blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:テレマーク ( 81 ) タグの人気記事


2019年 01月 29日

G3のシールがにちゃにちゃ~。

夏の間の保管が悪かったので、昨シーズンデビューしたG3のシールのノリがにちゃにちゃになってしまいました。
定番のアイロンがけをしてみましたが、やっぱりソールにグルーが残る感じです。
家で張り付けていくと絶対スキーにくっつくと思ったので、先日の大日ではスキー場トップで貼るようにしたら、少しはましでした。

このシールはスカラスキンというモデルで、チートシートなしで丸めて収納できるのが売りです。
家に帰ってシールの表面を見たら、毛に糊がくっついていました。(泣き)
JANの講習にはこのシールを持っていこうと思っていたので、まず糊を取らないと。

スキーのソールについた糊はワックスリムーバーで落ちるので、ウエスにリムーバーを沁みこませ、シールを擦ってみました。
なんとなく糊が薄く広がっただけみたいです。
あとはワックスを塗ってアイロンがけしときました。
Yさんから、グルーの変質の原因は温度ではなく湿気だと聞いたので、1週間軒下で寒ざらしにして乾燥させてみました。
触ってみると、ネバツキが減って、いい感じになりました。

JANの講習では最初いい感じだと思ったのですが、何日も連続で使って、暖かい部屋にぶら下げていたら、またにちゃにちゃがぶり返してきました。
4日目のガイディングの講習では、シールは団子になるは、林道滑降ではみんなに置いて行かれるはで、散々でした。
帰宅後、家の用事などもあり山へ行けないので、再度メンテに挑戦しました。(いい加減あきらめろ)

グルーのこびりついた汚れは、柑橘油の剥離剤で落ちるとのネット情報があったので、ホームセンターで探してみるといいものがありました。
e0064783_19281631.jpg
3Mのクリーナー30という柑橘油のスプレーです。

毛の先の黒い汚れがグルー。
e0064783_19281674.jpg
さっとスプレーして歯ブラシでゴシゴシすると綺麗になりました。
あとは、何回か水拭きして完成です。
e0064783_19281636.jpg
さらっさらになって、これなら大丈夫そうです。
部屋もオレンジのいい香り。

糊面は、厚手の紙を載せてアイロンがけして汚れた糊を除去しました。
残ったグルーはキッチンペーパーを当てて軽くアイロンがけして整えました。
寒ざらしでは乾燥が甘かったので、現在、冷凍庫に入れてあります。
試しに張り付けてみると、ちょうどいい接着ぐあいで、こちらも使えそうです。

今週末の山で試してみます。
うまくいったらtsutomuさんに教えたろう。

関係ないけど、うまいものの写真
e0064783_19281622.jpg
e0064783_19281633.jpg




by s_space_s | 2019-01-29 12:22 | テレマーク | Comments(0)
2019年 01月 06日

私をスキーに連れてって

tsutomuさんと国見岳スキー場へテレマークに行ってきました。
所々、草や石が出ている状態で、ガリガリのハードバーンでしたが、新しい板と靴ならしには良かったです。
スキー場のレストハウスは昭和の香りいっぱいで落ち着きました。
e0064783_20300275.jpg
懐かしい映画のポスターも
e0064783_20300206.jpg
右がその時代のK2、エクストリームX。
遠近法ではありません。
e0064783_20300226.jpg
細板とT3のほうが滑っていて気持ちよかったのは発見でした。
多分センター95mmはハードバーンではわしの技術ではしかっり乗れないのだと思います。





by s_space_s | 2019-01-06 20:40 | テレマーク | Comments(0)
2018年 12月 26日

初滑りに行ってきました。

tsutomuさんに誘っていただき、ホワイトピアへ初滑りに行ってきました。
正月でもないのに初滑り?という疑問は置いといて・・・
クワッドが動くようになったので、リフト待ちがほとんどなく、シーズン初めの脚にはきつかったです。
ヘビ~ぃロ~テェ~ション♪

しばらく見ないうちにtsutomuさんのテレマークが上手くなってて感心しました。
お昼過ぎまで頑張りました。

e0064783_16082805.jpg
テムレスの黒が出たみたいですが、なんで青でダメなの?

帰りに白鳥の大ちゃんのとこへ寄って、JANの講習に参加する準備などについて教えてもらいました。
e0064783_16083524.jpg
この世界もいろいろ進んでいるようなので、講習が楽しみです。

暮れは新穂高方面を計画していましたが、冬型が強まりそう。
安全第一で十石山&避難小屋泊に変更しました。

皆さま、良いお年をお迎えください。





by s_space_s | 2018-12-26 18:05 | テレマーク | Comments(2)
2018年 12月 19日

ビーコン練習会をやりました。

雪があるようなら奥美濃の山へ行こうと思っていましたが、ビーコンを埋めるほど積雪が期待できないので、近所の裏山で行いました。
今後のためにメモします。
お気付きの点などあれば、ご教示いただけると幸いです。

日時:2018年12月15日(土)8:00~12:00
場所:岐阜市内里山(雪なし)
参加者:岐阜テレマーク倶楽部メンバー5名

練習項目
1.各種ビーコンの機能確認
  ・アナログ(骨董品)orデジタル
  ・電源のON・OFF
  ・送信・受信切り替え

2.装着及び作動チェックについて
  ・アウターの下に装着
  ・リーダーによるチェック法(全員交代して練習)

3.プライマリーサーチ
  ・初期捜索(電波をキャッチするまでのサーチ)
    サーチに入る前に・・・
    ・リーダー決定
    ・さらなる危険の確認
    ・状況把握(埋没者人数、消失地点、ビーコン装着の有無)
    ・全員のビーコンを受信モード(重要)
    ・役割分担(リーダー以外は、プローブ、シャベル携行のうえ残留物の目視など)

4.セカンダリーサーチ
  ・受信後の操作法(誘導法)
  ・ビーコンを藪に隠して練習

5.ファイナルサーチ
  ・グリッドサーチ(クロス法)
  ・浅い埋没の場合は容易
  ・深い埋没のシミュレーション(立ったまま肩の高さでサーチ)
  ・ビーコンを枯葉等で隠して練習

6.複数埋没者探査
  ・デジタルビーコンの複数埋没者探査機能を使う
  ・上記機能がうまく働かない場合orアナログビーコン
   → マイクロ・ストリップ・サーチ(職人技のため紹介のみ)
  ・ビーコンを枯葉等で隠して練習
  ・スパイラル・プロービング併用(シミュレーション)
  ・タイム計測(2個で5分目標)

7.雪崩埋没者掘り出し時の注意点
  ・ヒットしたプローブは抜かない
  ・プローブから少し離れた場所から掘る → 平地なら深さの2倍、25度斜面なら深さ分
  ・効率的な掘出し → まず頭を出し気道確保 V字コンベアベルト・メソッド
  ・低体温症の予防 → 外気にさらさない。ツエルト等の活用
  ・外傷についての注意 → 頸椎等の骨折が多い 25%が外傷による死亡


半日で終わったので、午後からNさんちへ行ってプロジェクトをリード・トライしました。
寒すぎて体が動かず(本当は飲みすぎ?)2ハングドックという結果に終わりました。く~っ!





by s_space_s | 2018-12-19 18:00 | テレマーク | Comments(0)
2018年 12月 04日

ビーコン練習会やります。

シーズン前にビーコンの動作確認をかねて練習したいと思いました。
岐阜テレマーク倶楽部+αの有志でビーコン練習会をやります。
参加できそうな方はご連絡ください(会員以外の方も歓迎です)
集合場所、時間は集まったメンバーで相談したいと思います。

期日:12月15日(土)
場所:雪がありそうならホワイトピアあたりのゲレンデ脇
   or 石徹白シャーロット旧ゲレンデ
   雪がなければ諏訪山団地奥

写真は2年前にやったときのものです。
落ち葉に隠してやったら、プロービングと掘り出しは出来ませんが、面白い練習会になりました。
e0064783_22150856.jpg




by s_space_s | 2018-12-04 17:28 | テレマーク | Comments(1)
2018年 12月 03日

冬支度

近場のフリークライミングが続いていたので、まだ全然スキーモードになってません。
日曜日も岩登りしようと思いましたが、コウムラに振られたので、初滑りに使うスキーの準備をしました。
ビンディングは高くていくつも買えないので、自分でインサートビス加工して使いまわしています。

夏にてれカズさんに連れて行ってもらったサマーゲレンデで使ったヌーニョに付けていたスイッチバックを、ウエイバックに載せかえました。
サマーゲレンデ用にチューンナップしてもらったヌーニョのエッジはまだバリが残るほどトキントキンです。
もう一回行きたかったけど、結局、行きそびれました。
来年に取っておこう。(気が長い話)

スイッチバックX2のスプリングはかなり強くて、既定の前圧をかけようと思うと、ヒールピースを起こすときにヒールピースのほうが負けてしまい、ワイヤーが外れるトラブルが何回かありました。
太めの針金でワイヤーとヒールピースを縛っておきました。

ビーコンのチェックも兼ねて、部屋の中でグリッドサーチの練習をしました。
今シーズンはマムート投入の予定ですが、まだ入荷していないようです。
あと、シールのアイロンがけすれば、行けそうかな。

午後は、少しだけ負荷をかけて裏山を2時間ほど歩きました。
タカノツメの落ち葉がたくさん落ちていました。
e0064783_22503082.jpg
今日は乾燥していたので匂いませんでしたが、雨で湿っているときなど、この落ち葉は甘~い匂いがします。
例えると、熟したバナナみたいな。
これは、マルトールという成分から出る匂いで、カツラの落ち葉のキャラメルのような匂いも同じ物質だそうです。
けど、他の有機成分が違うためか、わしにはカツラとは違う匂いに感じます。
どちらにしても、大好きな香りです。

タカノツメは同じウコギ科のコシアブラと樹皮も葉っぱも似ていますが、前者が三出複葉なのに対し後者は五出複葉なので区別できます。

コシアブラ
e0064783_22503052.jpg
夕方、久しぶりに映画を観に行きました。








by s_space_s | 2018-12-03 12:40 | 山登り | Comments(0)
2018年 11月 28日

岐阜テレマーク倶楽部交流会

岐阜テレマーク倶楽部の唯一の恒例行事である交流会という名の飲み会をやりました。
場所はいつもの「くしびき」。
最近、まっすぐ帰宅する健全な生活をおくっているので、おばちゃん(じゅんこちゃん除く)たちに会うのも久しぶりです。

今回は都合が悪いメンバーが多く参加者7人と少し寂しい感じでした。
あらたまって何かを決めるような会ではないのですが、わしからはビーコン練習会と来年春に考えているコロラド行を提案しました。
てれカズさんと良さんは、その日もホワイトピアで滑ってきたそうです。
リフト1本分の狭いゲレンデでお互いに気が付かないとは?
人工雪の質はウイングよりこっちのほうがいいそうです。

あとは、NTNビンディングの話や逆に革靴の話など、定番の話題で話が弾みました。
楽山荘や高山のコングでテレマークのコーナーが縮小されてるという話も出てました。
北陸のテレマーカーはすごいというお噂も。

Tsutomuさんから、少し前に話題になった、吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」をお借りしました。
先輩からの贈りものだそうで、裏表紙に「人にやさしく 自分に厳しく!」と添え書きがありました。
まだ中身は読んでませんが、そういうことが書かれた本だと、読むのがきついかも。

テレマーカーの交流会らしい楽しいお酒の席でした。

2次会はいつものダブルサイダー。
今夜はこんなLPをかけてもらいました。
"The Best of Muddy Waters"
e0064783_13232922.jpg

良さんも感激!
Hoochie Coochieの意味、知らんかった。
結局、岐阜市在住の3人はマスターに追い出されるまで飲みました。





by s_space_s | 2018-11-28 21:55 | テレマーク | Comments(0)
2018年 07月 02日

サマーゲレンデ初体験

てれカズ先生にウイングヒルズのサマーゲレンデへ連れていってもらいました。
以前から興味はあったのですが、特殊な世界のような気がして敷居が高かった。
やってみると楽しいし、自分のスキーを見直す色んなヒントが得られた1日でした。
気温が高くなってから小雨の日に行くとコースの条件が良いそうです。

まず、使う板ですが、先生はサマーゲレンデ用に開発されたHARTのバルシップというのを使ってました。
写真ではわかりきくいのですが滑走面のエッジ側1㎝ぐらいがメタルプレートで補強されてます。
通常のスキーのソールだと特に高速で滑った場合、熱でマットのカスがソールに融着したり、ソール自体が融けたりするそうです。

e0064783_22540255.jpg
ゲレンデはこんな感じ、白いところが新しいマットで、エッジがよく効きます。
初めてのサマーゲレンデで要領をえず、先生を待たせることしばしば。
e0064783_22540266.jpg
まずは数ターン、アルペンターンしてみます。
お借りした板が良かったのだと思いますが、まあ普通に滑れる感じなので、テレマークを入れてみました。
ワンステップ気味にメリハリつけてやればテレマークもできる感じです。
けど、先生のように気持ちよさそうに滑れません。
サマーゲレンデはカービングしたほうが雪の上を滑る感覚に近くなるのだそうです。

先生のお手本の滑り

慣れてきたのでパラレルでなるべく下向きに滑ってみたら、気持ちよさが少し感じられました。
切り替えの時も立ち上がらず内足のブーツの上に腰かけるみたいな感じがいいみたい。
e0064783_22540297.jpg
数本滑って足元を見ると、なんじゃこりゃ!
マットのブラシの削りかすでした。
これはずらしているから出るのだそうで、カービングしてる先生のブーツにはほとんど付いてませんでした。

e0064783_22540365.jpg
午後は持参した自分の板ヌーニョを使ってみることにしました。
最近エッジは研いでないですが、先日の乗鞍の固い斜面でも問題なかったので、だいじょぶかなと考えた私がバカだった。
最初のターンからバーンにまったく歯(刃)が立たず。
足場ができないので、アイスバーンの上で横滑りしてるみたいに、ターンの恰好してるだけ。

1本で懲りたので、ゲレンデ下で出店をやってる、チューンナップショップに板を出しました。
先生の板も一緒に出して、しばらく休憩していると出来ました。
e0064783_22540363.jpg
仕上げは88度ほどで、マットに食いつくようわざとバリを残してあります。
さっそく滑ってみると、今度は板が曲がりませ~ん!
サイドカーブがあまりない板なので、スピードつけて加重して板をたわませられる達人でないと、ずらすしかありません。
あとで確認したら、トップはすこしだらしてありましたが、テールのバリは残ったままでした。

でも数回滑ると、なんとなくテレマークもできるようになりました。
板の性格やチューンナップがこれほど滑りに影響するのを体感したのは初めてでした。
ごまかしがきかないサマーゲレンデの効用だと先生が言ってました。

あと、サマーゲレンデでこけると非常に痛いことを付け加えて、私の謝辞とさせていただきます。



ヌーニョのエッジもバリバリ残ってるので、また行こう。
こんどはテールをダリングして滑ってみたい。
コザエモンさん、行く?





by s_space_s | 2018-07-02 12:50 | テレマーク | Comments(2)
2018年 02月 19日

スキーシューって知ってます?

スキーでしゅーっと滑ることではありません。
こんなスキーです。

e0064783_22062388.jpg
センターは100mmぐらいかな。
スノーボードのようなラチェット式の締め具が付いていて、ヒールはフリーです。
キックゾーンに長めのシールが張り付けてあります。

e0064783_22062366.jpg
長靴とかスノーブーツでも履けるのですが、今回は登山靴で履いてみました。
(メーカーからは底の固い靴は推奨されていませんが。)
つま先がしっかり固定されるので、ちょうどNTNのテレマークビンディングのような感じです。
ヒールがパタパタせず、テレマークターンしやすいです。
e0064783_22062390.jpg
荘川ODファームの横の牧戸城跡で遊びました。
スピードは出ませんが新雪のテレマークターンが気持ちいい。
e0064783_22061280.jpg
登りも思ったより傾斜のあるとこまでシールが効きます。
板も軽いので、機動力は相当あります。
急斜面の新雪を3回ほど楽しみました。
e0064783_22061238.jpg
この道具、なかなか楽しい。
ODファームにレンタルが数台あります。(半日なら1,080円)
これで高原を散策したら面白そう。
ガイドもしますよ。

今日は天気が良かったのでスキー客も多かったようで、白鳥の手前で渋滞しました。
家に帰ると、牡蠣鍋とこんないいものが。
e0064783_22061231.jpg
普通の美味しい酒です。






by s_space_s | 2018-02-19 12:11 | テレマーク | Comments(0)
2018年 01月 26日

W師とはじめてのテレマーク

岐阜テレマーク倶楽部のW師とコザエモンさんとで荘川の火山へ行く予定でしたが、コザエモンさんの体調が悪くW師と二人で行くことに。
天気もあやしいということで、めいほうスキー場で遊ぶことにしました。
期待した新雪は早々にギタギタになって、遅出の私たちはそれほど美味しくないところを少し齧っただけ。
お昼休みにビーコン、ゾンデの使用法も練習しました。

W師は、日本のテレマーク黎明期に、中心となった方々と滑ってみえたとか。
高い姿勢の外向傾のきまったテレマークは、お手本にして練習したいと思いました。
e0064783_13092063.jpg
ZAGのUBAC95はゲレンデで乗ると結構走る板だと思いました。
新雪での乗り心地はまだちょっと分かりません。
フリーダムはかかとの上がり方に少し癖があり、上がり始めの抵抗が少ないのでカクンカクンと機械的な感じになります。
これはそのうち慣れる程度の微妙な感触です。
クリスピーのブーツは結局、楽山荘に持っていって焼いてもらいました。
自分で成型したと言ったら、「やってしまったんですね。本当にやってしまったんですね。」と店長さん。
下手に熱を加えるとフォームが硬化して再成型ができなくなるといわれ、ビビりました。
やっぱり餅は餅屋。フィット感が全然違い、非常に滑りやすくなりました。

中・緩斜面で疲れずに滑るヒントをつかめた感じ。
W師とロングコースを最後まで気持ちよくクルージングできて大変楽しかったです。





by s_space_s | 2018-01-26 22:17 | テレマーク | Comments(2)