人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:蕎麦 ( 20 ) タグの人気記事


2010年 12月 01日

せいがん

自宅からふた山越えた大洞団地の奥に中将姫誓願桜という古い桜の木があります。
この桜は、願成寺の境内にあるヤマザクラの珍しい変種で、国の天然記念物になっています。
その種は宇宙にも行ったそうです。
言い伝えでは、天平の昔、中将姫という尊いお姫様が願を掛けてこの桜を植えられました。
元あった幹は朽ちて、彦生えで出たものが株状になったものが今の姿のようです。

その花や葉を持っていると安産や婦人病予防のお守りになるそうです。
最近、姪に赤ちゃんができたので、先日、落ち葉を数枚拾ってきてあげました。

桜の話が長くなりましたが、今回の目的はお寺の門前にある蕎麦の店「せいがん」の蕎麦を食らうことです。
胡麻たれでいただく十割蕎麦、お椀をひっくり返しても落ちない山芋を使ったとろろ蕎麦など、わし的には最近食べたなかで最上ランクだと思います。
せいがん_e0064783_6161113.jpg

テーブルの上に置いてあったチラシを読むと、あるエッセイストが蕎麦湯について書いていました。
わしも、蕎麦湯にはルチンなど蕎麦の栄養が溶け出していて健康によく、飲むとお腹も満足するので、いつも飲んでいます。
けど、本物の蕎麦湯はそれ用に作るものだとは知りませんでした。
たまに濃いどろっとした蕎麦湯が出てくると、美味しいと思うのですが、こんなになるまで湯を替えないのでは肝心の蕎麦がまずくなるのではないかと思ったりしていました。

このエッセイに書かれていた蕎麦湯の作り方は、こうです。
まず打ち粉(蕎麦を挽いて最初に出る白い一番粉)をお湯で溶き、糊状のものを作っておきます。
お客が蕎麦湯を頼んだら、蕎麦を茹でた湯で適度に延ばして蕎麦湯を作るのだそうです。
別のところで読んだ蕎麦通のエッセイには、美味い蕎麦湯を飲むために、わざわざ客が沢山入った後のお昼過ぎに蕎麦屋へ行くと書いてありました。
本物の蕎麦湯を出す店ならこんなことはしなくていいわけです。

蕎麦の風味もないしゃびしゃびの蕎麦湯が出てきたら、
「本物の蕎麦湯をください。」
わしも言ってみてぇ~。

当然ですが、「せいがん」では美味しい蕎麦湯をいただきました。


中将姫誓願桜
せいがん_e0064783_6162131.jpg

桜の下にはアメノウズメが全裸にまとったヒカゲノカズラがきれいでした。
せいがん_e0064783_6162976.jpg


場所はこちら
巨木・蕎麦MAP

by s_space_s | 2010-12-01 23:58 | うまいもん | Comments(0)
2010年 10月 10日

そばの匠

9月25日(土)
1週間前に福富の白山神社へ大杉を見に行きました。
そのとき神社の隣に気になる蕎麦のお店を見つけました。
土曜日のお昼、家族を連れて杉を見がてら蕎麦を食べに行きました。

今日は白山神社のお祭りの日で、氏子の方が大勢お参りに来てみえました。
私たちにもお供えの餅を分けてくださいました。
そばの匠_e0064783_14162839.jpg

大杉は今日も立派です。
そばの匠_e0064783_14163819.jpg

境内を出て右手の野原をつっきると蕎麦屋さんの裏に出ます。
そばの匠_e0064783_14165330.jpg

表にまわると今日はやってました。
そばの匠_e0064783_1417311.jpg

先週ちらしをもらったおばちゃんがここの女将さんでした。
中に入ると思っていたより新しく、きれいなお店。
壁には「うえのたかし」さんの独活の花の版画がかけてありました。

かけそば
やわらかめの蕎麦でやさしい味。
そばの匠_e0064783_14171170.jpg

とろろそば
ちょうどいい八割蕎麦のコシ。とろろと出汁の相性が抜群で、お腹も膨れます。
そばの匠_e0064783_14171930.jpg

十割蕎麦
蕎麦本来の味を再確認。
そばの匠_e0064783_1417272.jpg

それぞれ違った味わいで、どれも美味しい。
隠れ家的なお店の雰囲気もよく、遠くからここの蕎麦を食べに来るお客さんもあるようでした。
何度も行きたくなる蕎麦屋さんです。

お店のちらし
そばの匠_e0064783_14173447.jpg


場所はこちら
巨木・蕎麦MAP

by s_space_s | 2010-10-10 14:42 | うまいもん | Comments(0)
2010年 07月 24日

打波川支流 よろぐろ谷~桧谷

岐阜テレマーク倶楽部のメンバー3人で夏の涼を求めて沢遊びしてきました。

桧谷の白滝8m
これだけ見に来る人もいるらしい。ユニークな造形です。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21334174.jpg

白滝のすぐ上がよろぐろ谷の出合。
よろぐろ谷はボルダリング感覚で小滝をどんどん登っていけます。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21475898.jpg

中流の10mナメ滝2個は巻く。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21335623.jpg

その上もナメが続く。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21481951.jpg

がまがえる
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_2134516.jpg

源流まで楽しませてくれます。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21342317.jpg

ほとんど藪こぎなく稜線へ。
ブナ林がすばらしい。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_213437100.jpg

適当に桧谷へ下りると二又に出ました。
右股を覗きに行くと、小さいがきれいな滝とお釜がありました。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21345269.jpg

二又からしばらく下ると、桧谷のハイライト、300m以上あると思われるナメ床が出た~!
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_2135818.jpg

泳がんでもいいのに、おじさんたちは泳ぐのだ。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_2135217.jpg

ちょっとのんびり遊びすぎて、鳩ヶ湯の入浴時間を過ぎてしまいました。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21353537.jpg

かわりに、おろし蕎麦を頼んで、できるまで待つ。
この時間がいいんです。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21354632.jpg

適度なコシのちょっと太めの蕎麦はわし好みでした。
右の湯呑みは麦茶です。
宿の主人が、つゆと間違えてかけないようにと言うとこみると、たまにやるお客がいるのかも。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21355930.jpg

国道へ出る手前の道沿いに気になる看板が。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_22501935.jpg

幹に空洞もなくまだまだ元気な超巨木です。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21361124.jpg

見あげると1本で一つの森のよう。
打波川支流 よろぐろ谷~桧谷_e0064783_21362183.jpg

こんな大きいカツラ見たことありませんでした。

大満足の沢遊びでした。

コザエモンさんの記録

by s_space_s | 2010-07-24 21:39 | 山登り | Comments(0)
2010年 07月 15日

白山山系の渓

この谷はある釣りガイドに載ったおかげで、昔は魚影が薄かったのですが、現在は谷に降りる踏み跡も消え魚も復活したみたいです。

イシハラさんとの釣行。
毛鉤で釣りました。

最初に出る20m大滝
白山山系の渓_e0064783_21394854.jpg

中流部はナメ滝とお釜が連続します。
白山山系の渓_e0064783_2140090.jpg

左岸のミズナラの大木はなかなかのもの。
心配なのは、この流域のミズナラに立ち枯れが多いということ。
この木も葉が落ちていました。

サワグルミの大木も多く、全体的に自然が残るいい谷でした。
7~8寸の岩魚がアベレージサイズ。
餌が豊富なためか、よく肥えています。
白山山系の渓_e0064783_2140885.jpg

毛鉤は黒いのがよかった。
わしの場合、基本的には釣れなくても同じ毛鉤でとおすので、最後にはハックルも抜けてしまい、胴巻きだけになったような毛鉤でやることも多いのですが、イシハラさんが毛鉤を白から黒に変えただけで食いが違ったのには、やはり「ものぐさ」はいけないと思いました。

源流は藪が多くなり傾斜が増し、知らないうちに魚がいなくなりました。
最後に釣り落とした尺はある黒い岩魚のイメージが目に浮かびます。
くそー2回も来たのになぁ。

谷を下り、最後は藪漕ぎで車まで戻りました。
あまりに暑いので、冷たい蕎麦が食いたくなりました。
御母衣ダム湖畔の風地原小屋へ寄ったら、売り切れていなくラッキー。
ここは近くの帰雲山荘のSさんお勧めの、蕎麦屋さん。
ログハウスのお店で静かな雰囲気のなか、ゆっくり蕎麦をいただけました。
宿泊も出来るようです。

自分だけの良い谷リストに追加できる谷がまたひとつ増えました。

by s_space_s | 2010-07-15 21:45 | 釣り | Comments(2)
2010年 01月 19日

関市の巨木を2本

1月11日の成人の日にハイキングがてら、おとなり関市の巨木を観に行ってきました。
1本目は武芸八幡神社の大杉。
樹齢千年以上という情報を見て、是非行ってみたいと思いました。

少し離れた武芸川沿いの公園に車を置いて、歩きました。
集落から長い参道がまっすぐ続き、この鳥居はまだ途中です。
関市の巨木を2本_e0064783_22225853.jpg

なかなかいい感じの参道。
関市の巨木を2本_e0064783_22214913.jpg

これが大杉です。
スノコのようなものが巻いてあるわけはたぶん伊勢神宮と同じです。
関市の巨木を2本_e0064783_22215834.jpg

まだまだ樹勢は衰えていないようです。
関市の巨木を2本_e0064783_2222739.jpg

本殿
関市の巨木を2本_e0064783_22221666.jpg

ムササビの巣になりそうな穴のある木があったので、落ちていた枝で幹をガリガリしてみましたが、住人はいないようでした。
裏山が植林なので、環境が悪いのかも。
関市の巨木を2本_e0064783_22223662.jpg

武芸川ぞいを歩いて公園に戻るとちょうど昼時。
道の駅むげ川に寄ってみると、目を引く張り紙が。
関市の巨木を2本_e0064783_22232582.jpg

ざるそば 800円
関市の巨木を2本_e0064783_22255092.jpg

そば湯がまた美味しかった。
そのほか女性には焼き芋1個100円が大人気でした。

ついでに(と言ったら失礼?)、かみさんの実家の近くの広見にある松見寺の大杉にも寄りました。
関市の巨木を2本_e0064783_22235125.jpg

この木も樹齢700年とかなりのものです。
残念なことに年末年始の大雪でもともと幹が腐っていたらしい株立ち4本のうち1本が折れてしまっていました。
関市の巨木を2本_e0064783_2224297.jpg

あとの3本で頑張れ!
関市の巨木を2本_e0064783_22241344.jpg

関係ないですが、下の息子が大学受験の下見に仙台に行って、土産を買ってきました。
「白松がモナカ」。汽車の車窓から見る看板で名前は知っていましたが、初めて食べました。
4種類の味があって美味しかった。
関市の巨木を2本_e0064783_22242183.jpg


中部地方の巨木の情報については、こちらのサイトが参考になります。
時間の輪

by s_space_s | 2010-01-19 22:24 | 旅行 | Comments(0)
2009年 11月 27日

蕎麦&ローソク温泉&「いきもの自然絵本紀行」

川と山の集いで原ねえからチラシをもらったので、絵本作家あべ弘士&村上康成対談「いきもの自然絵本紀行」に行ってきた。
あべさんは今話題の旭山動物園の飼育員から絵本作家になった方。
村上さんは釣りが好きで、アマゴやイワナの特徴のあるタッチの可愛いイラストはお馴染み。
面白そうなお話が聴けそうだし、中津川市の歌舞伎小屋「常盤座」という会場もいい。

More

by s_space_s | 2009-11-27 22:48 | 旅行 | Comments(0)
2009年 08月 24日

休日の昼は麺

最近は休日に家に居ることが多いので、昼飯には簡単な麺類を食うことが多い。
パスタ、蕎麦、夏ならそうめん、その他の季節にはうどん。

先日はおろしころ蕎麦を大盛で作って食べた。
休日の昼は麺_e0064783_20293839.jpg

辛~い大根おろしで山葵がいらないくらい。
ずるずるっとあっという間にたいらげてしまった。

手打ち蕎麦もやりたいのだが、乾麺でも茹でたてを食べれば十分うまいので、つい楽なほうに・・・。
手間隙かけた高価な料理を食べに行くようなことにも興味がないし。
美味しいものを食べることにあまり執着がないみたい。
これは人間的な活力がないということなのだろうか?

新鮮な野菜や山菜、釣ってきた魚などを家で食べるのが一番美味しいと思う。
まっとうな食べ物ならなにを食べてもうまい。

by s_space_s | 2009-08-24 21:05 | 日常 | Comments(4)
2009年 07月 12日

下呂温泉

1日目
登山というには、短か過ぎ?
下呂温泉_e0064783_13563526.jpg
下呂温泉_e0064783_13564872.jpg

湯ヶ峰頂上
下呂温泉_e0064783_135739.jpg

可愛いコアジサイの花
下呂温泉_e0064783_13571827.jpg

うのはな(ウツギの花)
下呂温泉_e0064783_13573299.jpg

雨模様の飛騨川(山形屋の8階から)
下呂温泉_e0064783_13574532.jpg

ご馳走
下呂温泉_e0064783_13575910.jpg

日が暮れた
下呂温泉_e0064783_1358104.jpg


2日目
朝一で傘をさして合掌村の「いでゆ朝市」へ。
栃の実煎餅、トマトジュース、エゴマ、傘など買い物。

旅館を出て、幸月本家の生どらを買いに行って、ついでに、近くの喫茶店「おしゃべり」で珈琲を飲んでのんびりする。
ここの主人はかなりの趣味人とみた。

「天下の名刹」禅昌寺を拝観
下呂温泉_e0064783_140881.jpg

幻想的な大杉の林を背景に使った庭園「萬歳洞」
下呂温泉_e0064783_14019100.jpg

寺宝の書画も見るべきものが多い
下呂温泉_e0064783_140479.jpg

樹齢約1200年の大杉(国指定天然記念物)
下呂温泉_e0064783_1414344.jpg

「ひさご」蕎麦の喉ごしは最高
下呂温泉_e0064783_1415937.jpg


このサイトが参考になりました。
下呂温泉マニアック観光情報
コンテンツ「こりゃすごい」の「名古屋はすごい」は必見(音声注意!)

by s_space_s | 2009-07-12 14:02 | 旅行 | Comments(2)
2009年 04月 27日

蕎麦打ちは難しい

パスタマシンのデビュー戦として選んだのがこの相手。
大晦日の昭和基地で惨敗に帰した蕎麦打ちです。
家で手軽に打ちたて蕎麦が食べたいという単純な動機なので、本格的に蕎麦打ちを追究している方には笑われるような方法かもしれません。

蕎麦粉は近所のスーパーで探しても蕎麦打ち用の物がないので、菓子材料コーナーにあった500g入りを買いました。
蕎麦粉って案外高価なものですね。
袋に蕎麦のレシピも書いてありましたが中力粉が三分の一も入るものだったので無視し、無謀にも強力粉2割の二八蕎麦に挑戦。

水まわしまでは上手く行った様な気がしましたが、いざマシンで伸ばす段階で問題発生。
生地に粘り気がないので薄くしているうちに縁から割れ目ができてしまうのです。
なので、最初に切った蕎麦は長さが3cmぐらいのブチブチ、極短蕎麦になってしまいました。
蕎麦打ちは難しい_e0064783_22312377.jpg

2回目からはパスタマシンで伸すのは最後の1回だけにして、割れた端の方は切って次にまわすという苦肉の策でなんとか蕎麦らしくなりました。
蕎麦打ちは難しい_e0064783_22313415.jpg

肝心の味の方は、高山の「東山」の蕎麦並みにコシのある蕎麦になりました。
蕎麦打ちは難しい_e0064783_2231453.jpg

やっぱ打ち立て茹でたての蕎麦は旨いです。
もう少し要領よく打てるよう試行錯誤してみたいと思います。

どなたかパスタマシンを使った蕎麦打ちのいい方法教えてください。

by s_space_s | 2009-04-27 22:43 | 日常 | Comments(2)
2007年 10月 21日

ある秋の日曜日

あさ6時40分に目が覚めて、水を少し飲んでから石神井川の遊歩道を王子駅まで走り、戻って今度は板橋の仲宿まで行き、極地研まで走る。6~7kmぐらいかな。
空は秋晴れ、空気がピリッとして気持ちいい。
公園の鉄棒で体操してからゲストハウスに戻る。

熱いシャワーを浴びてから、いつものように食堂で朝飯。
だいたいがワンパターン。
今日のメニューは、ジャガイモの薄切りをバターソテーにしたのに卵2個を落とした目玉焼き、バタートースト2枚、ヨーグルト、紅茶、オレンジジュース

ジャガイモのソテーにケチャップをかけて食べたらすごくおいしかった。
朝ごはんが楽しみでお腹をすかせるために走っているような感じ。
FMからは左手のピアニスト レオン・フライシャーの弾くラベルのピアノ協奏曲が流れている。
このピアニストは30年も右手が麻痺していたのが最近回復して両手で引けるようになったらしい

最近手に入れたカレンダルトンのCDなど聴きながら、初冬の山に備えて登山靴にワックスを塗る。
そのあと、南極に持って行く個人装備をゲストハウスから隊員室に運び込み少し整理。
隊員室のエスプレッソマシーンでエスプレッソを1杯煎れて、パソコンで今日はどの映画を観ようか思案する。
何も考えずに観れるということで、渋谷のシネクイントでやっている「キサラギ」に行くことにする。

ちょうど昼時になったのでJR板橋駅近くの立ち食い蕎麦屋に入る。
この店のおねえさんはシャイなのか一度もまともに話をしたことがない。
客が蕎麦をすするあいだ、カウンターの奥のそのまた隅に幽霊のように立っている。
こんな店の雰囲気が好きで、小腹が空いたときによく寄っている。

渋谷駅に降りるのは初めて。(前回、映画観にきたときは神風1号)
みんな洒落た格好して歩いている。
まずは、石橋楽器店に寄る。
昨日、南極に持っていく予定のブルースハープを久しぶりに吹いてみたら、なんか音が出し辛い。
よく見ると、ウッドボディー(ホーナーのマリンバンド)なので穴と穴の間の壁がゆがんで、穴の大きさがばらばら。
こりゃいかんと、メンテナンスしやすい樹脂ボディーのを買いに行った。
扱いやすいということでホーナーのスペシャル20のC調を買う。

パルコ8階のシネクイントはそんなに混んでなかったので、ゆったり観ることができた。
「キサラギ」は結構笑えて面白かった。そんだけ。
チケットの半券を次に持ってくると1000円で入れるらしい(こんど誰か行きませんか)。

夕方になってしまったが、前から行きたかった亀ヶ岡八幡宮に寄る。
3月に飯田橋で心電図検査を受けたとき、願掛けしたお礼参り。
提灯が点る急な石段を上がり、手水で手と口を清めて本殿へ行くと、中で神主がお勤めの最中。
拍手を打ってお参りすると、いつもなら色んなことをお願いするのに、珍しく数秒間頭が空白になった。

市谷からJRで板橋に戻り、一杯ひっかけたいような気もしたが、haruちゃんに怒られるので(うそ)我慢して、ゲストハウスに戻った。
部屋であまり大きな音を出さないように新調ハープを吹いてみると、やっぱり新しい音がした。

奥が古いマリンバンド。手前が新しいスペシャル20。
ある秋の日曜日_e0064783_2305839.jpg


by s_space_s | 2007-10-21 22:38 | 日常 | Comments(0)