人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:テレマーク記録 ( 197 ) タグの人気記事


2019年 05月 15日

立山のんびりツアー

立山に行ってみたいという美濃市のTさんの希望で、小屋泊りのスキーを計画しました。
残念なことにTさんは行けなくなってしまいましたが、この計画に賛同したもとサーファーのKさんと、クライマー女子のGさんの3人チームで立山へ向かいました。

観光客は少なめの感じでしたが、出発は1本遅れの8時40分になりました。
並んでいると、スキーは袋に入れないと持ち込めないことが判明。
売店で1つ300円の袋を買ってスキーをパッキングし、ばたばたの出発となりました。
e0064783_21521550.jpg
バスでどんどん高度を上げていきますが、なんとなく雪が少ないような気がします。
予定の御山谷の下部のことを考えると、いやな予感がしてきます。
室堂で登山届を提出し、見覚えのある指導員の方に御山谷の状況を訊くと、やはり雪が消えるのが早く、渡渉もあり大変だと言われました。

そこで予定を変更し、東一の越から田圃平経由で黒部湖に滑り込むことにしました。
田圃平も側面からの雪崩の危険性が高いとの情報もあり、御山谷るんるん滑降とは違った緊張感のあるスタートです。
e0064783_21521590.jpg
まずは御山谷で足慣らし。
e0064783_05303457.jpg
Gさんは、まさしく基礎スキー教程どおりのきっちりした滑り。
e0064783_05303348.jpg
どこまで滑りこむか、東一の越への登りのラインを考えながら、大斜面を楽しみました。
早めにトラバース道に入る斜面を登っている2人組がいました。
付いていけば体力的には楽ですが、せっかくの御山谷滑降が短くなるし、急斜面のトラバースはリスクもあります。

わしらは2300mあたりまで滑って、東一の越の近くまで繋がっている雪の斜面を登ることにしました。
e0064783_05303361.jpg
結局、前のパーティーと前後して東一の越に着きました。
e0064783_21534542.jpg
田圃平の大斜面に感動!
e0064783_21534532.jpg
出だしの急斜面は陽が当たるためか、かなりの腐れ雪。
ここは怪我をしないように慎重に下りました。
e0064783_21534561.jpg
ボードから転向して3年目のKさんの滑り。
e0064783_05432265.jpg
田圃平の大斜面はちょうどいい緩み具合でした。
e0064783_05432289.jpg
振り返ると東一の越がはるか上に
e0064783_05432272.jpg
ロープウェイの架線が見えます。
e0064783_05303447.jpg

先に滑り込んだお二人がまったり大休止していたので、わしらも休憩しお話ししました。
e0064783_05555436.jpg
黒部平への斜面は縦溝がひどく、ただ高度を下げるという感じ。
ロッジくろよんまで標高差が300mほどありますが、早めにシートラで下りました。
下部はスキーでは厳しい感じです。
e0064783_21543617.jpg
予定どおりロッジに到着。
Gさんは久しぶりの山でお疲れのようでした。
e0064783_21555070.jpg
驚いたことに、本日はわしら3人で貸し切りでした。
館内がすごくきれいになってます。

e0064783_21474241.jpg
お風呂もいただいて
e0064783_21555030.jpg
窓から見える景色を肴に
e0064783_21555014.jpg
プシュっと。
e0064783_21555064.jpg
まるで旅館に泊まってるみたいでした。
銀嶺立山もすすみます。
e0064783_21512950.jpg
美濃市集合4:30 立山駅8:00 ケーブル乗車8:40 室堂発10:25 一の越11:30 御山谷2300mまで12:10 東一の越13:40 ロッジくろよん15:30

朝、休憩室にみえた宿のご主人とすこしお話をしました。

GWに御山谷で遭難騒ぎが2件もあったこと。
いずれも単独で技術的に未熟なスキーヤーだったこと。
3月4月は降雪があったが、厳冬期にしっかり積もった雪がないので、春になると急速に溶けてしまうこと。
昨年は、今年より残雪が少なかったこと。
ロッジ周辺のクマは大人しい、黒部平あたりに子育てのエリアがあること。

最近はスキーヤーの客が少なくなり観光客相手であること。
ただし、秋の下の廊下のシーズンには登山者で満室になること。
部屋の改修は県から建築基準に適合するよう指導があったため。
室堂周辺の山小屋も改修されたこと。

などなど。
1995年に職場のスキー仲間とゲレンデスキーで御山谷を下り、この宿に泊まった時の話もしました。
 
朝ごはんも美味い
e0064783_21474203.jpg
20分ほどで黒部ダムに着きます。
e0064783_21484923.jpg
今日は始発の便に乗れました。
e0064783_21474292.jpg
ロープウェイから昨日滑った斜面を眺めて、二度楽しめました。

e0064783_21484944.jpg
トロリーバスも空いていました。
ここが立山の真下です。
e0064783_21484949.jpg
野営場から雷鳥沢を登ります。
左手の尾根寄りにルートができていました。
小屋の手前の急斜面はちょっと怖い。

堂々たる剣の姿を眺めてから滑降にうつります。
e0064783_05295614.jpg
登山道を少し下ったところからスタート。
Kさん待望のライチョウも見送ってくれました。
思ったより傾斜がなく、楽しく滑り出せました。
e0064783_19512540.jpg
登ってきた尾根寄りの斜面が非常によさげに感じたので、移動するため急斜面を一気に斜滑降。
ここで緩んでいた雪で足場を失いKさんが小滑落。
少し苦労して尾根に復帰した後は、もうスキー天国でした。
e0064783_05274706.jpg

奥大日岳をバックに
e0064783_05370516.jpg
フィルムクラストの大斜面
e0064783_05274769.jpg
雷鳥沢の上から振り返ると、わしらのシュプールがくっきりと残っていました。
左下へ延びる滑り台のようなところを滑りました。

e0064783_21494209.jpg
みくりが池経由はアップダウンがあって結局、疲れただけでした。
学習能力なし。
e0064783_21494255.jpg
トイレで顔を洗っただけで、すぐにバスの行列に並びました。
さらさら汁は気になりましたが・・・。
e0064783_21474232.jpg
ロッジくろよん発7:30 黒部ダム発8:10 室堂発9:20 御前小屋11:50~12:40 雷鳥沢13:00 室堂14:00 

鱒の寿司を買って、ポンコツビッツでも7時には美濃市に着きました。
これが板納めになりそうです。





by s_space_s | 2019-05-15 17:33 | テレマーク | Comments(2)
2019年 05月 05日

乗鞍の位ヶ原に行ってきました。

昨日の御嶽につづき今日は乗鞍へ。
バスで位ヶ原へ上がりました。
バスを待つあいだPJミネさんと少しお話ができました。

まずは富士見のコルから一本。

e0064783_16162265.jpg
ゲレンデ滑るより気持ちいい~!
e0064783_16163389.jpg
剣ヶ峰方面も雪は十分です。
2本目は朝日岳の少し下から滑りました。
e0064783_16164129.jpg
ツアーコースも雪が多く、ゲレンデ手前の核心部も余裕でした。







by s_space_s | 2019-05-05 16:26 | ガイド | Comments(2)
2019年 05月 05日

御岳ロープウェイから勤シュート

【山域】御嶽
【場所】御嶽東面
【日時】2019年5月2日(木)
【コース】中の湯~和哉シュート右下の尾根滑降~9合目~勤シュート~御岳ロープウェイスキー場跡~中の湯
【メンバー】てれカズさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ時々曇り
【タイム】中の湯8:10 二の池分岐12:45~13:30 飯森駅14:05
ルート図(クリックしてね)
e0064783_15211335.jpg
先日滑った勤シュートの下部が気になったので、てれカズ師匠を誘ってまた御嶽へ行ってきました。
Tsutomuさんとコザエモンさんも誘ったけど、コブに目覚めた彼らは2240へ

今回はロープウェイは使わず、中の湯から登りました。
雪は充分あります。
e0064783_15293437.jpg

予想したとおり、午前中は寒気が残り、和哉シュート右下の尾根を一回滑って時間をつぶしました。
中々気持ちよさそうな尾根です。
e0064783_15265823.jpg
和哉シュートの一段右下にあるミニルンゼを登りハイマツのあるプラトーに出ます。
こっちから見る和哉シュートもかっこいい。
e0064783_15282146.jpg
尾根は非常に快適でした。
e0064783_15324242.jpg
後から見たら、わしらのシュプールがよく見えました。
e0064783_16314949.jpg
e0064783_16315683.jpg

9合目に向かいます。
上部はスキーアイゼンがぎりぎり刺さるくらいのハードバーンでした。
e0064783_15282988.jpg
シールが氷りついてしまいました。
e0064783_15392753.jpg
頂上はまだガスが掛かったまま。
なかなか緩みそうにありません。
e0064783_15374572.jpg
痺れを切らして、滑降に移りました。
最初は、ガリガリ君でしたが、思い切ってテレマークを入れてみました。
e0064783_15544680.jpg
少し下ると、たて溝入りの新雪で難しかった。
師匠は安定の滑りです。
e0064783_15392765.jpg
弟子の滑り。
e0064783_14392472.jpg
ここまで下ると腐れ雪に。
e0064783_15392794.jpg
金剛堂までの斜面は、緩んでいて非常に気持ちが良かったです。
最後は飯森駅に寄って旧ゲレンデをのんびり滑って戻りました。
e0064783_15392723.jpg

ゲレンデでヘロヘロになるまで練習するのもいいけど、わしはやっぱり山を滑るほうが好きです。




by s_space_s | 2019-05-05 15:56 | テレマーク | Comments(0)
2019年 04月 30日

御嶽スキールート一覧

主なラインは滑ったような気がするので、地図付きで一覧にしてみました。
参考にしていただけると幸いです。
ちなみに、このエリアの先駆者、「プチビラMTおんたけ」の鈴木氏の情報も必見です。
e0064783_14094122.jpg
御嶽山尺ナンゾ谷滑降
e0064783_10271594.jpg
e0064783_10321481.jpg
e0064783_10323622.jpg
e0064783_10324796.jpg
田の原~御嶽山(現在、入山禁止)
御嶽のクラシックルート2本(田の原、御岳ロープウェーの古い記録です。)
e0064783_10441696.jpg
e0064783_10480741.jpg

 御嶽山スキーガイド(岳人掲載)「ぼくらのライン」「尺ナンゾ」
e0064783_10594634.jpg
e0064783_11000035.jpg
e0064783_11013869.jpg
e0064783_14392472.jpg
まだまだ、色んなラインが引けそうです。






by s_space_s | 2019-04-30 17:27 | テレマーク | Comments(2)
2019年 04月 28日

御岳ロープウェイから勤シュートと和哉シュートを梯子

【山域】御嶽
【場所】御嶽東面
【日時】2019年4月28日(日)
【コース】御岳ロープウェイ~黒岩ルート~二ノ池分岐〜勤シュート〜和哉シュート〜御岳ロープウェイ
【メンバー】コザエモンさん、Tsutomuさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ
【タイム】飯森駅9:15 二の池分岐11:30~11:55 勤シュート2700m附近12:15 和哉シュートエントリー12:45~13:05 鹿瀬駅14:30

ルート図(クリックしてね)
e0064783_05540727.jpg
GW前半は避難小屋泊りで白山の予定でしたが、28日しか晴天が見込めなさそう。
気になっていた御嶽の和哉シュート日帰りに変更しました。
結果的にTsutomuさんは2週連続になってしまいました。
けど、今日は条件が良く楽しめたかな。

ボーダー、スキーヤーもそれほど多くなかった。
e0064783_06064359.jpg
途中、何人も知り合いの方にお会いし、みんな考えることは同じと思いました。
e0064783_06181590.jpg
まずは二ノ池分岐から勤シュート。
e0064783_10084553.jpg
黒岩登山道の南側の隠れたラインです。
e0064783_22482377.jpg
e0064783_06181491.jpg
勤シュートはtsutomuさんがテレマークに開眼した記念すべきシュート。

e0064783_22482327.jpg
この時期の新雪は曲者
e0064783_22482365.jpg
雪が良ければ2550mぐらいまで落とせるのですが、黒岩の下ぐらいまでで和哉のエントリーへ登り返しました。
e0064783_06064757.jpg
e0064783_10084570.jpg
和哉シュートのエントリーポイント。
狭い岩の間に滑り込みます。
e0064783_22482314.jpg
こっちはフィルムクラスト!
e0064783_22482355.jpg
e0064783_06181431.jpg
滑ったシュートを振り返るtsutomuさんとコザエモンさん
真ん中の真っすぐ落ちるラインです。
e0064783_10085393.jpg
旧ゲレンデを飛ばします。

e0064783_06072407.jpg
雪が無くなるまで
e0064783_06071180.jpg
充実した〜!
e0064783_06072422.jpg
ありがとう平成
e0064783_06060503.jpg





by s_space_s | 2019-04-28 22:50 | テレマーク | Comments(0)
2019年 04月 14日

御嶽・継子岳マイアシュート(兄)滑降

e0064783_02503351.jpg
【山域】御嶽
【場所】継子岳
【日時】2019年4月13日(土)
【コース】開田高原~風の谷(兄)~継子岳・Ⅱ峰コル(往復)
【メンバー】てれカズさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ
【タイム】駐車場8:20 滝場の上10:10 コル12:30~13:25 駐車場14:00

ルート図(クリックしてね)
e0064783_09240189.jpg
昨年、いしはらさんと上部だけ滑った通称「風の谷」とか「双子シュート」と呼ばれているシュートを滑りました。
天気は無風快晴で絶好の登山日和でした。
シュートのほうは、上部が薄い新雪とクラスト、下部がモナカで、もう少し待ってザラメになったらもっと気持ちよかったと思います。
復活したと思ったG3のスキンは気温が上がるとやっぱりだめで、スキーのソールがベタベタになってしまいました。

スキー場からのアプローチは営業期間終了後も禁止だそうで、他のルートから入るのが良いようです。

麓から見上げる継子岳。
滑ったのは、左寄りの窪んだように見えるシュートです。
むちゃ急に見えますね。
e0064783_02505404.jpg
氷瀑になっている滝場の上から沢に降りました。
先行者のトレースがありました。
彼ら(彼女ら?)は弟のほうへ登っていったようです。

e0064783_02505456.jpg
シールとスキーアイゼンで登れそうな感じもありましたが、怖い思いをするのも嫌なので、上部はシートラで。
コルに出ると稜線は雪が飛ばされ、ガレ場となっていました。
e0064783_02503315.jpg
剣ヶ峰方面
3月より雪が増えました。
e0064783_02505492.jpg
ゆっくり準備して滑降開始。
硬いとこと新雪が混ざっていて、ちょっとリズムが狂います。

e0064783_02503398.jpg
てれカズさんはさすがの滑り
e0064783_02503351.jpg
気持ちよさそうに落ちて行かれました。
e0064783_02503393.jpg
雪が柔らかめなのでプレッシャーはありませんでした。
e0064783_02503397.jpg
わしも行ってみます。
e0064783_09172246.jpg
e0064783_09172112.jpg
e0064783_09172189.jpg
沢状に入るとモナカで、消化試合的な・・・
e0064783_09004361.jpg
e0064783_02505411.jpg
下部はストップ雪で、スキーに残ったシールの糊もあり、疲れました。
継子には雲がかかって滑ったラインが見えませんでした。
しばらく待ちましたが、諦めて車を出しました。

e0064783_03011990.jpg




by s_space_s | 2019-04-14 03:38 | テレマーク | Comments(2)
2019年 04月 13日

★★テレマーク記録(地域別)★★

ブログ掲載のテレマーク記録を整理してみました。
それ以前の記録はこちらをご覧ください。

記録一覧

by s_space_s | 2019-04-13 07:48 | テレマーク | Comments(0)
2019年 03月 17日

またまた三方岩

2週連続で三方岩です。
自然学校前の駐車スペースでtsutomuさんとY田さんにお会いしました。
彼らは野谷荘司へ向かいました。

見上げる白谷はガスの中
e0064783_21544382.jpg
ブナの大木
e0064783_21544248.jpg
視界が悪くなったので登行を切り上げ、半雪洞を掘ってのんびりしました。

e0064783_21544215.jpg
時間があったので北斜面に滑り込みました。
e0064783_21544236.jpg
すごくいいスキー向きの斜面を見つけました。

e0064783_21544280.jpg
下りも美味しそうな斜面を落としました。
e0064783_21544208.jpg
ちょっと下りすぎて・・・。
e0064783_21544229.jpg
尾根に戻るのに時間がかかったけど、料金所までほぼ快適な滑降でした。
今日は雪模様で展望はありませんでしたが、雪が良くて楽しめました。

新雪はこれで最後かも。










by s_space_s | 2019-03-17 22:04 | ガイド | Comments(0)
2019年 03月 10日

三方岩岳前衛峰1586m

三方岩岳の前衛峰まで行ってきました。
(最近、頂上まで行かないのが多い。)
前日にみさお先生が登ってみえたようです。
スキーのシュプールがくっきり残っていました。
クラストの上の新雪が不安定で緊張する場面もありましたが、眺望は最高でした。

1400m付近のブナ林は素晴らしい。
e0064783_09560912.jpg
e0064783_09561729.jpg

前衛峰の手前にもいやらしそうな・・・。
e0064783_09560960.jpg
団子になってきました。
e0064783_09560996.jpg
三方岩岳の頂上直下はわしらには無理そうでした。
e0064783_09560927.jpg
出だしはいい雪です。
e0064783_09561783.jpg
まあまあ楽しい滑降。
でも雪がだんだん重くなってきます。
e0064783_09560968.jpg

展望台から下は状況がわるそうなので、ホワイトロード経由で降りてみました。
日蔭はよく滑るのですが、日向の雪はストップ雪で腕が疲れました。
e0064783_09561754.jpg
雪は十分あるので、ザラメになったら楽しいかも。





by s_space_s | 2019-03-10 10:12 | テレマーク | Comments(0)
2019年 03月 03日

平湯温泉スキー場から金山岩(ワサビ谷滑降)

e0064783_08473891.jpg
【山域】乗鞍
【場所】金山岩、ワサビ谷
【日時】2019年3月2日(土)
【コース】平湯温泉スキー場~平湯尾根~金山岩~ワサビ谷中央尾根滑降~安房平~平湯温泉スキー場
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】快晴
【タイム】スキー場8:40 金山岩の肩11:20 金山岩11:55 安房平13:40 スキー場14:30

ルート図(クリックしてね)
e0064783_15103755.jpg
土日でアイスの予定でしたが、日曜日の天気がはっきりしなかったのと、氷の状態が良いわけないということで、お気楽なスキー場利用の山スキーに行ってきました。
激モナカも覚悟で行ったのですが、谷底に降りるまで割といい雪で楽しめました。

スキー場トップにある壊れかけの休憩小屋
すぐ右奥に笠ヶ岳
e0064783_08473881.jpg
森林限界近く
e0064783_18171685.jpg
金山岩へはアイゼンで
e0064783_18171620.jpg
四ツ岳をバックに
e0064783_08473816.jpg
これいいかも!
e0064783_18171686.jpg
中央尾根は総じて快適な尾根
e0064783_08473890.jpg
雪がまだ生きてる
e0064783_18171645.jpg
谷底でまったり休憩した後、気になった安房平に行ってみた。
e0064783_08473845.jpg
真ん中奥にちらっと見えるのが中央尾根
e0064783_18171680.jpg
他にも使えそうなラインが何本かあるので、また来てみよう。





by s_space_s | 2019-03-03 08:51 | テレマーク | Comments(0)