人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:クライミング ( 105 ) タグの人気記事


2018年 10月 22日

また股、穴毛に行ってきました。

昨年、肘鉄を食わされた穴毛岩に行ってきました。
相棒は、いつものイシハラさん。
正攻法では受け入れてくれず、後方から押し倒す感じになりましたが、なんとかあのアーチ橋の上に立てました。
e0064783_09322184.jpg
裏から見た穴毛橋(かってに命名)。
穴から穴毛谷が見えます。
e0064783_09322162.jpg
裏側から見て、あらためてその造形に驚きました。
まるで岩の大聖堂です。
この橋の上に立ったのは、ひょっとして人類初?

記録は後ほど





by s_space_s | 2018-10-22 12:40 | クライミング | Comments(0)
2018年 10月 15日

錫杖岳烏帽子岩「A感覚とV感覚」開拓

【山域】北アルプス
【場所】錫杖岳烏帽子岩
【日時】2018年10月14日(日)
【コース】槍見~クリヤ谷~右俣沢~烏帽子岩西肩~烏帽子岩~東肩へ懸垂~西肩~クリヤ谷~槍見
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇り

ルート図(クリックしてね)
e0064783_12305722.jpg
錫杖岳烏帽子岩はその屹立した独特の形から本峰以上に目を引く存在だ。
この岩峰には東西南北の4面にルートが築かれている。
そのうち、現在クライマーを迎えているのは東肩ルートのみと言ってもよいだろう。
それも年に数パーティーだと思われる。

なんで、前衛フェース側からは隠れて見えず、ほとんど登られていない西肩ルートを登りたいと思ったのか?
本峰方面から見る烏帽子岩の真ん中にパッカーンと入った割れ目を見て、非常に惹かれるものがあったからだ。
e0064783_21051948.jpg
昨年、撮影した写真を飽くことなく眺めていたら、既成の西肩ルートと違うラインも引けるような気がしてきた。
久しぶりにいしはらさんを誘って錫杖に向かった。

錫杖沢に入るころに雨がポツポツし始めたので、大滝経由で西肩に上がる予定を変更し、右俣沢経由でダイレクトに取付に向かうことにする。
後から考えると、これが正解だった。
右俣沢の登りでは、いしはらさんが相変わらず早いので、しんどかった。10時半ごろ西肩に着く。
e0064783_20250608.jpg
烏帽子岩にはガスがかかったままだ。
行動食を食べながらゆっくり登攀の準備をして、ラインが確認できるようになるのを待つ。
e0064783_20253001.jpg
暫くするとようやく壁が見えてきた。
予想どおり割れ目は濡れているし、ラインを引けそうだと思っていたところも、傾斜が強いうえに、プロテクションがとれるかどうか分からない感じだった。
既成ラインを登るのもちょっと考えてしまうような状況だった。
けど、次回のチャンスはもうないだろうと思い、取りついてみることにした。
e0064783_20253189.jpg
1ピッチ目:わしリード
チムニーの中は水が滴っている。
一段上がるとチムニーはOWになり、出口にカムが決まったので、思い切って右のフェースに出てみる。
慎重に登り、懸垂下降した残置を経由して、さらに右上する。
e0064783_20253178.jpg
ショボい灌木でランニングをとった後、脆いうえ傾斜の強いフェースを我慢して登ると、安定したレッジに着いてピッチを切る。
いしはらさんはデカいピナクルを落としながら登ってきた。
e0064783_20253086.jpg
2ピッチ目:いしはらさんリード
直上は傾斜がきついので、少し右にトラバースしてカンテの裏に出ると、岩が固くなった。
快調にロープが伸び、ブッシュ帯に入ってピッチを切る。
e0064783_20383741.jpg
3ピッチ目:わしリード
写真や取付から見て、行けそうだと思った右のジェードルを目指す。
回り込んでみると、ジェードルの上部はきれいなクラックが入っていて行けると思った。
しかし、そこへトラバースするセクションは白い岩が崩れて重なったようなバンド状。
その下はツルツルでハンド・トラバースになるのが分かり、しばらく悩んだが、諦めてビレーポイントに戻る。
e0064783_20250696.jpg
ここからは西肩ルートの上部をたどる。
広いチムニーを一段上がったテラスから左の草付きガリーに入るところが、少し微妙。
ブッシュ帯に入って重いロープを引きながら、見晴らしのよいピークに到着。

A感覚とV感覚 3ピッチ 5.8NP
旧キャメ♯05~3、エイリアン中間サイズ3個ほど、ピトン各種数枚
新規ライン上はアンカーも含め残置なし

下降は東肩ルートを懸垂した。
まず、東に向かって傾斜の緩いチムニーをクライムダウンするとブッシュのテラス。
e0064783_20250676.jpg
すぐ右下にチョックストンの挟まったチムニーがある。
ここから15mほど懸垂して灌木の生えたバンドを右に進むと、テーブルのような岩の載った第2テラス。
第2テラスからは40mほどの懸垂1回で東肩基部に着く。
e0064783_20250781.jpg

東肩ルートを登ったのは30年近く前なので、下降ルートに自信が持てず、時間をロスしてしまった。
ぎりぎりヘッドランプなしで降りれたと思ったら、下山届を書くのに結局ヘッドランプを出すことになった。
たった3ピッチの登攀であったが、今日も充実した~。





by s_space_s | 2018-10-15 20:39 | クライミング | Comments(0)
2018年 09月 26日

Nさんち・芥見権現の岩場を梯子

ytさんと久しぶりにNさんちの岩場に行きました。
浸みだしもあり、TRで体を慣らしました。
左カンテラインはアンドウさんにボルトを打っていただいてから、リードトライすることができず、いい加減おこられそうです。
e0064783_20575266.jpg
左端のルート「タカノツメ」の左の前傾壁にトップロープのラインを設定しました。
脆そうなフェースの三角穴を使って右上し「タカノツメ」に合流します。
シロハツモドキ10c
e0064783_11180461.jpg
お昼前にアンドウさんがみえたので、移動して権現の新しいラインを案内していただきました。

権々クラックの左フェースに設定された「ままごん 5.7-8」
安心安全のボルト間隔です。
e0064783_20575291.jpg
基部テラスを一段右に下がったところから登る、30mの長いラインが設定されていました。
e0064783_20575290.jpg
右が「ごんどらの唄 10cd」
ほぼ上の写真の赤いロープのラインです。
左が「権現山ストー リー 5.8」
2ルートともまだボルトが設置されていません。

6月にytさんと登った「GONTITI 5.5NP」をラインを変えて再登しました。
1ピッチ目は2本並行してあるクラックの左のワイドを登りました。
2ピッチ目はバンドを歩いて右にトラバースし、枯れ木の左にあるすっきりしたクラックを登ってリッジに出ます。
ジャミングはしなくても登れます。
e0064783_20575231.jpg
権現槍に突き上げる、気持ちいいルートです。

その他、4本ほど設定作業中のラインがあるそうです。
翌日は筋肉痛になりました。





by s_space_s | 2018-09-26 12:18 | クライミング | Comments(0)
2018年 08月 20日

君はリンゴを握りつぶせるか!

握力強化のトレーニング器具としてパワーボールなるものを購入した。
やってみると最も力を付けたい前腕屈筋群にあまり効いてこず、クライミングにはあまり効果がないようだ。
けど、長い竿を扱い伸筋群を酷使する提灯釣りの毛ばりにはいいみたい。
これでトレーニングすれば、乗鞍青年の家のK氏のような、ビシ~!と音のする合わせができるようになるであろう。

コマのように紐を巻き付けてスタートするタイプとゼンマイ式のスターターが付いたタイプがある。
ゼンマイ式のほうが断然、使いかってがよい。
取説やyoutubeの紹介ではネジを巻くのに両手の親指を使っている。
けど、ちょっと考えればわかるように、昔のチョロQ式でテーブルや床にボールを当てて、抵抗のあるほうに引けば片手で巻くことができる。
こうやれば、2個買って両手同時にトレーニングもできる。かもね。

e0064783_19011929.jpg
パワーボールを上手く回すにはちょっとコツが要って、お盆に親戚の子供達を手なずけるのには役立った。
小さな子供にはチョロQみたいに走らせると、R2-D2みたいで受ける。かもね。





by s_space_s | 2018-08-20 15:07 | 日常 | Comments(0)
2018年 06月 18日

美濃加茂高木山の岩場(南壁)

前日の夜は、昔在籍した岐阜登高会のザイル祭に呼んでいただきました。
ニセ神主(失礼)の祝詞が昔のままで懐かしかった。
30年前お世話になった方々や、今活躍中の若い方々とお話でき楽しい宴でした。
「脱システム」の話題で盛り上がるのは、やっぱ山屋の集まりです。
e0064783_16040556.jpg

翌日は、町内の防災訓練があったので一旦家に帰り、午後からコウムラと高木山の岩場に行きました。
登高会のK先生たちも夏合宿の剣のトレーニングで合流予定です。
この岩場の開拓・整備をしてみえるYさんに電話で岩場の状況をお尋ねしました。
昔登らせていただいた南壁の一番左にあるCHABOの右に3本のラインを作られたとのことでした。

南壁の基部までは、通常、南稜のコルから懸垂で下降して取り付くようです。
川ぞいの踏みあとからのアプローチは急でけっこうワイルドです。
コウムラは何回か南壁に来ているので、取りつきはすぐ分かりました。

最初、コウムラが昨年登って岩が剥がれ墜落したフェースに取りつきました、
右と左にラインがあるようで、はじめ左のラインに入ってしまい、右に戻ったらロープの流れが悪く、核心部で1回テンションが入ってしまいました。
e0064783_16454936.jpg
2回目は右のボルトラインでまっすぐ登ったら登れました。
中間のランナウト気味のところが微妙で勇気がいりました。
40m近い垂壁で充実しました。
ボルトラインから外れると途端にルーズになるので注意!
あとでYさんにお尋ねしたら「3ルート」と呼んでみえました。

すぐ左のライン(2ルート)も登れるようです。

次に一番右の最新3ピッチルート(4ルート)に取りついてみました。
結果は最初のハングで左に寄りすぎ、アンダー気味に持った岩が大きくはがれ墜落しました。
まるでスローモーションみたいで、落ちながら気持ちいかったです。
ビレーしているコウムラは大きな岩を避けるのに右往左往。ゴメン。
そのままハング右のムーブを探ってみましたが、よく分かりませんでした。
e0064783_14010427.jpg

また近いうちにトライしに行ってみたいです。






by s_space_s | 2018-06-18 17:21 | クライミング | Comments(0)
2018年 06月 10日

芥見権現山の岩場案内

ytさんからお誘いいただき、また裏山の岩場へ行ってきました。
ぎっくり腰も大分良くなってきました。

ごんぎつね 5.10cd(グレードはわしの独断です。以下同じ。)
Aさんたちがルート整備中の「ごんぎつね」は終了点が未設置でしたが、ytさんのお話ではリードしてもいいとのこと。
登らせていただきました。
数日前に設置されたボルトはかなり右のカンテ寄りだったので、1回目にリードしたときは自然にカンテライン沿いになってしまいすっきりしませんでした。
次に登ったytさんも同意見でした。

トポにある5.10cdとするには、ボルトラインより右に出ない制限が必要と感じたので、2回目はそのスタイルで登ってみました。
薄かぶりのガバフェースが楽しめるラインになりました。
当然、スラブは制限です。
e0064783_12473936.jpg

GONTITI 5.5NP
ytさんが目を付けていたクラックから権現槍の岩稜に繋げるラインを登りました。
ルート開拓気分で楽しかったです。
1ピッチ目は右の細いクラックと左のワイドどちらも行けます。 10m
2ピッチ目はバンドを右にトラバースして、枯れ木の左にあるきれいなクラックを登ります。25m
権現槍のピークにはアンカーがないので、メインロープで構築します。
e0064783_12480033.jpg
ゴン太 5.8
ytさんが設定した短めのフェースです。
岩も固く、アップにちょうどいい感じ。
e0064783_12474049.jpg

権々クラック 5.8NP
カムがボンバーに決まる箇所が限られているので、意外と緊張感のあるクライミングが楽しめます。
e0064783_12473921.jpg
権兵衛の種まき 5.8~9?
このエリアで最初に設定されたルート。
気分のいい長めのフェースです。
e0064783_12474091.jpg
権現レイバック 5.9NP
きれいなコーナークラックです。
e0064783_12474027.jpg
ごきげんスラブ 5.10c
上の写真の左のスラブです。
左カンテと右クラックは制限です。
スラブの最上部では制限に挟まれたエリアが狭くなってくるので、どこまでストイックになれるか試されます。
完全に制限したら11はあるのでは。
上部フェースはコーナークラックに触らずフェースだけで登ると楽しい。


たんすに権現 5.9
上部はカンテ上に出ない。
終了点手前はハンドトラバース気味に登ります。
e0064783_13261868.jpg
ままごん 5.7-8
権々クラックの左フェースに設定された新しいルート。
安心安全のボルト間隔です。
e0064783_20575291.jpg
基部テラスを一段右に下がったところから登る、30mの長いラインが2本あります。
左のジェードルを登るのが「権現山ストーリー 5.8-9」
スラブ(核心)から左の脆いフェースを登るのが「ごんどらの唄 5.10cd」

e0064783_20575290.jpg

Aさんが作られたきれいなトポがあるのですが、現地に行ってみればラインはわかる感じなので、写真に大体の位置を書き入れてみました。(クリックすると大きくなるよ。)
e0064783_15230274.jpg
写真には写っていませんが、右一段下には短めのスラブルートが何本かあります。



by s_space_s | 2018-06-10 14:02 | クライミング | Comments(0)
2018年 06月 03日

墜落

頭の下に枕がわりに敷いたロープバックに紅いものが流れ出す
素手で触ってはいけないなどと言っていられなかった

***

リードすることに不安を漏らすXにトライを唆したのはわしだ
2ピンめのロープさばきで、今日はXには登れないなと思った
Xはラインから左にはずれ危なっかしく隣のルートのボルトに向かって登っていく
2ピンめは既に足元のかなり下なのに

何故目の前のボルトにクリップしないんだ
ランナウトしてるぞと声を掛けた直後、ぽろっと壁から落ちた
Xの相棒はしっかり確保していたが、ランナウトが激しくグラウンド寸前でやっと制動がかかった
その瞬間、体が回転し頭が下になり逆さ吊りの状態で止まった

Xには何が起こったのか分からないようだった
意識レベルは一桁、外傷をチェックすると頭を打ったようだという
ヘルメットをかぶっていなかったのを、そのとき気が付いた
手ぬぐいのほうかむりが紅く染まっていく
横にならせ、わしの被っていた手ぬぐいしかなかったが、畳んで圧迫止血する

見当識障害があり、ここがどこか、午前中何をしていたかが分からない
幸い出血は止まり、手足のしびれや目まいなどもないというので、歩いて駐車場まで下ることにする
最寄りの総合病院の時間外外来に行ってみると、当直の先生に診ていただけることとなった

***

朝、翌日のガイドの準備をしているとき魔女の一撃を腰にくらった
午後にはXとのクライミングの約束があった
自分はビレーだけでもするつもりで、岩場に向かったのであった

もう少し注意して見ていればよかった
一つ間違えばXもわしもクライミングできなくなるところだった
この1日で何年も歳をとったような気がする






by s_space_s | 2018-06-03 14:38 | クライミング | Comments(2)
2018年 06月 01日

芥見権現山の岩場

伊木やNさんちの岩場の整備をしてみえる、Aさんに案内していただき、権現岩を登りに行きました。

権現岩全景。20mほどのスケールですが、りっぱに見えます。
e0064783_20563424.jpg
現在、6本のラインが設定されています。
行ってみると既にお二人のクライマーが「権々クラック NP5.8」に取りついてみえました。
2本の岩稜ルートが最近人気のこのエリアですが、フリークライミングをしているのを初めてみました。

たんすに権現 5.9
終了点手前のカンテがかぶってきて厳しい。
リードするytさん
e0064783_20562894.jpg
ごきげんスラブ 5.10c
数年前に見に来たときに、わしも目をつけていたラインがルートになりました。
左のカンテと右クラックは制限です。
半年ぶりのクライミングで、真剣モードになってしまいましたが、1発でいけました。
e0064783_20562867.jpg
ごんぎつね 5.10cd
ごきげんスラブの右にある白っぽい壁で、薄かぶりでぐいぐい登れるラインです。
まだボルト設置されてません。
TRで遊びました。

権兵衛の種まき 5.10a
この岩場で最初に引かれた右端のボルトラインです。
当初は「禿山の一夜 5.8」と呼ばれてました。

あと「権現レイバック NP5.10a」というかっこいいコーナークラックもありますよ。

家から歩いて行けるので、色々活用できそうです。





by s_space_s | 2018-06-01 08:27 | クライミング | Comments(0)
2017年 11月 27日

この飛び石連休

以前は11月下旬は初滑りしたくて、うずうずしていたものだが、最近はスキーモードになるのが遅い。
この時期はナメコのシーズンだし、近場の岩場も乾燥してクライミングによい。
この連休も遠出はしないで、近所で遊んだ。

23日の祝日は揖斐の山にナメコ採りに行った。
このあたりは数年前には何袋もナメコが採れるときがあったけど、ミズナラの立枯れも終息したのか、めっきり出なくなった。
採れなくても、この時期の山を歩くのは気持ちがよい。

もう少し開いたほうが味も香りも最高になる。
e0064783_12305988.jpg
山はもう冬のたたずまい。
北風がさっと吹いてきたと思ったら、雪が降ってきた。

e0064783_12305142.jpg
おふくの女将に約束していたので、食べごろのやつを一袋届けて帰った。
家では新鮮で大きなやつを割いて、すき焼きに入れて食べた。
松茸にも引けをとらない味と香りであった。


25日の土曜日は、コウムラとNさんちの岩場のプロジェクトをやりに行く。
車で向かう途中に雨が本降りになり、諦めムードで駐車場へ。
百々ヶ峰の下見でもよかったが、小雨になったので行くだけ行ってみる。

全体的に前傾しているため、沁みだしのある上部を除いて、登れる状態だった。
6月にビビビ氏に見せてもらったムーブをトップロープで試してみる。
1回目は前回と同じで足が上がらず、やはり体のサイズと柔軟性の問題かとおもいきや。
2回目手順を変えてみたら出来てしまった。
問題はムーブなのであった。
ヘッドウォールにも触り、進展のあった半日だった。
コウムラは相変わらず。

午後、時間ができたのでファミリーキャンプ用のテントのポールを修理した。
庭で張ってみると、透かして見るフライシートがまだら模様に。
袋にマジックで書いた購入年月日をみると、1998年8月8日となっていた。
出動回数は年に1回あるかないかなのに、経年劣化はしかたがない。

e0064783_12354812.jpg
今年も、この時期になった。
e0064783_12354763.jpg

26日の日曜日は、コウムラと美濃加茂の岩場へ行くことも考えたけど、朝、起きると久々のクライミングで筋肉痛。
気になっていた、鈴鹿北部のダイラというところへ歩きに行くことにした。

アプローチは時山集落の上流の毘沙門谷
e0064783_12520657.jpg
ダイラは名前のとおり平らな台地
e0064783_12515991.jpg
瓢箪池(琵琶池)にも寄って、のんびりした。
e0064783_12521372.jpg
3か所とも独特の雰囲気のある場所であった。
山行報告は後日。





by s_space_s | 2017-11-27 18:40 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2017年 11月 02日

初冬の穴毛谷で肘鉄を食らう(穴毛岩試登)

【山域】北アルプス
【場所】笠ヶ岳穴毛谷
【日時】2017年11月1日(木)
【コース】新穂高~穴毛谷~穴毛岩試登~穴毛大滝見物~穴毛岩試登2回目~穴毛谷下降~新穂高
【メンバー】イシハラさん、わし、まっちゃん(穴毛岩から別行動)

10月に2回計画して台風のために延期にした穴毛谷。
遂にしびれを切らして年休を取って行ってきました。
穴毛岩の秘部に触れてみようと2回も手を出してみましたが、結果は敗退。

大滝から上はもう冬の様相でした。
まっちゃんは別行動で穴毛谷を抜け、笠新道から下山しました。
なんと、地下足袋に綿の靴下で杓子平では膝下ラッセルだったそうです。
ようやるわ。


まっちゃんの地下足袋とイシハラさんの登山靴。
このギャップはいったい?

e0064783_06230799.jpg
雪のある時期しか通ったことがない穴毛谷は、ちゃんと水の流れる、普通の谷だった。

e0064783_06230717.jpg
四ノ沢を覗く。正面にピナクル
e0064783_06224863.jpg
穴毛岩の下に到着
これは穴と言うよりアーチ橋
e0064783_06224895.jpg
まっちゃんは、ここから別行動で本谷を登る。

両脇の岩壁は弱点がなく、登れそうもないので、下流から見えていた右手の壁に廻ってみる。
イシハラさんリードで一段上のテラスに上がる。
階段状に見えていた壁は、傾斜がきつく、プロテクションも取れず、おまけに脆いという3Kの壁であった。
e0064783_06224706.jpg
無理をすることもないので、取付きに戻り、時間があるので大滝見物に出かける。
大きなスノーブリッジが残っている。
左手奥に大滝が見えてきた。
e0064783_06223864.jpg
陽が当たると壁の氷が落ちてくる。
e0064783_06223875.jpg
まっちゃんの地下足袋の足跡はザイテンタールに向かっていた。

下降中、穴毛岩の下を通過して、未練がましく振り返ると、さっきのラインの右のリッジが良いラインに見えてきた。
イシハラさんに「登ってみいへん?」と訊くと「いいですよ」といつもの答え。
ガレ場を詰めて、小滝の横から取付く。
今度はわしがトップをやらせてもらう。

下部は岩が安定していて楽しく登れたが、20mほど登ると脆くなってきて気を遣う。
30mほどでコメツガのある安定したテラスに着いた。

e0064783_06224717.jpg
あと10mほどでブッシュラインに届く。
しかし、傾斜はさほどないものの、脆く、プロテクションも取れそうにない。
ロープも重いような気がしたので、ここでピッチを切ったが、そのまま伸ばすべきだったかもしれない。
というのは、次のリードのイシハラさんは、落下係数2のリスクを負って登ることになるから。
まあ、イシハラさんが降りると判断するぐらいのボロさなので、わしには無理だったとは思うが。

取付きから右岩稜を見上げる
e0064783_10375920.jpg
穴毛岩右岩稜全景
e0064783_10503447.jpg
あとは歩きにくいゴーロの谷を黙々と下るのみ。
飛び石の渡渉数回。

林道の案内板
e0064783_13050718.jpg
多分、まっちゃんを待つことなるだろうとの予想で、のんびり林道を歩いて車に戻る。
ロックしたはずのドアが開くので、車上狙いにやられたかと思った。
後ろシートからがばっと顔が出てきてびっくり。
まっちゃんが寝て待っていたのであった。

穴毛には性懲りもなく、また来るかも。








by s_space_s | 2017-11-02 12:35 | クライミング | Comments(4)