blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:石徹白 ( 42 ) タグの人気記事


2018年 10月 01日

石徹白の鍋倉平(美濃禅定道)

白山順禮というサイトに、白山中居神社から尾根や谷筋を辿り大杉のある今清水社まで通じていた禅定道を歩いた記録が載っていました。
わしは今まで、中居神社から大杉までは昔も石徹白川沿いに道があったと思いこんでいました。
この古の道に興味が湧いてきました。

上記のサイトの管理人の方は、想像するに修験者ではないかと思います。
昔の禅定道周辺を季節を問わず何回も歩き、礼拝所で念仏をあげられています。
この時も1日で昔の道を往復してみえます。
相当、健脚な方です。
地図を公開されていないので、文面からルートを想像すると、こんな感じになりました。
(クリックしてね)
e0064783_14555112.jpg
この地図を作っていて思い出したのが、6年前、石徹白文化祭を見学したとき、小学校の廊下に掲示してあった絵地図です。
この地図は、聞くところによると、石徹白にみえた先生(役場の方?)が書かれたもの。
かなり以前にはインターネットにも公開されていました。
国土地理院の地形図を基に、美しい手書きで石徹白地区の史跡や地名、湿原、谷、滝などのランドマークが記載されていました。
残念ながら、現在は公開されておらず、ダウンロードしとけば良かったと悔やまれます。
e0064783_20013795.jpg
小学校でこの地図を見たときに、コザエモンさんと何枚かに分けて写真を撮りました。
この地図なら、禅定道のコースも描いてあるかもしれないと思い、外付けのハードディスクに入っていた写真を確認すると、ちゃんと禅定道が描かれていました。ラッキー!

さっそく地形図に写してみました。
女人禁制で女性はここで帰されたという美女下平の美女下社跡。
立山の美女平となにか関係があるのでしょうか。
伝説のある斧石(よきいし)、犬石。
垢離かき場など、興味深いものがいっぱい並んでいます。
e0064783_15475979.jpg
雨模様の休日、やることがないので鍋倉平に行ってみました。
ルートは禅定道ではなくナベクラ谷からの往復です。
ナベクラ谷は、鍋倉平までは非常に傾斜の強い谷で、途中2段10mほどの滝があります。
e0064783_15484098.jpg
鍋倉平は広い平坦地で、不思議なところでした。
よくあることですが、谷は地形図の水線とは違うところを流れています。
絵地図にあった水芭蕉は確認できませんでした。
石徹白の周辺では出作り・焼き畑が昔から行われてきましたが、このあたりも人が住んでいたのかもしれません。
現在は、平らな部分は全て杉の植林となっています。
e0064783_15484419.jpg
上流二俣まで遡行し戻りました。
そのうちに、コザエモンさんを誘って中居神社から大杉まで通しで歩いてみたいと思っています。




[PR]

by s_space_s | 2018-10-01 20:18 | 山登り | Comments(4)
2018年 03月 21日

石徹白スキーコースまとめ

石徹白エリアの記録もある程度たまりましたので、ここらで地図付きでリストアップしてみました。
参考にしていただけると幸いです。
e0064783_10151752.jpg
タイトルをクリックすると記録のページにとびます。とびます。

e0064783_09500026.jpg
e0064783_09264428.jpg
e0064783_09284986.jpg
e0064783_09581941.jpg
e0064783_09343104.jpg
e0064783_09361204.jpg
e0064783_09395826.jpg
e0064783_09404686.jpg
e0064783_09413575.jpg
e0064783_09423672.jpg
e0064783_06422718.jpg

e0064783_09461841.jpg
e0064783_10085750.jpg
e0064783_10111537.jpg
e0064783_09383966.jpg
e0064783_10184528.jpg
e0064783_10194487.jpg
e0064783_10231595.jpg
e0064783_10242459.jpg
e0064783_10252255.jpg
e0064783_10260572.jpg




[PR]

by s_space_s | 2018-03-21 10:28 | テレマーク | Comments(5)
2018年 03月 20日

石徹白周辺にはいい斜面がいっぱい

新雪の時期はちょっと条件厳しいときもある石徹白エリアですが、残雪のザラメ時期には、割と気楽に楽しめる山もあります。
このシーズン、野伏が大人気ですが、ほかにも楽しめる山がたくさんあります。
3月に入って何回かガイドで入りましたのでご紹介します。

(水後山)
植林が多いエリアですが、快適な尾根もあります。
蝉ヶ岳までなら2時間程度で登れます。
e0064783_06154644.jpg
水後山前衛峰への尾根
e0064783_06154663.jpg
東面には素晴らしい尾根が
e0064783_06154601.jpg
最後はこんな大斜面
e0064783_06154634.jpg

(天狗山)
朝日添(わさびそ)尾根から登りました。
頂上からは別山、白山はもちろん剣岳まで眺められました。

これは尾根の途中から
e0064783_06421866.jpg
上部にはこんな大木も
e0064783_06421887.jpg
天狗山の北面
e0064783_06421892.jpg
下りにも快適斜面が
e0064783_06422718.jpg
尾根の末端は植林帯で、ラインを選ばないと苦労します。

(薙刀山)
標高差は大したことないですが、距離が長いので、時間切れで下りました。
大阪のテレマーカーパ-ティーと前後して登りました。

和田山牧場。右奥が薙刀。左は野伏。
e0064783_06415780.jpg
椎高谷左股横断は少し緊張です。
e0064783_06414186.jpg
薙刀をバックに快適な滑降
e0064783_06414028.jpg
椎高谷右俣横断
ここでお恥ずかしいことに倒木に激突してしまいました。
まだあばら骨が痛いです。反省。
e0064783_06414188.jpg
ミズナラのドングリを食べた熊棚がありました。
e0064783_06415658.jpg
野伏をバックに
e0064783_06415723.jpg
3月18日現在、和田山牧場への林道で2か所、雪が切れているところがありました。
残雪自体は例年より多く、しばらくは楽しめそうです。
わし自身の石徹白ガイドは今シーズン終了です。

また、来シーズンお願いいたします。





[PR]

by s_space_s | 2018-03-20 06:25 | ガイド | Comments(0)
2017年 03月 14日

石徹白バックカントリーガイド(ウイングヒルズ~水後山~石徹白)

3月11日の土曜日、ウイングヒルズから水後山に登り石徹白へ滑り込むルートをガイドさせていただきました。

新雪があることは予想していましたが、スノーシューを履いても膝まで潜る状況で、予定の時間を大幅に過ぎての下山になってしまいました。
往復のコースなら時間をみながら途中で戻れますが、今回のようなラインでは、エスケープルートを考えておくべきでした。
底なしの新雪ではスキーやスプリットボードとスノーシューとでスピードが全然違うことを再認識しました。

e0064783_21520671.jpg
滑りで満足していただけたのはよかった。
結構なパウダーです。
e0064783_21520636.jpg
午後は新雪が腐ってきました。
今回のメンバーのボード技術なら楽しめたのでは。
けど、テレマークでは難しい雪でした。

e0064783_21520718.jpg
バックカントリーガイドの前にはいつも、Powder Search(新雪情報)をチェックしてしています。
8日の夜から9日の朝にかけて長滝(平地)において6時間ほどで30cm積雪が増えています。
また10日の明け方にかけて降水量が急激に増え、それに伴って積雪も10cm以上増えています。
これは警報レベルの降り方で、山がどのような状況になっているのかイメージできなかったのは反省点です。

また、積雪グラフの2つのピークから積雪内が層になっていることも予測されました。
水後山頂上でコンプレッションテストを行った結果、積雪深20cmにタップ5回でSPが観察されました。
60cmにはタップ15回でRP。
比較的傾斜のない尾根上にルートを取りました。
e0064783_08361273.jpg

先日、ご案内したTさんがbcaのニューモデルのポールを持ってみえました。
グリップにスクレイパーが付いているのが便利そうだったので、例によって自分で付けてみました。
要らなくなったスクレイパーを切ってスーパーボンドとアルミビスで固定しただけです。
歩きながらスキーに載って氷りついた雪もこそげれるし、シール張替のときエッジやシールの氷も取れるので、なかなか便利ですよ。

e0064783_21520673.jpg






[PR]

by s_space_s | 2017-03-14 17:34 | ガイド | Comments(0)
2017年 02月 05日

石徹白バックカントリー(野伏ヶ岳)

THE DAY! とまではいきませんでしたが、どぴーかんとは言えるでしょう。

白山が白いなあ。
e0064783_04245592.jpg
東尾根を滑りました。
上のほうカリカリ
e0064783_04252536.jpg
中間は少し気持ちよかったが・・・
e0064783_04253998.jpg
最後はアイスモナカのデザート付き。


来週も野伏です。






[PR]

by s_space_s | 2017-02-05 04:29 | テレマーク | Comments(0)
2017年 01月 28日

石徹白バックカントリーガイド(水後山)暖かい冬山って?

今日は名古屋のスノーボーダーの方をご案内しました。
気温が高く雪が悪かったのが申し訳なかったですが、
最後の広大バーンは楽しんでいただけたかも。
e0064783_22283031.jpg
e0064783_21585619.jpg
いただいた自然薯と百春の今朝しぼりたての酒でいい気分です。
郡上のひね鶏もうまい!
e0064783_21585234.jpg







来週は野伏です。









[PR]

by s_space_s | 2017-01-28 22:09 | ガイド | Comments(0)
2016年 09月 06日

石徹白周辺取材旅行

旧友のコウムラと剣岳のクライミングに行く予定を変更し、石徹白から別山往復と大日ヶ岳、毘沙門岳周遊コースの取材に行ってきました。

9月2日(金)晴れ
石徹白大杉登山口~三ノ峰避難小屋

銚子ヶ峰への笹山三里をゆく
e0064783_20335509.jpg
懐かしい笠羽湿原

e0064783_20340070.jpg
水呑釈迦堂跡の水場を見にいってみる(別山谷側50mほど)
e0064783_20340507.jpg
冷たい甘露が湧き出していた
e0064783_20340248.jpg
たおやかな三ノ峰への道
e0064783_20340733.jpg
三ノ峰避難小屋
e0064783_20340905.jpg
例によって2時から…

e0064783_20341161.jpg
コウムラの骨董品ラジオ
e0064783_20341385.jpg
滋賀山岳連盟の古川理事と同宿。
夜は強風とガス


9月3日(土)曇り
三ノ峰避難小屋~別山往復〜大杉登山口

小屋からご来光が拝める
e0064783_20361292.jpg
オオシラビソ風衝林
e0064783_20362191.jpg
別山平の草原

e0064783_20362528.jpg
池にはさざ波が立ち、逆さ別山見えず
e0064783_20362811.jpg
別山神社
e0064783_20363089.jpg
避難小屋に戻る
e0064783_20363606.jpg
銚子ヶ峰まで戻ると多くの登山者が
e0064783_20363950.jpg
お昼に下山後、コウムラの携帯で気象情報チェック。
明日もなんとかもちそう。

北濃駅の花まんまで昼飯。
そば定食を頼むもおかずと漬物が付いてきただけ。
飯がなくおかしいなと思いながらも美味しくいただく。
コウムラはぷしゅっと。
お勘定のときにおばちゃんと話していて、そば単品だったことに2人(わしとおばちゃん)とも気が付いた。

白鳥のバローまで来て、コウムラがポシェットをお店に忘れてきたのに気づく。
戻ったらおばちゃんたち心配してたみたい。
バローで食料と飲み物買い出し。

長滝の道の駅の芝生広場でくつろぐ。

e0064783_20364119.jpg
15年以上愛用の「もーむす」クーラーボックス
名前は一人もわからない。
e0064783_20364317.jpg
夜はテント泊
満天の星空


9月4日(日)曇り時々晴れ
ハートピア四季~大日ヶ岳東縦走路(南尾根)~大日ヶ岳~水後山~檜峠~毘沙門岳~檜峠~白山禅定道~前谷

ハートピア四季の駐車場から出発
登山口は草に覆われ、その気で探さないと分からない
踏み跡はほぼ明瞭
コウムラ地図不携帯が発覚
e0064783_20253139.jpg
チチタケ

e0064783_20252448.jpg
見た目ほどヤブは厳しくない

e0064783_20253471.jpg
登山道沿いで一番のブナ

e0064783_20253798.jpg
見上げると…
e0064783_20254256.jpg
2か所看板があった
e0064783_20254628.jpg

e0064783_20254965.jpg
前大日手前のトラバースは厳しい

e0064783_20255538.jpg
大日ヶ岳頂上
e0064783_20261738.jpg
モニターに当たった山チョコ
炎天下の車内に置いておいても融けない
塩レモン味

e0064783_20262032.jpg
水後山へ向かう
鎌ヶ峰の道標は1666mピークではなくその南峰にあった

e0064783_20263846.jpg
素晴らしいブナ林
e0064783_20264628.jpg
ウイングヒルズの尾根コースを下る
e0064783_20264850.jpg
国境の宿の祠と一枚岩(一見の価値あり)

e0064783_20265370.jpg
檜峠で午前の部終了
ゴルフ場から嫌われた登山者のため新たに作られた登山道入り口
新道は無理矢理付けた感じで歩きにくい。

e0064783_20265887.jpg
スキー場トップまで来て、コウムラは敗退宣言
熱中症?しゃりばて?

e0064783_20271495.jpg
一人で毘沙門往復
下りで雨がぽつぽつ
e0064783_20272321.jpg
白山禅定道を前谷へ
途中ショートカットを試み時間ロス
e0064783_20273592.jpg
茶屋峠

e0064783_20274056.jpg
長い石畳が残る街道

e0064783_20274399.jpg
前谷床並社跡のトチノキ
根回り6m以上はあるかと思われる巨木

e0064783_20280306.jpg
林道入口までコウムラが車を回してくれていた。
渋滞なしで1時間半で岐阜へ戻る。

参考にさせていただいた、村上俊邦氏の「白鳥 ふる里の山」

e0064783_20320348.jpg
素晴らしい周遊コースだが、一般向けにはちょっとマニアック過ぎ?










[PR]

by s_space_s | 2016-09-06 07:59 | 山登り | Comments(2)
2016年 04月 14日

賞味期限切れ?よも太郎山・願教寺山

【山域】白山山系
【場所】石徹白、よも太郎山・願教寺山
【日時】2016年4月10日(日)
【コース】石徹白大杉登山口~願教寺谷~よも太郎山~願教寺山~願教寺谷右俣滑降(滝上まで)~よも太郎山~願教寺谷~登山口
【メンバー】コザエモンさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】高曇り
【タイム】登山口7:00 よも太郎山10:10~30 願教寺山12:50~13:10 よも太郎山15:30 登山口18:20

コザエモンさんの記録(写真はほとんど同じです。)

ルート図(クリックしてね)
e0064783_10572691.jpg

白鳥あたりから大日を見て完全に雪が消えていたのに驚きました。
これほど雪が消えているとは想像していませんでした。
石徹白に入って周囲の山を見て絶望的だと思ったのですが、コザエモンさんと協議の結果、せっかくなので板を担いで入山することに。
結果的に、渡渉、藪こぎなどありましたが、焼き魚の骨についた身をしゃぶりつくすように、残雪スキーを楽しむことができました。
杏より梅が安し。


例年なら急な雪壁になってトラバースが恐ろしい大滝上も楽勝です。

e0064783_21283811.jpg
笠羽橋まで来ても、まだスキーは使えそうにありません。
でも、コザエモンさんと協議の結果、渡渉して突っ込むことに。
ここは水量が多く、スキーブーツでの飛び石が恐ろしかった。
e0064783_21283846.jpg
北願教寺谷出合あたりからスキーが使えるようになりました。
こうなればこっちのもんだ。
e0064783_21324584.jpg
本谷を渡渉し、願教寺谷へ入ります。
e0064783_21283993.jpg
ここは大したことない。
e0064783_21324618.jpg
なかなかいい感じですが…。

e0064783_21283825.jpg
やっぱり谷は割れています。

e0064783_21302216.jpg
渡渉を数回
e0064783_21324545.jpg
よも太郎と日岸山のコルへ向かう谷を詰めました。
途中に全層雪崩のデブリが。
e0064783_21352561.jpg
左手の日岸山の斜面は笹が出ていました。
e0064783_21352607.jpg
コルの手前からよも太郎へ。
帰りが楽しみな斜面です。

e0064783_21302247.jpg
銚子ヶ峰は滑るとこなさそう。
e0064783_21352614.jpg
よも太郎から見る願教寺。
稜線上は雪が消えています。
時折、ガラガラと落石の音が響きます。
e0064783_21352621.jpg
願教寺へは相当苦労することが予想されましたが、コザエモンさんと協議の結果、突っ込むことに。
コルまでは1回藪漕ぎが入りましたが、まずまずの斜面でした。
e0064783_21370082.jpg
雪が付いていない南東尾根を乗越て願教寺谷の右俣にルートを取ろうとしましたが、谷を覗いてみたら雪が繋がっておらず。
戻って主稜線に出ることにしました。
完全に藪漕ぎです。
e0064783_21302231.jpg
願教寺の壁が素晴らしい迫力で迫ってきます。

e0064783_21370019.jpg
こんな感じ。

e0064783_21370021.jpg
右俣の斜面に入ればスキーが使えます。
コザエモンさんガス欠ぎみです。
e0064783_21433178.jpg
登っていて大きな獣が頂上直下を横切るのが見えました。
肩まで来ると足跡が残っていました。
e0064783_21370836.jpg
クマかと思ったけどカモシカでした。

e0064783_21370931.jpg
頂上直下は少し急ですが、あとは快適斜面です。
縦溝が少し邪魔ですが。
e0064783_21302276.jpg
コザエモンさんいい感じ。
重いファットを持ってきたかいがあった(かな?)。
e0064783_21370030.jpg
わしの自家製ロッカー付ヌーニョも快調です。

e0064783_21302293.jpg
残念ながら滝場で雪が切れており、よも太郎に戻ることになりました。

e0064783_21370905.jpg
よも太郎からもいい斜面が滑れたので、結果オーライです。

e0064783_21324550.jpg
往きに渡ったスノーブリッジがさらに細く。
e0064783_21370988.jpg
往きのトレース上にブロックが落ちてきたところも。

e0064783_21370805.jpg
もう日暮れが近い。
e0064783_21410838.jpg
笠羽橋手前の渡渉。
サンクスゴッドロックを這って進む

e0064783_21410826.jpg
本谷の側壁には雪融け水で幾つか滝ができていました。

e0064783_21410823.jpg
ヘッドランプのお世話にならずに帰ることができました。






[PR]

by s_space_s | 2016-04-14 12:27 | テレマーク | Comments(2)
2016年 02月 28日

石徹白バックカントリーガイド(水後山)

三重のスノーボーダーの方を案内させていただきました。
同年代なので、ハイクアップしながら話がはずみました。
肝心の滑りですが、昨年、良いラインだと思っていたところが、雪少なくブッシュがうるさくスノーボードでは厳しかったのが申し訳なかったです。

下部の広大バーンはもちろんGOOD!
ボードにはこういうとこが似合いますね。



e0064783_22040355.jpg
一番のミズナラ
e0064783_22040393.jpg
洞に出入りした跡がありました。
たぶんテン
e0064783_22040376.jpg
水後山手前のジャンクション

e0064783_22040280.jpg
雪が少なく杉の苗が出てました。
e0064783_22040374.jpg

谷も渡渉です。
e0064783_22040311.jpg
鬱憤を晴らすような最後の広大バーン。
e0064783_22040330.jpg
しゃわしゃわでしたが、気持ちいかったです。
e0064783_22040377.jpg
















[PR]

by s_space_s | 2016-02-28 22:20 | ガイド | Comments(0)
2016年 02月 12日

石徹白バックカントリーガイド(毘沙門岳)

雪が少ない今シーズンですが、好天に恵まれて楽しいツアーができました。
ご案内したのは大学時代基礎スキー部に在籍し、今も年間何十日も滑ると言われるIさん。
普通なら苦労する毘沙門直下の藪交じりの新雪でも楽しんでいただけたようです。

別山を望む
e0064783_08321031.jpg
ウサギが輪を描いた
e0064783_08321049.jpg
テムレスいい感じです。
e0064783_08321081.jpg
白鳥高原からのトレースと合流
笹と藪が全然隠れていません。
e0064783_08321016.jpg
狭い新雪斜面を縦に落ちていく
e0064783_08321061.jpg
こりゃあ気持ちいい!
e0064783_08321058.jpg
振り返ると、やっぱり藪ヤブです。
e0064783_08321015.jpg
最後のお楽しみの新雪
e0064783_08321079.jpg
スキー場跡ではボーダーの皆さんが遊んでみえました。
おおシーハイル!

e0064783_08321030.jpg
バックカントリースキーガイドのご案内






[PR]

by s_space_s | 2016-02-12 08:41 | ガイド | Comments(0)