blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:沢登り ( 90 ) タグの人気記事


2018年 08月 19日

山抜け

続・百山百渓の100番目に紹介されているのが、板取の滝波谷である。
わしもこの記録を参考に1992年5月に谷を遡行し滝波山を登った。
源流は、いわゆる癒し系の自然の残る谷であり、山頂までヤブ漕ぎなしで突き上げていた。

この谷が7月の豪雨で完全に土砂で埋まってしまった。
大滝の落ち口には今も白濁した水が流れ込んでいる。
e0064783_19013691.jpg
谷は土砂で埋まり、溜まっている砂や泥もまだ固まってなくて、泥沼のようである。

e0064783_19012927.jpg
支流には自然の堰止湖が出来ていたりする。
規模は小さいので、本流の土砂の流出とともに消失すると思われる。
e0064783_19012470.jpg
泥のゴルジュを遡行してみる。
何時崩れてくるかわからないのでひやひやものである。
e0064783_19011568.jpg

何本も大木がなぎ倒されている。
この大トチも倒れるのは時間の問題だろう。
写真では分からないが、幹のかなり高いところまで泥が付いていて、川床から10m以上の水位があったことが分かる。
e0064783_19011034.jpg
下の写真は林野庁のヘリ調査の画像である。
左にあるのは林道延長によって行われた伐採・植林斜面で、今回の山腹崩壊は人為的なものではなかったようだ。
この谷の回復に、どれほどの年月がかかるのか想像もつかない。


e0064783_19010243.jpg
滝波谷沿いに上穴馬村に抜ける山道があって、滝波山の東の白木峠を越えていた。
今回大滝右岸に、部分的に抜けているが、明瞭な道が残っているのが確認できた。

延々と続く泥ゴルジュに、滝波山は諦めざるをえなかった。
林道に上がり車まで戻った。
いつもは澄んでいる板取川本流が、雨も降っていないのに白濁し続けているのを見ながら車を走らせた。



[PR]

by s_space_s | 2018-08-19 20:06 | 自然 | Comments(0)
2018年 08月 17日

横谷〜大ダワ〜バイクランド右岸支流

【山域】奥美濃
【場所】坂内 大ダワ1067.5m
【日時】2018年8月15日(水)
【コース】坂内バイクランド~横谷~大ダワ~バイクランド右岸支流~バイクランド
【メンバー】ヤマダさん(日本山岳会岐阜支部)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇り
【タイム】バイクランド8:30 大ダワ12:50~13:10 バイクランド15:00

ルート図(クリックしてね)
e0064783_20584053.jpg
ほんとうは、そろそろフリーをやろうと思っていたのです。
けど、天気がすっきりしないので、ヤマダさんと相談してお手頃な沢へ行くことにしました。
この沢の源流はtsutomuさんやmasaさんの記録で癒し系のいいところらしい。

昨年2月に大ダワの北面を滑っていて、その素晴らしい斜面がちょうど横谷の源頭でした。
登っていて気が付きました。
季節を変えて、また行ってみたいところです。


坂内川は干上がって水溜りになってました。
奥にあるのが横谷出合いの堰堤。
e0064783_20594441.jpg
最初は藪沢の感じでしたが、そのうち小滝がぽんぽんと出てきて、気持ちがいい。
e0064783_20592643.jpg
6m滝は右壁を登ってみました。

e0064783_21002672.jpg
沢がクランク状に曲がった先に滝が現れる。
e0064783_20592707.jpg
なんとなく登れそうなので、ラインを読んでいると、ヤマダさんが取り付いて・・・。
ハイステップで足を切るというジム的なムーブで登ってしまいました~。
わしにはあんなムーブ無理!
ロープを出してもらい、クラシックなムーブでフォローしました。

e0064783_21000064.jpg
この滝の上は、サワグルミの多い平流で、まさしく癒し渓。
左右の斜面はトチやブナの自然林です。
横谷通して植林は見かけませんでした。

H870mの二俣は、先のお二人は右をとっています。
が、左俣のほうが水量が多いし、10m滝が美味しそう。
三角点を狙うにもほとんど遠回りでないので、歓声を上げてシャワークライムしました。
e0064783_21005922.jpg
Goood!
e0064783_20593592.jpg
源頭の最初の一滴は湧水でした。
e0064783_20593558.jpg
右の中間尾根に乗ってから、コンパス直進で三角点を狙いました。
三角点で収束するので、ときどきコールでお互い位置を確認しながら、それぞれのタクティクスで前進します。
わしはピンポイント狙い、ヤマダさんは左エイミングオフ
地形的には後者が確実だと思いますが、現実は南のエッジに出てから西に進むラインが激藪で、結果的にわしのほうが少し早く着きました。

道標もマーキングもない三角点
e0064783_20593510.jpg
ツノハシバミの実がなっていました。
e0064783_20592766.jpg
下降は最短ルートで、バイクランドに降りている沢としました。
コンパス直進で大ダワの石灰岩大地を横切ります。
地図に表れない大きなドリーネが複数出てきて、惑わされました。

下降に入ってからは恐ろしい急傾斜。
シカの食害が進んでブッシュがなくなったら、とても降りれないところです。
夏毛のノウサギをみました。
アオバトが遠くでオカリナを吹いています。
e0064783_20594494.jpg
古い石組み堰堤がいくつもありました。
一か所、滝場もありました。
地形図にある堰堤に出て、やっと一息。
e0064783_20594430.jpg
バイクランド手前の尾根に見覚えのある十字架
e0064783_21000083.jpg
坂内の道の駅で食べたソフトクリームがバカうま。




[PR]

by s_space_s | 2018-08-17 17:18 | 山登り | Comments(3)
2018年 08月 14日

夏休み源流男キャンプ(北アルプス)

毎年、恒例の源流キャンプですが、いつものメンバーのコザエモンさん、イシハラさんの都合が合いませんでした。
今回は初めて、岐阜登高会のK先生と2人で行ってきました。
北アルプスの山越えした谷の支流です。

林道の入口に着いたら結構雨が降っていて、少しテンション下がり気味。
午後には上がるだろうという楽観的な予測でカッパも着ず歩き始めました。
林道は予定より手前で廃道化していて沢を詰めました。

尾根に上がると、トウヒ、シラビソの原生林でいい感じ。
e0064783_13230548.jpg
下降した沢は、地形図から予想していたのとは違い、ナメが非常に発達した沢で、驚きました。

e0064783_13240951.jpg
上部は凝灰岩や砂岩、下部は礫岩の珍しいナメ滝が連続して、本流まで楽しく下りました。
K先生は世界を股にかける地学の研究者。
面白いものがあるたびに解説していただきました。
e0064783_13175931.jpg
ほぼ、ナメ床とナメ滝の連続と言っても大げさではない。
e0064783_13230542.jpg
中流の魚止滝。お釜には大きな魚影が。
e0064783_13261686.jpg
花崗岩などの詰まった礫岩の滝は、ホールド豊富
e0064783_13121287.jpg
お昼に本流に着き、テンカラを振ってみました。
ノーヒット。


e0064783_13121238.jpg
手取層の植物化石
e0064783_13264737.jpg
目的の沢の出合から竿を出して登りました。

e0064783_13273031.jpg
すぐに様子がおかしいのに気が付きました。
この時期、開きだしに定位するはずの魚影が見られず、たまに岩陰からアタックしてくるイワナの出方がアマゴみたいです。
これを誘い出して、かつ、フッキングするのは少し難しかったかも。

e0064783_13274304.jpg
掛かる岩魚は良い型です。

e0064783_13270134.jpg
中流部まで来て、謎が解けました。
こうなったら、竿を畳んでキャンプ地を探したほうがいい。
少し登ると、山側がなだらかな砂地のあるいいとこを見つけました。

K先生はもう少し釣りたいということで、わしはウイスキーをやりながら、ぼちぼちキャンプの準備にかかります。
暫くしてK先生が良い型のイワナを2匹追加して下ってきました。
本日の釣果は十分すぎる8匹。

フィールドで焚火をしたいので世界の山へ地質調査に入るという先生の、年季の入ったひょっとこ姿。
北極圏から南極圏までいってみえます。
南極観測隊の大先輩でもあります。

e0064783_13254403.jpg
カワネズミがちょろちょろ歩き回っていました。
すぐ上流をカモシカが渡っていきました。
塩焼きがいい感じになってきました。
e0064783_13252669.jpg
本日のお品書き
岩魚の塩焼き、ムニエル、刺身、胃袋のオリーブ焼き、焼きなす、茹でオクラ、オクラのホイル焼き、茹でフランクフルト、ばくだん、飯盒の飯・・・
ビール、ウイスキー、ウオッカ
e0064783_13241082.jpg
キャンプの朝
e0064783_13183310.jpg
茄子と玉ねぎと岩魚の味噌汁、おこげご飯を入れて食べたら美味かった。

e0064783_13184695.jpg
予想どおり、岩魚も少しリセットされ、食いが良い。

e0064783_13121132.jpg
どんどん、魚籠が重くなっていく。

e0064783_13121143.jpg
ポイントが小さくなってきたところで納竿

e0064783_13172455.jpg
岩魚のアパート「みずなら荘」健在

e0064783_13121275.jpg
また、山越えして戻ります。

e0064783_13121200.jpg

心配なのが、せっかく持って帰ったイワナの鮮度。
K先生が急がれるので、付いて行くのが大変でした。
水流があるたびに冷やして車まで戻りました。

e0064783_13180510.jpg
最後に、地図も見ないで沢を下っていて、駐車した所より下りすぎ、タイムロス。
クーラーボックスに谷の水を満タンにして、岩魚を入れて帰路につきました。
東海北陸が2か所で事故渋滞、下道も土砂降りの雷雨で焦りましたが、家まで持ちました。


K先生から送っていただいた写真。岩魚がでかくない?

e0064783_13121101.jpg
何度でも行きたいところです。



[PR]

by s_space_s | 2018-08-14 15:11 | 釣り | Comments(0)
2018年 07月 30日

山越えしてアマゴの谷へ

コザエモンさんとの源流キャンプが中止になったけど、土曜日なら、まだ台風の影響がなさそう。
前から行ってみたかった、郡上の谷へ行ってきました。
この谷は、本谷の出合いまで行く道がないので、稜線から藪尾根を下降して中流部へ降りました。

尾根が複雑で予定の尾根を1本外してしまいました。
途中で気づいてリカバリーできたので、予定の地点には降りれました。
けど悔しい。

降りてみたら案外滝が多くて、中流部はドキドキものでした。
e0064783_06150393.jpg
予想どおりアマゴの谷でした。

e0064783_06142093.jpg
水がちょろちょろになる最源流まで魚がいることがわかったので、読図のリベンジも兼ねてまた行こうと思います。

中流の滝つぼで毛鉤をふっていたら、すぐ横の斜面で物音がしました。
顔を上げると、1mほどのところにある穴から、イタチが顔を出していました。
しばらく、じっと見つめあっていましたが、穴に戻っていきました。
山奥でイタチを観るのは初めて。





[PR]

by s_space_s | 2018-07-30 17:28 | 釣り | Comments(0)
2018年 04月 22日

この土日

暑かったこの土日
雪の遊びと水の遊びをしちゃいました。
(柳ヶ瀬は行ってません)

今年は雪融けが早いようです。
御嶽の草木谷シュートとだるまシュートをイシハラさんと滑りました。
e0064783_17471710.jpg
草木谷シュート
e0064783_17292070.jpg
だるまシュート
e0064783_17292039.jpg

日曜日はインドヒマラヤ遠征の打合せで知合ったヤマダさんと坂内のヨコ谷へ行ってきました。
もうシャワークライミングしてしまいました。
e0064783_17323516.jpg
ヨコ谷大滝20m
e0064783_17342778.jpg
岩くぐり
e0064783_17323545.jpg
ヤマダさんと久しぶりに楽山荘に寄ってハーケン(ピトン)を買いました。
最近はハーケンを打つような山行をする人が少ないのか、一番よく使うクロモリのハーケンが取り寄せでした。

家に帰って、たまらずビールを飲みながらなんかしています。











[PR]

by s_space_s | 2018-04-22 17:39 | Comments(0)
2018年 04月 13日

大平八滝 春日村

揖斐の谷の名前を検索していて、たまたまこんなサイトに当たりました。

-岐阜県揖斐郡春日村 美束 中山 で聞いたこと。-

春日村の地名や伝承、風俗などについて地元の方の貴重な口述や写真とともに紹介されています。
春日村の谷の名前についても細かく記録されており、参考になります。

素晴らしいサイトだと思います。




[PR]

by s_space_s | 2018-04-13 19:56 | 山登り | Comments(0)
2018年 02月 28日

★★沢登り記録(地域別)★★

ブログ掲載の沢登り記録を整理してみました。
それ以前の記録はこちらをご覧ください。


こちらをご覧ください
[PR]

by s_space_s | 2018-02-28 20:08 | 山登り | Comments(0)
2017年 11月 28日

毘沙門谷から三国岳、ダイラ、瓢箪(琵琶)池を周遊

【山域】鈴鹿北部
【場所】三国岳、ダイラの頭
【日時】2017年11月26日(日)
【コース】ゲート手前駐車スペース~毘沙門谷~ダイラの頭~三国岳~阿蘇谷~ダイラ~瓢箪池~時山~駐車スペース
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れのち曇り
【タイム】林道ゲート手前8:25 毘沙門谷出合9:00 ダイラの頭11:45 三国岳最高点12:50 ダイラの北の尾根上14:10 瓢箪池14:35~14:55 時山15:25 ゲート手前15:40

周遊ルート(クリックしてね)
e0064783_08422426.jpg
気になっていたといっても、ダイラを知ったのはごく最近の話。
「岐阜県の山」の次の候補として適当な山を探していて、三国岳にダイラという面白そうな場所があることを知りました。
牧田川上流の五僧の峠は2001年秋に岐阜ケルンのKさんとポデローザ3号で越えたところです。
その当時は、まだ車で越える林道はできていなくて、マウンテンバイクもどきを押したり担いだりして越えました。
なんとなく懐かしいエリアでもあるのです。

* * * * * * * * * * *

薮谷出合から少し奥に林道ゲートがあって、そこから歩く。
持ってきた古い5万図には、新しい林道が載っていなかった。
旧道と新道の分岐があることも知らず、毘沙門谷の出合まで新道を行く。
林道は毘沙門谷出合よりかなり上の急斜面に付けられていて、林道から下るのはやっかいそうだ。
うろうろしていたら、山仕事のご老人がみえた。
毘沙門谷へ下る道を尋ねると、さきほど通過した堰堤の上流に旧道の分岐があると教えていただいた。

言われたように、谷沿いには旧道の跡が残っていた。
e0064783_09462417.jpg
毘沙門谷出合には炭焼き小屋や廃車が打ち捨てられている。
e0064783_09462444.jpg
恐る恐る腐って傾いた木の橋を渡る。
e0064783_09462432.jpg
この小屋は2001年11月のサイクリングで旧道を下ってきたときにも写真を撮ったところだ。
毘沙門谷に入っても人工的な道の跡が残っていて、それを辿る。
ここは昔、橋が架かっていたところだろう。
なにやら上流が開けていると思ったら・・・
e0064783_09462403.jpg
こんな自然林の平坦地があった。
ミニ・ダイラと命名
e0064783_09462482.jpg
踏み跡を辿りながらズックで歩いていたが、へつりでドボンして、地下足袋に替える。
好きなところを歩けて、このほうが楽しい。
谷沿いに杉が植林してあるところもあるが、全体的には自然林の美しい谷だ。
ケヤキの大木が多いのが奥美濃と違う。
e0064783_12520657.jpg
こんな淵では、なにかの影を探してしまう。
e0064783_09495888.jpg
上流まで窯跡が多いのも鈴鹿らしい。
e0064783_09495851.jpg
明るい、谷の詰め
e0064783_09495907.jpg
コルに出て休んでいると、キノコ採りのおっちゃんがダイラへ下っていった。
ダイラの頭への尾根道

e0064783_09495925.jpg
三国へ向かう道は阿蘇谷側の急斜面をトラバースするところが多く、怖かった。
e0064783_09495934.jpg
三国岳手前で男女ペアが下ってきてすれ違う。
せっかくなので911mの最高点まで往復する。
e0064783_09495920.jpg
三国岳直下のやせ尾根からダイラを俯瞰する。
真ん中から少し右寄りの台地状のところ。
右に緩やかに降りている尾根を下った。
e0064783_09495815.jpg
現在の2万5千図の道は815m三角点付近から阿蘇谷に下っている。
下ってみると道などなく非常に急斜面で、下草がないので手掛かりがなく恐ろしい。
地形図で滝がありそうな気がしたところに3mほどの滝があって、クライムダウンできず巻く。
e0064783_09522789.jpg
ダイラ入口にかかると急に谷が開ける。

e0064783_09522773.jpg
最近の阿蘇谷への下降ルートは、ダイラの頭南東のコルから降りているようで、そっち方面から登山者が下ってきた。
先ほど三国岳直下ですれ違ったペアであった。
彼らはダイラに寄ったあと阿蘇谷を下降したようだ。
e0064783_09522791.jpg
ダイラは名前のとおり平らな森
種類は特定していないがカエデが多く、もう少し早い時期なら紅葉が素晴らしいだろう。
ブナやミズナラの林とは違う雰囲気で面白い。
それにしても、アセビとユズリハのほか下草が皆無なのは何で?

e0064783_09522703.jpg
当初はここでのんびりする予定であった。
けど、下降の尾根を確認するまで気が急いて、なんとなく通り過ぎてしまう。

e0064783_12515991.jpg
ダイラの北の尾根に乗り、597mピークを目指す。
途中、見落としやすい分岐がありテープが過剰なほど付けてある。
ピーク周辺には鹿の泊り場が。
e0064783_09540889.jpg
瓢箪といえば瓢箪か。
琵琶といえば琵琶か。

e0064783_09540708.jpg
あとのルートはほぼ見えたので、池の畔でまったりする。
ガスコンロを消すと静寂、鳥と獣の声しかしない。
林の向こうに大きな獣の影が見えてぎょっとする。
イノシシに見えたが、声を出すと立ち上がりサルだとわかる。
サルとお茶する風流さはなく、鈴をならして群れを離れさせた。
e0064783_12521372.jpg
時山への尾根の下部は急になり尾根芯がはっきりしないため、コンパスで方向を確認しながら降りる。
踏み跡が出てくると、やがて阿蘇谷の道と合流して、獣除けのフェンスに囲まれた時山文化伝承館に着いた。

e0064783_09545130.jpg
すでに夕暮れの気配漂う時山集落を抜け、15分ほど歩いて車に戻る。
エンジンをかけると雨が降り出した。

帰りに湯葉神社の大杉を見る。



[PR]

by s_space_s | 2017-11-28 17:34 | 山登り | Comments(2)
2017年 11月 02日

初冬の穴毛谷で肘鉄を食らう(穴毛岩試登)

【山域】北アルプス
【場所】笠ヶ岳穴毛谷
【日時】2017年11月1日(木)
【コース】新穂高~穴毛谷~穴毛岩試登~穴毛大滝見物~穴毛岩試登2回目~穴毛谷下降~新穂高
【メンバー】イシハラさん、わし、まっちゃん(穴毛岩から別行動)

10月に2回計画して台風のために延期にした穴毛谷。
遂にしびれを切らして年休を取って行ってきました。
穴毛岩の秘部に触れてみようと2回も手を出してみましたが、結果は敗退。

大滝から上はもう冬の様相でした。
まっちゃんは別行動で穴毛谷を抜け、笠新道から下山しました。
なんと、地下足袋に綿の靴下で杓子平では膝下ラッセルだったそうです。
ようやるわ。


まっちゃんの地下足袋とイシハラさんの登山靴。
このギャップはいったい?

e0064783_06230799.jpg
雪のある時期しか通ったことがない穴毛谷は、ちゃんと水の流れる、普通の谷だった。

e0064783_06230717.jpg
四ノ沢を覗く。正面にピナクル
e0064783_06224863.jpg
穴毛岩の下に到着
これは穴と言うよりアーチ橋
e0064783_06224895.jpg
まっちゃんは、ここから別行動で本谷を登る。

両脇の岩壁は弱点がなく、登れそうもないので、下流から見えていた右手の壁に廻ってみる。
イシハラさんリードで一段上のテラスに上がる。
階段状に見えていた壁は、傾斜がきつく、プロテクションも取れず、おまけに脆いという3Kの壁であった。
e0064783_06224706.jpg
無理をすることもないので、取付きに戻り、時間があるので大滝見物に出かける。
大きなスノーブリッジが残っている。
左手奥に大滝が見えてきた。
e0064783_06223864.jpg
陽が当たると壁の氷が落ちてくる。
e0064783_06223875.jpg
まっちゃんの地下足袋の足跡はザイテンタールに向かっていた。

下降中、穴毛岩の下を通過して、未練がましく振り返ると、さっきのラインの右のリッジが良いラインに見えてきた。
イシハラさんに「登ってみいへん?」と訊くと「いいですよ」といつもの答え。
ガレ場を詰めて、小滝の横から取付く。
今度はわしがトップをやらせてもらう。

下部は岩が安定していて楽しく登れたが、20mほど登ると脆くなってきて気を遣う。
30mほどでコメツガのある安定したテラスに着いた。

e0064783_06224717.jpg
あと10mほどでブッシュラインに届く。
しかし、傾斜はさほどないものの、脆く、プロテクションも取れそうにない。
ロープも重いような気がしたので、ここでピッチを切ったが、そのまま伸ばすべきだったかもしれない。
というのは、次のリードのイシハラさんは、落下係数2のリスクを負って登ることになるから。
まあ、イシハラさんが降りると判断するぐらいのボロさなので、わしには無理だったとは思うが。

取付きから右岩稜を見上げる
e0064783_10375920.jpg
穴毛岩右岩稜全景
e0064783_10503447.jpg
あとは歩きにくいゴーロの谷を黙々と下るのみ。
飛び石の渡渉数回。

林道の案内板
e0064783_13050718.jpg
多分、まっちゃんを待つことなるだろうとの予想で、のんびり林道を歩いて車に戻る。
ロックしたはずのドアが開くので、車上狙いにやられたかと思った。
後ろシートからがばっと顔が出てきてびっくり。
まっちゃんが寝て待っていたのであった。

穴毛には性懲りもなく、また来るかも。





[PR]

by s_space_s | 2017-11-02 12:35 | クライミング | Comments(4)
2017年 10月 16日

板取の白水の滝沢(仮称)から三角点「平瀬戸」再訪

9月13日に板取の白水の滝上流の沢へ行きました。
そのとき、尾根上の802.5m三角点「平瀬戸」あたりから本流に下ったのですが、三角点を目視しないまま降りたのがひっかかっていました。
また、国土地理院の地図の表記のイメージと実際の地形のギャップが大いような気がしたので、再度、地形を確認したいと思っていました。
再訪するにあたり、国土地理院のサイトを漁っていると、より精密な公共測量地図を見つけました。

少し前に、地学のK先生から等高線が1m間隔の地形図を見せていただきました。
この精度の地形図なら再現性が非常に高いため、現場で地形を同定するのは簡単なのだそうです。
今回見つけた地形図は5m間隔ですが、並べてみると明らかに地理院地図より細部の地形が表現されています。
e0064783_18015862.jpg
縮尺は揃えてありません。
両地図を比べてみて驚くのは、地理院地図の等高線のまるめ方です。
現場では谷や尾根として捉えられるような小地形が大胆にカットされて単純化されています。
上図の三角点のある平坦な尾根のような地形ではコンターが10m間隔なので、それ未満の隠れた凸凹が実際にはあることは頭で理解できます。
しかし、等高線の引き方自体かなりの省略がおこなわれていることを実感しました。

10月14日・15日は穴毛谷の予定でした。
両日とも天気が悪そうな予報で山はあきらめていました。
ところが、14日になってみると、まあまあの天気。
半日で三角点「平瀬戸」と地形の確認に行ってみることにしました。
ルートはH405mあたりに右岸から入っている支流を詰めてみました。
大きな滝はないけど、登りが楽しめる滝がいくつかあって面白かったです。
詰めの雰囲気も良く、お勧めです。
カメラも携帯も忘れたので写真なしですが、遡行図をとったので参考にしてください。
e0064783_18180371.jpg
公共測量地図は非常によく地形を反映しているのが確認できました。
地理院地図の限界をちゃんと頭に入れて読図しないと、思わぬミスをする恐れがあります。

それで、目的の三角点は見つかったかって?
今回も見つけられませんでした。残念!
どなたか探しに行ってみてください。
見つけたら教えてね。





[PR]

by s_space_s | 2017-10-16 18:38 | 山登り | Comments(2)