blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:南極 ( 208 ) タグの人気記事


2008年 12月 15日

最後の宿泊野外

西オングルに宙空部門の観測施設があり、宿泊のためにソリ付きの小屋(居住カブースといいます)が置いてあります。
4月にルート工作で行ったとき見て、なかなか味のある小屋だなと思い、距離も昭和基地から4kmほどと手ごろなのでAガイドと歩いて行って、1泊してくる計画を8月に立てました。

ところが8月、9月、10月と計画するたびに天気(予報)が悪く、遊びで行くのは諦めました。
日帰りのスキーツアーなどと違って、宿泊を伴う野外活動は1ヶ月前に隊長に申請して計画を越冬オペレーション会議にかけ、承認されてやっと実施できます。
事前に調理に欠食の連絡をしたり、持って行く食料をもらったりと準備もあります。
隊の行事が休日に入っていることも多く、天気が悪いからといって簡単に次週に延期することもできません。

少々吹雪でもAガイドと2人なら問題なく動けると思いますが、天気が悪い日に行っても楽しくないだろうし、遊びで危険を冒すのもいけないだろうと思い、慎重に判断していたら、行く機会を逸してしまいました。
そこに、宙空部門のムー隊員から、西オングルの観測施設のバッテリーを充電するために1泊する必要があるので行かないかという嬉しいお誘いが。

ムー隊員は某有名大学のワンゲル出身。
なかなかマニアックな山をやっていたらしく、日本酒も好きで話が合います。
もう一人参加者を募ったら、最近野外づいている気象Ⅰ隊員が参加することに。
このメンバーならすごく楽しそうです。
12月4日、5日で行くことになりました。

今回もなにかか邪魔をしているのか荒天の予報が出ました。
けど、仕事に行くのだから多少の吹雪でも行け行けムードです。
普段どおり5時半に起きて、ブルースハープを1時間ばかり吹いて、朝飯もしっかり食べ8時に出発。

東オングル島と西オングル島の海峡「中の瀬戸」は盛り上がったプレッシャーリッジにスノードリフトが付き陸続きのようでした。
e0064783_221795.jpg

西オングルに渡ったところにある面白そうなボルダー
登りに来たいけど・・・。
e0064783_224497.jpg

1時間半でカブースに着きました。
左がムーさん。右が宇宙人?
e0064783_231194.jpg

ちゃんと仕事をしている証拠
e0064783_233774.jpg

発電機を回して充電しながら、2時間おきにワッチすればいいので、空いた時間で西オングル島にペンギン営巣地がないか踏査しました。
まず「ざくろ石丘陵」を南下。
ざくろ石とはガーネットのことです。
粒は細かいけど赤い結晶の入った岩がよく見られます。
e0064783_2468.jpg

南海岸に出ました。
遠くにラングの長頭山。
ここから西海岸沿いに北上。
e0064783_24361.jpg

黒い苔がいっぱい生えている池がありました。
他の池はまだ厚い氷が張っているのに、この池だけは太陽熱を吸収するのか水を湛えていました。
e0064783_251843.jpg

カブースへ戻る途中、故福島隊員が荼毘にふされた場所に寄りお参りをしました。
e0064783_26581.jpg

カブースに1回戻り、こんどはペンギンがいる可能性が高いと思われる、島の北西海岸を見に行きました。
e0064783_263730.jpg

残念ながら、ペンギンはおろか巣の跡もなく、タイドクラックに大きなアザラシが1頭昼寝をしていただけでした。
e0064783_265927.jpg

今日の作業はこれで終わり。
さあ飲むか・・・。
e0064783_272988.jpg

Kシェフからもらって来た刺身がいっぱい。
e0064783_274932.jpg

天窓からは白夜なので太陽が見えます。
昼間っから飲んでるわけではありません。
e0064783_281283.jpg

そろそろ寝るか。
e0064783_283717.jpg

ZZZZZ

もう朝です。
e0064783_291496.jpg

朝食に、小屋にあった賞味期限2003年のみかん缶を食べてみました。
問題なし。
ここでは時間が止まっているのでしょうか。
e0064783_293735.jpg

予報どおり吹雪になりました。
1時間出発を遅らせ風が少し収まったところで出発。
視程が100mを切ることもあり、ずっとコンパスでナビしながらベタ雪の中を歩きました。
e0064783_210256.jpg

昭和基地では外出制限が発令されてました。
わしらの顔を見た基地のみんなは驚いた様子。
出発の連絡が明確に伝わっていなかったこともあり、吹雪で停滞していると思っていたらしい。

ご心配おかけして済みませんでした。
けど、充実した~。(宇宙のS君風に)
[PR]

by s_space_s | 2008-12-15 01:41 | 南極 | Comments(0)
2008年 12月 13日

ペンギンセンサス最終日

12月3日に観測責任者のH先生、ペンギンセンサス命の気象Ⅰ隊員、わしの3人で泣いても笑ってもこれが最後となる調査に弁天島、ウートホルメン、メホルメンへ日帰りで出かけました。

結果は、弁天島に抱卵している巣が4つ、ウートホルメン、メホルメンには営巣が確認できないというじみ~な千秋楽でした。
ルート工作から本番までいろいろ御協力いただいた皆様、ここに御礼申し上げます。

「おほほほ、私がHです。」(弁天島にて)
e0064783_23161420.jpg

今日も風速20m/s(メホルメンにて)
e0064783_23172825.jpg

強風のためお弁当はウートホルメンでテントを張って食べました。
ちょっと、エクスペディション気分。
顔を出している(けど出してない)のはⅠ隊員。
このマスクは氏手作りのすぐれもの。
e0064783_23175875.jpg

ペンギンの代わりにアザラシがいたウートホルメン
e0064783_23182983.jpg

昭和基地のすぐ横のネスオイヤにも可愛いやつが4頭
e0064783_23185350.jpg

[PR]

by s_space_s | 2008-12-13 23:22 | 南極 | Comments(2)
2008年 12月 10日

第2回ペンギンセンサス旅行

11月29日~12月1日で第2回のペンギンセンサス旅行に行ってきました。
今回も天候とメンバーに恵まれ予定どおり調査を実施することができました。
2日目にはセンサス終了後、袋浦の東にあるすごく目立つピラミッド状の195mピークにも登ることができました。

1日目
昭和基地~ルンパ、シガーレン、イットレホブデホルメン~ラング雪鳥沢小屋

まずルンパに上陸。
今回は個体数ではなく営巣数、抱卵数の調査をしました。
産卵したメスが餌を食べに出ているので、数が半分になり、オスは各巣にバラけて抱卵して動かないので数えやすかったです。
産卵するとメスは2週間ぐらい戻らず、その間、オスが卵を温めます。
メスが帰ってくると2、3日交替で餌を食べに行くそうです。
それが2週間ぐらい続き卵が孵ります。

落ち着いたたたずまい。
立ってうろうろしているのにはペアリングできなかったオスが多い。
いまだに石を探しては自分の巣に運んでいるのもいます。
抱卵しているオスのそばを歩くとつつかれまくり。
e0064783_13255545.jpg

これは前回(11日前)に上の写真の奥に写っているルッカリーを撮ったものですが、雰囲気の違いが分かると思います。
e0064783_13181915.jpg

2個抱卵していることも多いけど、雛として育てられるのは1羽だけ。
e0064783_13263117.jpg

営巣数のカウントはペンギンがいる巣を数えるのでわかりやすい。
抱卵数は、ペンギンが寝ているか、立っていても足の間に卵が確認できるものを数えます。
実際は非抱卵数(立っていて足のあいだに卵がなさそうなやつ)を数えて営巣数から引き算します。
e0064783_1327949.jpg

ルンパの一番大きいルッカリー。
ここは写真によるカウントなのでまだ結果は聞いていません。700ぐらいでしょうか。
e0064783_1327415.jpg

前回のペンギンセンサスで発見された新しいルッカリーにも1つ巣がありました。
バックはお馴染みのラングの山並み。
ペンギンは巣を汚さないように糞を周りに飛ばすのですが、この模様が好きです。
色と広がり具合がいいデザインに見えます。
e0064783_23245757.jpg

ルート途中のシガーレンのルッカリーは今回も時間短縮のため、Hドクとわしだけでスノモで行って見てきました。
7つ営巣しているのに抱卵数が3しかなく、過疎のルッカリーでは産卵に成功する確率も低いのかなと思いました。
やっぱり住むならルンパみたいな都会?
e0064783_13283020.jpg

次はイットレホブデホルメン。
前回と同様、2班に分かれて行動しました。
わしは気象のM隊員と二人で、前回見つけにくかった3羽のルッカリーを見に行きました。
上陸地点には海氷が融けたり海水がクラックから浸み出したパドルという水たまりが増えていました。
e0064783_13303226.jpg

資料の地図とGPSデータを比べてみたら170mほど位置がずれていました。
地図の場所で見つからないはずです。

2つ営巣があり1つ抱卵でした。
e0064783_13292775.jpg

ちょんがーのオスは寂しそう。
e0064783_13295893.jpg

今日の調査はここまで。
ラングの雪鳥沢小屋に入りました。
49次隊がこの小屋を使うのは今回が最後です。
e0064783_1331072.jpg


2日目
雪鳥沢小屋~水くぐり浦~袋浦~東の195mピーク~袋浦~雪鳥沢小屋

水くぐり浦の立派な成鳥。
雌雄の見分け方はよくわかりません。
今の時期にルッカリーにいるのはたぶんオス。
普段丸い頭が角刈りの兄ちゃんみたいになるのは、緊張しているサインだそうです。
e0064783_18301429.jpg

足のアップ。
足で移動することが多いだけに丈夫そうな足です。
死んだ個体の足の裏を観察しましたが、鱗状になっていて爬虫類の足にそっくりです。
e0064783_18304739.jpg

こっちは袋浦のルッカリー。
170ぐらいでちょうど数えやすいサイズ。
e0064783_18315857.jpg

午前中に調査が済んだので、雪上車でゆっくり昼食を摂ったあと、裏の顕著な三角ピークに出かけました。
これは、反対の雪鳥沢小屋から夏に見た景色です。
左手のとんがったのが195mピーク、右手の高いのが長頭山です。
e0064783_1845115.jpg

取りつきのあけび池の峠まで思ったより遠かった。
峠からちょっと急な岩場を一段上がると、登りやすい一枚岩の尾根になりました。
e0064783_18455245.jpg

特に困難な場所はありませんが、両脇が切れているので、高度感ばっちり。
股のあたりがムズムズします。
e0064783_18465150.jpg

ガレの多い痩せ尾根を慎重に登り、手前のピークに着きました。
全員でバンザ~イ。右に見えているのは、ハムナ氷瀑です。
e0064783_18473227.jpg

せっかくなので少し奥の地図の195m標高点まで行ってみました。
大陸方面の景色はこちらのほうが素晴らしかった。
e0064783_18485618.jpg

東に見えるずっと気になっていた二子山。
もう登ることはないでしょう。
e0064783_18492475.jpg

帰りは袋浦を横断して帰りました。
ツルツルの裸氷に転倒者続出。
e0064783_1850027.jpg

雪上車を暖気している時間にアプリコットケーキでティータイム。

小屋に帰る途中で、山の頂上から見たハムナ氷瀑に寄り道しました。
e0064783_1851485.jpg


3日目
雪鳥沢小屋~豆島~オングルカルベン~昭和基地

小屋出発の時点で昭和基地の気象から風が25m/sぐらい吹いて、雪が降るかも知れないという予報が出ました。
既に風はかなり吹いていたけど、視界は確保されていたので出発しました。
この判断は毎回難しい。
慎重に行くなら小屋にもう1泊でもおかしくないでしょう。

予報どおり昼ごろに風がさらに強くなり、地吹雪になりました。
隊長の指示で旅行中ずっとスノモで先行しパイロットしましたが、地吹雪のときは視線が高い雪上車のほうが視程がわりと利いてナビしやすいようです。
わしがルートを見つけるのにかなり苦労していたのに、雪上車に乗っていたメンバーはそれほど危険を感じなかったそうです。

強風時に発生する吊るし雲
e0064783_18514383.jpg

ルート脇にあったアザラシの穴を覗いていたら、アザラシがガバッと出てきて、双方びっくり。
背に腹はかえられず鼻だけ出して息してました。
e0064783_1852935.jpg

豆島のルッカリーでの出来事。
メンバーが見ていた巣から卵が転がり落ちました。
状況は分からないのですが、どうやら巣にいたオスが自分で突きだしたらしい。
ひょっとすると放棄された巣を乗っ取ったのかも。
卵が巣から転げ出るとオオトウゾクカモメが数羽寄ってきました。

センサスのメンバーの目の前、さっきのペンギンも威嚇したにも関わらず、1羽のトウガモが大きな卵をくちばしに銜えてさっと飛び去ってしまいました。
そのメンバーはショックを受けているようで気の毒になりました。

卵がなくなっても巣に石を運ぶ件のオス
e0064783_18524185.jpg

一時ヒヤッとした天候もそれ以上悪化せず、隣のオングルカルベンの調査を済ませ、昭和基地に4時半に無事帰還。
[PR]

by s_space_s | 2008-12-10 13:41 | 南極 | Comments(7)
2008年 11月 28日

ライギョダマシ釣れたど~!

11月26日、今日の当番は気象U隊員でしたが、わしも支援で参加。
夕食後スノーモービル2台でポイントまで行き、まずは穴のメンテナンス。
e0064783_23195842.jpg

その後、機械O隊員手作りのドラムリールに600mあるラインをセットして、せっせせっせと巻き上げる。
なんか前回より重いぞ・・・。
e0064783_23204126.jpg

20本出ている枝針の15本目で氷の穴からライギョがにゅーと顔を出した。
凄まじいファイトと言うにはほど遠いけどのた打つので、逃がしてはならじとエラに指を突っ込んで引きずり上げました。
e0064783_23211690.jpg

釣ったばかりはこんな顔でしたが、すぐに目から凍り始めました。
e0064783_23214530.jpg

毛布に包んで橇に載せ大事に基地に持ち帰りました。

仕掛けをチェックして餌を付け換え、再投入の作業中、我慢しきれなくなったのかアザラシが鼻を出しました。
死にそうな鼻息でした。プハァー!
e0064783_23223258.jpg

基地に着いても半分凍りながらまだ生きていました。
体長93cm、重さ8.8kgでした。
餌はかなり前に付けた魚の切り身。
イセエビ、アナゴ、アユ、ショウワギス、生イカなどもっとグルメな餌が付いている針もあるのに・・・。
e0064783_23231059.jpg

なにはともあれ、K漁協長お疲れさまでした。

漁協活動の記録
 9月 7日 オングル海峡ライギョポイントまで海氷上ルート工作
10月12日 海氷穴あけ。
10月15日 仕掛け投入失敗
10月22日 仕掛け投入成功
以後、週2回仕掛け監視と餌換え

翌日、調理のAシェフが捌いて鍋にしてくれました。
きれいな切り身になりました。
e0064783_23234469.jpg

刺身盛り合わせとアナゴの煮物付き。
ビールが美味い。
e0064783_23243659.jpg

魚、ネギ、白菜、春雨だけのシンプルな鍋。
e0064783_2325101.jpg

肝心の魚の味は甘味があっておいしいと思いました。
金目鯛みたいな感じと思っていただければ近いかも。
U隊員は気に入っていっぱい食べてました。
e0064783_23254185.jpg

けど、脂がこのとおりすごいので、隊員のなかでは評価はいまいちでした。
e0064783_2326914.jpg

脂を落とした焼き物がいいような気がしました。
[PR]

by s_space_s | 2008-11-28 23:26 | 釣り | Comments(10)
2008年 11月 28日

第1回ペンギンセンサス旅行(3~5日目)

続きです。
1、2日目

3日目 曇
スカルブスネスきざはし浜小屋~イットレホブデホルメン調査~ラングホブデ雪鳥沢小屋

イットレには2か所ルッカリーがあって、1か所は上陸地点からすぐ近くだけど100羽ぐらいと比較的数が多いところ。
もう1か所は、今年の状況ではいないかもしれないけど、かなり歩いて探さなければならないところです。
2班に分かれて調査をしました。
わしは当然歩くほう。U隊員、O観測主任も一緒です。
最初、少し見当違いの場所を探していましたが、海岸線に沿って、地図にマーキングがある場所まで来ても、ペンギンはもちろん、営巣できそうな場所さえありません。

諦めて帰ろうと思ったとき、振り返ると岩棚の上の白と黒の影が目に入りました。
e0064783_23243364.jpg

そこには3羽のペンギンと2個の巣がありました。
小石もほとんどない岩盤ですがちゃんと小石を集めて巣を作っていました。
2羽はペアで、もう1羽はオス。
三角関係ということはないでしょうから、シングルのオスは新しいメスが来るのを待っているのでしょう。
U隊員も言ってたけど、大きなルッカリーより、こういう寂しげなルッカリーが心に残ります。
マイナー志向なのかな?
e0064783_2325643.jpg

上陸地点に戻る途中で何か生き物に見える石を発見
e0064783_23253733.jpg

大きいほうのルッカリーも話を聞くと面白かったみたいです。
ペンギンが多いのに小石が少ないそのルッカリーでは、小石の奪い合いは日常茶飯事。
メンバーが小石を与えると、たくさんのペンギンが寄って来て自分の巣に運んだそうです。
小石を取りに来ても、強いペンギンが来ると、関心がないようなふりをして通り過ぎ、強いのがいなくなると戻ってきて石を持って行く面白い行動をするやつもいたそうです。

他人の巣から小石を失敬するちゃっかり者は他のルッカリーでもよく見ます。
氷のかけらを集めて巣にしているやつもいたそうです。
メスの関心を引くためでしょうか。そりゃ結婚詐欺だろー!

4日目 曇のち晴
ラングホブデ雪鳥沢小屋ベース、水くぐり浦、袋浦、ぬるめ池調査

水くぐり浦は大きなルッカリーで700羽以上のペンギンがいました。
全体を見渡せるところから、カウンターをかちゃかちゃと押して数えます。
少し目を離すと、どこまでがカウント済みなのかわからなくなってしまいます。
最終的には開き直って、目線の移動するスピードとカウンターを押すスピードをなんとなく同調させる感じで数えました。
他のメンバーもだいたいそんな感じだったと思いますが、答え合わせをしてみると、近い数字が出ていて面白かった。
e0064783_23284645.jpg

自然の厳しさ
e0064783_23292419.jpg

陸に近い海氷はすでに緩んで、シャーベット状になっていました。
はまらないよう要注意。
e0064783_2330763.jpg

水くぐり浦ルッカリー全景
e0064783_23304214.jpg

次は袋浦へ雪上車で移動しました。
ここは350羽ほど。

ここで、腕にタグを付けたペンギン発見。
右の大きいメスがそうです。
あとで、U隊員が確認したところによると、13年前に37次隊によって付けられたフリッパーバンドという標識なのだそうです。
ペンギンにしてはかなり長生き。
e0064783_23315475.jpg

この古女房の若い旦那は、隣の風采の上がらないオスの巣から、我が物顔で小石をとっては、かみさんにプレゼントしていました。
隣のオスは諦めきったようすで、わざわざ取りやすいように石を差し出したりして・・・。
e0064783_23325313.jpg

袋浦の調査を終了し、2kmほど離れたぬるめ池へ行きました。
海氷上を歩き湾を横断すれば早いのですが、岬にそって陸を歩いて行ったら、予想よりかなり厳しい地形でアップダウンも多くしんどかった。
途中、甲斐駒を思わせる白い岩のピークがあり、いい景色でした。
e0064783_23333091.jpg

1時間半ほどでぬるめ池に着きました。
ここにはペンギンが来た形跡はありませんでした。
e0064783_23341344.jpg

帰りは海の上を歩いて袋浦の雪上車に戻りました。
e0064783_23344629.jpg

雪鳥沢小屋はきざはし浜小屋よりかなり古くて小さい小屋です。
e0064783_23351659.jpg

夕方、近くのやつで沢の凍った滑滝でそうめん(正確には稲庭うどん)流しをしました。
最初は溝を掘ってお湯で流してみましたが、氷に穴があいてお湯がしみ込んでしまい、うどんがうまく流れません。
e0064783_23371170.jpg

今度は氷の表面を流してみました。
うどんがうまく流れて食べることができました。
「表面流し」とかおやじギャグ言ってるのは誰だ?
e0064783_2338021.jpg


5日目(最終日) 晴
ラングホブデ雪鳥沢小屋~シガーレン、ルンパ、まめ島調査~昭和基地

最終日、小屋を出た直後は大陸から吹き下ろすカタバ風が強く、スノモの橇が凧のようにスノモより先に流れていくので走りにくかった。
右手のどっしりした山がかんむり山。
左手のツインピークはAガイドと登る計画をしている二子山(通称おっぱい山)です。
e0064783_23403286.jpg

晴れた空にハムナ氷瀑(雪上車の右手奥)が映えて美しい景色です。
e0064783_2341424.jpg

シガーレンの新しいルッカリーは時間短縮のためHドクとわしだけでスノモでアプローチして確認しました。
11羽のペンギンが営巣するこじんまりしたきれいなルッカリーでした。
e0064783_23413684.jpg

次はこのあたりで最大のルッカリー、ルンパ。
島の中で3か所にルッカリーが分かれていて、これは一番小さなルンパB、約100羽。
数えているのは、今回の調査責任者Hドク。
南極温倶留診療所のドクター兼南極気象台勤務です。
e0064783_121285.jpg

ここがルンパC、約1600羽。
とてもカウンターでは数えきれないので、写真カウントでした。
例年だと3000羽ほど集まるそうです。
e0064783_125359.jpg

e0064783_13365.jpg

e0064783_142832.jpg

今回最後のルッカリー、まめ島、約460羽。
ここで、今回の旅行を通してペンギンの数を記録していた用紙の紛失に気がつきました。
ショックー!あの苦労はなんだったのか?落ち込みました。
時間が押してきていたので、気を取り直しさっと数えて引き揚げました
e0064783_14568.jpg

昭和基地には夕方5時過ぎに着き、片付けの途中で夕食の時間になってしまいました。

片付けしているときにⅠ隊員が橇の中にわしの記録用紙発見。
うれしかった~。
[PR]

by s_space_s | 2008-11-28 01:05 | 南極 | Comments(2)
2008年 11月 25日

Go climb an iceberg!

e0064783_13322774.jpg

[PR]

by s_space_s | 2008-11-25 13:32 | クライミング
2008年 11月 24日

第1回ペンギンセンサス旅行(1、2日目)

11月14日(金)から18日(火)まで、4泊5日でペンギン調査旅行に行ってきました。
天候とメンバーに恵まれ、大変楽しい旅行になりました。
7人のメンバーで雪上車が3台(2名ずつ)。
わしはアイスパイロットという感じで旅行中ずっとスノーモービルで先行し、ルートナビ、危険個所のチェックをしました。

ペンギンの数は例年より少なめでしたが、予定した全ての集団営巣地(ルッカリー)を周り、調査することができました。
調査のメインは個体数を数えることですが、ペンギンの営巣地での生活を観察するのは面白くてペンギンがより身近に感じました。
ルッカリーの環境によってペンギンンの様子も違いました。
今の時期では、巣を作るための小石の量が重要なファクターになっているように感じました。
雛が孵って、親が雛に与えるために餌を捕るようになると、今度は海氷の開き具合が問題になってくるのでしょう。

細かい報告は省略して、何枚か撮った写真をみていただこうと思います。

1日目 曇のち晴
昭和基地~スカルブスネスきざはし浜小屋、すりばち池調査

スカルブスネスまでの中間地点、ラングの長頭山
e0064783_2349624.jpg

スカルブスネスきざはし浜の湾に入ってきたところ。
正面左に夏に登ったすりばち山が見える。
e0064783_2349402.jpg

夕方小屋に着いて、夕食後すりばち池のルッカリー調査に出かけた。
丘の向こうに夕陽に照らされたシェッゲの岩壁が。
e0064783_2350224.jpg

すりばち池は正面のすりばち山の左手の麓にある。
途中の峠の岩場にユキドリの団地があった。
気温はマイナス6度ぐらいでそれほど低くなかったが、風があったので寒かった。
e0064783_23502578.jpg

全面結氷したすりばち池にペンギンの姿はなかった。
夏に見たアザラシのミイラも発見できず。
e0064783_23505042.jpg

池の上を歩いてみた。
e0064783_23511425.jpg


2日目 晴
きざはし浜小屋~ネッケルホルマネ、ルート工作・調査、鳥の巣湾調査、シェッゲ登山

今日は2班に分かれて行動。
わしらはスカルブスネス北西沖にあるネッケルホルマネ島へルート工作しながら調査に行った。
もう1班は小屋から歩いて1時間ほどの鳥の巣湾にあるルッカリーの調査。
このルッカリーは100羽ほどいるのだが、昨年生き残った雛は7羽以下だった。
100羽の成鳥がいれば巣は40はできるだろう。
それで7羽しか生き残れないとは、厳しい世界だ。

シェッゲの南壁を横目で見ながら、調査へ向かう。
e0064783_04810100.jpg

ネッケルホルマネには130羽ほどのペンギンがいた。
向こうに見えるは、またシェッゲ。
e0064783_0485097.jpg

なんで、こんなに気になるのかというと、午後登山する予定だったから。
シェッゲ北面は傾斜は緩いが、ハーフドームのスネークダイク(登ったことないが)を彷彿とさせる大スラブ。
e0064783_0525647.jpg

少し登ると氷山を上から見下ろすようになる。
海氷上にゴマ粒のような雪上車とルートが見える。右のほう。
e0064783_0534366.jpg

中間部のちょっと急な核心部。
長靴の抜群のフリクションで問題ない。
下りのことを考えて、ルートを確認しながら登る。
e0064783_0545414.jpg

シェッゲ頂上。後方にすりばち山。
ユキドリが飛び回っていた。
e0064783_122522.jpg

登り1時間半、下り1時間弱のちょっとした登山だったが、このピークには是非立ってみたかったので大満足で小屋へ帰る。

きざはし浜小屋は快適な小屋。
みんなかなりご機嫌のよう。
e0064783_105737.jpg

今回は月桂冠を持ってきた。
e0064783_121488.jpg


3~5日目に続く
[PR]

by s_space_s | 2008-11-24 23:24 | 南極 | Comments(3)
2008年 11月 14日

明日からペンギンセンサス

11月14日(金)から18日(火)の予定で、南方のスカルブスネスからルンパ方面へ周遊してほとんどのペンギンルッカリーを調査する旅行に出ます。
しばらく昭和基地を留守にします。
メンバーは私を含め7名の大所帯です。

今年は定着氷の氷厚が厚いらしく、現在のところペンギンの移動が少なめのようです。
ペンギンセンサスの様子については、またご報告します。

明日から天気が崩れそうな予報が出ていますが、リーダーとして無理せず、安全第一で調査をしてきます。
[PR]

by s_space_s | 2008-11-14 01:38 | 南極 | Comments(0)
2008年 11月 11日

冬に逆戻り

晴天が続き除雪も急ピッチで進んで、地面も見え始めていた昭和基地周辺でしたが、8日、9日にかけて襲来した最大瞬間風速42m/sを超えるブリが運んできた雪で、一気に元の冬景色に戻ってしまいました。
3日ほどかかって重機で除雪したところが、元通りになっているのを見て力が抜けました。

除雪チームのリーダー、Iチーフや強力メンバーG隊員、F隊員、K師匠らがS16の作業で不在なので、隊長も作業に加わり基地に残ったメンバーで一から除雪をやり直し始めました。
次のブリがまた来そうな気配があるのでしばらく様子を見る手もあるのですが、ダメもとで出来るときにやっておかないと、除雪がどんどん遅れ50次隊の受け入れにも支障が出てくるのです。

テレマーカーとしては嬉しい雪も設営隊員としては恨めしい雪です。
[PR]

by s_space_s | 2008-11-11 18:32 | 南極 | Comments(0)
2008年 11月 10日

当直のお仕事

越冬隊では隊長と調理担当を除いて月に1回(たまに2回)当直がまわってくる。

11月6日(木)に当たったので、どんなことをやるのか主な仕事を書いてみたい。
考えてみれば、当直をやるのもあと2、3回。
いつも手抜きをしているわけではないけれども、感慨深いものがあり、少し丁寧に掃除などしてみた。

まず6時に起きて、6時半から当直に入る。
通常だと、シェフが朝食を作ってくれるので、バイキングの皿を並べたり、飲み物を準備したりといった感じで、シェフの補助をする。
この日はAシェフが観測旅行中だったので、Kシェフが前の晩に準備してくれた料理などを当直だけで出すかたちだった。
自分自身は昨夜、飲み過ぎ食べすぎで朝飯はあまり食えなかった。

朝食後は食器洗いと料理などの片づけ。
食堂の掃除機かけ、モップかけ。

曜日によって掃除箇所は変わり、木曜日は2階のトイレ掃除。
ここは小便器1個だけなので楽。

毎日あって時間がかかるのが風呂掃除と大きいほうのトイレ掃除。
風呂掃除はまず、すのこをブラシで洗い通路に出して干す。
乾きが悪いと木が腐ってくるので、夕方4時までしっかり乾かす。
e0064783_2313436.jpg

すのこを外した風呂
e0064783_2324561.jpg

構造上、水はけが悪いのでゴムの水切りと「水切りヘルパー」を使って水を流す。
e0064783_2343623.jpg

トイレ掃除では大のほうでショットガン使用者が多かったらしく、点々が落としずらかった。
こんな張り紙もしてあるのだが・・・
e0064783_2381364.jpg

これを飲んだら尿道結石が治る・・・わけない。
e0064783_2394831.jpg

ここまで終わって10時過ぎ、ちょっと休憩して、11時前からまた厨房入り。
e0064783_2413463.jpg

Kシェフが手際よく調理する料理を配膳したり調理器具などを洗うのが主な仕事。
e0064783_2443237.jpg

今日の昼食は、チキンソテーのキノコソースかけ、ソーセージとロールキャベツ、漬物、オニオンスープだった。
e0064783_245463.jpg

e0064783_2462317.jpg

昼食後、有志の隊員数名に手伝ってもらい皿洗い。
厨房片付け、ゴミ出しで一段落。

この日は野菜栽培装置の当番も当たっていたので、栽培装置のフィルター清掃、液体肥料作り、レタスの定植、霧吹きなどをやる。
クリスマス用にイチゴの種が播いてあった。楽しみ。

4時に風呂を復旧。
5時前から厨房入り。
厨房で手伝いながら、Kシェフ特製の塩辛をつまみに泡の出る飲み物を何本か飲みながら仕事をする。これが毎回楽しみ。

通常は夕食後にミーティングを行うのだが、鍋の日は食事をゆっくり楽しむために?夕食前にミーティングを済ます。
当直はその司会をする。
中身は連絡事項、隊長のお話、明日の気象情報など。

今日はキムチ鍋。メインの鍋の写真を撮るのを忘れたので、しめの雑炊で御勘弁を。
e0064783_2552253.jpg

日本酒(八海山、菊水無冠帝)も出て(というか当直が好きなの持ってくる)また飲み過ぎてしまった。

夕食後、居住棟輪番制の皿洗い当番数名と皿洗い。
ゴミ出し、ふきん・台拭きの洗濯・漂白、厨房の掃除機かけ、床の水拭き。
その後生ゴミなどを少し離れた焼却炉棟へ運ぶ仕事があるのだが、Aガイドが何かのついでに持って行ってくれて感謝感謝。

これで業務終了。
9時からのバーに寄って、また一杯・・・
e0064783_364254.jpg

[PR]

by s_space_s | 2008-11-10 03:07 | 南極 | Comments(0)