blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 218 ) タグの人気記事


2007年 09月 19日

奥多摩小雲取谷

連休最終日の9月17日、49次南極観測隊沢登り愛好会の第2回山行で奥多摩の小雲取谷へ行きました。

メンバーはわし、A隊員、U隊員、T隊員、と今回初参加のK隊員。
朝5時にT隊員号で極地研出発。
日原林道車止めに7時半着。

7時50分出発。
林道を1時間ほど歩き大ダワ林道(登山道)に入り、二軒小屋尾根を回り込んですぐ大雲取谷に下る。

長沢谷の橋は落ちている。
e0064783_12581730.jpg

この2、3日は雨が降っていないと思っていたが、谷は水量が多い。
e0064783_12595433.jpg

大雲取谷は美しい谷で、かなり面白い。
e0064783_1302449.jpg

幸い気温が高いので積極的に水に入っていく。
e0064783_131099.jpg

e0064783_1313920.jpg

倒木で塞がれている小雲取谷出合。
ここまで長かった。10時半。
e0064783_1315653.jpg

小雲取谷に入ると小滝が連続して楽しい。
K隊員のうれしそうな顔をみて!
e0064783_1323459.jpg

中流の階段状5m滝
e0064783_1325522.jpg

e0064783_1331254.jpg

コケが美しいゴーロ帯の段丘でお昼ご飯にする。
サワグルミ、カツラなどの大木がすばらしい、天国のようなところです。
カツラの木って秋になるとメープルのようないい匂いがするんです。

腕を振るうA(シェフ)隊員
e0064783_1333538.jpg

シーチキンとトマトのパスタとビール。食後のコーヒー付。
e0064783_1335219.jpg

お腹いっぱいで体が重いが、楽しい登りが続く。
e0064783_1341016.jpg

美しい苔のナメ滝
e0064783_1342438.jpg

源流域は土石流が入ったようで、少し荒れた感じだった。

詰めの藪こぎもほとんどなく、日本庭園のような原生林をのんびり登る。
T隊員はすこしエネルギー切れ。
e0064783_1344046.jpg

いろんなキノコが顔を出している。これはスギタケ。
なぜか目がよくなったU隊員がヒラタケも見つける。
翌日、ゲストハウスの夕食でAシェフが「ささみフライのキノコあんかけ」を作ってくれました。
むちゃくちゃ旨かった。
e0064783_135328.jpg

雲取山の不思議な感じの稜線。
モミ、シラビソ、コメツガなどの原生林です。
雲取山頂上に午後3時。立派な小屋がありました。
e0064783_135227.jpg

大ダワから大雲取谷に沿った登山道を下る。
深い谷の絶壁につけられた登山道は、足を踏み外したらたいへんなことになりそうな悪場が続き、小雲取谷より怖かった。

日原林道に5時45分。
林道を歩いているうちに暗くなりましたが、ブルーベリー効果でK隊員はヘッデンなしで車まで歩き通しました。7時ちょっと前着。

林道でバスに乗り遅れた登山者を拾い、奥多摩駅まで送り届け、青梅でうまい中華料理食って帰りました。
次はキノコ採り山行したいね。
[PR]

by s_space_s | 2007-09-19 13:06 | 山登り | Trackback | Comments(3)
2007年 09月 15日

連休初日

夕べは酒を飲まずジムへ行くつもりが、旨い鍋で、ついビールが飲みたくなって飲んでしまった。
なので、今日はA(シェフ)隊員と午後からサイクリング気分で神風号を走らせクライミングジム「BPUMP」に行く。

成果はA隊員が6級をゲットしてM(庶務)隊員にプレッシャーをかけたこと。
わしも前回登れなかったカチ系の3級と跳び系の3級が登れたことかな。

5時過ぎに切り上げて板橋までもどり、親戚の家へ行くA隊員と別れモンゴル料理の「一心」に行く。
ここのおねえさん(モンゴル出身)はA(ガイド)隊員のお気に入り。
歌手(歌は聴いたことがないがポスターが張ってある)で気立てのいいおねえさんなのだ。
A隊員とはジムの帰りによく寄ってビールを飲むのであるが、今まで一人で行ったことがなかった。

このモンゴル酒場に1人で行くことは隊員室では「一人モンゴル」といってワングレードアップの飲みかたなのだ。(ほんとか?)
わしもついにA(ガイド)隊員のレベルに達したのかも。
豆腐とキャベツをあてに生ビールと熱燗何杯かずつ飲んで店を出た。

もう少し飲みたくて板橋駅手前の立ち飲み酒場「杯一」へ。
手持ちの金を計算しながら酢さば(しまりきった)をあてに酒を2杯飲む。
今日は、この地域の祭りのようで、おじさんたちの話を聞きながらうまい酒が飲めた。

一人で飲む酒も旨いけど、やっぱ誰かとさしで飲みたいもんだ。
つきあってくれ~。

今、夜中に目が覚めて、Ten Years Goneを聴いてます。
[PR]

by s_space_s | 2007-09-15 21:29 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 31日

手打ちうどん講習

今日は〇〇製粉に昭和基地で打つうどんの講習会にいってきました。
参加したのは隊員12名。調理隊員を除いて有給休暇扱いです。

商品開発室?の名物講師の先生に1日指導を受け、皆さん腰のあるうどんを打つことができました。
試食した分以外はお持ち帰り。A(ガイド)隊員は切れ端も「これはほうとうになる」と言ってすべて持ってきていました。

★レシピ
中力粉500g(100%)
塩25g(5% 結構入れるんやね)
水215g(43% 常温)

★製法
手こね
塩水を半分入れて手早く混ぜ次また半分最後は全部
練らないように、すり合わせ

足踏み
3つ折踏み込み(2~3回)
ビニールに入れて足の平全体で

熟成
60~120分 乾燥を避ける

はま作り
生地を手で揉みながら丸める
グルテン出まくりでぱんぱん

熟成
30~60分
すこしやわらかくなる

延ばし
生地を足で踏みながらピザの生地みたいに丸く延ばす
(荒延ばし)
麺棒で3mm程度の厚みに延ばす
つの出しで四角に
3回ほど向きを変えて

包丁切り
幅3mm程度

茹で
13~18分(かま揚げは半分程度で)
湯が沸騰してから麺を入れる
大きな鍋で
箸でかき混ぜてはいけない
新しい水を使う場合は少し打ち粉を入れるとよい
びっくり水はしない
(少し水を入れるのは釜に対流を起こし麺を混ぜるため)
茹だったら冷水でもみ洗いしてぬめりを取る

試食
3回の足踏みだけですごいこしがでる。
讃岐うどんのこしは特別なものと思っていたが、かんたんにこしは出る。
あとは好き嫌いと食い方との兼ね合い。
釜玉醤油がGOOD!

終わってからS(シェフ)隊員がこのあいだまでまで厨房にいた虎ノ門パストラルのレストランで打ち上げをしました。
(人形町から虎ノ門までうどん腹をこなすため歩く)
久しぶりに肉(特に大和豚がうまかった)をたらふく食って、ビール、ワインもいっぱい飲めて大満足。

明日は休日なので朝寝坊しよっと。
[PR]

by s_space_s | 2007-08-31 23:26 | 南極 | Trackback | Comments(5)
2007年 05月 06日

金沢と能登へ

連休後半の5月4日,5日で金沢の兼六園と能登の千里浜海岸へ行ってきました。

兼六園の樹齢200年にもなると思われる大木はいつまで眺めていても飽きませんでした。
特に根上松が珍しかった。モミ,クスノキ,トチなどの大木が素晴らしい。

昼飯は近江町まで歩き市場の大見町食堂で魚を食べました。
海鮮丼,大アジの塩焼き(1,000円!)が旨かった。
普段は飯を食うのに並ぶようなことはしないのですが、今日は並んだ甲斐がありました。

なぎさドライブウェイは有料かと思っていたら無料。
8キロも天然の砂浜の波打ち際を走るのは爽快です。
e0064783_19584143.jpg

e0064783_1959639.jpg

宿泊はドライブウェイ終点(スタート?)すぐ近くにある民宿清水
おじちゃん,おばちゃんが親切で,若夫婦もいい感じの,きれいな民宿でした。ここの魚も美味しかったです。

次の朝、朝飯前に浜辺に散歩に行きました。
韓国から流れついたのかハングルが書かれた大きなブイが置いてありました。
中国語の書いてあるビンのふたなど拾って、海を眺めていると、なぜかしみじみとしてきます。

散歩したせいか朝飯も美味しくみんなお代わりして食べました。
おばさんに見送られて出発。
輪島塗の箸をお土産にいただきました。

特にあてもなかったので、氷見海岸へ向かい、洞窟住居遺跡を見物したあと、富山で寿司を食って,41号線から岐阜へ戻りました。
毎食,おいしい魚をいただいた(我が家にしては)贅沢な旅行でした。
[PR]

by s_space_s | 2007-05-06 17:04 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 22日

近場で練習

山スキーメーリングリストを見ていると雪は少ないなりに楽しめる山もあったみたいですが、坊主とスキーに行く約束をしていたので、また近場の国見岳スキー場へいってきました。

例によって午後からの半日。往きに揖斐川町のスーパートミダヤのたこ焼き屋「鯛信軒」に寄ってお好み焼きと焼きそばを買っていって昼飯にしました。肉玉お好み焼きは270円で腹いっぱいになります。あと、おやつに揚げおだまき100円も買いましたが、これがまたでかい。

中二の坊主は焼きそばとわしの残したお好み焼きとおだまきもぺろっと食べてしまいました。
育ち盛りは違いますね。

スキー場のほうは先週よりさらに雪が減って地面が出ているところもありました。
一番北面の斜面は雪もしっかりあり、ザラメになっていて気持ちがよかったです。
だいぶん後ろ足に乗れるようになってきました。

次の日曜日は、TOTOがビリビリにした襖の張替えをしたあと、近所の車のこない裏道でインラインスケートをして遊びました。
カービングスキーを履き始めたころトレーニングでインラインをやっていたのですが、これがテレマークにも応用できるのではないかと思い、久しぶりに物置から引っ張り出してきました。

やってみると、かかとが上がらないのは仕方がありませんが、後ろ足の足首を深く曲げることでテレマーク姿勢がとれ、後ろ足アウトエッジに乗る感覚が味わえました。
あと深いテレマーク姿勢をとり、後ろ足はつま先の1個のローラーに乗るというトレーニングもできます。
前者はカービング系,後者はステップ系の滑りに近い感覚です。

このページに動画があります

どちらも、インライン自体が久しぶりということもあって、最初はうまくできませんでしたが、しばらく遊んでいたら、テレマークのイメージに近いトレーニングもできることが分かりました。
[PR]

by s_space_s | 2007-01-22 12:57 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 03日

アイゼントレーニングとバーべキュー

土曜日に金華山の麓の岩戸公園の岩場でアイゼントレーニングをしました。
集まったのはRight&Fastのメンバー4人。

私を除き,ここをアイゼンで登るのはみんな初めてだったけど,(これも私を除き)フリーをまじめにやっているので,アイゼンを履いてもうまかった。
あれだけ登れれば冬の滝谷や錫杖でもだいじょうぶでしょう。
こんどはロープワークもやりましょう。

早めに切り上げ,ボランティアをやっているNSネットの打ち上げのため上石津のバンガロー村に向かいました。
小屋1軒分の薪を燃やすキャンプファイアーの計画は,強い北風のため?当局からお許しが出ず,野外バーベキューに変更。
薪の直火で地鶏やトンバラを焼いて塩を振るだけという野性的な焼肉とメンバーのイワさん指導による,旧徳山村に伝わる「地獄うどん」。

野生動物の先生,森林再生活動をやっている人,山岳ガイド,ケービングガイドなど多彩なメンバーと高校生ボランティアの若い子たちで,大いに盛り上がりました。
途中の酒屋で仕入れた「立山」も,バーベキューが始まったらあっという間になくなりました。
やっぱうまい酒はみんな知っている。
(野外のバーベキューで寒かったから日本酒が売れただけかも)
その後はジンロなどをしこたま飲んで,今朝は二日酔いです。

職場の忘年会などでは,ここまで飲むことはめったにないのですが,メンバーがいいと楽しくなって,つい飲みすぎてしまいます。(反省)

(地獄うどんのレシピ?)
サバ缶,しょうゆ適当,ネギ
サバ缶をボールにあけ,そこにしょうゆとネギのみじん切りを入れ混ぜる。
うどんを茹で器に取り上記のタレをかけて出来上がり。
交通が途絶え生鮮食品が入らない冬場に徳山村の人たちが食べたご馳走でした。
[PR]

by s_space_s | 2006-12-03 14:46 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2006年 11月 14日

鯛焼き

長良橋から高富街道を北上し山県市に入ったあたり,岐北厚生病院の向かいのバス停前に岡山商店というたこ焼き,鯛焼きのお店があります。

たこ焼きは食べたことがないのですが,ここの鯛焼きは頭から尻尾まであんこが詰まっていて,焼きたてを買うと焼型からはみ出してせんべいのようになったへりのところも取らずに付けてもらえます。ここにもあんこがはみ出していたりして,ぱりぱりしてうまい。

1個105円。小学生たちも小遣いで買いに来ています。
ご夫婦でやってみえるようで,おじちゃんは話し好きで面白いです。
このお店は開店してからもう50年になるそうです。

身内の者が入院しているので顔を見に行くのですが,毎回この鯛焼きが楽しみです。
[PR]

by s_space_s | 2006-11-14 23:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 21日

贅沢2

今日は秋晴れのいい天気。
花村萬月のエッセーなど読みながら,ゆっくりコーヒーなど煎れて,のんびりしています。

コーヒーは1日2~3杯飲んでますが,休日はお茶がわりにもっと飲みます。
煎れ方はフレンチプレスという方法で安いレギュラーコーヒーでも美味しく飲めます。
正月などの特別なときとか,ちょっとうまいコーヒーが飲みたいときとかは,長良にある珈琲豆の専門店「珈琲の七福」で豆を買ってきて,産地によって特徴のある豆の味と香りを楽しみます。

ここのご主人の山田さんは国際コンテストでテスター?を勤めるほどのすごい人です。
自分で南米各国の農園をまわって豆を仕入れているらしい。
店に行くと1杯入れてもらえるエスプレッソが最高です。

≪ラ・オルケタ農園≫コスタリカ産
「ミルクチョコレートのような後味にオレンジの香りが明るさを演出します。」
なんてコメントを見たら思わず飲んでみたくなりますよね。

今聴いているサラ・ブライトマンのDIVA(いわゆるベストアルバムですが)もいい雰囲気です。
[PR]

by s_space_s | 2006-10-21 13:27 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2006年 10月 18日

贅沢

昨日,職場の若い衆と長良橋たもとの若竹で飲みました。
最初はビールを飲んでいましたが,うまい焼き鳥とレバー焼きなんか食べて飲んでいたら日本酒が飲みたくなって,切り替えました。
ふだんは地酒の三千盛(みちさかり)を飲んでますが,ちょっと変えてみたくて,久保田を飲み出したら,うまくて杯を重ね,最後は三千盛の古酒まで封を切ってよく飲みました。
こりゃ贅沢だ。

若竹のトイレは急な階段を下りた一階の風呂場の横にあるのですが、そこの壁にマリリンモンローの古い大きなポスターが張ってあります。
しょんべんに行く度に眺めてしまいます。
マリリンモンロ~ノ~リタ~ン♪
だいぶん酔っ払ったみたい。

締めに向かいの菊川でベトコンラーメンを食って帰りました。
久しぶりに食ったけど,年寄りにはかなりきつい。
このラーメンは翌日後門にきます。
[PR]

by s_space_s | 2006-10-18 23:13 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 07日

今日はいい天気

3連休の初日です。
雨でも降るかと思ったら,すごく爽やかでいい一日でした。
今日はどこへも出かけず,家でいろいろしました。

・かみさんが昔作ったメールボックスの修理
 トールペインティングでなかなかかわいいのですが,雨が当たるのでガタがきていました。
 釘を打ち直せばまだまだ使えます。手紙来ないかな。

・栗をいっぱいもらったので,栗きんとん作り
 手間がかかったけど,中津川の栗きんとんと変わらないくらい美味しくできました。
 45個もできたよ。
e0064783_21505753.jpg


・家の掃除
 書くほどのこともないですが・・・

・庭で脱皮途中のアブラゼミの屍骸を見つけました。
 背中が出て,片方の目が出たところで,力尽きたのか,時間が止まったように固まっていました。
 途中で死んでも外に出てきた部分は成虫の色になっているのが不思議でした。
e0064783_21512928.jpg


・村上春樹のアフターダークを読み始めました。(文庫版が先日出たので)

・かみさんとNHKのテレビドラマ「クライマーズ・ハイ」を観ました。
 わしもそんな状態になったことがありました。

明日もいい天気みたいです。
一人で奥美濃の沢を詰めて,五蛇池山へ行ってみるつもりです。伝説の池も見てみたい。

まだ先の話ですがすごく遠いところでしばらく暮らすことになりそうです。
e0064783_2151566.jpg

[PR]

by s_space_s | 2006-10-07 22:54 | 日常 | Trackback | Comments(2)