人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:道具 ( 90 ) タグの人気記事


2019年 11月 17日

BBがまたガタガタ

2月に通勤用のママチャリのボトムブラケット(BB)のリテーナーを新品に変えたのに、また、がたが出始めました。
左ワンはモンキーレンチで簡単に回せるので外してみると、ワンが緩んだためリテーナーが擦れたのでしょうか。
見るも無残に擦り切れてました。
e0064783_20295153.jpg
右ワンのほうが緩んだのが原因のようですが、右ワンは特殊な形状です。

e0064783_20555608.jpg
ポンチとハンマーで少しずつ回すことはできますが、しっかり締めこむことができず、すぐに緩んできます。
専用の工具はこんなふう。

e0064783_20555698.jpg
ただのアダプターなのに4千円ほどします。
インターネットの情報では、M16のナットとボルトで回すことができるらしい。

ボルトは家にある何かの部品で代用できるような気がしたので、とりあえずホームセンターでM16ナットを買ってきました。
55円でした。
自転車部品の箱を混ぜ返してみると、ハブのクイックレリースシャフトが使えそう。

e0064783_20365374.jpg
やってみると上手い具合にセットできました。
あとは出っ張ったナット部分をモンキーで回すだけ。
e0064783_08593231.jpg
ワンの突起に引っかかっている部分が小さいので、シャフトで固定しないとナメてしまうと思います。

e0064783_20365327.jpg
ワンをしっかり締めこんで、リテーナーから外れたベアリングを直に入れて組み立てました。
取りあえず、滑らかな回り具合になりました。
ワンのねじ山に問題があるかも知れないので、また緩んでくる可能性はありますが。




かみさんが中津川の苗木城に遊びに行って、お土産にチコリを買ってきました。
白菜の芯みたいな形で、味も癖もない不思議な野菜でした。
こう書くと、美味しくないみたい?

e0064783_20370599.jpg
載せるもので味が決まる。


オリーブオイルでソテーにするのがおいしかった😋🍴💕




by s_space_s | 2019-11-17 22:07 | 自転車 | Comments(0)
2019年 10月 18日

節度感?

かみさんのパッソの取扱説明書をみていたら、ラジオのアンテナに関してこんな説明がありました。
ぴんぴんに立ててはいけないということでしょうか?
e0064783_09392840.jpg
自動車の業界用語には独特の言い回しがあるようです。
こんなサイトがありました。
【初心者向け】クルマ雑誌独特の「用語」を知りたい!

この説明を読んでも、まだもやっとしています。


よく躾けられ、引き締まった○○がビビッドに反応する××が欲しい・・・





by s_space_s | 2019-10-18 12:37 | あほばなし | Comments(0)
2019年 06月 18日

大きな変態?

今朝、ハッカーを名乗る人物から変なメールが届きました。
わしのPCをハッキングして、閲覧履歴をチェックしたところ下記の結論に達したそうです。
「私は言う - あなたは大きな変態です。 無限のファンタジー!」
ビットコインを要求されました。
秘密がばらまかれても、わしが変態なのは皆さん気がついてみえると思うので、ほかっておこう。

この土日暇だったので、サマーゲレンデ用のテレマークスキーをセッティングしてみました。
子供が使っていた古いカービングの板です。
エッジもシャープナーでときんときんにしました。(わっかるかな~?)
e0064783_21065109.jpg
これで、NTNのブーツとビンディングをいろいろ試してみようと思います。
暑い夏にカッパ着てスキーするような変態に付き合ってくれる人、てれカズさんぐらいしかいないかな。

コザエモンさ~ん!
tsutomuさ~ん!
大きな変態 無限のファンタジー!





by s_space_s | 2019-06-18 17:51 | あほばなし | Comments(5)
2019年 06月 14日

自分でできるもん?

980円で買ったカシオのアナログ時計の電池が切れ、通勤途中の時計屋さんで交換してもらったら、1080円でした。
ひょっとしたら自分でも交換できるのではないかとネットで電池を探したら1個200円弱で売ってました。
e0064783_20403443.jpg
小さなネジに合うドライバーさえあれば、構造は単純です。

e0064783_20403468.jpg
簡単に交換できました。
e0064783_20403384.jpg
裏蓋を閉めて、時刻を合わせて作業完了。
秒針もちゃんと動いているようでした。

ところが、2日ぐらい経って時刻を確認してみると、全然あってない~!
果たして接触が悪いのか、埃でも入ったのか。
もう一回入れなおしてみて、様子を見たいと思います。


6月15日 7:42現在 正常に動いているようです。







by s_space_s | 2019-06-14 12:41 | 日常 | Comments(0)
2019年 04月 09日

リピートタイ(リリースタイ)

スキーガイディング研修で教えていただいたお役立ち小物をご紹介します。
e0064783_16051477.jpg
普通の結束バンドはセットすると簡単に外せないのですが、このバンドは頭のノッチを押さえると簡単に外せます。
長さ30㎝のもので強度が22kgちょっとと、そこそこ強度もあります。
通販ではもっと長いのもあるようですが、繋げれば長くもできるのでこれでいいかも。
研修会ではスキーを使った搬送用そりの組立に使ってみました。
e0064783_16055615.jpg
1本20円もしないので、数本持っていれば、気兼ねなく使えます。
ホームセンターの結束バンドのコーナーを探せばあると思いますよ。






by s_space_s | 2019-04-09 18:00 | 山登り | Comments(2)
2019年 03月 25日

SIOシーネ

飛び石連休の初日は雨模様。
岐阜の街へ出る用事があったので、ホームセンターに寄って、プラダン(プラスチックの段ボール)を買ってきました。
先日のスキーガイディング研修で北海道のSガイドから紹介のあった、シーネ(救急用副木)を作ってみようと思ったので。

既製品のイメージとしてはこんな感じのものです。

ボードの厚さは4mmと2.6mmがありましたが、細工がしやすそうだったので、薄い方にしてみました。
値段は特価品で90cm×180cm 200円ぐらいでした。
4mmにすれば固定時の強度は高くなりますが、折りたたんだ時の厚みが増えます。

Sガイドは試行錯誤の結果、ちょうど使いやすいサイズを割り出してみえました。
メモし忘れたので、なんとなくの大きさで幅45cm、長さ90cmとしてみました。
e0064783_19453044.jpg
こんな感じで箱状に組み立てられるようにするのが味噌です。
e0064783_19453085.jpg
ガムテープで固定します。

e0064783_19453074.jpg
脚を入れて貼り付けておいたガムテープで固定します。
下の写真はまだ仮固定の段階です。
柔らかい素材なのに、案外しっかり固定されます。
サイズは少し大きすぎの感じ。脛骨骨折ならもう少し短くていいですね。
この点は、現場でナイフなどを使って簡単に小さくできるので、問題ないでしょう。
e0064783_19453060.jpg
簡単な細工で腕の固定などにも応用できます。
折りたたむと45cm×15cmで 、ザックの背中に入ります。
ビバーク時のシートや、切り取って火熾しの際の団扇、コンロ台、スキーポールのバスケットなど工夫次第でいろいろ活用できると思います。
e0064783_19453093.jpg
野外救急法でよく使われるサムスプリントは、1個ではここまでの固定はできません。
今回の試作品で140g、ちょうどサムスプリントと同じ重量でした。
なんといっても安いのが魅力です。





by s_space_s | 2019-03-25 21:10 | 山登り | Comments(0)
2019年 02月 13日

立山山麓の与四兵衛山623m

国立登山研修所で開催された積雪期登山基礎講習会に行ってきました。
那須の雪崩事故をうけて、高校の山岳部等を指導される先生方に積雪期登山技術の指導方法とリスク管理を学んでいただく講習会でした。
中でも、多くの時間が当てられたのが、「積雪と雪崩」「雪崩サーチ&レスキュー」に関する講習。
S講師から雪崩捜索救助(AvSAR:アブサー)の最新情報も取り入れた講義と実技講習があり、わし自身も勉強になりました。
S講師の作成した資料は、そのうちヤマケイにも掲載されるそうですよ。

アブサーについては、日本雪崩捜索救助協議会から詳しいマニュアルが公開されています。

わしが担当した班は、高校の先生ではなく山岳会や登山用品店からみえた方々でした。
講習は研修所の周辺地形を利用した模擬的なものだったので、一緒に担当したY講師との相談で、やっぱ「どこか山に登ったほうがいいよね。」ということになり、選んだのが研修所から3キロほど西にある与四兵衛山でした。
e0064783_10554700.jpg
この山は、南面・北面が非常に急峻で研修所から見ると非常に尖って見えます。
後で知ったのですが、神が降り立つ処として立山信仰にも関係が深いピークだそうです。
この山から刻印のある巨岩が発見されているそうです。

地形図から、東尾根上には難所がありそうな気がしました。
やはり2か所の岩場があって、小粒ながら面白い山でした。

わしのかんじきは「立山かんじき」と呼ばれるもので、芦峅寺で昔から作られてきたものです。
与四兵衛山を冬に登るのに、ふさわしい道具でしょ?
e0064783_23053217.jpg
山岳会に入ってすぐ購入したので、既に35年ほど使っていることになります。
スキーで行くことのほうが多いので、ヘビーユーザーではなかったけど、それにしても丈夫な道具だと思います。
残念ながら、作ってみえた佐伯さんが昨年末で引退されたそうです。
手に入れるなら今のうちですよ。




by s_space_s | 2019-02-13 12:42 | 山登り | Comments(0)
2019年 02月 01日

国土地理院の地形図が大きくなった。

何を今頃と言われそうだが、久しぶりに国土地理院の地形図を書店で購入したら、図郭(地図の部分)が大きくなり余白が少なくなっていて驚いた。
新規格による地形図は平成15年から刊行が開始されたらしい。
ここ何年か、インターネットから印刷した大縮尺の地図で登山をしていて、2万5千図は計画段階で地形の概要を把握するぐらいにしか使うことがなく、新しい地図を購入する機会がなかった。
e0064783_09132027.jpg
大きくなった主な理由は、東西南北に隣接する区画との重複部を設けてあるため。
昔のように図郭に沿って折った地図を並べると数センチが重なってしまうことになる。
日本測地系による図郭の位置もマーキングされているので、その位置で折れば昔のような使い方もできるけど、せっかく印刷されている隣接情報が見えなくなったり、擦り切れたりするので、もったいない。

昨年の登山研修所の地形図の講義で、S木先生が小ネタとして、九州の地形図と北海道の地形図ではどっちがお得かという話をしてみえた。
答えは、九州のほうで、理由は同じ値段で図郭の面積が大きいからだそうだ。
旧の図郭は緯度方向に5分、経度方向に7分30秒と固定されていたので、極に近づくほど幅が狭くなっていた。

新しい図郭では緯度方向は5分40秒(重複は20秒)で固定なのに対し、経度方向は宮古島で7秒40分、稚内で9分50秒というように北に行くほど大きくなっている。
これは北に行くほど重複部を大きくして、印刷時の図郭の幅をある程度同じ感じにするための設定だそうだ。
なので、九州の地図も北海道の地図も今では損得なしになったわけだ。
S木先生、もうこのネタ使わないでね。

新しい地形図は、谷の部分に影がつけられ、立体的に見えるようになっている。
これは地図アプリのジオグラフィカで赤色立体地図として使われているのと同じもの。
すこし控えめな陰影になっているが、谷や尾根を直感的に捉えることができ、地図に慣れていない人には使いやすくなった。

昨晩は、三匹のおっさんで酒を飲んだ。
お二人も地形図の新規格のことはご存じなかった。
紙の地形図がいつまで生き残るのか、なんとも言えないけど、山の話をするにはこっちのほうがいい。
e0064783_09132089.jpg
e0064783_21041847.jpg
くしびきの後は、いつものダブルサイダー。
聴きたいと思っていた、ジミヘンの "Blues" がやっぱりあった。
e0064783_09132083.jpg




by s_space_s | 2019-02-01 12:31 | 山登り | Comments(0)
2019年 01月 29日

G3のシールがにちゃにちゃ~。

夏の間の保管が悪かったので、昨シーズンデビューしたG3のシールのノリがにちゃにちゃになってしまいました。
定番のアイロンがけをしてみましたが、やっぱりソールにグルーが残る感じです。
家で張り付けていくと絶対スキーにくっつくと思ったので、先日の大日ではスキー場トップで貼るようにしたら、少しはましでした。

このシールはスカラスキンというモデルで、チートシートなしで丸めて収納できるのが売りです。
家に帰ってシールの表面を見たら、毛に糊がくっついていました。(泣き)
JANの講習にはこのシールを持っていこうと思っていたので、まず糊を取らないと。

スキーのソールについた糊はワックスリムーバーで落ちるので、ウエスにリムーバーを沁みこませ、シールを擦ってみました。
なんとなく糊が薄く広がっただけみたいです。
あとはワックスを塗ってアイロンがけしときました。
Yさんから、グルーの変質の原因は温度ではなく湿気だと聞いたので、1週間軒下で寒ざらしにして乾燥させてみました。
触ってみると、ネバツキが減って、いい感じになりました。

JANの講習では最初いい感じだと思ったのですが、何日も連続で使って、暖かい部屋にぶら下げていたら、またにちゃにちゃがぶり返してきました。
4日目のガイディングの講習では、シールは団子になるは、林道滑降ではみんなに置いて行かれるはで、散々でした。
帰宅後、家の用事などもあり山へ行けないので、再度メンテに挑戦しました。(いい加減あきらめろ)

グルーのこびりついた汚れは、柑橘油の剥離剤で落ちるとのネット情報があったので、ホームセンターで探してみるといいものがありました。
e0064783_19281631.jpg
3Mのクリーナー30という柑橘油のスプレーです。

毛の先の黒い汚れがグルー。
e0064783_19281674.jpg
さっとスプレーして歯ブラシでゴシゴシすると綺麗になりました。
あとは、何回か水拭きして完成です。
e0064783_19281636.jpg
さらっさらになって、これなら大丈夫そうです。
部屋もオレンジのいい香り。

糊面は、厚手の紙を載せてアイロンがけして汚れた糊を除去しました。
残ったグルーはキッチンペーパーを当てて軽くアイロンがけして整えました。
寒ざらしでは乾燥が甘かったので、現在、冷凍庫に入れてあります。
試しに張り付けてみると、ちょうどいい接着ぐあいで、こちらも使えそうです。

今週末の山で試してみます。
うまくいったらtsutomuさんに教えたろう。

関係ないけど、うまいものの写真
e0064783_19281622.jpg
e0064783_19281633.jpg




by s_space_s | 2019-01-29 12:22 | テレマーク | Comments(0)
2018年 12月 19日

ビーコン練習会をやりました。

雪があるようなら奥美濃の山へ行こうと思っていましたが、ビーコンを埋めるほど積雪が期待できないので、近所の裏山で行いました。
今後のためにメモします。
お気付きの点などあれば、ご教示いただけると幸いです。

日時:2018年12月15日(土)8:00~12:00
場所:岐阜市内里山(雪なし)
参加者:岐阜テレマーク倶楽部メンバー5名

練習項目
1.各種ビーコンの機能確認
  ・アナログ(骨董品)orデジタル
  ・電源のON・OFF
  ・送信・受信切り替え

2.装着及び作動チェックについて
  ・アウターの下に装着
  ・リーダーによるチェック法(全員交代して練習)

3.プライマリーサーチ
  ・初期捜索(電波をキャッチするまでのサーチ)
    サーチに入る前に・・・
    ・リーダー決定
    ・さらなる危険の確認
    ・状況把握(埋没者人数、消失地点、ビーコン装着の有無)
    ・全員のビーコンを受信モード(重要)
    ・役割分担(リーダー以外は、プローブ、シャベル携行のうえ残留物の目視など)

4.セカンダリーサーチ
  ・受信後の操作法(誘導法)
  ・ビーコンを藪に隠して練習

5.ファイナルサーチ
  ・グリッドサーチ(クロス法)
  ・浅い埋没の場合は容易
  ・深い埋没のシミュレーション(立ったまま肩の高さでサーチ)
  ・ビーコンを枯葉等で隠して練習

6.複数埋没者探査
  ・デジタルビーコンの複数埋没者探査機能を使う
  ・上記機能がうまく働かない場合orアナログビーコン
   → マイクロ・ストリップ・サーチ(職人技のため紹介のみ)
  ・ビーコンを枯葉等で隠して練習
  ・スパイラル・プロービング併用(シミュレーション)
  ・タイム計測(2個で5分目標)

7.雪崩埋没者掘り出し時の注意点
  ・ヒットしたプローブは抜かない
  ・プローブから少し離れた場所から掘る → 平地なら深さの2倍、25度斜面なら深さ分
  ・効率的な掘出し → まず頭を出し気道確保 V字コンベアベルト・メソッド
  ・低体温症の予防 → 外気にさらさない。ツエルト等の活用
  ・外傷についての注意 → 頸椎等の骨折が多い 25%が外傷による死亡


半日で終わったので、午後からNさんちへ行ってプロジェクトをリード・トライしました。
寒すぎて体が動かず(本当は飲みすぎ?)2ハングドックという結果に終わりました。く~っ!





by s_space_s | 2018-12-19 18:00 | テレマーク | Comments(0)