blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:登山 ( 187 ) タグの人気記事


2018年 11月 04日

岐阜市百々ヶ峰で山岳ナビゲーション講習【11月4日】

今年の春からスタートした本巣アウトドアチャレンジ
本巣のコウムラさんのお誘いで、前回は舟伏山西尾根を地図読みしながら登りました。
なかなか精力的なプロジェクトで、春秋と年に2回開催するのだそうです。
イベントもハイキング、サイクリング、キャンプ、フライフィッシングなどなど盛りだくさんですよ。
山女子クラブ岐阜校なんていうのもあるんですね。

今回は百々ヶ峰で定期的にやってるナビゲーション講習を協賛企画ということで参加させていただきます。
百々ヶ峰の北面には地図を読みながら登下降すると面白い尾根が何本かあります。
道がないところが大部分ですが、藪はそれほどうるさくなく11月なら快適に歩けると思います(草の実は付きそう)。
地形図と実際の地形を照らし合わせながら、あらかじめ設定したポイントを周ります。
グループでリーダーを交代しながら、実際の登山でのナビゲーション技術について一緒に練習しましょう。


内容詳細
[PR]

by s_space_s | 2018-11-04 12:49 | ガイド | Comments(0)
2018年 10月 11日

乗鞍岳土樋池踏査、大丹生池再訪(その2)

先日、乗鞍の土樋池と大丹生池を踏査して、下山後、いろいろな疑問が湧いてきました。
本当なら、図書館に行って文献にあたるとかすべきでしょうが、やはり、この山に精通した方にお聞きするほうが早いと思い、飛騨山岳会のお二人の長老、島田氏と木下氏にお尋ねしました。
以下、そのご回答です。

Q1:大丹生池の水はどこに流れているのか。

A1:乗鞍西面は、火砕流が流れたあとで全てが熔岩。そのため平地にある池は、水は貯まるが、ある時期に抜けてしまう。布引の滝の水は、熔岩の中の伏流水。(島田氏)

ということで、どこへ流れるとかではなく、岩盤にある穴?に吸い込まれているようです。
これは基本的には土樋池も同じだと思います。

Q2:土樋谷中流の炭焼窯跡があったが、針葉樹林帯で炭焼が行われていたのか。

A2:籏鉾には、平金鉱山という明治、大正時代に2千人を超える大鉱山があり、学校もある一大部落があった、鉱山の精錬所で使う炭を焼くため、丸黒尾根の反対側まで、炭焼きで木は全て切り尽くされた。鉱山周辺のいたる所に炭焼き窯があった。(島田氏)

鉱山で使う燃料のためなので、どんな樹種でもいいわけだ。
金平鉱山のお話しは青年の家にいたころに聞いていました。
昔登った恵比寿尾根も若い針葉樹が多かった。
鉱山があったころは、このあたりは「もののけ姫」のような感じだったのでしょうか。

Q3:土樋池の読み方

A3:読み方は、ツチトイイケです、古い地元の案内書には、(大正、昭和初め)ツチトイ(つちとひ)、ツチトヨ、など仮名を打ってあるものがありますが、今は地元では、ツチトイと言っています。(島田氏)

木下氏からは、地元の方の呼称として「つちどよいけ」をいただいた。

Q4:籏鉾の石碑にある行者「無盡秀全」の開拓した登山道はどこを通っていたのか。

A4:
島田氏からのご回答
昔の登山道は、
赤川新道、最後まで残った道、今は無い。
蛇出道、五色ヶ原から鶴が池へ登り着く。
池之俣大丹生道、大丹生池から桔梗ガ原。
私は、赤川新道は旗鉾の人の案内で登りました。

木下氏からのご回答
旗鉾にある石碑は、明治27年に乗鞍へ石碑を上げようとした修験者木食秀全のものです。
このとき通ったのが「蛇出道」。
貴兄が登られたルートには「池之俣大丹生池道」がありましたが、いづれも昭和のはじめに廃っていたようです。   

木下氏からは、飛騨の郷土史研究会の紀要に書かれた「乗鞍岳登拝路の盛衰」という地図付きの詳細な資料もお送りいただきました。
前記事に添付した地図の池之俣大丹生池道のラインはその資料を参考にしています。
旧道では、土樋池~大丹生池間は、わしらのラインではなく、大丹生池北の鞍部を乗越しているようです。

紀要文章を引用させていただきます。
⑨池之俣道
池之俣御越谷を遡り、途中から尾根を越えて土桶池、大丹生池を経て土俵ヶ原へ出る。江戸期に鉈削り(ナタバツリ)の円空が、大丹生池に木端仏千体を池底に沈めたという話が残っている。この時は金山道を経たようだ。土桶池、大丹生池へは古くから山麓の人々が雨乞いに集団登山しており、この時の道である。
大正七年(一九一八)八月には、丹生川村青年会と軍人会の約四〇〇名が蛇出道から登って室堂に泊まり、翌日大丹生池、土桶池を訪ね、この道を下っている。

氏によれば、既に廃道となっていたこの道のほかにも、昭和初期の最盛期で8本もの登山道があったということで、その歴史について興味深いお話が記述されていました。

以上、その道を極めた諸先輩の造詣の深さに頭がさがったという、後日談でした。




[PR]

by s_space_s | 2018-10-11 12:32 | 山登り | Comments(0)
2018年 10月 10日

乗鞍岳土樋池踏査、大丹生池再訪

まっちゃんが、かねてから温めていた計画にご一緒しました。
純粋にそこに行ってみたい、地形はどうなっているのかという興味から出たものです。
登攀的に価値があるとかいうのではないのが面白い。

目的地は、乗鞍の土樋池です。
上流っぽく見える大丹生池や中間の堰止湖跡にも興味津々。
行ってみて地形がどうなっているかこの目で検証するのが大事だと再認識した山行でした。

e0064783_11333552.jpg
国土地理院の電子地形図にルート等を追記して掲載


地形的には池之俣発電所のある土樋谷川に流れ出るはずの土樋池の水ですが、ほとんどの部分が伏流しており、谷の中は苔むした巨岩のゴーロ歩きが延々と続きます。
中流には炭焼釜跡がありました。
シラビソなど針葉樹の森でどうやって炭焼をしたのか不思議でした。
e0064783_21152819.jpg
H1880mあたりに支流から水が流れ込むところがあり、波板などの人工物ときれいな池がありました。
e0064783_21152822.jpg
土樋池からは水が流れ出していました。
e0064783_21152898.jpg
池にはどこからも水が流れ込むところがありません。
ときおり底から泡が浮き出すので、伏流水が沸いているのかもしれません。
紅葉が素晴らしい。
e0064783_21161923.jpg

e0064783_21373693.jpg
ナラタケ豊作
e0064783_21161912.jpg
樺の皮で焚きつけます。
e0064783_20470038.jpg
e0064783_20470064.jpg
新規投入の丸飯盒デビュー
e0064783_20464803.jpg
火の粉が天に昇り、天の川に白鳥座
e0064783_20470093.jpg
池の水で自炊。
途中で採ったキノコで作った具沢山ラーメンがうまかった。
e0064783_21161899.jpg
まっちゃんの持ってきた、レメディに使うアロマエッセンス?入りのブランデーで静かに夜は更けていきました。
夜中にフクロウが鳴いていました。


朝は濡れた地下足袋が氷っていました。
e0064783_21152914.jpg
湧水のせいか湖面には霧が
e0064783_20471747.jpg

一段上流にある堰止湖跡
水流の跡はありましたが、水がない。
上から眺めると、気分はもうジャングル大帝。
e0064783_21161868.jpg
大丹生池下の急斜面
ほとんど沢型がありません。
e0064783_21374627.jpg

大丹生池には雪のある時に来たことがありました。
e0064783_21374328.jpg
雪がないときのほうが神秘的な感じです。
e0064783_21161845.jpg
上流からかなりの水量の沢が流れ込んでいました。
大丹生池の水は土樋池のほうではなくアザミ平のほうへ抜けているのでしょうか。
e0064783_21161808.jpg
土樋池谷の下降は、まっちゃん流に言うと「不快調」そのものでした。
エノモトさんの記録にあるとおり、落とし穴がそこら中にあり、わしはその一つにやられてしまいました。
その後は、足をひきずり、まっちゃんを待たせながら我慢の下山になりました。

滝登りもナメ床もゴルジュもない沢歩きでしたが、充実した~!と言える山行でした。
大丹生池、土樋池のあたりにはスキーでまた来てみたいと思います。


籏鉾のバス停横にあった石碑が気になりました。
e0064783_21534160.jpg
以下に引用します。

史跡
石碑「無盡秀全 三十六童供養塔」 員数 一基

明治初期、木喰行書「無盡秀全」が乗鞍岳への登山道を開き、沢上集落から乗鞍岳頂上までに、三十六本の石製道標を設置した。
この道標は1本約二百キロで、童子が刻まれている。現在は肩の小屋から頂上までに三体の像が現存している。
丹生川町地内には、この行書が木っ端により書いた掛け軸が多く残っている。

平成十四年七月二十四日 指定
高山市教育委員会

下山後湧いてきたいくつかの疑問について、飛騨山岳会の諸先輩に質問してみました。





[PR]

by s_space_s | 2018-10-10 22:31 | 山登り | Comments(2)
2018年 09月 25日

丸い飯盒

最近、ご近所の方からカタログギフトをいただきました。
お菓子からグルメ、日用品やアウトドアグッズまであって、カタログの厚みがすごい。
印刷代が相当かかっているのではないかと、考えなくてもいいことが気になったりして。
e0064783_20564124.jpg
キャンプ用品のページを見ていたら、丸型の飯盒がありました。
釣りが主体の、のんびりキャンプには飯盒を使っています。
旨い飯が炊けるし、なんか道具として味があるような気がして、これはこれでいいのですが、まっちゃんとか沢屋さんが使っているビリーカンという焚き火用の鍋が良さそうに見えて、丸型の飯盒ならその代用になるのではと思いました。

どちらも4合焚きですが、丸型のほうが350gで100gほど軽いです。
鍋のかわりにもなりそうだし、重宝しそうです。





[PR]

by s_space_s | 2018-09-25 17:42 | 山登り | Comments(3)
2018年 08月 06日

夏山JOY(双六・槍)

猛暑の岐阜から逃れ、涼しい北アルプスに行ってきました。
コースは新穂高~鏡平~双六~槍~槍平~新穂高です。
岐阜へ戻ってきたら、吸った空気が熱かった。


鏡池。残念ながら穂高は雲の中。
e0064783_20323002.jpg
双六のテン場

e0064783_20323083.jpg
ハクサン・・・。
e0064783_20323010.jpg
朝飯前にご来光を拝みに双六に登りました。
e0064783_20355637.jpg
アサ~!by ムジ鳥

e0064783_20355632.jpg
小槍と槍
e0064783_20355613.jpg
ひえ~!〇〇が縮む。
e0064783_20355508.jpg
飛騨沢を下りました。
e0064783_20365514.jpg
帰りに丹生川の蕎麦屋「明郷」に寄りました。
乗鞍青年の家からこのあたりに滑って降りる山スキールートがあることを、高山の都竹師匠から聞いたことがありました。
国道まで降りてきて、蕎麦を食ってバスで帰るという話だったので、美味いですかと訊くと、「それほどでも」という返事。
20年ほど前のことです。
以来、この店の前を通るたびに気になっていました。

それで、お味のほうはどうだったかと言うと・・・。
師匠の評価はいつものように辛口だったみたいです。




[PR]

by s_space_s | 2018-08-06 13:01 | ガイド | Comments(0)
2018年 07月 26日

ふう、酒過ぎた

コザエモンさんと7月末に源流キャンプに行く予定です(でした)。
その打合せを口実に、岐阜で飲みました。

くしびきで待ち合わせ、電話でもできる相談をした後は、いつものとおり。
カウンターで隣になったお客さんとそれぞれ別の話で盛り上がりました。
コザエモンさんは隣の席のおっちゃんが車好きで、外車の話。
わしは、常連のH先生と有毒植物や毒キノコの話をしてました。
トリカブトの汁を唇にちょっと付けてみたくなったりして。

一軒で終わるわけもなく、次は玉宮町のビアホール(店名)に行きました。
ここは昔、楽山荘があったとこで、ウナギの寝床みたいな所です。
グラスのビールを一杯ずつ買ってきて飲むスタイルです。
e0064783_10042231.jpg
当時の楽山荘の店長は先代の加納さん。
穴毛谷や明神岳のルート開拓で名をはせた岐阜登攀倶楽部の創始者です。
登攀具や山スキーの道具も結構マニアックなものが置いてありました。
ラープ、スカイフック、カッパーヘッドなんてのもここで初めて見ました。
お店に行くときは、道具を買うより、加納さんと話すのが目的という感じでした。

締めはダブル・サイダー
行くと大体ブルースハープのレコードをかけてくれます。
今夜はリトル・ウォルターの "Hate to See You Go"
e0064783_10042278.jpg
これ、絶対しらふじゃないですね。
ジャケ買いしたくなります。
歌もハープも素晴らしく、バーボンぐいぐい行けます。

I've got the key, to the highway
Feel Lord, I'm bound to go
I'm gonna leave here runnin' because
Walkin' is most too, slow

"Key To The Highway" はクラプトン(デレク&ザ・ドミノス)のやつが有名ですが、いろんなミュージシャンがカバーしてます。


肝心の源流キャンプのほうは、台風で流れそう。




[PR]

by s_space_s | 2018-07-26 17:46 | 日常 | Comments(0)
2018年 06月 29日

荒島岳ガイド

たまにバックカントリースキーのガイドをさせていただいているTさんから、夏の槍ヶ岳ガイドの依頼をいただきました。
そのトレーニングでTさんと荒島岳へいってきました。
ひょっとして使うことになるかもしれない、ロープやデバイスの基本的な使い方の練習も行いました。

勝原スキー場トップの軌道の跡
e0064783_21065286.jpg
3年ぶりぐらいでしたが、あらためてブナ林が素晴らしいとの印象を持ちました。
e0064783_21065288.jpg
ブナの森では色んな野鳥のさえずりが聞こえました。
コマドリぐらいしか分かりませんでした。
野鳥の声が聴き分けれたら楽しいでしょうね。

頂上の荒島権現様の祠の石仏には元治元年とありました。
Tさんによれば、1864年幕末、徳川家茂の時代だそうです。

ゲレンデ内にあったドクウツギの赤い実。猛毒です。
e0064783_21065263.jpg
昨日のベトコンラーメンで胃腸がやられ、腹が張って食欲もなかったのですが、帰りに九頭竜の道の駅でTさんにコカ・コーラをご馳走になり、胃がすっきりしました。
ここで、先日会ったばかりの岐阜登高会のK先生とM女史に会いました。

梅雨の晴れ間のすがすがしい1日でした。




[PR]

by s_space_s | 2018-06-29 08:22 | ガイド | Comments(0)
2018年 06月 27日

「新・冒険論」を読んで

まっちゃんに借りた「極夜行」を返しに行くと、こんどはこの本を貸してくれた。

この本において考察される「冒険」とは、本田勝一が定義するように命の危険があり、主体的で、かつ社会の変革を迫るものである。
「ちょっと冒険してみようかしら。」とか言って、髪形を変えてみるレベルのものではない。
本田氏の3つ目の定義を、角幡氏なりに捉えなおしたものが「脱システム」である。
脱システムは、既存のシステムへの批評性とも言い換えられる。


この定義で自分の登山を振り返ってみると、「冒険」と呼べるものは一つもなかった。
ひいき目で見るならば錫杖の「注文の多い料理店」は、ほんのりその香りがあるぐらいのものか。

主体性という点では、あのラインにルートがあるべきだし、それを自分が登りたいと思った。
脱システムという点では、ヨセミテなどで一般的なルールとなっていた、可能な限りフリー、NPで登り、一切残置はしないというスタイルに徹したこと。
当時、既に日本でもこのスタイルでのルート開拓は珍しくなかったと思うが、錫杖では初めてルートとして具現化されたものであった。
この点でも、その世界で「非常識」と非難されるレベルでないと脱システムとは言えないという。
命の危険という点では、潜在的なリスクがあるのは当然としても、行為者として切実に感じてはいなかった。

本書は、このように自分の登山行為を評価する視点を与えてくれた。


かみさんと結婚する前、実家に挨拶に伺った晩、義父が酒を飲みながら、
「娘さんよく聞けよ。山男にゃ惚れるなよ・・・」と歌って泣き出したことを思い出す。
35年近く前のことである。

結婚当時かみさんも、わしの山の友達は、みんな不良みたいで嫌い、と言っていた。
角幡氏も書いているが、昔の山屋は図らずも社会から脱システムしてるのが多かった。
世間から理解不能の連中と思われていたのである。

最近では、登山は社会的に認知され、有益な活動と思われている。
その理由は、登山が健康で安全で文化的な行為としてシステム化されたから。
ガイドなどもその恩恵にあずかっているというわけだ。
今の時代なら、義父も泣いたりしなかったのではあるまいか。


アドベンチャーレース、山岳マラソン、競技クライミングなど、スポーツ化した行為で冒険と呼べるものは一つもない。
以前から、これらのスポーツと登山・冒険との間には、断絶があると感じてきた。
この本は、その訳をすっきり示してくれた。
第1(命の危険)、第3(脱システム)の定義に合致しないからである。
そこでは、リスクは主催者にコントロールされ、ルール(システム)に則った行動が課される。
もちろん、身体能力と技術の限界に挑むことに意味がないとはいわないけど。

角幡氏も言うように、冒険とは人生で1回か2回実現すればいいくらいの、ハードルの高い行為である。
我々のような一般の登山者にとってできることと言えば、自分の登山をその観点から評価してみること。
たまには、3つの定義で表される冒険の要素を、自身の登山のなかに取り入れてみることであろう。
ニュアンスとしか言えないレベルであっても。


2018年 角幡唯介著 インターナショナル新書




[PR]

by s_space_s | 2018-06-27 17:21 | 読書 | Comments(2)
2018年 06月 13日

極夜行

先日の高賀六社巡りの帰りにまっちゃんが貸してくれたこの本。
「夜の果てへの旅」を読んでいる最中に、別の話(それも夜の)を読む気になれず、ずっとテーブルの上に置いてあった。

このノンフィクションの題材となっている冒険行については、国立登山研修所から送っていただいた「登山研修vol.33」の巻頭にある角幡氏自身による「極夜探検におけるナビゲーション」という文章を読み、概要と肝については知っていた。

「今度の極夜探検は、どこかに到達することより、むしろ極夜という暗闇の世界の状況そのものを洞察するのが目的だった。つまり極夜という外部世界をどれだけ深く認識し、自分の世界の内部に組み込むかがポイントだったので、その過程を省略してしまうGPSのような機器を使用することは、私的にはご法度だったのである。」(上記からの引用)

極夜探検という究極の行為でなく通常の登山であったも、この点は常々感じてきたことであり、氏の言わんとすることは腑に落ちた。
登山に何を求めるかという問題になるが、GPSに頼ることは一番美味しいところを食わずに捨てているようなものだと思う。
この方も同じお考えのようだ。

このノンフィクションを読んでみて、頭で上記のようなコンセプトを理解することと、探検の恐怖、苦しみ、感動といったものを文章上で追体験することは違うと思った。
極夜明けの太陽と対面することは、出生時の疑似体験というような意味付けもどうでもいい。
読む者は、はらはらドキドキして、その状況を追体験すればよいのだ。
そして、極夜の宇宙的な情景やエネルギーの塊である太陽のすごさを感じれればいい。
このノンフィクションはそれに成功していると思う。


昔、越冬した南極昭和基地は、この極夜行の舞台よりも低緯度に位置する。
それでも1月半ほどの極夜はあった。
氷床から流れ出る氷河の舌端や、海氷と陸地の間にできる乱氷帯がどんなものか知っているだけに、極夜探検の困難さが身につまされた。

昭和基地の極夜明け
e0064783_18301471.jpg


お恥ずかしいことに、わしは登山記や探検記といったものを読むことがほとんどない。
これからも多分読まないとおもうが、この本は読んでよかった。
まっちゃんに感謝したい。

角幡 唯介著 2018年 文藝春秋

(追記)
エンターテイメントとしてのノンフィクションなら、面白かったという感想で十分だろう。
冒険とは「脱システム」という命題については、まがりなりにもルート開拓という行為を行ってきた者として、自分の登山行為も含め改めて検証してみたい。




[PR]

by s_space_s | 2018-06-13 17:19 | 読書 | Comments(0)
2018年 05月 30日

本巣アウトドアフェスティバルで舟伏山西尾根

本巣のコウムラさんの音頭で立ち上がったこのフェスですが、コルマールでの打合せも遠いので結局一回も顔を出さず、本番を迎えることになりました。
当日、朝一でコルマールに寄り、参加賞をいただいてきました。
e0064783_20465602.jpg
本日の参加は男性3名、女性4名でちょうどいい感じでした。
地形図に手書きでルートや尾根、谷、地形のポイントを記入したものをお配りして、ずっと手に持って現在地を確認しながら登っていただきました。
コンパスの実践的な使い方も大体わかっていただけたのでは。
角幡さんの「極夜行」でGPSを敢えて使わなかったお話も紹介しました。


舟伏山の頂上で記念撮影
わし(右端)の腰つき、なんか変?
e0064783_20465799.jpg
こんなサプライズ・プレゼントもありました。
703さん、ありがとうございました。
e0064783_20465735.jpg
根尾松田から舟伏山西尾根の中腹まで昔の峠道があったようです。
H720mあたりに明瞭な小屋跡があります。
多分ここから、舟伏山の西ルートにある松田峠、桜峠へと水平に街道が続いていたのかと想像します。
松田峠の阿弥陀様が、誰かに持ち去られたようで、悲しいことです。

西尾根は下部がチャート、途中から石灰岩となります。
ウミユリの化石を見つけました。
地質的な条件に加え鹿の食害もあって、下草や灌木がほとんどないので、急斜面の登下降には気を使います。
e0064783_20465747.jpg
松田から尾根を少し登ったところに取水施設がありました。
周りに水を引くような大きな谷がないのに不思議な感じがしました。
地元の方のお話では、大量の湧水が出るところがあって、飲料水などとして利用されているのだそうです。
おいしい水でした。

e0064783_20465628.jpg
おみやげに「岐阜県の山」の舟伏山の手書きの地図原稿をお配りしました。

(おまけ)
今回、一般の方には厳しすぎるので、予定していた小舟伏の北尾根の下降はやめました。
下見のとき初鹿谷へ向かって降りてみたのですが、小舟伏平も含め素晴らしい雰囲気の尾根でした。

小舟伏平(仮称)
e0064783_10240345.jpg
自然林の尾根
e0064783_10240380.jpg
行ってみてください。

このフェスティバルは秋にも開催されるようです。
お楽しみに~。



[PR]

by s_space_s | 2018-05-30 12:08 | ガイド | Comments(0)