blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 227 ) タグの人気記事


2018年 11月 14日

鋳物ホーロー鍋

関市にある刃物工場、ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパンのチラシが新聞の折込に入っていました。
かみさんが、切れなくなった包丁を買い換えたいというので、最大80%オフに惹かれて、見に行ってきました。

工場の事務所の3階が会場で、関連会社の製品も含めおしゃれで機能的そうな台所用品が所狭しと積まれていました。
40%~80%オフの札が貼ってあります。
こういう物に関心がないので、定価の設定が妥当なのかは分かりませんが、オフとか言われると弱い。
お客さんは趣味の良さそうなご夫婦も多かったけど、若い女性が多いのが目につきました。
わしみたいに、ジャージの上下とサンダル履きの人はいませんでした。

まずは、60%オフの包丁とキッチンバサミをゲット。
ヘンケルスの4千円ぐらいのものですが、昼に冷麦たべるのにネギを切ったら、むちゃくちゃ良く切れました。
目的の商品を買ったらすぐ帰ればいいのに、なんとなく見て歩いていたら、会場の中央に沢山積まれたフライパンや鍋が気になりました。
良さそうに見えたのが、全体が鋳物で作られた鍋。
石窯に入れたら料理のレパートリーが広がるような気がしました(かみさんが)。
お値段を見てびっくり。中ぐらいので、うん万円もします。

年に何回使うかわからないけど、デザインも気に入ったのでフランス製のSTAUBの鍋を買ってしまいました。
e0064783_10424999.jpg
早速、添付のレシピ本を見て、かみさんがズッキーニ、ナス、トマト、セロリなどの煮込み料理を作ってくれました。
重い蓋に秘密があるらしく、水も入れないので素材の味が出ていて、おいしかったです。
多分、次の出番は正月のような気がしますけど。


PS
めったに出番はないかと思ったら、連日、これ使った料理が食卓に出てます。
レンコンとゴボウのカマンベールチーズ煮とか、焼きリンゴとか・・・




[PR]

by s_space_s | 2018-11-14 20:39 | 日常 | Comments(0)
2018年 10月 30日

ナツハゼの実でジャム作り

近所の山を散歩していたら、ナツハゼの実が食べごろになっていました。
いつもは、何粒かつまんで、酸っぱくてちょっと渋い味を楽しむだけです。
時間があったので、なんとなく袋に集めてみました。

ブルーベリーと似た実ですが、野生のものは小さくて、ある程度の量にしようと思うと根気がいります。
カップ半分ほどでやめました。

少量なので電子レンジを使ってジャムにしました。
実の甘みが少ないので砂糖多めです。
よーく砂糖をまぶして、様子を見ながら20秒くらいずつ3回チンして出来上がり~。
e0064783_09563682.jpg
皮が少し硬いけど、それが野性的でもあり、朝食のヨーグルトに入れて食べてます。
味と色はブルーベリーそっくりです。
こんなに美味しいと、また採ってきたくなります。




[PR]

by s_space_s | 2018-10-30 12:47 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2018年 09月 19日

初秋のキノコ

泊りがけで白山の沢の予定が、またまた慎重になりすぎて・・・。
まっちゃんに申し訳ない。

日曜日の午前中は家の裏の草刈りなどして、昼から近所の山にキノコを見に行きました。
雨が降ったあとのイグチ狙いです。
不思議なことに林の中より遊歩道添いのほうがキノコの出がいいようでした。

ハイカーが胞子を運ぶということは考えにくいですが、歩く振動や光が刺激になっている可能性はある?
雨量と乾燥速度も関係しているのでしょう。
シイタケは雷の刺激で発生率が上がるらしい。

わしが採るようなキノコは皆さん見向きもしないので、蹴飛ばされなければ、道沿いに生えてくれたほうがありがたい。

ヤマドリタケモドキ
e0064783_21545366.jpg
アカヤマドリ幼菌
e0064783_21551106.jpg
同大きくなったやつ。
牛乳パンみたいにフワフワです。
e0064783_21545207.jpg
こんなに採れました
e0064783_21551142.jpg
ヤマドリタケモドキは洋食のポルチーニの仲間です。
干し茸にしました。
干すと臭いと感じるほど匂いが出ます。
臭いといい匂いは紙一重です。
子供のころ膿の出た傷のにおい嗅ぎませんでした?
e0064783_21551013.jpg
アカヤマドリはアーリオ・オーリオにして冷凍しときます。
つまんで食べたら、旨っ。
e0064783_21551134.jpg
食べられるかどうか知らないキノコもたくさんありました。

e0064783_21545370.jpg
美しいキノコです。
e0064783_21545362.jpg
ヒメカバイロタケ?
e0064783_21545294.jpg



[PR]

by s_space_s | 2018-09-19 17:19 | 山菜・きのこ | Comments(5)
2018年 08月 23日

今日はここ(パクリです)

球場で野球観るなんて、何十年ぶりだろう?
e0064783_17060634.jpg
ビールがうまい!
e0064783_17060550.jpg
月も昇った
e0064783_17060598.jpg









[PR]

by s_space_s | 2018-08-23 18:04 | 日常 | Comments(0)
2018年 08月 14日

夏休み源流男キャンプ(北アルプス)

毎年、恒例の源流キャンプですが、いつものメンバーのコザエモンさん、イシハラさんの都合が合いませんでした。
今回は初めて、岐阜登高会のK先生と2人で行ってきました。
北アルプスの山越えした谷の支流です。

林道の入口に着いたら結構雨が降っていて、少しテンション下がり気味。
午後には上がるだろうという楽観的な予測でカッパも着ず歩き始めました。
林道は予定より手前で廃道化していて沢を詰めました。

尾根に上がると、トウヒ、シラビソの原生林でいい感じ。
e0064783_13230548.jpg
下降した沢は、地形図から予想していたのとは違い、ナメが非常に発達した沢で、驚きました。

e0064783_13240951.jpg
上部は凝灰岩や砂岩、下部は礫岩の珍しいナメ滝が連続して、本流まで楽しく下りました。
K先生は世界を股にかける地学の研究者。
面白いものがあるたびに解説していただきました。
e0064783_13175931.jpg
ほぼ、ナメ床とナメ滝の連続と言っても大げさではない。
e0064783_13230542.jpg
中流の魚止滝。お釜には大きな魚影が。
e0064783_13261686.jpg
花崗岩などの詰まった礫岩の滝は、ホールド豊富
e0064783_13121287.jpg
お昼に本流に着き、テンカラを振ってみました。
ノーヒット。


e0064783_13121238.jpg
手取層の植物化石
e0064783_13264737.jpg
目的の沢の出合から竿を出して登りました。

e0064783_13273031.jpg
すぐに様子がおかしいのに気が付きました。
この時期、開きだしに定位するはずの魚影が見られず、たまに岩陰からアタックしてくるイワナの出方がアマゴみたいです。
これを誘い出して、かつ、フッキングするのは少し難しかったかも。

e0064783_13274304.jpg
掛かる岩魚は良い型です。

e0064783_13270134.jpg
中流部まで来て、謎が解けました。
こうなったら、竿を畳んでキャンプ地を探したほうがいい。
少し登ると、山側がなだらかな砂地のあるいいとこを見つけました。

K先生はもう少し釣りたいということで、わしはウイスキーをやりながら、ぼちぼちキャンプの準備にかかります。
暫くしてK先生が良い型のイワナを2匹追加して下ってきました。
本日の釣果は十分すぎる8匹。

フィールドで焚火をしたいので世界の山へ地質調査に入るという先生の、年季の入ったひょっとこ姿。
北極圏から南極圏までいってみえます。
南極観測隊の大先輩でもあります。

e0064783_13254403.jpg
カワネズミがちょろちょろ歩き回っていました。
すぐ上流をカモシカが渡っていきました。
塩焼きがいい感じになってきました。
e0064783_13252669.jpg
本日のお品書き
岩魚の塩焼き、ムニエル、刺身、胃袋のオリーブ焼き、焼きなす、茹でオクラ、オクラのホイル焼き、茹でフランクフルト、ばくだん、飯盒の飯・・・
ビール、ウイスキー、ウオッカ
e0064783_13241082.jpg
キャンプの朝
e0064783_13183310.jpg
茄子と玉ねぎと岩魚の味噌汁、おこげご飯を入れて食べたら美味かった。

e0064783_13184695.jpg
予想どおり、岩魚も少しリセットされ、食いが良い。

e0064783_13121132.jpg
どんどん、魚籠が重くなっていく。

e0064783_13121143.jpg
ポイントが小さくなってきたところで納竿

e0064783_13172455.jpg
岩魚のアパート「みずなら荘」健在

e0064783_13121275.jpg
また、山越えして戻ります。

e0064783_13121200.jpg

心配なのが、せっかく持って帰ったイワナの鮮度。
K先生が急がれるので、付いて行くのが大変でした。
水流があるたびに冷やして車まで戻りました。

e0064783_13180510.jpg
最後に、地図も見ないで沢を下っていて、駐車した所より下りすぎ、タイムロス。
クーラーボックスに谷の水を満タンにして、岩魚を入れて帰路につきました。
東海北陸が2か所で事故渋滞、下道も土砂降りの雷雨で焦りましたが、家まで持ちました。


K先生から送っていただいた写真。岩魚がでかくない?

e0064783_13121101.jpg
何度でも行きたいところです。



[PR]

by s_space_s | 2018-08-14 15:11 | 釣り | Comments(0)
2018年 06月 27日

万引き家族、バーフバリ 王の凱旋

★万引き家族
この手の映画のわりに人がたくさん入っていた。
やっぱマスコミの力はすごい。

あんな事件があったばかりなので、「ゆり」の行く末が思いやられた。
これからの夏、素麺を食べてるとき、むらむら来たらどうしよう。
リリーフランキーの白いお尻が印象的。

松岡茉優は、「あまちゃん」のしおり役で可愛い印象しかなかったけど、役柄によっては怖い女優だと思う。
何を考えているのか分からない目が怖い。

刑務所の面会室のシーン。
下から撮った安藤サクラの表情が、とても魅力的に見えた。

エンドロールが終わったとき、後ろで観ていたおっさんが、
「あんなこと、ええふうに描いたらいかんわ・・・」
と、ぼそっとつぶやいた。
「この映画はそんなこと言いたいんじゃねえんだよ!」
とツイートしてみた(頭の中で)。

2018年 日本映画 是枝裕和監督


映画館の帰りに関市の「爆王」で、しびれベトコンラーメンを食す。
食べてるときは旨いのだが、胆のうを持ち合わせていないわしには、食後がきつかった。
結局、翌日まで腹の調子が戻らず。


★バーフバリ 王の凱旋
本巣アウトドアフェスティバルのとき、はなえちゃんと最近見た映画の話になった。
PKというインド映画の話をしたら、ちょうど車に載せてあったこのDVDを見せてくれた。
「もうすぐ完全版も公開される予定で、むっちゃ面白い。これから自分で観る。」
と言うので、
「話だけかい!」とつっこんだら、貸してくれた。

前作「伝説誕生」を観てないと、バーフバリのスーパーマン的な能力が「なんで?なんで?」という感じになる。
神話の世界だと割り切って、酒を飲みながら観れば、アクションシーンやスペクタキュラーな群衆シーンなど楽しめた。

2017年 インド映画 S・S・ラージャマウリ監督



[PR]

by s_space_s | 2018-06-27 08:21 | 映画 | Comments(0)
2018年 06月 26日

ズッキーニの塩もみ

わしは全然手伝っていないのですが、かみさんのやっている畑でズッキーニがどんどん生り始めました。
煮込んだりトマト味で炒めたりするのしか食べたことがなかったけど、ちょっと飽きてきたので、塩もみにしてもらいました。
e0064783_14035924.jpg
キュウリとも違う独特の歯ごたえで、焼酎に合います。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-26 19:50 | うまいもん | Comments(0)
2018年 06月 25日

ナワシロイチゴのジャム

昼休みにジョギングするコースの土手にキイチゴが生っていました。
最近、キイチゴに興味があって、それらしい実が目に入ると、調べたくなります。
ルビー色の実をつまんでみると、コジキイチゴやニガイチゴよりかなり美味い。
葉の形などから調べてみると、ナワシロイチゴという種類でした。
e0064783_13414006.jpg
翌日の仕事帰りにいちご狩りをしました。
e0064783_13414041.jpg
測ってみたら300gちょっとありました。
雨の土曜日にジャムにしてみました。
かみさんに教えてもらいながら作りました。
砂糖は控えめで200g。
水は入れません。
砂糖を入れてしばらくすると果汁が出てきて早くもジャムっぽく。
e0064783_21031885.jpg
30分ほど煮詰めて、レモン果汁入れて完成。
e0064783_21031839.jpg
ジャムの瓶に1本と少々できました。
このイチゴはペクチンが多いのか、冷めると固い感じになりました。
例えば、クッキーの上に載っているジャムみたい。

バタートーストにつけて食べたら濃~い味で美味しかったです。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-25 17:18 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2018年 06月 22日

さよなら、はなえちゃん

ytさんのご希望で、テレマークシーズンの納会をやることになりました。
倶楽部で今シーズン一緒に滑った仲間に声をかけたところ、結局、ytさん+三匹のおっさんという、いつもの顔ぶれになってしまいました。

よくおっさんたちに付き合ってくれる、はなえちゃんとあやちゃんにも声をかけました。
あやちゃんは体調が悪くて来れませんでした。お大事に。
はなえちゃんからは7月で転勤になるので、送別会になりますとのメールが。

場所は行き当たりばったりでもよかったけど、一応、玉宮の焼き鳥屋「まるいち」に席だけ取っときました。
7時集合の少し前に店に行ったら、だ~れもいなくて、時間を間違えたのかと思いました。
「新・冒険論」を読みながら生中を2杯目頼むころ、ようやく皆さん集合。
納会・送別会と銘打っていますが、あとは食べてしゃべって飲むだけ。

「まるいち」を検索すると、土屋アンナ(似のお姉さま)がステキなお店と出てきます。
そのお姉さまはいなくて、かわいいバイトの子がお世話してくれます。
アフロの大将が焼く、とんやきがボリュームあってうまかった。
気の置けない雰囲気のいいお店でした。
e0064783_13452372.jpg
夏休み源流キャンプの打合せや海外ツアーの話などできて、楽しい納会・送別会でした。
例によって、あと何をしゃべったのか思い出せません。
はなえちゃんの握力はすごかった。

・・・寂しくなります。


そのあと三匹のおっさん(一人入替え)はダブルサイダーに移動。
ブルース聴きながらバーボンをちびちびやります。
ロック3杯飲んで帰りました。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-22 18:43 | うまいもん | Comments(0)
2018年 04月 11日

梯子酒(短めの)

コザエモンさんと水谷で杯交わすのも久しぶり
通りにはみ出てビールケース机に丸椅子で
最初のビールに震えがくるような夜
後ろで飲んでる、女性の3人組
高校生みたいな娘を気にしつつ

テレマークネタを肴に熱燗も4杯目
歩道に立ってああじゃこうじゃテレマークの恰好してみたり
なんか串カツが大きくなった気がしない?
関連して「赤のれん」の名前が出てこないで焦る

調子が出てきたら1軒で済むわけもなかろう
次の店はおでん屋「おふく」に決めてた
でも、また店の名前が出てこないで焦る

おばちゃんの言う勘定が驚くほど安い
わしの分の串の数を勘定してなかったよう
なんやかんやで・・・

つまり酒場から酒場への今、このシーンこそが今宵の幸せのピーク

おでん屋に寄ってみると電気が消えてる
とりあえず名前が思い出せてすっとする
勢いで隣の「三平」に入り、またも熱燗のつづき

便所の壁にはいつものポスター
e0064783_10581105.jpg
なんやかんやで夜も更け・・・

コザエモンさんはもう一杯熱燗やりたそう
でも、時計見ると終電の時間ぎりぎり
たった二段で梯子とも言えないか
でも、ぐっと我慢して、今日の日はさようなら~♪

家に帰り二杯追加で、結局、二日酔い









[PR]

by s_space_s | 2018-04-11 19:41 | あほばなし | Comments(0)