人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 242 ) タグの人気記事


2019年 08月 19日

荘川の夏、日本の夏

シャワークライミングのガイドで荘川に行ってきました。
台風時の増水がまだ引き切らず、かなり水が多い状況でしたが、平水と違う遊びもできて楽しかったです。
2日連続だったのでガイドハウスに泊まらせてもらいました。
e0064783_11391355.jpg
ガイドのみんなはまだ残務整理?
一人でプシュっといただきます。
e0064783_11391325.jpg
缶ビール片手に、裏の庄川を覗いてみると、まだかなり水が多い。
昼間は暑かったけど、夕方になればこっちは涼しい。

e0064783_11391364.jpg
夜はいつものことながらよく飲んで、知らないうちに寝てました。
翌朝は早起きして、宮城から夏のあいだだけODファームに来ている、樵のじゅんさんと釣りに行きました。
車で簡単に入れる小谷でしたが、結構いいのが連れました。
e0064783_17142698.jpg
尺はない

e0064783_11391475.jpg
午後は、またシャワクラ。
夏の間、荘川に来ていたガイドの皆さんも、ぼちぼち地元に帰るころで、今夜は地区の宵祭り。
飛騨牛のバーベキューなど食べきれないほど出るらしい。
ODSSからもピザや北海道から北さんが取り寄せたハナサキガニを提供するそうです。

参加しないわしにもカニを1匹いただきました。
ハナサキガニは初めてでしたが、家でかみさんと食べたら美味かった。

シャワクラはあと1回でわしの担当は終わりです。





by s_space_s | 2019-08-19 17:23 | ガイド | Comments(0)
2019年 08月 05日

三河湾の観光漁業 漁師体験「まんが漁」

釣りの師匠Kさんのお誘いで、底引き網の一種「まんが漁」の体験に行ってきました。
海底にいる生き物が全部上がってくるので、仕分けが大変だけど、面白い。
中には刺したりするやつもいて漁師さんの仕事は危険と隣り合わせです。
釣りと違って一網打尽なので、死んでしまう小魚なども多くて、ちょっとした罪悪感もあったけど、これも慣れなのかも。

小ぶりですが、シャコが大漁で、持って帰って茹でるのが大変でした。
ご近所に配って、あとは自分たちで食べました。
あの虫っぽい感じにはまだ慣れませんが、味は美味かったです。

陸に上がってからのお祭りも楽しかった。

e0064783_05263570.jpg

e0064783_05263559.jpg
川谷拓三似の乗組員さん
e0064783_05262676.jpg
e0064783_05262514.jpg
爪の付いたバーで海底を掻いてきた結果

e0064783_05262639.jpg
危ないやつも

e0064783_05263519.jpg
シャコは生きていないと酵素で自分を消化してしまうらしい
死んだのは捨てて冷房の効いた生け簀に入れて持ち帰る
e0064783_05262515.jpg
船上で蒸してもらったシャコとワタリガニ
e0064783_05263565.jpg
石楠花色に変わったシャコ

e0064783_05264553.jpg
ワタリガニの味噌がうまい!
e0064783_05264443.jpg
宇宙人が捕れた

e0064783_05264587.jpg
危険な宇宙人の武器
e0064783_05264431.jpg
こんなに食べれないと分かっていても、もらってしまう
e0064783_05265376.jpg
エビやハゼのほうが良かったかも

e0064783_05265339.jpg
夕方からマリーナで夏祭り
フラとタヒチアン
e0064783_05265358.jpg

地元の中学校ブラスバンドも参加
ダンディーなK師匠はお母さまとお友達になっていた
e0064783_05265380.jpg
マグロの解体ショー

e0064783_05270064.jpg
夜の帳が降りるころになると、ダンサーが妙に艶めかしく
e0064783_05270078.jpg
家に帰るともう11時過ぎてました。
翌日はシャワクラのガイドなのに、大鍋で何回もシャコを茹でました。
もちろん、コップ片手に。






by s_space_s | 2019-08-05 20:38 | 釣り | Comments(0)
2019年 07月 21日

タコ釣りに行ってきました。


土曜日はなんとか持ちそうな空模様

e0064783_18032127.jpg
まずは、タコの餌を採ります。
結局、人間の腹に収まることになるのですが。
e0064783_18033065.jpg
無風の凪

e0064783_18032241.jpg
いくつかポイントを変え師匠に待望の大タコが

e0064783_18032911.jpg
わしは小さいので十分
e0064783_18032987.jpg
サビキでアジも沢山釣れ

e0064783_18032180.jpg
刺身が美味かった
e0064783_18032103.jpg
ナビをスマホに頼るとnっG。っfっdmfーfbーっーっbーーdっmd。bーー。bdっっbbっbmーdっっっbっmー。





by s_space_s | 2019-07-21 21:21 | 釣り | Comments(0)
2019年 07月 19日

強烈なツタウルシのかぶれ

先日、揖斐の奥に釣りに行った帰り、アジサイの仲間のイワガラミの花がたくさん咲いていました。
ブナなどの老木によく絡みついているつる性の樹木です。
イワガラミの新芽は山菜として利用でき、キュウリのような匂いがします。

ちょっと匂いを嗅いでみようと、小さな芽を摘まんで揉んでみました。
なんかキュウリのにおいがしない。
おかしいなと思いよく見てみると・・・
ガーン!
イワガラミとツタウルシが絡み合っていたのでした。

しまった~。鼻にこすりつけてしまった。
水もなかったので、その場ではよく拭っておくだけで、家に帰って顔を洗いました。

晩酌しながら、採ってきた山椒の実の柄を取っていて、鼻の下はどうもなっていないので安心しました。
山椒の実を触った指を舐めると、口の中が痺れて面白く、
それを肴?に酒も進みます。
e0064783_21234765.jpg
翌日、出勤して、顔を洗う時に鏡を見ると、鼻の下にほくろのようなものがついていました。
最初はピンと来なかったのですが、これはかぶれたのだと思いました。
以前に遊びでヌルデの葉っぱを腕に擦りつけてみたことがあります。
その時は、4日目ぐらいに透明な湿疹が出てきました。

この黒っぽい斑点は以前にも覚えがあり、あごの下をかぶれて、最後には傷が残るぐらいひどいかぶれになった。
その時のことを思い出しました。

それから3日後、やっぱり鼻の下に大きな水泡ができて、汁が垂れてます。
職場の皆さんは、わしと会うとしげしげと顔を見てきます。
その様子が面白く、「私の顔に何かついてます?」的な何気ない顔をして、反応を楽しんでます。






by s_space_s | 2019-07-19 08:15 | 自然 | Comments(2)
2019年 06月 30日

オフシーズンに差をつけろ!サマーゲレンデ2回目

土日のうち土曜日がましそうだったので、tsutomuさんと2回目のサマーゲレンデへ。
ロッテフェラーのフリーダムとクリスピのSHIVERというNTNのセットで滑ってみました。
1本目は、エッジシャープナーで削ったエッジがブラシに歯が立たず、滑りになりませんでした。

tsutomuさんと相談して今回はレンタルショップのチューンナップに出してみました。
こっちは1000円です。
K PROJECTの出張ブースは1500円です。
7分ぐらいの作業時間のはずなのに結構時間がかかりました。

急ぐ必要もないので2人でロビーでぼけっ~としていたら30分ほどで出来上がり。
tsutomuさんの山スキーでボロボロになったエッジはブラシに効くようにするのに、相当削らないといけなかったみたいです。

足場ができればtsutomuさんも普通にテレマークしてて感心しました。
わしのほうはきついカービングの板に最初は慣れなかったけど、数本滑るうちに気持ちよくなってきました。

e0064783_16282549.jpg
NTNのセットにも慣れてきました。
e0064783_16282514.jpg
このあたりがピークかな。



そのうち、またエッジが甘くなって、1回持参のエッジシャープナーで削って、あと数本。

センターハウスに「オフシーズンに差をつけろ!」というポスターがありました。
tsutomuさんはそんな予感がするぐらい楽しんでいたみたい。

帰りに美濃市の柳谷食堂でとんちゃんを買って帰ろうと寄ったら準備中だったので、国道沿いの島屋食堂に寄りました。
こっちのほうは少しとんがらしの効いたピリ辛のあっさり系。
「男はつらいよ」を観ながら酒がすすみました。






by s_space_s | 2019-06-30 20:39 | テレマーク | Comments(0)
2019年 06月 24日

美奈登食料品店が閉店

87歳の母が高山市である女学校の同窓会に出席したいというので、休日出勤の代休をあてて車で送っていきました。

まずは駅前のホテルで母を下ろし、高山市役所でのわしの用事もすぐ済んだので、近くの渓流に行ってイワナを引っかけて暇つぶしをしました。
e0064783_16265154.jpg
釣りにも飽きて、渓流沿いの木陰でモー娘のクーラーボックスに腰かけてぼけーっとしてから、予定の時間になったので、母を迎えに行きました。
高山へ来ると、懐かしいと言ってよく寄る惣菜店「美奈登」に買い物に行きました。
場所は通りからちょっと入った、わかりにくいところです。
e0064783_16265013.jpg
中はこんな感じ。

e0064783_16265044.jpg
店のおばちゃんと話をしていたら、今月いっぱいで閉店することになったことを知りました。
閉店の話を聞くと、母はご近所へのお土産だと言って、大量のお惣菜を買い込んでいました。
e0064783_16265081.jpg
うちにもおすそ分けもらいました。
小芋の煮っころがし、ゼンマイの煮物、にたくもじ、フキの煮物
昔から食べ慣れた高山の味付けです。
祭りとか法事を思い出します。
e0064783_16265026.jpg
美奈登食料品店
高山市八軒町2丁目30


高山からの帰りはせせらぎ街道で郡上に出ました。
ここでも、かしわ専門店「鳥信」に寄って懐かしい味を買って帰りました。
大人気の「皮きもミックス」です。
このひね鳥の皮と肉は、初めて食べたら驚くくらいの歯ごたえです。
かめば噛むほど味が出る。
e0064783_16265036.jpg
100gで100円です。

鳥信商店 小野店(Aコープ郡上店前)
八幡町小野6丁目7−13

夕食には、ハムと野菜の炒め物も出ていました。
明宝ハムか明方ハムのどっちかわかりませんが、これも郡上の味ですね。
わしには違いがわかりません。
e0064783_16265129.jpg
飛騨の味も郡上の味も酒に合うものばかりで、また飲みすぎました。







by s_space_s | 2019-06-24 21:24 | うまいもん | Comments(0)
2019年 06月 10日

二日連続で

出張の帰りにコザエモンさんと一宮の駅裏でいっぱい。
平和がいちばん。
おばちゃん二人で切り盛りするお店はカウンターのみで、いい感じ。
e0064783_20415064.jpg
キング・オブ・ドリンクをたくさん呑みました。
あては味噌おでん、ねぎま、しいたけ、牛筋、などなど
e0064783_20415801.jpg
このあたりは、繊維業界華やかなりしころ賑わっていたんだな。
e0064783_20420303.jpg
岐阜で飲むのと違い、終電を意識する緊張感もあり、珍しく正気で帰りました。
なのに、家に帰って呑み直しで、翌朝は反省することしきり。


こういう時に限って、翌日は爽やかないい天気。
夕方、酒も抜け(ホントか?)、近所のまっちゃんの家にまた飲みに行きました。
手土産は、先ごろ亡くなった親父が飲んでいたウイスキーのジャンボボトル。
借りっぱなしだった、新・冒険論も返さねば。

親父は、ビールは腹が膨れて酔えないからと、ビールにウイスキーを入れて飲んでた。
わしも実家で飲むときはそうやって飲んでました。
こいつは、爆弾とか言われる、れっきとした飲み方で、リバー・ランズ・スルー・イットのブラピもやってたなあ。
e0064783_20421692.jpg
まっちゃんは新居?のベランダに七輪を用意して待っていてくれました。
美濃市は柳屋のホルモンを焼きながらビールと焼酎を飲む。
ナビィの恋」のサントラを聴いてると、離島のコテージのような夜風が吹いて。

e0064783_20421626.jpg
新しい職場がいいとこで、表情も明るいまっちゃん。
奇しくも、わしのテレマークの大師匠が、まっちゃんの新しい職場の班長さんなんだとか。
師匠!また一緒に滑ってください。

e0064783_20421793.jpg
例によって、これからの山の話になったが、自分のやりたい山の話ができず寂しかった。






by s_space_s | 2019-06-10 22:19 | うまいもん | Comments(0)
2019年 06月 03日

リベンジできた?

昨年、地図読みを失敗して、違う尾根を降りてしまった、郡上の谷へ行ってきました。
2回目行ってみると、なんで間違ったか分からないくらい単純な尾根でした。
何が原因かを検証できないということは、またやらかす可能性があるということなんですが・・・。

日曜日は、最近の暑さがうそのような爽やかな天気で、毛ばり釣りには少し寒すぎた。
林道の広場から歩き出すと、野鳥の声が賑やかです。
本日確認できたのは、ヤマガラ、シジュウカラ、キビタキ、コルリ、ヤブサメ、ミソサザイ、アオバトなど

新緑の雑木林は歩きやすい。

e0064783_19274089.jpg
谷へ降りる尾根はかなり急で、食害を逃れたアセビの灌木がありがたかった。
前回よりかなり下流に降りることができました。

直登不能の10m。
ここまで、アマゴの反応がいまいち。
e0064783_19274051.jpg
滝の上にもいるのは確認済なので、反応がなくても粘ります。
たまに出るアマゴはいい型が多い。
今日は、結構いい確率で引っ掛けることができました(11匹/?回)。
e0064783_19274123.jpg
水温が低く流れ込みに隠れていたやつを誘い出して、ヒットしたときの快感は格別でした。
e0064783_19274075.jpg
流域が自然林なので、ここのアマゴはよく肥えています。

e0064783_19275384.jpg
帰りの林道で、子ぎつねの兄弟が道を渡っている間に車を入れてしまいました。
渡っていない2匹が渡ってしまった1匹?を心配して行ったり来たり。
邪魔してごめんね。

今回は、地図読みも毛ばり釣りも、まあまあ思うようにできました。
車も少ない日曜午後の156号を、T.RexのTanxかけて、一緒に歌いながら帰りました。


家に帰ってアマゴを塩焼きにして食べました。
天然のアユはキュウリのにおいがします。
ここのアマゴは山椒の香りがして美味かった。
食べている昆虫の関係でしょうか。








by s_space_s | 2019-06-03 12:56 | 釣り | Comments(0)
2019年 05月 10日

山菜のレパートリーが増えました。

GWにかみさんの実家の家族も呼んで、石窯ピザパーティーをやりました。
娘の旦那がピザやに勤めていたことがあり、本格的なのを作ってくれました。
わしは焼く係。

半熟卵の載ったビスマルク
e0064783_10242281.jpg
4種類のチーズと蜂蜜のハーモニー、クワトロフォルマッジ
e0064783_10241410.jpg
恵那山を飲みながら
e0064783_10241443.jpg
ここからが本題です。
よく川の堤防や道端に生えているこの雑草、見覚えありますよね。
e0064783_10404767.jpg
イタドリです。
昔、山菜を勉強しはじめたころ、身近な山菜として天ぷらにして食べたことがありました。
むちゃくちゃ酸っぱくて、独特の臭いもあり、わしもかみさんも不味い山菜として頭にインプットされてしまいました。

その後、郡上出身の職場の先輩から、イタドリはシナチクみたいで旨いという話を聞きました。
この山菜が大人気の地方があるという情報もネットで見たりして。
どうやって食べれば美味しくなるのか、興味が湧いてきます。
どこにでもあるイタドリですが、すぐ大きくなってしまい、改めて山菜として採るとなるとタイミングを掴めずに幾星霜。

GW初日、いろいろ家の用事を済ませた合間に、長良川近くの道端に収穫に行きました。
高地県ではイタドリが早い者勝ちのような状況だそうですが、岐阜市内ではだれも食べないので茂り放題です。
大きな袋が二つ簡単にいっぱいになりました。

家に帰って、皮をむくのが結構手間でした。
あら塩で味噌たるに漬け込みます。
すぐに大量の水分が出てきました。
e0064783_10241413.jpg
2日間ほど漬けて、塩水を捨て、適当な長さに切って冷凍にしました。
一部を塩出しして、豚肉と炒め物にしてもらいました。
シャキシャキした食感でなかなか美味い。

かみさんの実家は農家なので、野菜が豊富で、山菜などはあまり食べません。
その家族に、あの雑草のイタドリを食べてもらったら面白いと思って、ピザパーティーのメニューに加えてみました。
e0064783_10241415.jpg
結果は、非常に好評でした。
図鑑の写真を見せて、またびっくり。
色んな意味で楽しく使える山菜だと思いました。





by s_space_s | 2019-05-10 12:35 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2019年 04月 10日

新境川へ花見に行ってきました。

土曜日は久しぶりに家でのんびりしました。

朝いちでかみさんのやっている畑を耕しました。
枝豆を植えるらしい。
お隣の畑をやってみえるご主人から、ほうれん草を沢山いただきました。

庭のキンモクセイの茂みの中にモズが巣を作っています。
座敷のカーテンの陰から覗いていると、つがいで出入りするのが間近に観えました。
e0064783_16051420.jpg
残念、後ろ向き
e0064783_08342601.jpg
止っているのはキウイの枝です。

お昼は、かみさんとお花見兼ねて新境川へ。
e0064783_16051573.jpg
桜の花びらが流れに乗って、とてものどかな景色です。
e0064783_16051570.jpg
串カツとたこ焼きを買って、土手に腰かけてビールを飲みました。
お隣に座っていた外国人カップルのりっぱな行いに感心することしきり。
帰りのコンビニでも外国人の店員さんがいい感じ。OK OK
各務原のあたりは、もう多文化共生社会に入ってると感じました。

かみさんから、ほうれん草をどうしようかと訊かれたので、小学校の家庭科の料理で習ったバター炒めをしてもらいました。
e0064783_16051475.jpg
めったに食べることがない料理ですが、新鮮なほうれん草なので甘みがあって美味しかった。
つまみが切れたので、庭に生えている分葱を大量に茹でてヌタにしてもらいました。

男はつらいよ「寅次郎ハイビスカスの花」を観ながら、分葱を肴に飲んでたら、また飲みすぎ。
翌日はY田さんとクライミングに行きましたが、成果なし。





by s_space_s | 2019-04-10 12:15 | 日常 | Comments(0)