人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 248 ) タグの人気記事


2019年 11月 17日

BBがまたガタガタ

2月に通勤用のママチャリのボトムブラケット(BB)のリテーナーを新品に変えたのに、また、がたが出始めました。
左ワンはモンキーレンチで簡単に回せるので外してみると、ワンが緩んだためリテーナーが擦れたのでしょうか。
見るも無残に擦り切れてました。
e0064783_20295153.jpg
右ワンのほうが緩んだのが原因のようですが、右ワンは特殊な形状です。

e0064783_20555608.jpg
ポンチとハンマーで少しずつ回すことはできますが、しっかり締めこむことができず、すぐに緩んできます。
専用の工具はこんなふう。

e0064783_20555698.jpg
ただのアダプターなのに4千円ほどします。
インターネットの情報では、M16のナットとボルトで回すことができるらしい。

ボルトは家にある何かの部品で代用できるような気がしたので、とりあえずホームセンターでM16ナットを買ってきました。
55円でした。
自転車部品の箱を混ぜ返してみると、ハブのクイックレリースシャフトが使えそう。

e0064783_20365374.jpg
やってみると上手い具合にセットできました。
あとは出っ張ったナット部分をモンキーで回すだけ。
e0064783_08593231.jpg
ワンの突起に引っかかっている部分が小さいので、シャフトで固定しないとナメてしまうと思います。

e0064783_20365327.jpg
ワンをしっかり締めこんで、リテーナーから外れたベアリングを直に入れて組み立てました。
取りあえず、滑らかな回り具合になりました。
ワンのねじ山に問題があるかも知れないので、また緩んでくる可能性はありますが。




かみさんが中津川の苗木城に遊びに行って、お土産にチコリを買ってきました。
白菜の芯みたいな形で、味も癖もない不思議な野菜でした。
こう書くと、美味しくないみたい?

e0064783_20370599.jpg
載せるもので味が決まる。


オリーブオイルでソテーにするのがおいしかった😋🍴💕




by s_space_s | 2019-11-17 22:07 | 自転車 | Comments(0)
2019年 10月 24日

楽しいキノコ採り

郡上方面にキノコ採りに行きました。
ナメコ狙いでしたが、今シーズンはまだ冷え込みがあまく、ナメコには早い感じでした。
そのかわり、色んな種類のキノコがまだ出ていて、楽しめました。

シロナメツムタケ
ナメコを上品にしたような美味しいキノコです
e0064783_21335055.jpg
ムキタケ
ツルンとした舌ざわり

e0064783_21335075.jpg
アミタケとクギタケの典型的な共生?

e0064783_21335061.jpg
呑兵衛には要注意のホテイシメジ

e0064783_21335048.jpg
わしはもっと開いたのが好きです。

e0064783_21343934.jpg
まだ、紅葉には早い

e0064783_21344823.jpg
初ジェットボイル

e0064783_21344850.jpg
本日、大漁だったナラタケ

e0064783_21344867.jpg
かみさんの一番好きなチャナメツムタケ

e0064783_21345209.jpg
林道で戻ります

e0064783_21350497.jpg
林道脇にもハタケシメジが出ていて、最後まで楽しめました。

e0064783_21350420.jpg
その他、見かけたキノコ
カワムラフウセンタケ、クリタケ、ヌメリイグチ、ニガクリタケ、マスタケ、ハナビラタケ、キナメツムタケ

家に帰ってナメコ以外のキノコを全部入れて鶏の鍋をしました。
数種類のキノコを入れると旨味の相乗効果があると、信州のキノコ博士こと赤田ガイドに教わりました。

ナラタケは茹でてから冷凍します。
ゆで汁と一緒に冷凍するのがこつです。

e0064783_21350903.jpg
ナメコは定番の味噌汁とナメコおろしです。





by s_space_s | 2019-10-24 12:40 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2019年 10月 11日

こけ採り

錫杖でクライミングの予定が、アプローチで小雨が降ってきて、モチベーションが底をついて、こけ採りに行くことになりました。

今日はここ(懐かし~)
e0064783_20173235.jpg
こんなのや
e0064783_20173222.jpg
キシメジと間違えて愛シメジが採れました。

時間があったので高山の蕎麦屋「夢の蔵」で蕎麦をすすり、オークビレッジに寄って帰りました。
夢の蔵のおばちゃんは忙しそうでした。

オークビレッジ展示室の家具の造りには感心しましたが、使うには家にある飛騨産業のもので十分だと思いました。
根っから貧乏性なのか、贅沢な「もの」を欲しいという気が起こりません。
高級車を欲しがらないような男は男性的な魅力がないみたいです。


味噌仕立ての鍋にして初物をいただきました。
いろんなキノコの味がミックスしていい味が出てました。

e0064783_20173109.jpg







by s_space_s | 2019-10-11 20:28 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2019年 10月 07日

富士山の旅(1日目)

かみさんが富士山に登ってみたいというので、自家用車の規制が終わった9月中旬以降で計画しました。
結果的に9月下旬の土日になってしまい、予約しようと思って分かったことですが、富士山の登山シーズンは既に終わっていたのでした。
山小屋も予約できなかったので、御殿場に安宿を取って、日帰りで登れるとこまで登ることにしました。

1日目は御殿場周辺で観光しました。


お昼を食べた富士山樹空の森
e0064783_22230926.jpg
御殿場名物のみくりやそば
甘い出汁のうどん的な蕎麦です。
e0064783_22230950.jpg
富士山御胎内清宏園

受付のおじさんが一見こわそうなのに、親切に色々説明してくれて、いい感じでした。
e0064783_22230920.jpg
園内にある胎内神社は子宝と安産にご利益のある神社です。
安産祈願の絵馬を奉納しました。
e0064783_22233669.jpg
御胎内の図
e0064783_22233683.jpg
入口からして中腰です。
e0064783_22233657.jpg
e0064783_22241577.jpg

e0064783_22241504.jpg
e0064783_22241468.jpg
e0064783_22244240.jpg
え!こんなとこ通れるの?
e0064783_22244298.jpg

e0064783_22244237.jpg
e0064783_22252218.jpg
基本的には植物園です。

e0064783_22273433.jpg
風穴をはしごしました。
富士山周辺最大の溶岩洞窟 駒門風穴
e0064783_22274821.jpg
こっちは入り口からしてばかでかい。
e0064783_22280361.jpg
中は年中13度で寒いぐらい。

e0064783_22280363.jpg
規模は大きいですが、胎内くぐりに比べるとインパクトは小さい
e0064783_22280323.jpg

e0064783_22284707.jpg

e0064783_22284752.jpg
地上に復帰

e0064783_22284773.jpg

南海薬草館という宿泊施設に泊まりました。

外観を見たとき、大丈夫か?と思ったけど、国道が夜中うるさかったのを除けばいい宿でした。
薬草風呂が濃くて熱くて気持ちよかったです。

e0064783_22291410.jpg
ビールを飲みながら、ラグビーの日本×アイルランド戦を観戦しました。
e0064783_22291446.jpg
宿の裏は田んぼで、富士山には雲がかかっています。


e0064783_22295177.jpg
御殿場は焼き肉の店が多い。

e0064783_22295109.jpg
明日は雨の予報なので、のんびりしよう。



2日目のお話






by s_space_s | 2019-10-07 22:32 | 旅行 | Comments(0)
2019年 09月 26日

今シーズンラスト釣行

連休中日の午前中は天気がもつかもしれない。
けど、クライミングは岩が濡れててやる気がしないので、釣りでお茶を濁すことにする。
朝、車を降りてズック靴を履こうとしていたら、腰に違和感が(魔女の一撃)。

ここで帰るのももったいないので、木の枝を杖にして、ゆっくり歩いてみることにした。
今回も山越えしての源流釣行。
沢を下ると滝がありそうなので、地図をみて緩やかな尾根を降りたら、はまった。
ネマガリタケが強烈なうえに地形が緩すぎてコンパス直進するしか手がない。

e0064783_20284374.jpg
ブナ林に入ると笹も薄くなり、楽になった。
e0064783_20284393.jpg
目的の沢の中流に予定どおり降り立つことはできたが、腰が痛いのもあって時間がかかってしまった。
早速、竿を出すと思ったより毛バリへの反応はいい。
けど、谷の規模的にあまり大きいのはいないようだ。

釣れてくるのはネイティブな感じのイワナ
e0064783_20284341.jpg
日本海に注ぐ水系なのに、こんな感じは珍しい
e0064783_20284251.jpg
ある仮説が頭に浮かんでくる。
特定のイワナの系統にそれほど関心があるわけではないので、つっこんだ探究はしない。

納竿して、釣った魚の腹を裂くと、この時期当然のことながら、卵が出てくる。
今回は胃袋と肝臓もきれいに処理して醤油の入った容器に詰めて帰った。
2日ぐらい寝かせると、ホタルイカの沖漬けに似た感じの酒の肴ができた。
e0064783_20310530.jpg
こりこりして、なかなかいける。
岩魚の源流漬けと命名






by s_space_s | 2019-09-26 12:41 | 釣り | Comments(0)
2019年 09月 03日

ねじ式閉店(2回目)

1年前にふっかつした「ねじ式」がいろいろ事情があって8月いっぱいで閉店することになりました。
最後にちょっと顔を出そうとコザエモンさんからお誘いがあったので、柳ヶ瀬へ。
酒はいっぱいあるけど、肴が寂しいので御浪町のやきどり屋に寄りました。
e0064783_21410450.jpg
昭和30年当時の写真
e0064783_21393422.jpg

e0064783_21393425.jpg
持ち帰りの焼き鳥が焼けるまで、ビールを一本
e0064783_21393489.jpg
みんなの分も見込んで3パック焼いてもらって「ねじ式」へ

e0064783_21400360.jpg
けっこう賑わってます。
日本酒の瓶を次々に空けてコザエモンさん絶好調。
e0064783_21400128.jpg
何を歌ったか覚えがない。
壁に掛けた帽子を忘れそう・・・

e0064783_21400287.jpg
このあたりから記憶が・・・

e0064783_21400247.jpg
コザエモンさんはちゃんと終電までに帰ったようです。
e0064783_21400295.jpg
・・・
e0064783_21400233.jpg
結局、帽子を忘れ、式子さんにまた会う口実ができました。



1回目閉店のときのお話






by s_space_s | 2019-09-03 12:43 | あほばなし | Comments(0)
2019年 08月 19日

荘川の夏、日本の夏

シャワークライミングのガイドで荘川に行ってきました。
台風時の増水がまだ引き切らず、かなり水が多い状況でしたが、平水と違う遊びもできて楽しかったです。
2日連続だったのでガイドハウスに泊まらせてもらいました。
e0064783_11391355.jpg
ガイドのみんなはまだ残務整理?
一人でプシュっといただきます。
e0064783_11391325.jpg
缶ビール片手に、裏の庄川を覗いてみると、まだかなり水が多い。
昼間は暑かったけど、夕方になればこっちは涼しい。

e0064783_11391364.jpg
夜はいつものことながらよく飲んで、知らないうちに寝てました。
翌朝は早起きして、宮城から夏のあいだだけODファームに来ている、樵のじゅんさんと釣りに行きました。
車で簡単に入れる小谷でしたが、結構いいのが連れました。
e0064783_17142698.jpg
尺はない

e0064783_11391475.jpg
午後は、またシャワクラ。
夏の間、荘川に来ていたガイドの皆さんも、ぼちぼち地元に帰るころで、今夜は地区の宵祭り。
飛騨牛のバーベキューなど食べきれないほど出るらしい。
ODSSからもピザや北海道から北さんが取り寄せたハナサキガニを提供するそうです。

参加しないわしにもカニを1匹いただきました。
ハナサキガニは初めてでしたが、家でかみさんと食べたら美味かった。

シャワクラはあと1回でわしの担当は終わりです。





by s_space_s | 2019-08-19 17:23 | ガイド | Comments(0)
2019年 08月 05日

三河湾の観光漁業 漁師体験「まんが漁」

釣りの師匠Kさんのお誘いで、底引き網の一種「まんが漁」の体験に行ってきました。
海底にいる生き物が全部上がってくるので、仕分けが大変だけど、面白い。
中には刺したりするやつもいて漁師さんの仕事は危険と隣り合わせです。
釣りと違って一網打尽なので、死んでしまう小魚なども多くて、ちょっとした罪悪感もあったけど、これも慣れなのかも。

小ぶりですが、シャコが大漁で、持って帰って茹でるのが大変でした。
ご近所に配って、あとは自分たちで食べました。
あの虫っぽい感じにはまだ慣れませんが、味は美味かったです。

陸に上がってからのお祭りも楽しかった。

e0064783_05263570.jpg

e0064783_05263559.jpg
川谷拓三似の乗組員さん
e0064783_05262676.jpg
e0064783_05262514.jpg
爪の付いたバーで海底を掻いてきた結果

e0064783_05262639.jpg
危ないやつも

e0064783_05263519.jpg
シャコは生きていないと酵素で自分を消化してしまうらしい
死んだのは捨てて冷房の効いた生け簀に入れて持ち帰る
e0064783_05262515.jpg
船上で蒸してもらったシャコとワタリガニ
e0064783_05263565.jpg
石楠花色に変わったシャコ

e0064783_05264553.jpg
ワタリガニの味噌がうまい!
e0064783_05264443.jpg
宇宙人が捕れた

e0064783_05264587.jpg
危険な宇宙人の武器
e0064783_05264431.jpg
こんなに食べれないと分かっていても、もらってしまう
e0064783_05265376.jpg
エビやハゼのほうが良かったかも

e0064783_05265339.jpg
夕方からマリーナで夏祭り
フラとタヒチアン
e0064783_05265358.jpg

地元の中学校ブラスバンドも参加
ダンディーなK師匠はお母さまとお友達になっていた
e0064783_05265380.jpg
マグロの解体ショー

e0064783_05270064.jpg
夜の帳が降りるころになると、ダンサーが妙に艶めかしく
e0064783_05270078.jpg
家に帰るともう11時過ぎてました。
翌日はシャワクラのガイドなのに、大鍋で何回もシャコを茹でました。
もちろん、コップ片手に。






by s_space_s | 2019-08-05 20:38 | 釣り | Comments(0)
2019年 07月 21日

タコ釣りに行ってきました。


土曜日はなんとか持ちそうな空模様

e0064783_18032127.jpg
まずは、タコの餌を採ります。
結局、人間の腹に収まることになるのですが。
e0064783_18033065.jpg
無風の凪

e0064783_18032241.jpg
いくつかポイントを変え師匠に待望の大タコが

e0064783_18032911.jpg
わしは小さいので十分
e0064783_18032987.jpg
サビキでアジも沢山釣れ

e0064783_18032180.jpg
刺身が美味かった
e0064783_18032103.jpg
ナビをスマホに頼るとnっG。っfっdmfーfbーっーっbーーdっmd。bーー。bdっっbbっbmーdっっっbっmー。





by s_space_s | 2019-07-21 21:21 | 釣り | Comments(0)
2019年 07月 19日

強烈なツタウルシのかぶれ

先日、揖斐の奥に釣りに行った帰り、アジサイの仲間のイワガラミの花がたくさん咲いていました。
ブナなどの老木によく絡みついているつる性の樹木です。
イワガラミの新芽は山菜として利用でき、キュウリのような匂いがします。

ちょっと匂いを嗅いでみようと、小さな芽を摘まんで揉んでみました。
なんかキュウリのにおいがしない。
おかしいなと思いよく見てみると・・・
ガーン!
イワガラミとツタウルシが絡み合っていたのでした。

しまった~。鼻にこすりつけてしまった。
水もなかったので、その場ではよく拭っておくだけで、家に帰って顔を洗いました。

晩酌しながら、採ってきた山椒の実の柄を取っていて、鼻の下はどうもなっていないので安心しました。
山椒の実を触った指を舐めると、口の中が痺れて面白く、
それを肴?に酒も進みます。
e0064783_21234765.jpg
翌日、出勤して、顔を洗う時に鏡を見ると、鼻の下にほくろのようなものがついていました。
最初はピンと来なかったのですが、これはかぶれたのだと思いました。
以前に遊びでヌルデの葉っぱを腕に擦りつけてみたことがあります。
その時は、4日目ぐらいに透明な湿疹が出てきました。

この黒っぽい斑点は以前にも覚えがあり、あごの下をかぶれて、最後には傷が残るぐらいひどいかぶれになった。
その時のことを思い出しました。

それから3日後、やっぱり鼻の下に大きな水泡ができて、汁が垂れてます。
職場の皆さんは、わしと会うとしげしげと顔を見てきます。
その様子が面白く、「私の顔に何かついてます?」的な何気ない顔をして、反応を楽しんでます。






by s_space_s | 2019-07-19 08:15 | 自然 | Comments(2)