人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅行 ( 58 ) タグの人気記事


2007年 04月 20日

身体検査の再検査

4月17日、18日で東京に再検査に行ってきた。
時間があったので10kmほど離れた岐阜駅まで自転車で出て、JRで名古屋へ。
名古屋から新幹線で東京。最近は新幹線も早くなって、東京まであっという間である。
それでも、いま読んでいる「トム・ソーヤーの冒険」がかなり進んだ。

More

by s_space_s | 2007-04-20 13:16 | 南極 | Comments(2)
2006年 11月 06日

京都の峰定寺

京都に下宿している坊主の様子をみがてら、京都の北へ車で1時間あまりの山奥、大悲山麓の峰定寺(ぶじょうじ)に行ってきました。

このお寺は平安時代後期に創建された修験者の修行のためのお寺で、本尊の千手観音の祀ってあった本堂は崖の中腹に建てられ、清水寺の造りとよく似ています。(清水寺はこの寺を模して造られたのであたりまえの話ですが。)

管理人のおばちゃんの話によると、建立当時は道もつけられておらず、修行僧(修験者)は崖を這い登って本堂で修行を積んだそうです。今でも裏手のチャートの脆そうな断崖には鎖がぶら下がっていたりします。

説明を聞いた後、持ち物はカメラも含め全て預け、貴重品だけを借りた紫のズタ袋に入れ、金剛杖を突いて、四百段あまりの石段を登ります。これも修行の一つということで、大きな声などを発することは禁じられています。子供の入山も禁止です。
柱は見た感じ太く丈夫そうですが、あまり補修などは行われておらず、塗りも剥げ、かなり老朽化が進んでいるようでした。
この寺とおばちゃんに関する興味深い話

本尊である千手観音は現在は山門横の保管所に移されていて、年に2回のみ、3日間ずつ開帳されています。今日が秋のご開帳の最終日で、美しい千手観音様を拝顔することができました。平安後期の作で切金細工が素晴らしく、大変美人の観音様です。日本の代表的な千手観音の一つに数えられるだけあります。案内のおじちゃん(おばちゃんとはご夫婦でないらしい)も話し好きな人で、わしら家族貸切で丁寧に説明していただきました。

この寺はマスコミを一切入れず、団体の見学も受け付けていないので、訪れる観光客も少なく、静かな山寺の雰囲気を味わうことができました。

あまり良く調べずに行ったので、寺の東にある天然記念物の三本杉があることを知らず、見逃したのは残念でした。まあ、山門脇の高野槙の大木と本堂脇の大杉が見れただけでもよかっです。

by s_space_s | 2006-11-06 19:34 | 日常 | Comments(0)
2006年 04月 02日

東京へ

娘が東京の大学へ行くことになったので,荷物を積んで車で東京へ向かった。

More

by s_space_s | 2006-04-02 11:39 | 日常 | Comments(2)
2006年 03月 09日

塩屋崎灯台

おいら岬の灯台守は
妻と二人で沖ゆく舟の
無事を祈って灯をかざす
灯をかざす

More

by s_space_s | 2006-03-09 13:02 | 日常 | Comments(0)
2006年 01月 19日

優れもの

小樽で散策をしたときに,北一硝子で垂れない醤油さしなるものを購入した。

More

by s_space_s | 2006-01-19 12:57 | 日常 | Comments(0)
2006年 01月 11日

ニセコはパウダー天国

ニセコ東山のリミテッドを中心にパウダーを楽しんできました。

More

by s_space_s | 2006-01-11 13:04 | テレマーク | Comments(0)
2005年 11月 22日

養老の滝の焼き団子

日曜日に養老の滝へ紅葉狩りに行きました。

More

by s_space_s | 2005-11-22 13:02 | 日常 | Comments(4)
2005年 10月 12日

谷汲山自転車旅行備忘録

平成17年10月10日(月)
メンバー: わし,下の坊主
谷汲山自転車旅行備忘録_e0064783_15111131.jpgけった: ポデローザ3号,4号(いずれもマウンテンバイクもどき)
天 候: 晴れのち曇り,夕方雨
行 程: 約70km
  岐阜発8:30 安食10:00 鹿穴峠11:00 谷汲山華厳寺12:00 同発13:00 岐阜着15:50

つづき

by s_space_s | 2005-10-12 17:31 | 自転車 | Comments(0)