blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 232 ) タグの人気記事


2019年 02月 19日

なんか静かですね。

買ってから3年目に入った通勤用ママチャリのBBにガタが来て、異音がするようになりました。
多分、畑に立ちごけしたのが原因だと思われます。(理由は訊かないで。)
最近、土日に家にいることがなかったので、我慢して乗っていました。

けど、異音がするということは、当然そこに不要なエネルギー消費があるということ。
気分的にも妙に疲れるような気がしていました。
平日は、夕飯時に酒を飲むと、何もする気が起こらず、睡眠薬がわりの読書をするぐらいで、寝てしまいます。
少し控えめにして、夜なべ仕事に自転車屋をしてみました。

まず、クランクをコッタレス抜きで外しBBのカップを外します。
予想したとおり、ベアリングのリテーナーがぐちゃぐちゃに変形して、それがカップに当たって異音がしていたのでした。
新品のリテーナーに交換し、BBとクランクを元に戻して終了。
e0064783_16222290.jpg
乗ってみると新車の時みたいに静かになりました。
朝の通勤途中で小学生の通学ゾーンを通るのですが、ギコギコいってたときは、みんな避けてくれてたのが、気が付かないので、わざと咳払いなどしてそっと横を通り抜けています。
長良川温泉のホテル前の道を飛ばすのが気持ちいい。


関係ないけど・・・
近所のいちご農園 クラウンベリーの完熟いちご
e0064783_16222925.jpg
お土産用にかみさんが買ってきたのですが、予定が変わって、味見ができました。
フルーツサンドも美味しいですよ。




by s_space_s | 2019-02-19 17:49 | 自転車 | Comments(0)
2019年 02月 13日

やめられない止まらない。

職場のクズかごを覗いてびっくり。
ストレスが溜まっているわけではないのですが・・・。
e0064783_23053228.jpg
e0064783_15530777.jpg

仕事の帰りに病院に寄りました。
病棟10階から岐阜駅方面の夜景がきれいでした。
e0064783_23053214.jpg
ここがホテルならよかったのに。





by s_space_s | 2019-02-13 19:49 | あほばなし | Comments(0)
2019年 02月 04日

水後山と大日ヶ岳へ行ってきました。

土曜日は水後山へ行ってきました。
蝉ヶ岳から水後山手前の1501mピークまで登りました。
かなり雪が少なかったですが、それなりに楽しめました。

尾根にはこんなに藪が出ています。雪庇も小さめ。
e0064783_09385627.jpg
まあまあ新雪
e0064783_10063010.jpg
扇川源頭にはいい雪が残ってました。
e0064783_09385747.jpg
林道に出てシールで蝉ヶ岳に戻りました。
最後のお楽しみ斜面を飛ばすGさん。
e0064783_10523833.jpg
石徹白の集落
e0064783_10140218.jpg
移動性高気圧に覆われ晴れると予想してましたが、野伏方面も雲がかかったままでした。
メンテしたG3のシールは、ほぼ復活の感じでしたが、若干ソールに糊が残りました。
乾燥が足りない?

日曜日はスノーシューで大日へ。
バックカントリーの方達が大勢上がっていました。
雪は腐れ気味。
お昼ごろには風が吹き出し、ゲレンデに戻るころには雨が降り出しました。
どんどん雪が消えそうな・・・。

ODSSのひるがのブランチは「たかすファーマーズ」のお隣にあります。
いつもツアー後はファーマーズで買った「ひるがの高原牛乳」をホットミルクにしてお客様にお出ししています。
ひるがの高原牛乳といえば、こんな思い出が。

ファーマーズでカヌレというお菓子を買って帰りました。
e0064783_09385773.jpg
チョコケーキみたいな物かと想像していたのが、見事に裏切られました。
焼いたプリンのような味でおいしかったです。
e0064783_09385771.jpg




by s_space_s | 2019-02-04 12:38 | ガイド | Comments(0)
2019年 01月 29日

G3のシールがにちゃにちゃ~。

夏の間の保管が悪かったので、昨シーズンデビューしたG3のシールのノリがにちゃにちゃになってしまいました。
定番のアイロンがけをしてみましたが、やっぱりソールにグルーが残る感じです。
家で張り付けていくと絶対スキーにくっつくと思ったので、先日の大日ではスキー場トップで貼るようにしたら、少しはましでした。

このシールはスカラスキンというモデルで、チートシートなしで丸めて収納できるのが売りです。
家に帰ってシールの表面を見たら、毛に糊がくっついていました。(泣き)
JANの講習にはこのシールを持っていこうと思っていたので、まず糊を取らないと。

スキーのソールについた糊はワックスリムーバーで落ちるので、ウエスにリムーバーを沁みこませ、シールを擦ってみました。
なんとなく糊が薄く広がっただけみたいです。
あとはワックスを塗ってアイロンがけしときました。
Yさんから、グルーの変質の原因は温度ではなく湿気だと聞いたので、1週間軒下で寒ざらしにして乾燥させてみました。
触ってみると、ネバツキが減って、いい感じになりました。

JANの講習では最初いい感じだと思ったのですが、何日も連続で使って、暖かい部屋にぶら下げていたら、またにちゃにちゃがぶり返してきました。
4日目のガイディングの講習では、シールは団子になるは、林道滑降ではみんなに置いて行かれるはで、散々でした。
帰宅後、家の用事などもあり山へ行けないので、再度メンテに挑戦しました。(いい加減あきらめろ)

グルーのこびりついた汚れは、柑橘油の剥離剤で落ちるとのネット情報があったので、ホームセンターで探してみるといいものがありました。
e0064783_19281631.jpg
3Mのクリーナー30という柑橘油のスプレーです。

毛の先の黒い汚れがグルー。
e0064783_19281674.jpg
さっとスプレーして歯ブラシでゴシゴシすると綺麗になりました。
あとは、何回か水拭きして完成です。
e0064783_19281636.jpg
さらっさらになって、これなら大丈夫そうです。
部屋もオレンジのいい香り。

糊面は、厚手の紙を載せてアイロンがけして汚れた糊を除去しました。
残ったグルーはキッチンペーパーを当てて軽くアイロンがけして整えました。
寒ざらしでは乾燥が甘かったので、現在、冷凍庫に入れてあります。
試しに張り付けてみると、ちょうどいい接着ぐあいで、こちらも使えそうです。

今週末の山で試してみます。
うまくいったらtsutomuさんに教えたろう。

関係ないけど、うまいものの写真
e0064783_19281622.jpg
e0064783_19281633.jpg




by s_space_s | 2019-01-29 12:22 | テレマーク | Comments(0)
2019年 01月 12日

まだあった中華料理「左門」

先生が上手だったようで、大腸内視鏡検査は思ったよりつらくなかった。
朝5時からポカリスエットみたいな味の下剤を1.8L飲むのが、少し大変だったくらい。
検査結果は、大腸はきれいなものだったが、直腸に1個ポリープが見つかり、先生は鼻歌交じりで嬉しそうだった。

お昼前に検査が終わり、入院しているじいちゃんの様子を見に行く前に、昼飯を食うことにした。
胃から腸まですっからかんなので、消化のいいものを食べるように言われたのに、鶯谷のトンネルを通りかかったら、昔、行ったことのある中華料理屋を思い出してしまった。

それは、岐阜登高会の先輩、キタさんに教えてもらった「左門」という年配の夫婦がやってる店だった。
岩戸公園から近いし、安くて美味いので、岩登りの帰りに寄ったり、小さかった子供たちを連れて家族で行ったりした。
もう30年近く昔のことだ。
記憶を辿って左の路地を北進すると、昔のままの「きたなこい」感じでまだあった。
e0064783_20023474.jpg
お昼なのにお客はいないし、メニューも字が消えかけたり、ちょっと心配になる。
少し若くなったおばちゃんは中国の人みたいだった。
昔のおばちゃんも店に出てたけど、かなり年をとったように見えた(当たり前)。
今のおばちゃんに言われてお茶を出すと、店の奥で座り込んで居眠りしている。

左門定食B(油淋鶏と揚げ餃子)を注文する。
厨房で鍋を振っている大将の顔は見えなかったけど、昔と変わらず美味かった。
普段よりよく噛んで、ゆっくり食べる。

今のおばちゃんはずっと映りの悪いテレビで韓国ドラマを観ている。
地元のおばあちゃんが来て、左門定食Aを注文(リッチー!)。
一人で黙々と食べているより、他のお客がいるとホッとする。

店を出て車に乗ろうとして、帽子を忘れたことに気が付いた。
店に戻ると椅子に毛糸の帽子が載ったまま。
「ゴメンネ、キガツカナカッタ。」
今のおばちゃんが笑った顔は案外、愛想が良かった。





by s_space_s | 2019-01-12 21:26 | うまいもん | Comments(0)
2018年 11月 14日

鋳物ホーロー鍋

関市にある刃物工場、ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパンのチラシが新聞の折込に入っていました。
かみさんが、切れなくなった包丁を買い換えたいというので、最大80%オフに惹かれて、見に行ってきました。

工場の事務所の3階が会場で、関連会社の製品も含めおしゃれで機能的そうな台所用品が所狭しと積まれていました。
40%~80%オフの札が貼ってあります。
こういう物に関心がないので、定価の設定が妥当なのかは分かりませんが、オフとか言われると弱い。
お客さんは趣味の良さそうなご夫婦も多かったけど、若い女性が多いのが目につきました。
わしみたいに、ジャージの上下とサンダル履きの人はいませんでした。

まずは、60%オフの包丁とキッチンバサミをゲット。
ヘンケルスの4千円ぐらいのものですが、昼に冷麦たべるのにネギを切ったら、むちゃくちゃ良く切れました。
目的の商品を買ったらすぐ帰ればいいのに、なんとなく見て歩いていたら、会場の中央に沢山積まれたフライパンや鍋が気になりました。
良さそうに見えたのが、全体が鋳物で作られた鍋。
石窯に入れたら料理のレパートリーが広がるような気がしました(かみさんが)。
お値段を見てびっくり。中ぐらいので、うん万円もします。

年に何回使うかわからないけど、デザインも気に入ったのでフランス製のSTAUBの鍋を買ってしまいました。
e0064783_10424999.jpg
早速、添付のレシピ本を見て、かみさんがズッキーニ、ナス、トマト、セロリなどの煮込み料理を作ってくれました。
重い蓋に秘密があるらしく、水も入れないので素材の味が出ていて、おいしかったです。
多分、次の出番は正月のような気がしますけど。


PS
めったに出番はないかと思ったら、連日、これ使った料理が食卓に出てます。
レンコンとゴボウのカマンベールチーズ煮とか、焼きリンゴとか・・・





by s_space_s | 2018-11-14 20:39 | 日常 | Comments(0)
2018年 10月 30日

ナツハゼの実でジャム作り

近所の山を散歩していたら、ナツハゼの実が食べごろになっていました。
いつもは、何粒かつまんで、酸っぱくてちょっと渋い味を楽しむだけです。
時間があったので、なんとなく袋に集めてみました。

ブルーベリーと似た実ですが、野生のものは小さくて、ある程度の量にしようと思うと根気がいります。
カップ半分ほどでやめました。

少量なので電子レンジを使ってジャムにしました。
実の甘みが少ないので砂糖多めです。
よーく砂糖をまぶして、様子を見ながら20秒くらいずつ3回チンして出来上がり~。
e0064783_09563682.jpg
皮が少し硬いけど、それが野性的でもあり、朝食のヨーグルトに入れて食べてます。
味と色はブルーベリーそっくりです。
こんなに美味しいと、また採ってきたくなります。





by s_space_s | 2018-10-30 12:47 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2018年 09月 19日

初秋のキノコ

泊りがけで白山の沢の予定が、またまた慎重になりすぎて・・・。
まっちゃんに申し訳ない。

日曜日の午前中は家の裏の草刈りなどして、昼から近所の山にキノコを見に行きました。
雨が降ったあとのイグチ狙いです。
不思議なことに林の中より遊歩道添いのほうがキノコの出がいいようでした。

ハイカーが胞子を運ぶということは考えにくいですが、歩く振動や光が刺激になっている可能性はある?
雨量と乾燥速度も関係しているのでしょう。
シイタケは雷の刺激で発生率が上がるらしい。

わしが採るようなキノコは皆さん見向きもしないので、蹴飛ばされなければ、道沿いに生えてくれたほうがありがたい。

ヤマドリタケモドキ
e0064783_21545366.jpg
アカヤマドリ幼菌
e0064783_21551106.jpg
同大きくなったやつ。
牛乳パンみたいにフワフワです。
e0064783_21545207.jpg
こんなに採れました
e0064783_21551142.jpg
ヤマドリタケモドキは洋食のポルチーニの仲間です。
干し茸にしました。
干すと臭いと感じるほど匂いが出ます。
臭いといい匂いは紙一重です。
子供のころ膿の出た傷のにおい嗅ぎませんでした?
e0064783_21551013.jpg
アカヤマドリはアーリオ・オーリオにして冷凍しときます。
つまんで食べたら、旨っ。
e0064783_21551134.jpg
食べられるかどうか知らないキノコもたくさんありました。

e0064783_21545370.jpg
美しいキノコです。
e0064783_21545362.jpg
ヒメカバイロタケ?
e0064783_21545294.jpg




by s_space_s | 2018-09-19 17:19 | 山菜・きのこ | Comments(5)
2018年 08月 23日

今日はここ(パクリです)

球場で野球観るなんて、何十年ぶりだろう?
e0064783_17060634.jpg
ビールがうまい!
e0064783_17060550.jpg
月も昇った
e0064783_17060598.jpg










by s_space_s | 2018-08-23 18:04 | 日常 | Comments(0)
2018年 08月 14日

夏休み源流男キャンプ(北アルプス)

毎年、恒例の源流キャンプですが、いつものメンバーのコザエモンさん、イシハラさんの都合が合いませんでした。
今回は初めて、岐阜登高会のK先生と2人で行ってきました。
北アルプスの山越えした谷の支流です。

林道の入口に着いたら結構雨が降っていて、少しテンション下がり気味。
午後には上がるだろうという楽観的な予測でカッパも着ず歩き始めました。
林道は予定より手前で廃道化していて沢を詰めました。

尾根に上がると、トウヒ、シラビソの原生林でいい感じ。
e0064783_13230548.jpg
下降した沢は、地形図から予想していたのとは違い、ナメが非常に発達した沢で、驚きました。

e0064783_13240951.jpg
上部は凝灰岩や砂岩、下部は礫岩の珍しいナメ滝が連続して、本流まで楽しく下りました。
K先生は世界を股にかける地学の研究者。
面白いものがあるたびに解説していただきました。
e0064783_13175931.jpg
ほぼ、ナメ床とナメ滝の連続と言っても大げさではない。
e0064783_13230542.jpg
中流の魚止滝。お釜には大きな魚影が。
e0064783_13261686.jpg
花崗岩などの詰まった礫岩の滝は、ホールド豊富
e0064783_13121287.jpg
お昼に本流に着き、テンカラを振ってみました。
ノーヒット。


e0064783_13121238.jpg
手取層の植物化石
e0064783_13264737.jpg
目的の沢の出合から竿を出して登りました。

e0064783_13273031.jpg
すぐに様子がおかしいのに気が付きました。
この時期、開きだしに定位するはずの魚影が見られず、たまに岩陰からアタックしてくるイワナの出方がアマゴみたいです。
これを誘い出して、かつ、フッキングするのは少し難しかったかも。

e0064783_13274304.jpg
掛かる岩魚は良い型です。

e0064783_13270134.jpg
中流部まで来て、謎が解けました。
こうなったら、竿を畳んでキャンプ地を探したほうがいい。
少し登ると、山側がなだらかな砂地のあるいいとこを見つけました。

K先生はもう少し釣りたいということで、わしはウイスキーをやりながら、ぼちぼちキャンプの準備にかかります。
暫くしてK先生が良い型のイワナを2匹追加して下ってきました。
本日の釣果は十分すぎる8匹。

フィールドで焚火をしたいので世界の山へ地質調査に入るという先生の、年季の入ったひょっとこ姿。
北極圏から南極圏までいってみえます。
南極観測隊の大先輩でもあります。

e0064783_13254403.jpg
カワネズミがちょろちょろ歩き回っていました。
すぐ上流をカモシカが渡っていきました。
塩焼きがいい感じになってきました。
e0064783_13252669.jpg
本日のお品書き
岩魚の塩焼き、ムニエル、刺身、胃袋のオリーブ焼き、焼きなす、茹でオクラ、オクラのホイル焼き、茹でフランクフルト、ばくだん、飯盒の飯・・・
ビール、ウイスキー、ウオッカ
e0064783_13241082.jpg
キャンプの朝
e0064783_13183310.jpg
茄子と玉ねぎと岩魚の味噌汁、おこげご飯を入れて食べたら美味かった。

e0064783_13184695.jpg
予想どおり、岩魚も少しリセットされ、食いが良い。

e0064783_13121132.jpg
どんどん、魚籠が重くなっていく。

e0064783_13121143.jpg
ポイントが小さくなってきたところで納竿

e0064783_13172455.jpg
岩魚のアパート「みずなら荘」健在

e0064783_13121275.jpg
また、山越えして戻ります。

e0064783_13121200.jpg

心配なのが、せっかく持って帰ったイワナの鮮度。
K先生が急がれるので、付いて行くのが大変でした。
水流があるたびに冷やして車まで戻りました。

e0064783_13180510.jpg
最後に、地図も見ないで沢を下っていて、駐車した所より下りすぎ、タイムロス。
クーラーボックスに谷の水を満タンにして、岩魚を入れて帰路につきました。
東海北陸が2か所で事故渋滞、下道も土砂降りの雷雨で焦りましたが、家まで持ちました。


K先生から送っていただいた写真。岩魚がでかくない?

e0064783_13121101.jpg
何度でも行きたいところです。




by s_space_s | 2018-08-14 15:11 | 釣り | Comments(0)