人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:登山 ( 209 ) タグの人気記事


2019年 12月 04日

山岳ナビゲーション講習会(コンパス強化)を行いました。

岐阜ケルン山岳会からのご依頼で、山岳ナビゲーション講習会をやらせていただきました。
今年度はちょっとやる気が起こらなくて、自分で主催する講習会は計画していませんでした。
ケルンのHさんから声を掛けていただいたおかげで、場所を含め、講習会の方法を再検討することができ、自分自身にとっても有意義な講習でした。

山岳ナビゲーションに関する講習内容として、地形に注目するものコンパス、方位に注目するものと、2つのプログラムを用意しているのですが、今回はコンパスのほうを重点的にやることにしました。
当初会場の予定だった長良川河畔の竹林広場が、護岸工事によって状況が変わってしまったので、地形を読む必要がないのなら、市内の公園でやっても同じことだと思い、長良公園を会場にしてみました。

日曜日で、他の利用者の方に気を遣うことを除けば、樹木などをポスト代わりにして色々なパターンの練習ができて、トイレや水もあって、かえって良かったように思います。
長良公園内には「長良公園」と点名がついた三角点があって、それを見つけるのも面白い練習でした。
皆さんも公園に行かれたら、探してみてください。

昔インスポンにご一緒したO女史や若いメンバーとお話もでき、ケルンのころに戻ったような楽しい講習会でした。
少しでも、実践に役立つ地図やコンパス使用のノウハウをお伝えできてれば、幸いです。
来年は、自主企画もちゃんとやろうっと!




by s_space_s | 2019-12-04 18:06 | 山登り | Comments(0)
2019年 11月 15日

気象庁から新しい雪情報の提供が始まりました

JANの事務局から、気象庁HPの防災情報に新たに加えられた、解析積雪深・解析降雪量に関する情報について、情報提供がありましたので、ここに共有します。

現在の雪(解析積雪深・解析降雪量)

報道発表資料に利用方法等の説明があります。

防災が目的のものですが、登山、スキー等の活動にとっても有益な情報です。
白山でも積もり始めてるようですね。






by s_space_s | 2019-11-15 18:06 | テレマーク | Comments(0)
2019年 11月 13日

ゆる山へGO!

コウムラにも手伝ってもらって収録に行ってきました。
場所は写真を御覧になればわかりますよね。
e0064783_15183279.jpg

e0064783_15183308.jpg
e0064783_15183379.jpg
11月16日(土)の朝“ういちゅ~”で放送される予定です。
翌週は総集編だそうです。





by s_space_s | 2019-11-13 21:31 | ガイド | Comments(4)
2019年 10月 07日

富士山の旅(2日目)

1日目のお話は後にして、2日目の富士登山の話から・・・


前日の天気予報でも御殿場あたりは朝から雨の予報で、夜中にも雨音がしてたので、完全に登山は諦めていた。
朝6時ごろ起きて、宿の窓から富士山を眺めたら、なんと頂上が見えているではないか。
そそくさとチェックアウトして、須走口に向かった。

朝飯をコンビニで食べようと思っていたのだが、知らんうちに登山口に向かうあざみラインの入り口に着いてしまった。
道の駅に入ってみたが売店もまだ開いておらず、戻ってコンビニを探す。
幸い近いとこにコンビニがあり、100円のコーヒーとサンドイッチ、ドーナッツの朝食がうまかった。
(9月29日なのでまだ8%だし)

あざみラインは、ぽんこつビッツが心配になるほどのすごい斜度。
道路に車が停めてあったので、駐車場は満杯?とか心配したけど、あれはキノコ採りだったようだ。

e0064783_22113068.jpg
山小屋は9月初めに閉じられたようだが、登山口の売店と有料トイレ(200円)は営業中。

登山口の標高が1970mと他のとこより低いので、気分の良い樹林帯からスタート。

e0064783_22113091.jpg
次第に樹木が小さくなってくる。
ダケカンバに針葉樹が混じる。
e0064783_22113087.jpg
頂上が見える。
すぐ着きそうに見えるけど・・・


e0064783_22221738.jpg
予約しようと連絡を入れた新6合目の長田山荘。
もう閉まってます。
e0064783_22221783.jpg
暑くも寒くもなく、絶好の登山日和
e0064783_22221791.jpg
当初の目標、7合目太陽館
ここだけ10月中旬まで営業している。
e0064783_22221757.jpg
高山植物
e0064783_22221793.jpg
今までかみさんが登った一番高い山は白山なので、すでに記録更新。
まだ余裕がありそうなので12時をリミットに上を目指すことにする。

本7合目の見晴館3145m
e0064783_22223124.jpg
12時もまわったので、8合目の江戸屋で今日の終点とする。
3270mなので、富士山除いて日本でここより高いとこはない。

e0064783_22223064.jpg
楽しみにしていた砂走り~。
e0064783_22223018.jpg
ご神体になっている岩

e0064783_22241743.jpg
調子が出るまで怖かったみたい
e0064783_22241685.jpg
ここまで降りてきて、ほっとする。
砂払5合目、吉野家2235m
e0064783_17111251.jpg
これは登っているとこではありません
e0064783_17111335.jpg
須走ルートは初めてであったが、変化に富んだいいコースだった。
この時期ほぼ貸し切りで、静かなのも良かった。
今度はスキーで来てみたい。

帰りも高速で4時間半。
やっぱ富士山は遠い。


富士山の思い出
3月の富士山
富士宮ルートから富士山、オカマ滑降
第49次日ス隊富士山訓練





by s_space_s | 2019-10-07 12:40 | 山登り | Comments(2)
2019年 09月 17日

旧歩荷道から西穂高岳

【山域】北アルプス
【場所】西穂高岳
【日時】2019年9月15日(日)
【コース】鍋平園地~旧歩荷道~西穂高岳(往復)
【メンバー】わし 
【天気】快晴
【タイム】駐車場5:50 登山口7:00 登山道8:50 西穂山荘9:30 10:40独標 西穂高岳11:50 山荘13:30 歩荷道分岐14:00 駐車場15:50

ちょっと穂高の稜線も歩いておこうと思い、西穂へ行ってきました。
ロープウェイ代をけちって旧歩荷道から登りました。
朝、ジャンのすぐ右に見える西穂の尖ったシルエットを見て、あそこまで自分の足で登るのだと思うと、登山本来の感慨が湧いてくるのでした。

旧道は地形図とは少し違うラインで残っており、登りでは疑心暗鬼で踏みあとではない沢状を登って、結局、笹漕ぎになってしまい、時間と体力を無駄遣いしました。
トラバースしている踏み跡をしっかり追えば問題ないと思われます。
e0064783_14372649.jpg
2時に起床し、安売りのパンをコーヒーで流し込みながら、下道で鍋平の駐車場へ。
既に無料駐車場は一杯で路上にまで停めてある。
一番離れた草原のスペースに突っ込めた。
錫杖がよく見える。
e0064783_19391498.jpg
1時間の林道歩きで、登山口。
しっかりとした標識が立っている。
e0064783_19392547.jpg
踏み跡は所々消えかけのところもあるが、まあ分かる。
ずっと沢沿いの道で水も汲める。
e0064783_19394310.jpg
谷が狭まってくると、踏み跡は不明瞭になる。
最後の水場でトレースが消え、見回すと右岸にマーキングとフィックスがあり、尾根に取りつく。
e0064783_19394363.jpg
地形図の破線と違うところを歩いているような気がして、トラバースしている踏み跡を追わず沢型を登り始めたら、登山道を見失った。
結構な藪漕ぎで、こりゃあ今回は敗退かという思いも頭をかすめたが、幸いにも復帰することができた。

2か所ほど雨裂のトラバースがあり、トラロープが張ってあった。
e0064783_19400920.jpg
登山道に合流すると、登山者の列が続くようになる。
割と軽装の人が多いが、皆さん西穂まで行くのだろうか。
前後の方と話しながら、のんびり歩く。
e0064783_19400934.jpg
山荘前の広場も人でいっぱい
e0064783_19400914.jpg
わ~!かっこいい。

e0064783_19400905.jpg
独標の下には行列ができている。
e0064783_19413257.jpg
ピラミッドピーク方面は若干人は少なくなるが、岩場が増えるので、特に下りのパートは先行待ちで時間がかかる。
e0064783_19413249.jpg
西穂の直下は岩が不安定なので注意が必要
e0064783_19413254.jpg
久しぶりの西穂のピーク
e0064783_19413215.jpg
あまりに危なげに見えて、ここから先はあまり行く気がしない。
e0064783_19413166.jpg
下りの順番待ち
e0064783_19433704.jpg
景色を眺めてのんびり待つ
e0064783_19433770.jpg
独標からの下りを慎重にこなして、やっとほっとする。

e0064783_19433781.jpg
下りは慎重に踏み跡を追った。
e0064783_19442968.jpg
林道にあった看板
ホントに落石が当たったら、こんなんじゃ済まない。
e0064783_19445397.jpg
いいトレーニングになった。
e0064783_19445330.jpg







by s_space_s | 2019-09-17 18:13 | 山登り | Comments(2)
2019年 08月 30日

登山リーダー夏山研修会に行ってきました。

8月24日から29日の6日間、国立登山研修所で開催された、登山リーダー夏山研修会に行ってきました。
この研修会は大学の山岳部、ワンゲルなどのサークルで次期リーダーとなる学生を集めて基礎的技術や基本的状況判断力を習得させ、チームを率いて安全・確実な登山を実践できるリーダーを養成するものです。
今年度から社会人も参加できるようになりました。

講師でペアを組ませていただいたのは、最近NHKでも放送されたデナリ滑降の記憶も新しい、SS木さん。
高い技術、豊富な知識、研修生に対する指導力など、一緒に講師をやらせていただき、わし自身が非常に勉強になりました。

1・2日目は研修所内で目標設定、プランニング、基礎技術訓練、山行準備を行い、3日目から室堂に入りました。

別山乗越を越えて、剣沢の登山研修所前進基地に向かいます。
e0064783_11493647.jpg
前進基地の前でアタック装備を準備する研修生。
大学生3人、社会人1人の混成チームです。
うちの大学の山岳部の子もいます。

e0064783_11493627.jpg
チームの目標の一つが支点構築だったので、長次郎谷出合対岸の岩場で、ハーケン、カム、ナッツをセットする練習をしました。
長次郎レイバックを登るO君

e0064783_11501317.jpg
実はこんなに緩傾斜です。
e0064783_11493611.jpg
ビバークポイントは長次郎出合左岸の尾根の末端です。
黄色いテントが見えます。
e0064783_11501350.jpg
講師はシングル・ウォールのテントで寝ました。
研修生はツエルトでビバーク。
ビバークらしからぬ焼肉が出ました。

e0064783_11501403.jpg
翌日は、長次郎をアイゼンで登り、剣稜会ルートに取り付きました。
研修生がリードするのに並行して登り、技術と安全を確認します。
e0064783_11493630.jpg
結局、時間切れで懸垂下降しました。
e0064783_11494736.jpg
夕方、前進基地野営場に戻って、テント泊。
講師は基地で寝ました。

翌日はテントが歪むほどの大荒れの天気で、前進基地内で研修を行いました。
Sさんとデナリ滑降に参加したK藤さんの漫談風リーダー論。
研修生は笑いながらも真剣に聴き入っていました。

e0064783_12394852.jpg
午後は、搬送訓練をする班に便乗させてもらいました。
4種類の背負い搬送を確認しました。

夜はさらに風雨が強まる可能性があったので、セルロンのブリザードで磨かれたSさんのノウハウを伝授してもらいました。
石積みと張り綱の設置方法がポイントです。
e0064783_11494794.jpg
最終日、前進基地から室堂へ帰る途中で、搬送訓練を行いました。
軽いわしが要救助者役になりました。
使ったのは、ザックとハーネスを使うやつです。
室内で形だけ作ってみるのとは全然辛さが違う訓練です。
e0064783_11494743.jpg
雷鳥沢のキャンプ場に着いて、時間があったのでツエルトの設営訓練もやりました。
研修生に任せたら、こんなのが出来ました。
わしら二人は諦めの苦笑い。
e0064783_11501381.jpg
研修所に戻って、装備の返却とふりかえり。
研修生のみんなは、今回認識した課題を解決して、きっと次はCフェースを完登してくれるでしょう。





by s_space_s | 2019-08-30 18:00 | 山登り | Comments(0)
2019年 06月 23日

大日ヶ岳登山

かみさんの知りあいのご家族からご依頼があり、ダイナランドから大日ヶ岳をご案内しました。
今回は目的があったのでしかたがないけど、このコースはお勧めできません。
半分がスキー場の歩きにくい急斜面の登り降りで、大変です。
登山道としては「ひるがの」からの北尾根が一番雰囲気がいいかも。

ユリ園の営業もなくなり、ひと気のない夏のゲレンデ
e0064783_20465743.jpg
唯一雰囲気がいい、高鷲スノーパークトップ前後のブナ林

e0064783_20464570.jpg
曇っていたので、ブユが怖いほど寄ってきました。

e0064783_20464574.jpg
前大日から見る頂上方面
e0064783_20464488.jpg
東縦走路の入り口が刈ってありました。
どなたか整備されているのでしょうか。

前大日の手前は雪がないときも難所です。

e0064783_20463407.jpg
帰りは、ゲレンデのガレた作業道の下りで足が棒になりました。
荘川まで回って「桜香の湯」に入って帰りました。
お肌がぬるぬるになる温泉らしい温泉でした。




by s_space_s | 2019-06-23 20:50 | 山登り | Comments(0)
2019年 05月 21日

ゆる山へGO! 三森山(1100m)

NHKのウイークエンド中部のホームページに先日、取材に行った三森山の動画がアップされてました。

当たり前ですが、現場でお話したことはほとんどカットされていて、ほとんど水島さんのナレーションになってました。
でも、素(癒し系?)の感じは出たのでは?
サポートスタッフで手伝ってもらった、元役者のコウムラがやったほうが面白かったかもね。




by s_space_s | 2019-05-21 12:22 | ガイド | Comments(0)
2019年 04月 24日

「ゆる山」の収録に行ってきました。

毎週土曜日朝に放送されている某番組の収録がありました。
このぐらいの山がわしにはちょうどいい感じです。
e0064783_12014007.jpg
5月11日(土)に放送予定です。




by s_space_s | 2019-04-24 12:02 | ガイド | Comments(0)
2019年 04月 22日

ARJS岐阜長良川大会お手伝い

この土日で開催されたARJS岐阜長良川大会のお手伝いに行ってきました。
ARJSというのは、 アドベンチャーレーシングジャパンシリーズの頭文字です。
今回も、チェックポイント(CP)の設置・回収、トレッキングステージのスイーパー、時間計測などをお手伝いしました。

決まったコースのないレースなので、CPの回収は全チームがチェックするか、未チェックのチームが完全にチェックを諦めている状況と判断できるまで、回収できません。
右の木に設置されているのがCPです。
e0064783_09402661.jpg
結局、待ち時間が長くなります。
ナイトレースもあったので、倒木に腰かけて野鳥の声を聴いていると、うつらうつらしてしまいました。
e0064783_09403208.jpg
今回はこの世界の第一人者、EAST WINDの田中さんとコンビで作業をさせていただきました。
夜間、オンサイトのCP回収でも、すごく早いのに驚きました(あたりまえか)。
選手の皆さんも含め、日々トレーニングしている方は違いますね。





by s_space_s | 2019-04-22 12:31 | ガイド | Comments(0)