blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日常 ( 210 ) タグの人気記事


2018年 04月 11日

人生最良の日



e0064783_09332592.jpg



若い二人にはもっと素晴らしい日々があるに違いない





[PR]

by s_space_s | 2018-04-11 12:03 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2018年 02月 07日

スキーには行きたいけれど・・・

休日出勤の振り替えで今日はお休みでした。
朝、かみさんがコーヒーメーカーに水を入れようとしたら、ヤカンの水が氷っていたそうです。
寝てる部屋のなかが氷点下になるなんてこと初めてです。
昔、ビバークして耳が凍傷になったことがありました。
そのとき帰りに飯を食わせてもらった旅館の氷った味噌汁のことを思い出しました。

新しい板にも乗りたいけど、土日はガイドで時間がない。
貴重な休日、腰をすえて道具の修理などすることにしました。
まずは、ビブラムソールが剥がれたブーツの修理。
サンドペーパーで接着面をザラザラにしてから、アルコールできれいにして、セメダインスーパーXで接着しました。

e0064783_19102520.jpg
これだけでは不安なのでステンレスのネジ釘を6本打ちました。
ここで失敗。
使ったネジ釘が長すぎて靴の中に出て来てしまいました。
ニッパで切ってみたり、ヤスリですってみたりしましたが、靴の中なので上手くいきません。
インナーを入れて履いてみると気にならないので、とりあえずそのままに。
e0064783_19102607.jpg
これで、どれだけ寿命が延びるのかは?
多分、こういう手作業が好きなんだと思います。

昼は、ばあちゃんとこでもらった鯖寿司とかけ蕎麦

1年半前に購入した外車が短期間のうちに2回パンクしました。
職場から帰宅時、駐輪場でタイヤがパンクしてるときほど途方に暮れることは、そうありません。
家まで15㎞ほどあって押して帰るわけにもいかず。
バスで岐阜駅まで出ると1時間半ほどかかるし、どうしても飲み屋に寄ってしまい、もっと遅くなるのが常。
昔はパンク修理道具をバックに入れてましたが、今は小型のインフレ―ターのみです。
幸い、キンキンに空気を入れたら、なんとか家まで走れました。

後ろタイヤなので1回目はチューブだけ出して修理しました。
もうタイヤ自体が薄くなっていて、ガラスなどが刺さるとすぐチューブまで傷つくようになったので、後輪を外して根本治療することにしました。

e0064783_19102668.jpg
昨日、仕事帰りにホームセンターでタイヤを買いました。
今朝、離れの玄関に別の新品タイヤが置いてあるのにびっくり。
以前に買ったことを完全に忘れてました。

新しいタイヤは厚みが1cm弱もあるパンクに強いやつです。
ちょっと重いけど、通勤途中でパンクするよりまし。

次は、チェーンが切れかかっていた、マウンテンバイクもどきのポデローザ3号
チェーンの駒を2個外して繋ぎ直しました。
久しぶりに乗って、買い物に行きました。
まだまだ乗れそうです。
春になったら、白山東面台地にでも行ってみたい。

100円ショップでペットボトル用のカバーを買ってきて、テルモㇲ用のカバーも作りました。
これも、どれだけ保温効果があるのか・・・?

スキーには行けなかったけど、なんとなく充実した休日でした。




[PR]

by s_space_s | 2018-02-07 21:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 19日

坐骨神経痛?だけど初乗りしたい

今週の金曜日の昼にジョギングをしていたら、左のお尻が痛くなった。
急激な運動をしたわけでもないので、肉離れではなさそう。
どうも、神経的なもののような気がする。
一時は椅子に座っているだけでも痛くなってくるし、自転車に乗っても痛かった。
大人しくしていたら、週末になってやっと痛みが治まってきた。
ほんとうは病院で診てもらったほうがいいのかもね。

今シーズン、奮発してNTNのスキーを新調した。
家の事情もあって、まだ乗れてないけど、日曜日に野伏に行く話がある。
けつの様子を見ながら試運転したい。

ちなみに、スペックは、
板:ZAG UBAC-95 174cm
金具:ロッテフェラー フリーダム
靴:クリスピ シバーNTN
シール:G3 スカラスキンTL

金具の取付、ブーツの熱成型、シールのカットは自分でやった。
UBACのコアは代理店の方が言ってみえたとおり、すごく柔らかく、補強のシートがなかったら、不安になるほどだ。
その分、軽いのだけど。

フリーダムは非常に使い勝手がよさそう。

ブーツはオーブンで焼く方法と熱風でやる方法が取説にあったので、布団乾燥機を使ってみた。
推奨の温度55度~65度より若干低いので、加熱時間をのばしてやってみたら、それなりに成型できた。
ついでに、古いスカルパも成型しなおしてみた。

3月なみの気温で腐れ雪が予想されるが、楽しみである。




[PR]

by s_space_s | 2018-01-19 18:03 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 25日

今年もあとわずか

土曜日、足慣らしに乗鞍のツアーコースに行ってきました。
昨年の暮れに比べると雪は若干多く、登り口の狭い急斜面もスキーで登下降するのに支障ありませんでした。
平湯周辺は思ったより積雪が少なく、第三尾根もヤブヤブに見えました。
大日ヶ岳周辺のほうが状況が良いようです。

金曜日の夜ぐらいから、スキーの疲れが出たのか、筋肉痛だけでなくて、ぎっくり腰気味になってしまいました。
なので、ツアーコースぐらいで丁度よかったのですが、歩くのも結構しんどかったです。
位ヶ原に出るころには地吹雪となり視界悪く、2500mあたりで引き返しました。
e0064783_16145860.jpg
e0064783_16153930.jpg
e0064783_16153921.jpg
ツアーコースはまあまあ気持ちよかったけど、脚と腰がもたず、イシハラさんに待ってもらうことが多かった。

1時ごろ駐車場に戻り、下道で帰りました。
イシハラさんの新車(レガシー)はやっぱ乗り心地いいわ。
いろんなハイテクに感心しました。

日曜日は腰ベルトをして、家の用事を片付けました。
タイヤ交換、窓ガラス拭き、畑のポール立て、堆肥の埋め戻し、年賀状印刷 等々
たまにしか家にいないので、やることが溜まっています。
腰が痛いわりに捗りました。

年末はなんとなく恒例になりつつある飛騨沢です。
皆さん、よいお年をお迎えください。




[PR]

by s_space_s | 2017-12-25 17:50 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 26日

今週の自転車通勤

10月23日 月曜日
台風一過の強風がふきまくり、おまけにほぼ向かい風のため、出勤時は平地でも立ち漕ぎ。
帰りは、台風の風はおさまっていたが、追い風で鼻歌気分で帰る。
鼻歌の最近のお気に入りは、Bruce Springsteenの"Atlantic City"

♪ Everything dies baby that's a fact
But maybe everything that dies someday comes back ~ ♬

ハープを久しぶりに吹きたくなり、埃だらけのDハープを箱から出して”Nebraska”など出勤前に吹いてみたり。

10月24日 火曜日
帰りに日野の舟伏山の麓の道を走っていると、山側の暗い空き地に巨大な動物の影が!
道のすぐ脇だったので、一瞬どうすればいいのかわからず、そのまま走り過ぎる。
振り返ってみると、大きなイノシシだった。
空き地の奥には5~6匹のご家族も。
通勤途中では、キツネ、タヌキ、イタチ、ニホンリス、ヌートリアは見たことあるがイノシシは初めてで、びっくりした。
むこうもびっくりしたみたい。

考えてみれば、イノシシによる食害が問題になっている金華山と道1本しか隔たっていない舟伏山にイノシシが住んでいるのは不思議ではない。

10月25日 水曜日
日野のトンネルの手前の信号機で自転車通学の高校生と一緒になった。
日野から岩田に抜けるこのトンネルは1kmあって、若干登りになる。
いつもは特区間として心拍数を上げてから、あとは家まで気持ちよく流すことにしている。

高校生と競争してもしかたがないので、信号が青になって、ゆっくり走り出した。
すると高校生がいきなりダッシュして、トンネル手前の坂を立ち漕ぎで走り出した。
かなり引き離されてしまったけど、後姿を見ていたら無性に追いかけたくなってしまった。
気が付くといつもの特区間モードに。
「ふっふっふっ、いつまでも立ち漕ぎできるわけでもあるまい・・・」
とか思いながら追いかけるが、敵もサルもの(ひっかくもの)。
出口直前でかわされた。

それにしても、高校生諸君がみんなサドルを一杯まで下げて乗っているのは、何故だろう。
たぶんトレーニングのために負荷をかけてるんだな。

10月26日 木曜日
今朝、はじめて吐く息が白くなった。

新車を購入して1年3月になるが、まだよく走る。
中国製恐るべし。
そろそろ後ろタイヤは替え時だ。





[PR]

by s_space_s | 2017-10-26 17:44 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 29日

刈安ヤナに行ってきました。

昔からやっている美並の刈安ヤナに行ってきました。
3時まで営業のところを、4時にご無理を言ってお願いしたので、申し訳なかったけど静かな長良川の秋を楽しめました。

彼岸花が満開
e0064783_20500700.jpg
うちのじいちゃんは鮎釣りが好きで、このあたりでも竿を出していたそうです。
ヤナの先代のご主人も知っていると言っていました。
わしにも鮎釣りをやって欲しそうだったけど、若いころは金もないし山に夢中で手を出しませんでした。
仕事も趣味も生き方も、親の期待に全然応えない息子です。
e0064783_20500024.jpg
水量は多いけど、落ちるタイミングではないようです。
e0064783_20500749.jpg
婚姻色が出て、あぶらびれがなかったらウグイみたい
e0064783_20501250.jpg
塩焼き、田楽、甘露煮、フライ。
川を見ながら食べると味も違います。

土曜日にはたくさん落ちたらしい。
甘露煮にしたものを2パック買ってきて楽しんでいます。




[PR]

by s_space_s | 2017-09-29 17:55 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 04日

鎌の柄を直す

かみさんが、柄が腐って折れてしまった鎌をまだ使いたいというので、柄を取り換えました。
e0064783_17064722.jpg
材料は、要らなくなって薪にしようとしていたスリコギ。
クギも合うものがなかったので、古釘を切って作りました。
穴を合わせるのが難しかった。

日曜の午後、ビールを飲みながら、良い仕事ができました。





[PR]

by s_space_s | 2017-09-04 12:25 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2017年 08月 23日

雷雨

たまたま会議が長引いて、職場を出る時間が1時間ほど遅くなった。
少し前までゴロゴロと空が鳴っていたので、すこし心配。
外に出てみると雷雲がちょうど東に抜けたところだった。
金華山の向こうではいくつも雷が落ちている。
なかには下から上に広がるような雷もあって、その下にいなくてラッキーと思った。

伊自良川の堤防に上がって携帯のカメラで写真を撮ってみた。
うまくタイミングつかめず。
e0064783_09040478.jpg
あんまり早く走ると雷に追いついてしまわないかとゆっくり目に走る。
それも余計な心配で雷雲はどんどん東の山の向こうに消えていった。
あとはまだ星も出ていない夜空。
日が短くなったなあ。



[PR]

by s_space_s | 2017-08-23 12:46 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 22日

今日一日の怠慢をあした取り戻すことはできない

27歳ごろの手帳を整理していたら、2月のページにこんな格言?が大きくメモしてあった。
そのころは子供が1歳になったばかりにもかかわらず、年間80日以上山に入っていた。
今は、やりたくないときはやらないほうがいいと思うのだが。



ちなみに、昨年の山行日数を数えてみたら、93日もあった。
ほとんど取材とガイドなので、登山で充実したというより「忙しかった~!」という感じ。




[PR]

by s_space_s | 2017-08-22 08:22 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 14日

岐阜東バイパスの舟伏山トンネルの勾配を測ってみた

千鳥橋下の遊歩道が通行止めになってから、日野に出るのに岐阜東バイパスの舟伏山トンネルを利用している。
このトンネルは西口(日野側)のほうが低くなっていて、通勤の帰りに東口(岩田側)に向かって自転車で走っていると、非常にえらい(岐阜弁で厳しいの意)。
このトンネルは1001mあり、あと200mぐらいになると乳酸がたまってくる感じがする。
見た目にはほとんど勾配があるようには見えないので実際にどのぐらい登っているのか知りたくなった。

まず、ヤマレコの地図機能で標高差を表示してみると22mの標高差があった。
国土地理院の地図データでも主曲線2本分ほどの差が読み取れる。
一般的な建築なら1階あたりの高さは3.5mほどなので、6階建の屋上まで登っていることになる。
e0064783_17484577.jpg
この数字が感覚的に信じられなかったので、デジタル表示の高度計で実測してみることにした。
通勤帰りにまず西口で20mに補正して2分ほど変化がないのを確かめてスタート。
気圧による計測なので通行車両の風圧などによってブレはあるも、高度はどんどん上がっていく。
中間地点で27m。東口では34mの表示となった。

正確な計測とは言えないけど、それでも4階建ての建物の屋上に上がるぐらいの標高差は示された。
この1.5/100ほどの勾配は見た目にはそれだけ登っているようには見えないのに体感的にははっきり判る不思議な比率だと思った。
トンネルの構造としては流れ込んだ雨水などがちゃんと流れて排出されるための計算された勾配なのであろう。

理(ことわり)によって流れ候・・・





[PR]

by s_space_s | 2017-07-14 20:07 | 自転車 | Trackback | Comments(0)