blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 223 ) タグの人気記事


2018年 08月 14日

夏休み源流男キャンプ(北アルプス)

毎年、恒例の源流キャンプですが、いつものメンバーのコザエモンさん、イシハラさんの都合が合いませんでした。
今回は初めて、岐阜登高会のK先生と2人で行ってきました。
北アルプスの山越えした谷の支流です。

林道の入口に着いたら結構雨が降っていて、少しテンション下がり気味。
午後には上がるだろうという楽観的な予測でカッパも着ず歩き始めました。
林道は予定より手前で廃道化していて沢を詰めました。

尾根に上がると、トウヒ、シラビソの原生林でいい感じ。
e0064783_13230548.jpg
下降した沢は、地形図から予想していたのとは違い、ナメが非常に発達した沢で、驚きました。

e0064783_13240951.jpg
上部は凝灰岩や砂岩、下部は礫岩の珍しいナメ滝が連続して、本流まで楽しく下りました。
K先生は世界を股にかける地学の研究者。
面白いものがあるたびに解説していただきました。
e0064783_13175931.jpg
ほぼ、ナメ床とナメ滝の連続と言っても大げさではない。
e0064783_13230542.jpg
中流の魚止滝。お釜には大きな魚影が。
e0064783_13261686.jpg
花崗岩などの詰まった礫岩の滝は、ホールド豊富
e0064783_13121287.jpg
お昼に本流に着き、テンカラを振ってみました。
ノーヒット。


e0064783_13121238.jpg
手取層の植物化石
e0064783_13264737.jpg
目的の沢の出合から竿を出して登りました。

e0064783_13273031.jpg
すぐに様子がおかしいのに気が付きました。
この時期、開きだしに定位するはずの魚影が見られず、たまに岩陰からアタックしてくるイワナの出方がアマゴみたいです。
これを誘い出して、かつ、フッキングするのは少し難しかったかも。

e0064783_13274304.jpg
掛かる岩魚は良い型です。

e0064783_13270134.jpg
中流部まで来て、謎が解けました。
こうなったら、竿を畳んでキャンプ地を探したほうがいい。
少し登ると、山側がなだらかな砂地のあるいいとこを見つけました。

K先生はもう少し釣りたいということで、わしはウイスキーをやりながら、ぼちぼちキャンプの準備にかかります。
暫くしてK先生が良い型のイワナを2匹追加して下ってきました。
本日の釣果は十分すぎる8匹。

フィールドで焚火をしたいので世界の山へ地質調査に入るという先生の、年季の入ったひょっとこ姿。
北極圏から南極圏までいってみえます。
南極観測隊の大先輩でもあります。

e0064783_13254403.jpg
カワネズミがちょろちょろ歩き回っていました。
すぐ上流をカモシカが渡っていきました。
塩焼きがいい感じになってきました。
e0064783_13252669.jpg
本日のお品書き
岩魚の塩焼き、ムニエル、刺身、胃袋のオリーブ焼き、焼きなす、茹でオクラ、オクラのホイル焼き、茹でフランクフルト、ばくだん、飯盒の飯・・・
ビール、ウイスキー、ウオッカ
e0064783_13241082.jpg
キャンプの朝
e0064783_13183310.jpg
茄子と玉ねぎと岩魚の味噌汁、おこげご飯を入れて食べたら美味かった。

e0064783_13184695.jpg
予想どおり、岩魚も少しリセットされ、食いが良い。

e0064783_13121132.jpg
どんどん、魚籠が重くなっていく。

e0064783_13121143.jpg
ポイントが小さくなってきたところで納竿

e0064783_13172455.jpg
岩魚のアパート「みずなら荘」健在

e0064783_13121275.jpg
また、山越えして戻ります。

e0064783_13121200.jpg

心配なのが、せっかく持って帰ったイワナの鮮度。
K先生が急がれるので、付いて行くのが大変でした。
水流があるたびに冷やして車まで戻りました。

e0064783_13180510.jpg
最後に、地図も見ないで沢を下っていて、駐車した所より下りすぎ、タイムロス。
クーラーボックスに谷の水を満タンにして、岩魚を入れて帰路につきました。
東海北陸が2か所で事故渋滞、下道も土砂降りの雷雨で焦りましたが、家まで持ちました。


K先生から送っていただいた写真。岩魚がでかくない?

e0064783_13121101.jpg
何度でも行きたいところです。



[PR]

by s_space_s | 2018-08-14 15:11 | 釣り | Comments(0)
2018年 06月 27日

万引き家族、バーフバリ 王の凱旋

★万引き家族
この手の映画のわりに人がたくさん入っていた。
やっぱマスコミの力はすごい。

あんな事件があったばかりなので、「ゆり」の行く末が思いやられた。
これからの夏、素麺を食べてるとき、むらむら来たらどうしよう。
リリーフランキーの白いお尻が印象的。

松岡茉優は、「あまちゃん」のしおり役で可愛い印象しかなかったけど、役柄によっては怖い女優だと思う。
何を考えているのか分からない目が怖い。

刑務所の面会室のシーン。
下から撮った安藤サクラの表情が、とても魅力的に見えた。

エンドロールが終わったとき、後ろで観ていたおっさんが、
「あんなこと、ええふうに描いたらいかんわ・・・」
と、ぼそっとつぶやいた。
「この映画はそんなこと言いたいんじゃねえんだよ!」
とツイートしてみた(頭の中で)。

2018年 日本映画 是枝裕和監督


映画館の帰りに関市の「爆王」で、しびれベトコンラーメンを食す。
食べてるときは旨いのだが、胆のうを持ち合わせていないわしには、食後がきつかった。
結局、翌日まで腹の調子が戻らず。


★バーフバリ 王の凱旋
本巣アウトドアフェスティバルのとき、はなえちゃんと最近見た映画の話になった。
PKというインド映画の話をしたら、ちょうど車に載せてあったこのDVDを見せてくれた。
「もうすぐ完全版も公開される予定で、むっちゃ面白い。これから自分で観る。」
と言うので、
「話だけかい!」とつっこんだら、貸してくれた。

前作「伝説誕生」を観てないと、バーフバリのスーパーマン的な能力が「なんで?なんで?」という感じになる。
神話の世界だと割り切って、酒を飲みながら観れば、アクションシーンやスペクタキュラーな群衆シーンなど楽しめた。

2017年 インド映画 S・S・ラージャマウリ監督



[PR]

by s_space_s | 2018-06-27 08:21 | 映画 | Comments(0)
2018年 06月 26日

ズッキーニの塩もみ

わしは全然手伝っていないのですが、かみさんのやっている畑でズッキーニがどんどん生り始めました。
煮込んだりトマト味で炒めたりするのしか食べたことがなかったけど、ちょっと飽きてきたので、塩もみにしてもらいました。
e0064783_14035924.jpg
キュウリとも違う独特の歯ごたえで、焼酎に合います。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-26 19:50 | うまいもん | Comments(0)
2018年 06月 25日

ナワシロイチゴのジャム

昼休みにジョギングするコースの土手にキイチゴが生っていました。
最近、キイチゴに興味があって、それらしい実が目に入ると、調べたくなります。
ルビー色の実をつまんでみると、コジキイチゴやニガイチゴよりかなり美味い。
葉の形などから調べてみると、ナワシロイチゴという種類でした。
e0064783_13414006.jpg
翌日の仕事帰りにいちご狩りをしました。
e0064783_13414041.jpg
測ってみたら300gちょっとありました。
雨の土曜日にジャムにしてみました。
かみさんに教えてもらいながら作りました。
砂糖は控えめで200g。
水は入れません。
砂糖を入れてしばらくすると果汁が出てきて早くもジャムっぽく。
e0064783_21031885.jpg
30分ほど煮詰めて、レモン果汁入れて完成。
e0064783_21031839.jpg
ジャムの瓶に1本と少々できました。
このイチゴはペクチンが多いのか、冷めると固い感じになりました。
例えば、クッキーの上に載っているジャムみたい。

バタートーストにつけて食べたら濃~い味で美味しかったです。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-25 17:18 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2018年 06月 22日

さよなら、はなえちゃん

ytさんのご希望で、テレマークシーズンの納会をやることになりました。
倶楽部で今シーズン一緒に滑った仲間に声をかけたところ、結局、ytさん+三匹のおっさんという、いつもの顔ぶれになってしまいました。

よくおっさんたちに付き合ってくれる、はなえちゃんとあやちゃんにも声をかけました。
あやちゃんは体調が悪くて来れませんでした。お大事に。
はなえちゃんからは7月で転勤になるので、送別会になりますとのメールが。

場所は行き当たりばったりでもよかったけど、一応、玉宮の焼き鳥屋「まるいち」に席だけ取っときました。
7時集合の少し前に店に行ったら、だ~れもいなくて、時間を間違えたのかと思いました。
「新・冒険論」を読みながら生中を2杯目頼むころ、ようやく皆さん集合。
納会・送別会と銘打っていますが、あとは食べてしゃべって飲むだけ。

「まるいち」を検索すると、土屋アンナ(似のお姉さま)がステキなお店と出てきます。
そのお姉さまはいなくて、かわいいバイトの子がお世話してくれます。
アフロの大将が焼く、とんやきがボリュームあってうまかった。
気の置けない雰囲気のいいお店でした。
e0064783_13452372.jpg
夏休み源流キャンプの打合せや海外ツアーの話などできて、楽しい納会・送別会でした。
例によって、あと何をしゃべったのか思い出せません。
はなえちゃんの握力はすごかった。

・・・寂しくなります。


そのあと三匹のおっさん(一人入替え)はダブルサイダーに移動。
ブルース聴きながらバーボンをちびちびやります。
ロック3杯飲んで帰りました。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-22 18:43 | うまいもん | Comments(0)
2018年 04月 11日

梯子酒(短めの)

コザエモンさんと水谷で杯交わすのも久しぶり
通りにはみ出てビールケース机に丸椅子で
最初のビールに震えがくるような夜
後ろで飲んでる、女性の3人組
高校生みたいな娘を気にしつつ

テレマークネタを肴に熱燗も4杯目
歩道に立ってああじゃこうじゃテレマークの恰好してみたり
なんか串カツが大きくなった気がしない?
関連して「赤のれん」の名前が出てこないで焦る

調子が出てきたら1軒で済むわけもなかろう
次の店はおでん屋「おふく」に決めてた
でも、また店の名前が出てこないで焦る

おばちゃんの言う勘定が驚くほど安い
わしの分の串の数を勘定してなかったよう
なんやかんやで・・・

つまり酒場から酒場への今、このシーンこそが今宵の幸せのピーク

おでん屋に寄ってみると電気が消えてる
とりあえず名前が思い出せてすっとする
勢いで隣の「三平」に入り、またも熱燗のつづき

便所の壁にはいつものポスター
e0064783_10581105.jpg
なんやかんやで夜も更け・・・

コザエモンさんはもう一杯熱燗やりたそう
でも、時計見ると終電の時間ぎりぎり
たった二段で梯子とも言えないか
でも、ぐっと我慢して、今日の日はさようなら~♪

家に帰り二杯追加で、結局、二日酔い









[PR]

by s_space_s | 2018-04-11 19:41 | あほばなし | Comments(0)
2018年 04月 11日

旬の筍

Tさんから大きな筍をいただきました。
それも米糠付きで。
e0064783_10575754.jpg
やわらかくて、おいしくいただいております。

旬とは10日のことだそうです。
なるほど、月を上旬、中旬、下旬と分けるのも10日ずつ。
10日も経てば竹になってしまうので、筍という字があてられたとか。

次は細いのも食べたいな。





[PR]

by s_space_s | 2018-04-11 12:16 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2018年 03月 26日

日曜日は山菜の日

通勤途中の伐採斜面にタラの群生を見つけました。
この陽気で一気に芽が出始めたので、日曜日の午後に採りに行ってきました。
e0064783_21365767.jpg
誰も採らないとこなのか、出ている芽は一握りほどもあるジャンボサイズが多い。
スーパーのビニール袋いっぱい採れました。
e0064783_21365367.jpg
天ぷらにして、初物をいただきました。
e0064783_21370990.jpg
裏山にはもうワラビも出始めていました。
からし醤油で食べたら春の味。
裏山は杉林ではないのですが、鼻がぐずぐずになってしまいました。
目もかい~。




[PR]

by s_space_s | 2018-03-26 12:05 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2018年 01月 06日

裏山で初日の出&湧谷山テレマーク

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

元旦は裏山の各務原権現で初日の出を拝みました。
今年も大勢の人で賑わっていました。
e0064783_18311246.jpg
二日酔い気味でしたが、歩いて来ると酒が抜け、雑煮で大きな餅を5個も食べました。

今年は趣向を変えて、元旦からかみさんの実家家族を呼んで、ピザ・パーティーをやりました。
ピザ屋で働いたことがある、娘の彼氏が年末年始と泊まっていて、準備はほとんどお任せです。
こんな新兵器も買ってきてくれました。
e0064783_18311278.jpg
いつもは天井が白く輝くのを目安にしています。
実際に測ってみると500℃以上ありました。
e0064783_18311279.jpg
窯の調子も上々。
台もトッピングも本格的で、お店で食べるようなピザにみんな大満足。

大晦日から3日間、旨いもの食べて酒飲んで、体が重たくなったような感じ。
1月3日は思い立って、近場の湧谷山にテレマークに行ってきました。
坂内村に入っても道路に雪がうっすらの状態で、周りの山はヤブヤブ。
とてもスキーできるように見えませんでした。おっかしいな~。

旧遊ランドの駐車場まで入っているわだちがあったけど、怖いので入口に駐車。
e0064783_18305504.jpg
スキー場まで15分ほど歩くと、なんだか行けそうな気がする~。

ゲレンデトップから
e0064783_18305510.jpg
最初、シロモジの藪が少しうっとおしかったけど、歩くには十分雪がありました。
登るにつれ雪が増え、ラッセルも深くなってきます。
正月でなまった体にはきつく、休み休み登ります。
振り返っても誰も登ってきません。

e0064783_18305569.jpg
3時間でやっと丁子山に到着。
雪も降ってきたので、今日はここまでとしました。

e0064783_18305530.jpg
頂上直下で露岩の風下に出来た深い穴にはまり、抜け出すのに苦労しました。
頭から落ちたらと思うとぞっとしました。
新雪を楽しみながらあっという間にゲレンデへ。
e0064783_18305508.jpg
下のほうはもう一降り欲しいところです。
ゲレンデの新雪はもう腐っていて、あまり気持ちよくない。
下でそり遊びをしていたファミリーに挨拶して、そのまま林道を下りました。

家でテレビを観ているより
ゲレンデで滑っているより
良かったなと感じる半日テレマークでした。




[PR]

by s_space_s | 2018-01-06 08:28 | テレマーク | Comments(0)
2017年 12月 12日

城崎にて(その1)

すこし前から、かみさんと城崎温泉に行きたいねという話が出ていました。
志賀直哉の本を読んでみたりしましたが、なかなか具体的に考えられずに年末が近づいてきました。
かみさんは、来春ぐらいでよかったみたいですが、こういう話は思い立ったらすぐ計画を立てないと。

ネットの予約サイトでは、わしらには高級すぎるホテルしかありませんでした。
旅館協同組合に電話したらお手頃で場所もいい「つちや旅館」が予約できました。
温泉に入ってカニ食って、かみさんは温泉寺と「天空の城」竹田城、わしは玄武洞を観るのがメインエベントです。

おんぼろビッツでなるべく下道で城崎に向かいました。
この車、もう10年以上乗っています。
一昨年ぐらいからプラスチックのホイールキャップが割れたので全部外してしまいました。
黒いホイールがむき出しで、駐車場でもよく目立つし、ホイールキャップなんて飾りだと思っていました。
ところが先日、冬タイヤに交換するとき、センターハブが錆びついてCRCを塗って足で蹴飛ばさないと外れませんでした。
ちゃんと役目があるんですね。

閑話休題

時間があったので、舞鶴の赤レンガ倉庫群に寄りました。
赤れんが博物館では世界と日本のレンガの歴史を学べます。
レンガを焼くホフマン窯の内部です。
e0064783_21203991.jpg
赤れんがの中庭で

e0064783_21204892.jpg
赤れんがロードの懐かしい電柱

e0064783_21175642.jpg
海軍の魚雷を保管していた倉庫です。
e0064783_21203179.jpg
カフェで海軍カレーというのをいただきました。
自衛隊の砕氷船に乗っていた時も、やっぱり金曜日の昼はカレーと決まってました。

城崎温泉へは少し不安になるような県道の峠を二つ越えて着きました。
そこだけ吃驚するぐらい人がいて、まさしく観光地でした。
城崎温泉は外湯で発展してきた温泉街で、内湯は最小限しかありません。
旅館でフリーパスを貰って、近くの「鴻の湯」へ行きました。
夫婦円満の湯だそうです。
効果あったかな?

e0064783_21204780.jpg
温泉の湯は温まります。
温泉街を少し散策してから四所神社にお参りして、志賀直哉も歩いたであろう大谿川に沿った裏道で帰りました。

e0064783_21204733.jpg
仲居さんに撮ってもらいました。
e0064783_21204702.jpg
香住鶴の熱燗が最高で、何本もお代わり。
蟹の甲羅酒がうまくて、かみさんもこっちが心配になるぐらい飲んでいました。
翌日、道の駅で1升瓶を買ってしまいました。
e0064783_21204759.jpg

♪もう飲みすぎちまって
 きみをだくきにも~なれないみたい♪



夜のあいだ、外で水の音がずっとしていたので、雨でも降ったのかと窓を開けてみると。
e0064783_21220004.jpg
大谿川に面した部屋に泊まっていたのでした。




[PR]

by s_space_s | 2017-12-12 17:28 | 旅行 | Comments(0)