多分、外国の熊)
「こんなもん、置いとったらあかんわ。」と管理人さん。
e0064783_20113198.jpg
江戸時代初期に建てられた民家です。
入母屋の破風に「水」の文字が面白い。
防火のための火伏せのまじないだそうです。
階段の横の湧水で顔と手足を洗わせてもらいました。

岐阜へ帰ると37度。




[PR]

by s_space_s | 2018-08-27 20:16 | 山登り | Comments(4)
2018年 07月 30日

山越えしてアマゴの谷へ

コザエモンさんとの源流キャンプが中止になったけど、土曜日なら、まだ台風の影響がなさそう。
前から行ってみたかった、郡上の谷へ行ってきました。
この谷は、本谷の出合いまで行く道がないので、稜線から藪尾根を下降して中流部へ降りました。

尾根が複雑で予定の尾根を1本外してしまいました。
途中で気づいてリカバリーできたので、予定の地点には降りれました。
けど悔しい。

降りてみたら案外滝が多くて、中流部はドキドキものでした。
e0064783_06150393.jpg
予想どおりアマゴの谷でした。

e0064783_06142093.jpg
水がちょろちょろになる最源流まで魚がいることがわかったので、読図のリベンジも兼ねてまた行こうと思います。

中流の滝つぼで毛鉤をふっていたら、すぐ横の斜面で物音がしました。
顔を上げると、1mほどのところにある穴から、イタチが顔を出していました。
しばらく、じっと見つめあっていましたが、穴に戻っていきました。
山奥でイタチを観るのは初めて。





[PR]

by s_space_s | 2018-07-30 17:28 | 釣り | Comments(0)
2018年 05月 07日

御嶽・継子岳いけちゃんガリーとマイアシュート(風の谷)滑降

”重力遊戯”
e0064783_04370897.jpg
【山域】御嶽
【場所】継子岳、いけちゃんガリー2、風の谷(弟)
【日時】2018年5月5日(土)
【コース】チャオ御岳スキー場~いけちゃんガリー~継子岳~風の谷滑降(森林限界まで)~継子岳~いけちゃんガリー~チャオ御岳スキー場
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ、風強し
【タイム】スキー場8:50 お鉢11:30? 風の谷滑降開始12:15 お鉢14:00 いけちゃんガリー滑降開始14:50 スキー場15:55
【ルート図】クリックしてね
e0064783_12423997.jpg
前回、だるまシュートを滑ったとき胡桃島から見上げる2本のシュートに強烈な印象を持った。
プチビラMTおんたけの鈴木さんにメールで御嶽の滑降ラインについて色々ご教示いただいた。
お薦めはやはり「いけちゃんガリー2」とのことだった。

連休後半は槍穂周遊の予定であったが、3日・4日の気象条件がよくなかった。
5日の日帰りで相談すると、いしはらさんも「いけちゃん」が気になっている様子。
けど、御嶽はまだ寒気が残り強風と新雪が予想される。
だめもとで「いけちゃん」行けるんとちゃう!ということになった。


スキー場に到着するも、継子の稜線には雪煙が上がっている。
これはヤバいかもと思いながら、ゆっくり支度をしてゴンドラの人となる。
スキー場トップから薄っすら新雪の積もった樹林帯をガリーに向かってトラバース気味に登る。

条件が良ければ、いけちゃん1を登って2を滑るのも良いかと思われるが、この条件ではいきなり2は厳しい。
インスペクションを兼ねて2を登高ラインとした。
まず1を暫く登り、H2300のあたりで2に移った。
e0064783_22384234.jpg
いしはらさんがテンを発見
e0064783_22394162.jpg
尺取虫型の足跡
e0064783_22394031.jpg
シールは早々にあきらめシートラーゲン
e0064783_22395000.jpg
お鉢に出ると、吹き飛ばされそうなほどの強風
必死で四ノ池側のハイマツ帯に入る。
いけちゃんの態度が緩むのを期待して、マイア側のシュートを覗きに行く。

稜線上は強風でスキーを履けるような状況ではないので、50mほどアイゼンで下降する。
横風で滑落しそうになりながらハイマツ帯に入り、滑降の準備。
e0064783_22384213.jpg
はるか足元に雪が消えたマイアが見える。
ここで重大なミスを犯したことを後で気が付くことに。

エントリーしたいしはらさん。
まだ雪煙が上がっている。
e0064783_22384204.jpg
思い切ってジャンプターンする。
カリカリだけどアルペンターンなら問題ない?
e0064783_22395023.jpg
中間からはテレマークも入れてみる。
見上げるマイアシュート
e0064783_22395109.jpg
下部は割とのんびり
e0064783_22384169.jpg
2450mあたりまで滑り、切り上げる。
ここでアイゼンを置き忘れたことに気づく。
幸いキックステップでも登れるぐらい緩んできていたので助かった。
片手にピッケル、片手に花束~♪ではなくストックのスタイルで蹴りこみながら登った。

スタートポイントに戻り、アイゼンを履いてほっとする。
お鉢に出るところで、また強風にあおられ怖かった。
e0064783_22395172.jpg
また、ハイマツ帯をトラバースして「いけちゃん」に戻る。
さっき「いけちゃん」のトップに出たときの強風で、地形をしっかり確認する余裕がなかった。
エントリーポイントを探して1時間ほどお鉢でうろうろしてしまった。
e0064783_22392534.jpg
いけちゃんのエントリーポイントはハードクラストのままだった。
クラストと新雪のなじみは悪くない
e0064783_22395028.jpg
いけちゃん中間部
ここらが一番急
e0064783_22392528.jpg
だいぶ緩んできた~!
e0064783_22401955.jpg
e0064783_22401917.jpg
よさげな新雪に入ってみると重~い湿雪
e0064783_22401929.jpg
次は新雪とザラメのミックス~。いしはらさん上手い!
e0064783_22392592.jpg
この時期はザラメのほうが美味しい
e0064783_22401926.jpg

もうすぐ森林限界
e0064783_22392689.jpg
H2250あたりまで滑り、ゲレンデに向けてトラバース開始。
雪の消えかかったガリーの側壁を3回越えるのが大変だった。
最後、スキーを履くのも面倒なのでシートラのまま歩いてゲレンデに戻る。
e0064783_22392541.jpg
ゲレンデは4時近いのに大勢の人で賑わっていた。
e0064783_22394096.jpg
センターハウスから振り返る継子。
左のスカイライン沿いが、ぼくらのライン
いけちゃんガリー1の上部は銀座山の会のラインと同じ。
e0064783_09403491.jpg
胡桃島から見る継子岳
左が「いけちゃんガリー1」右が今回滑った「2」
e0064783_22401821.jpg
今回、軽くてハードバーンにも悪雪にも強いZAGの板のメリットを実感した。
板:ZAG UBAC-95 174cm
金具:ロッテフェラー フリーダム
靴:クリスピ シバーNTN

帰りの道沿いにあった看板が気になった。
e0064783_22394064.jpg




[PR]

by s_space_s | 2018-05-07 12:43 | テレマーク | Comments(2)
2018年 04月 17日

高賀山のあたりを踏査してます。

最近、高賀三山周辺をうろうろしています。

本宮神社のしめ縄が新しくなっていました。
ビニール製でした。
e0064783_15551077.jpg
高賀神社から滝神社越え
e0064783_15544096.jpg
高賀の集落で峠道をお聞きしたご高齢のご夫婦。
高賀山の南にある峰稚児神社の興味深いお話を教えていただきました。
最初「みねちょう神社」と言われたので、あの巨岩の上に祀ってある祠のこととは気が付きませんでした。
祠は特に岩に固定してあるわけではないのですが、どんな台風が来ても落ちないのだそうです。
もし、落ちるようなことがあれば、高賀ではえらい騒ぎになるのだとか。
4月29日にはお祭りがあるのでまた来なさいと言われました。

ヒミズの死骸
e0064783_15540948.jpg
e0064783_15540903.jpg
モグラの仲間です。


帰りに美山のふれあいバザールに寄りました。
食堂は、いつも行列ができていて、あきらめて帰ることが多いです。
桑の木豆入りのおこわが珍しかった。蕎麦もわしの好みの感じ。

夕方、からあげと酒を持ってまっちゃんの家にお邪魔しました。
踏査の報告と作戦会議が口実で、まあ、飲むのが目的。
夕方から雨が降りだし、肌寒い日だったので、薪ストーブに火を入れて。
e0064783_15540851.jpg
まっちゃんは三千盛純米大吟醸を用意してくれてました。
山に対する考え方などを肴に飲む酒は、ついつい飲みすぎます。

1998年に出たイギリスのフリークライミング・ビデオ "Hard Grit"を一緒に見ました。
沢の大家のまっちゃんが、Rの付くクライミングを見て熱くなったりして。
山の世界に対して視野が広い人だと思いました。

決行は連休明けです。




[PR]

by s_space_s | 2018-04-17 20:24 | 山登り | Comments(0)
2017年 07月 04日

カモシカ角のキーホルダー

まっちゃんからも珍しいものと言っていただいたので、先っちょを整えてキーホルダーにしてみました。
e0064783_20290479.jpg
適度な重量感で掌にしっくり馴染み、いい感じになりました。

この角は正確に言うとニホンカモシカの頭骨の角に被さっている鞘みたいなものだそうです。
だから空洞なんだ。
これはNSネットのナオさんと隠し岩魚の谷へ行ったときの写真。
e0064783_20373073.jpg
根元にある輪のような皺「角輪」は年齢とともに増えるということでその数を調べると歳がわかると言われることもありますが、いつも参考にしている「哺乳類のフィールドサイン:熊谷さとし」によれば、「カモシカの子どもには、はじめから5~6本の角輪があり、それが成長とともに蛇腹のように伸びるのだそうだ。」とあり、迷信だそうです。

カモシカの角がシカの角と違うお話はこちら

ヤスリで削っているとき鰹節のような匂いがしたので、削ってダシをとったら旨そうやなと言ったら、かみさんに気持ち悪いと言われました。






[PR]

by s_space_s | 2017-07-04 20:40 | 自然 | Comments(0)
2016年 11月 15日

湧谷山周遊

11月3日(木)くもり時々雨

昔、コザエモンさんたちとスキーで辿ったルートで湧谷山へ行ってきました。
登りに使ったスキー場右手の尾根は、藪も気にならずブナ林が素晴らしい、わし好みの尾根でした。

小さな切り開きがあるだけの湧谷山頂上
ボロの合羽を着てきたので雨が滲みて寒い寒い。
カップヌードルを作って食べる気にもなれず、早々に下山しました。
e0064783_23351622.jpg
登山道の尾根も良かったけど、自然に帰りつつありました。
下山途中でこれ本当に登山道?と不安になるところもありました。(標高700m前後)

e0064783_23351553.jpg
登りの尾根で見かけたヌタ場
足跡に副蹄の跡がはっきりありました。
爪が大きく開いていたのでカモシカかと思いましたが、糞や鳴き声からニホンジカのようです。

e0064783_23351781.jpg
大きな塊りになった糞がありました。

e0064783_23351552.jpg
突いてみると、シカの糞でした。
「コーヒー豆に姿を変えた俺はチョコレート」という昔のCMを思い出しました。

e0064783_23351590.jpg




[PR]

by s_space_s | 2016-11-15 12:27 | 山登り | Comments(0)
2016年 04月 18日

二ホンリスがいた!

裏山を散歩していたら、頭上の木の上でがさがさと何かいるような音がした。
小鳥でもいるのかなと思ってよく見ると、長いしっぽのリスに似た動物が何かを咥えて枝の上を走っていく。
驚かさないように歩を止めて木化けしてみると、すぐ近くの枝に座って咥えているものを齧りはじめた。

正面を向いているのであごの下から腹にかけて白いのがよくわかった。
二ホンリスだ。
齧っているのは松ぼっくり。

しばらくして目があってしまい、彼(彼女?)は小さくキキッと鳴いて少し離れた木のほうへ移ってしまった。
裏山で野生の哺乳類に出会うのは初めてだった。
ここでは、イノシシの掘り起こした斜面やタヌキの溜め糞、テンの高糞など痕跡しか見たことがなかった。

リスがいた木の下あたりに「森のエビフライ」がないか探してみたが、見つけられなかった。
今度来たら探しながら歩いてみよう。
嬉しくなって足取りも軽く、夕方5時のメロディーが流れる団地に向かって降りて行った。





[PR]

by s_space_s | 2016-04-18 12:52 | 自然 | Comments(0)
2016年 04月 14日

賞味期限切れ?よも太郎山・願教寺山

【山域】白山山系
【場所】石徹白、よも太郎山・願教寺山
【日時】2016年4月10日(日)
【コース】石徹白大杉登山口~願教寺谷~よも太郎山~願教寺山~願教寺谷右俣滑降(滝上まで)~よも太郎山~願教寺谷~登山口
【メンバー】コザエモンさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】高曇り
【タイム】登山口7:00 よも太郎山10:10~30 願教寺山12:50~13:10 よも太郎山15:30 登山口18:20

コザエモンさんの記録(写真はほとんど同じです。)

ルート図(クリックしてね)
e0064783_10572691.jpg

白鳥あたりから大日を見て完全に雪が消えていたのに驚きました。
これほど雪が消えているとは想像していませんでした。
石徹白に入って周囲の山を見て絶望的だと思ったのですが、コザエモンさんと協議の結果、せっかくなので板を担いで入山することに。
結果的に、渡渉、藪こぎなどありましたが、焼き魚の骨についた身をしゃぶりつくすように、残雪スキーを楽しむことができました。
杏より梅が安し。


例年なら急な雪壁になってトラバースが恐ろしい大滝上も楽勝です。

e0064783_21283811.jpg
笠羽橋まで来ても、まだスキーは使えそうにありません。
でも、コザエモンさんと協議の結果、渡渉して突っ込むことに。
ここは水量が多く、スキーブーツでの飛び石が恐ろしかった。
e0064783_21283846.jpg
北願教寺谷出合あたりからスキーが使えるようになりました。
こうなればこっちのもんだ。
e0064783_21324584.jpg
本谷を渡渉し、願教寺谷へ入ります。
e0064783_21283993.jpg
ここは大したことない。
e0064783_21324618.jpg
なかなかいい感じですが…。

e0064783_21283825.jpg
やっぱり谷は割れています。

e0064783_21302216.jpg
渡渉を数回
e0064783_21324545.jpg
よも太郎と日岸山のコルへ向かう谷を詰めました。
途中に全層雪崩のデブリが。
e0064783_21352561.jpg
左手の日岸山の斜面は笹が出ていました。
e0064783_21352607.jpg
コルの手前からよも太郎へ。
帰りが楽しみな斜面です。

e0064783_21302247.jpg
銚子ヶ峰は滑るとこなさそう。
e0064783_21352614.jpg
よも太郎から見る願教寺。
稜線上は雪が消えています。
時折、ガラガラと落石の音が響きます。
e0064783_21352621.jpg
願教寺へは相当苦労することが予想されましたが、コザエモンさんと協議の結果、突っ込むことに。
コルまでは1回藪漕ぎが入りましたが、まずまずの斜面でした。
e0064783_21370082.jpg
雪が付いていない南東尾根を乗越て願教寺谷の右俣にルートを取ろうとしましたが、谷を覗いてみたら雪が繋がっておらず。
戻って主稜線に出ることにしました。
完全に藪漕ぎです。
e0064783_21302231.jpg
願教寺の壁が素晴らしい迫力で迫ってきます。

e0064783_21370019.jpg
こんな感じ。

e0064783_21370021.jpg
右俣の斜面に入ればスキーが使えます。
コザエモンさんガス欠ぎみです。
e0064783_21433178.jpg
登っていて大きな獣が頂上直下を横切るのが見えました。
肩まで来ると足跡が残っていました。
e0064783_21370836.jpg
クマかと思ったけどカモシカでした。

e0064783_21370931.jpg
頂上直下は少し急ですが、あとは快適斜面です。
縦溝が少し邪魔ですが。
e0064783_21302276.jpg
コザエモンさんいい感じ。
重いファットを持ってきたかいがあった(かな?)。
e0064783_21370030.jpg
わしの自家製ロッカー付ヌーニョも快調です。

e0064783_21302293.jpg
残念ながら滝場で雪が切れており、よも太郎に戻ることになりました。

e0064783_21370905.jpg
よも太郎からもいい斜面が滑れたので、結果オーライです。

e0064783_21324550.jpg
往きに渡ったスノーブリッジがさらに細く。
e0064783_21370988.jpg
往きのトレース上にブロックが落ちてきたところも。

e0064783_21370805.jpg
もう日暮れが近い。
e0064783_21410838.jpg
笠羽橋手前の渡渉。
サンクスゴッドロックを這って進む

e0064783_21410826.jpg
本谷の側壁には雪融け水で幾つか滝ができていました。

e0064783_21410823.jpg
ヘッドランプのお世話にならずに帰ることができました。






[PR]

by s_space_s | 2016-04-14 12:27 | テレマーク | Comments(2)
2016年 02月 22日

荘川であいの森から1056.9m三角点(大野間)

【山域】白山前衛
【場所】荘川、1056.9m三角点
【日時】2016年2月21日(日)
【コース】荘川ODファーム~であいの森~ジャンクションピーク~1056.9m三角点~1028mピーク~伐採斜面1180mジャンクション~北東尾根滑降~林道~1028mピーク~であいの森~ODファーム
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】曇り
【タイム】ODファーム13:00 1056.9m三角点14:00 伐採斜面上15:00 ODファーム16:40

ルート図(クリックしてね→)
e0064783_13185088.jpg
飛び込みのスノーシュー半日ツアーが終わって、このまま岐阜へ帰るのももったいないので、いつもガイドしている「荘川であいの森」の裏山へテレマークで遊びに行ってきました。
であいの森は公園なので、「静けさ度」が若干物足りないのですが、公園を出ると小ピークとはいえバックカントリーの世界が広がっていました。
三角点(点名:大野間)は自然林の静かなピークです。
ブナの大木も残っています。
峠を越えた裏側は、最近伐採されたばかりで、スキー場のような切り開きが凄まじい。
雪が良ければ楽しめそうなところです。

国道からの公園入口は二つあって、これはODファーム側
e0064783_23281614.jpg
最初のジャンクションピーク手前。
尾根の北側はまだ小さな植林です。

e0064783_23281697.jpg
ジャンクションピークから南下し、まずは三角点を目指します。
一番のブナの大木

e0064783_23282510.jpg
三角点1056.9m(大野間)は静かなピーク

e0064783_23281669.jpg
山専ボトルは高いので普通のテルモスで我慢。
これでも十分な保温力があります。


e0064783_23280407.jpg
峠の向こうの伐採跡の境界には大きなブナやミズナラもあって、惜しいことです。

e0064783_23280475.jpg
切り出しのためのワイヤーを張られたブナの大木
最初見たとき上に秘密基地でもあるのかと思ってしまいました。
e0064783_23282498.jpg
モナカとクラストで滑りは修行になりそう。

e0064783_23281645.jpg
ジャンクションに着きました。

e0064783_23281601.jpg
これが新雪ならなぁ。

もなか雪 スキー取られて もらい泣き

e0064783_23280434.jpg
林道まで降りてきました。

e0064783_23282459.jpg
峠手前で林道から別れジャンクションピークに向かいます。
伐採跡を振り返る。

e0064783_23280425.jpg

ニホンザルの落とし物

e0064783_23280459.jpg
同足跡
e0064783_23280482.jpg
この日はスキー場に多くのスキーヤー、ボーダーが繰り出したようで、久しぶりに渋滞を味わいました。
岐阜まで3時間かかりました。





[PR]

by s_space_s | 2016-02-22 17:36 | テレマーク | Comments(0)
2015年 11月 08日

春日村でキノコ採り

春日村にナメコを探しに行ってきました。
けど、1日ぐらい雨が降っただけでは、まだカラカラでした。
5年前はザックに入りきらないほどだったのに。

まあ、晩秋の山の中を歩いているだけで楽しいし、いろんな物を観察しながらゆっくり歩きます。
ほんとにゆっくりしか歩けないので。

ヌタ場にシカの座った跡がありました。
前足の両膝と胸の骨の跡がくっきり。
何をしてたのでしょう?
e0064783_10473030.jpg
ここにも膝の跡とおしっこの跡が。
e0064783_10473010.jpg
たまに条件のいい木があって、そこそこ取れました。
e0064783_10473077.jpg
よさそうな林があったので、尾根を外れて少し下ってみると、池塘がありました。
e0064783_10474184.jpg
こんな木の根元に座って、カップヌードルを啜りました。
e0064783_10474148.jpg
タムシバの面白い樹皮
e0064783_10474181.jpg
葉を揉むといい香りがします。
既にモクレンのような毛の生えた花芽が付いていました。
e0064783_10474125.jpg
獲物が少ないときは、クリタケも貴重です。
e0064783_10474124.jpg
最後は裸足で川を渡渉して、痛くて死にそうでした。
e0064783_10474165.jpg







[PR]

by s_space_s | 2015-11-08 11:13 | 山菜・きのこ | Comments(0)