blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:道具 ( 80 ) タグの人気記事


2018年 12月 19日

ビーコン練習会をやりました。

雪があるようなら奥美濃の山へ行こうと思っていましたが、ビーコンを埋めるほど積雪が期待できないので、近所の裏山で行いました。
今後のためにメモします。
お気付きの点などあれば、ご教示いただけると幸いです。

日時:2018年12月15日(土)8:00~12:00
場所:岐阜市内里山(雪なし)
参加者:岐阜テレマーク倶楽部メンバー5名

練習項目
1.各種ビーコンの機能確認
  ・アナログ(骨董品)orデジタル
  ・電源のON・OFF
  ・送信・受信切り替え

2.装着及び作動チェックについて
  ・アウターの下に装着
  ・リーダーによるチェック法(全員交代して練習)

3.プライマリーサーチ
  ・初期捜索(電波をキャッチするまでのサーチ)
    サーチに入る前に・・・
    ・リーダー決定
    ・さらなる危険の確認
    ・状況把握(埋没者人数、消失地点、ビーコン装着の有無)
    ・全員のビーコンを受信モード(重要)
    ・役割分担(リーダー以外は、プローブ、シャベル携行のうえ残留物の目視など)

4.セカンダリーサーチ
  ・受信後の操作法(誘導法)
  ・ビーコンを藪に隠して練習

5.ファイナルサーチ
  ・グリッドサーチ(クロス法)
  ・浅い埋没の場合は容易
  ・深い埋没のシミュレーション(立ったまま肩の高さでサーチ)
  ・ビーコンを枯葉等で隠して練習

6.複数埋没者探査
  ・デジタルビーコンの複数埋没者探査機能を使う
  ・上記機能がうまく働かない場合orアナログビーコン
   → マイクロ・ストリップ・サーチ(職人技のため紹介のみ)
  ・ビーコンを枯葉等で隠して練習
  ・スパイラル・プロービング併用(シミュレーション)
  ・タイム計測(2個で5分目標)

7.雪崩埋没者掘り出し時の注意点
  ・ヒットしたプローブは抜かない
  ・プローブから少し離れた場所から掘る → 平地なら深さの2倍、25度斜面なら深さ分
  ・効率的な掘出し → まず頭を出し気道確保 V字コンベアベルト・メソッド
  ・低体温症の予防 → 外気にさらさない。ツエルト等の活用
  ・外傷についての注意 → 頸椎等の骨折が多い 25%が外傷による死亡


半日で終わったので、午後からNさんちへ行ってプロジェクトをリード・トライしました。
寒すぎて体が動かず(本当は飲みすぎ?)2ハングドックという結果に終わりました。く~っ!





by s_space_s | 2018-12-19 18:00 | テレマーク | Comments(0)
2018年 12月 19日

古いクライミングシューズをリソール

10年以上前、東京の板橋にあった極地研究所のゲストハウスにいたころ、一生懸命ジムに通ったことがありました。
やっぱり努力はしてみるもので、下手なりに成果はあったような気がする。
そのころ、K隊員のお世話でお安く手に入れたスポルティバのバラクーダというクラック向けのシューズが今でも現役だというのが情けないですね。
もっと古いアナサジ・メサも未だに勝負靴です。
e0064783_10265037.jpg
バラクーダのつま先が薄くなりランドまでいきそうだったので、イシハラさんに教えてもらった京都の靴修理屋さん凛靴にリソールしてもらいました。
ゆうパックで靴とオーダーシートを送ると、すぐ確認の電話がありました。
細かい注文はこのとき出来ます。
ソールはビブラム3種類とステルスC4から選べます。
見積もりの料金を振り込むと、1週間ちょっとで靴が届きました。
e0064783_10265040.jpg
なかなか綺麗な仕上げで、足型のせいか若干ダウントゥになっていました。
履きなれた靴でプロジェクトが登れたらうれしいな。

料金等は下記のとおりでした。
ゆうパック 730円
修理料金 6,750円
振込手数料 324円
合計   7,804円




by s_space_s | 2018-12-19 12:30 | クライミング | Comments(0)
2018年 11月 14日

鋳物ホーロー鍋

関市にある刃物工場、ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパンのチラシが新聞の折込に入っていました。
かみさんが、切れなくなった包丁を買い換えたいというので、最大80%オフに惹かれて、見に行ってきました。

工場の事務所の3階が会場で、関連会社の製品も含めおしゃれで機能的そうな台所用品が所狭しと積まれていました。
40%~80%オフの札が貼ってあります。
こういう物に関心がないので、定価の設定が妥当なのかは分かりませんが、オフとか言われると弱い。
お客さんは趣味の良さそうなご夫婦も多かったけど、若い女性が多いのが目につきました。
わしみたいに、ジャージの上下とサンダル履きの人はいませんでした。

まずは、60%オフの包丁とキッチンバサミをゲット。
ヘンケルスの4千円ぐらいのものですが、昼に冷麦たべるのにネギを切ったら、むちゃくちゃ良く切れました。
目的の商品を買ったらすぐ帰ればいいのに、なんとなく見て歩いていたら、会場の中央に沢山積まれたフライパンや鍋が気になりました。
良さそうに見えたのが、全体が鋳物で作られた鍋。
石窯に入れたら料理のレパートリーが広がるような気がしました(かみさんが)。
お値段を見てびっくり。中ぐらいので、うん万円もします。

年に何回使うかわからないけど、デザインも気に入ったのでフランス製のSTAUBの鍋を買ってしまいました。
e0064783_10424999.jpg
早速、添付のレシピ本を見て、かみさんがズッキーニ、ナス、トマト、セロリなどの煮込み料理を作ってくれました。
重い蓋に秘密があるらしく、水も入れないので素材の味が出ていて、おいしかったです。
多分、次の出番は正月のような気がしますけど。


PS
めったに出番はないかと思ったら、連日、これ使った料理が食卓に出てます。
レンコンとゴボウのカマンベールチーズ煮とか、焼きリンゴとか・・・





by s_space_s | 2018-11-14 20:39 | 日常 | Comments(0)
2018年 09月 25日

丸い飯盒

最近、ご近所の方からカタログギフトをいただきました。
お菓子からグルメ、日用品やアウトドアグッズまであって、カタログの厚みがすごい。
印刷代が相当かかっているのではないかと、考えなくてもいいことが気になったりして。
e0064783_20564124.jpg
キャンプ用品のページを見ていたら、丸型の飯盒がありました。
釣りが主体の、のんびりキャンプには飯盒を使っています。
旨い飯が炊けるし、なんか道具として味があるような気がして、これはこれでいいのですが、まっちゃんとか沢屋さんが使っているビリーカンという焚き火用の鍋が良さそうに見えて、丸型の飯盒ならその代用になるのではと思いました。

どちらも4合焚きですが、丸型のほうが350gで100gほど軽いです。
鍋のかわりにもなりそうだし、重宝しそうです。






by s_space_s | 2018-09-25 17:42 | 山登り | Comments(3)
2018年 09月 11日

山越えして岩魚の谷へ(その2)

雨降りの予報が出ていましたが、2日も家にいるのがもったいない。
先週、行った谷と同じ水系の支流へカッパを着て行ってみました。
今回は少しアプローチが長かったけど、涼しくて気持ちよかった。
e0064783_06085743.jpg
山道沿いにタマゴタケがよく出てました。
e0064783_06085677.jpg
きれいなキノコです。
e0064783_06085615.jpg
今回は先週のような滝場はなく、あっさり本流に出てしまいました。
e0064783_06085761.jpg
雨が降っているので、沢の水は多めで、笹濁りです。
使ったのは先週と同じ毛ばりです。
先週は釣り落としが多かったので、今回は鉤の結び方を工夫してみました。
簡単に言うとフリーループノットというもので、ルアーなどの結束に使われる結び方です。
これを使うと毛ばりの動きが格段に良くなって、本来ならミミズがいいような増水の状況でも喰いがよかった。
毛ばりが回転するためか、上あごへフッキングする確率も高くなる感じでした。
e0064783_15112245.jpg
尺に少し足りないのも出ました。
e0064783_15112735.jpg
この谷も普段ならほとんど水がないと思われるところまでイワナがいました。
e0064783_06085624.jpg
源流で雨が強くなり、雷もなりだしたので、お昼前に納竿。
タマゴタケを探しながら下山しました。
長良川がまた濁流になっていました。
e0064783_06085625.jpg
バター醤油炒めにしたらポルチーニのようなこっくりとした旨みが出て最高でした。
今晩は、残ったキノコの汁でオムレツしよう。




by s_space_s | 2018-09-11 18:00 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2018年 09月 06日

山越えして岩魚の谷へ —釣れないのは腕のせい?—

白山のちっちゃな谷のそのまた源流へ山越えして行ってみた。
尾根の乗越まで1時間くらい。トチ、ブナ、ミズナラの林床は低い笹で歩きやすい。
e0064783_21402915.jpg
イワウチワの群生する歩きやすい尾根をどんどん下る。
e0064783_21403232.jpg
目的の谷まで2時間かからなかった。
かなり水量もあり、岩盤主体のりっぱな谷である。
ここも先日の豪雨の影響を受けているようだ。
支流からガレが押し出している。
e0064783_21411407.jpg
地形図から想像していたのは、岩魚の楽園のような平流であった。
ところが、しばらく登ると予想に反して谷がゴルゴルしてきた。

e0064783_21412030.jpg
そして、遂に恐れていた滝場。
e0064783_21412334.jpg
廊下状がしばらく続き・・・
最後の滝。5m、2mの2段。
を抜けてほっとする。
e0064783_21413002.jpg
その後はゴーロとなるが、またも支流の伐採斜面から土砂の流出。
e0064783_21403575.jpg
この支流を分けてからは、魚影が走るようになる。
掛かるのは20㎝以上の良い型が多い。
けど、きっちり合わせたはずの魚が、取りこみの最中に外れることが何回もあった。
遊びなので、魚に逃げられても、さいなら~。って感じだが、尺物が水際で外れて、淵に戻っていくのを見送るのは悔しい。
e0064783_21410179.jpg
フッキングした魚が落ちてしまうことは、仕掛けの短い提灯釣りではよくある。
けど、今日は明らかに頻度が高い。
こういう時は、まず毛鉤の針先(ポイント)が鈍っていることが多いので、チェックする。
指の爪に斜めに滑らせ、引っかかればOKで、滑るようならダイヤモンドヤスリで研ぐ。

ポイントはそれほど鈍っていなかったが、念のため左右面と外側を研いだ。
使っている毛鉤は自分で巻いたものだが、研いでいて気になることがあった。
明らかに、ポイントがゲイプ側に巻き込んでいるのだ。

源流の滝

e0064783_21413241.jpg
最源流までイワナは生息していた。
納竿して支流を15分ほどで尾根に着く。
尾根上にはりっぱな道がつけられていた。

e0064783_21414108.jpg
なんと、この道が林道まで繋がっていて、鼻歌気分で車に戻れた。
豪雨の影響が納まったころ、また行ってみたい沢だ。


帰ってから、気になったフックの形状について調べてみた。
ポイントが内側に曲がっている形状のことを「ネムリ」というらしい。
e0064783_15272359.jpg
効用としては、
飲み込まれた鉤が喉の奥に引っ掛かりにくく、口元まで出てきて刺さる。
一旦フッキングすれば外れにくい。
構造的に鉤が折れにくい。
底石などに根がかりしにくい。などなど

マイナス面としては、
すっぽ抜ける確率が高くなる。
口を閉じてないとかからない。
ネムリが組織を切るためバーブが効きにくい。
早合わせに向かない。などなど

ということで、早合わせ勝負的な提灯毛鉤には向かない形状のようだ。
フライフィッシングでは状況によって頻繁に毛鉤を交換するのが普通だ。
テンカラの場合、流し方や誘い方で対応することが多く、面倒くさがりのわしなんか、数回の釣行を同じ毛鉤で通すこともある。
なので、巻くときは耐久性重視のマテリアルを使っている。

今回のことで、おかしいと思ったら面倒がらず、毛鉤を換えてみることが必要だと思った。
機会があれば、ストレートゲイプのネムリのないものと比べてみたいと思う。





by s_space_s | 2018-09-06 08:28 | 釣り | Comments(0)
2018年 08月 20日

君はリンゴを握りつぶせるか!

握力強化のトレーニング器具としてパワーボールなるものを購入した。
やってみると最も力を付けたい前腕屈筋群にあまり効いてこず、クライミングにはあまり効果がないようだ。
けど、長い竿を扱い伸筋群を酷使する提灯釣りの毛ばりにはいいみたい。
これでトレーニングすれば、乗鞍青年の家のK氏のような、ビシ~!と音のする合わせができるようになるであろう。

コマのように紐を巻き付けてスタートするタイプとゼンマイ式のスターターが付いたタイプがある。
ゼンマイ式のほうが断然、使いかってがよい。
取説やyoutubeの紹介ではネジを巻くのに両手の親指を使っている。
けど、ちょっと考えればわかるように、昔のチョロQ式でテーブルや床にボールを当てて、抵抗のあるほうに引けば片手で巻くことができる。
こうやれば、2個買って両手同時にトレーニングもできる。かもね。

e0064783_19011929.jpg
パワーボールを上手く回すにはちょっとコツが要って、お盆に親戚の子供達を手なずけるのには役立った。
小さな子供にはチョロQみたいに走らせると、R2-D2みたいで受ける。かもね。





by s_space_s | 2018-08-20 15:07 | 日常 | Comments(0)
2018年 07月 02日

サマーゲレンデ初体験

てれカズ先生にウイングヒルズのサマーゲレンデへ連れていってもらいました。
以前から興味はあったのですが、特殊な世界のような気がして敷居が高かった。
やってみると楽しいし、自分のスキーを見直す色んなヒントが得られた1日でした。
気温が高くなってから小雨の日に行くとコースの条件が良いそうです。

まず、使う板ですが、先生はサマーゲレンデ用に開発されたHARTのバルシップというのを使ってました。
写真ではわかりきくいのですが滑走面のエッジ側1㎝ぐらいがメタルプレートで補強されてます。
通常のスキーのソールだと特に高速で滑った場合、熱でマットのカスがソールに融着したり、ソール自体が融けたりするそうです。

e0064783_22540255.jpg
ゲレンデはこんな感じ、白いところが新しいマットで、エッジがよく効きます。
初めてのサマーゲレンデで要領をえず、先生を待たせることしばしば。
e0064783_22540266.jpg
まずは数ターン、アルペンターンしてみます。
お借りした板が良かったのだと思いますが、まあ普通に滑れる感じなので、テレマークを入れてみました。
ワンステップ気味にメリハリつけてやればテレマークもできる感じです。
けど、先生のように気持ちよさそうに滑れません。
サマーゲレンデはカービングしたほうが雪の上を滑る感覚に近くなるのだそうです。

先生のお手本の滑り

慣れてきたのでパラレルでなるべく下向きに滑ってみたら、気持ちよさが少し感じられました。
切り替えの時も立ち上がらず内足のブーツの上に腰かけるみたいな感じがいいみたい。
e0064783_22540297.jpg
数本滑って足元を見ると、なんじゃこりゃ!
マットのブラシの削りかすでした。
これはずらしているから出るのだそうで、カービングしてる先生のブーツにはほとんど付いてませんでした。

e0064783_22540365.jpg
午後は持参した自分の板ヌーニョを使ってみることにしました。
最近エッジは研いでないですが、先日の乗鞍の固い斜面でも問題なかったので、だいじょぶかなと考えた私がバカだった。
最初のターンからバーンにまったく歯(刃)が立たず。
足場ができないので、アイスバーンの上で横滑りしてるみたいに、ターンの恰好してるだけ。

1本で懲りたので、ゲレンデ下で出店をやってる、チューンナップショップに板を出しました。
先生の板も一緒に出して、しばらく休憩していると出来ました。
e0064783_22540363.jpg
仕上げは88度ほどで、マットに食いつくようわざとバリを残してあります。
さっそく滑ってみると、今度は板が曲がりませ~ん!
サイドカーブがあまりない板なので、スピードつけて加重して板をたわませられる達人でないと、ずらすしかありません。
あとで確認したら、トップはすこしだらしてありましたが、テールのバリは残ったままでした。

でも数回滑ると、なんとなくテレマークもできるようになりました。
板の性格やチューンナップがこれほど滑りに影響するのを体感したのは初めてでした。
ごまかしがきかないサマーゲレンデの効用だと先生が言ってました。

あと、サマーゲレンデでこけると非常に痛いことを付け加えて、私の謝辞とさせていただきます。



ヌーニョのエッジもバリバリ残ってるので、また行こう。
こんどはテールをダリングして滑ってみたい。
コザエモンさん、行く?





by s_space_s | 2018-07-02 12:50 | テレマーク | Comments(2)
2018年 05月 31日

これは新機軸だ!

通勤用ママチャリの後輪の空気が抜けるようになりました。
水に浸けてみると、バルブの付け根あたりが怪しい。
多分、以前にパンク修理したところから漏れているのではないかと思いました。

そうなると、もうチューブを交換するしかありません。
ちょっと前にタイヤを交換したときに、ケチらず新品のチューブを入れとけばよかった。
と思っても後の祭り、アフター・ピーヒャララ♪。

通勤帰りにホームセンターに寄ってみると、こんなパーツがありました。
e0064783_21074537.jpg
チューブに空気を入れると、こんな感じ。
e0064783_21074536.jpg
ロードバイクとかのスポーツ車ならクイックレリースがあるので、チューブやタイヤの交換は簡単です。
ママチャリではホイールを外すと、駆動系、泥除け、スタンドなどを分解することになり一苦労。
この製品なら、ホイールを付けたままタイヤレバーでタイヤを外し、古いチューブを切って外したところに、ひも状のチューブを収めていくだけです。

これは新機軸といっても過言ではないでしょう。
いつもは半日仕事のチューブ交換が30分ほどでできてしまいました。
またパンクしても修理が早くできると思います。


メダカがどんどん増えてます。
もう卵を移すのやめよう。
e0064783_21074443.jpg



by s_space_s | 2018-05-31 12:08 | 自転車 | Comments(0)
2018年 03月 08日

靴下が見つかった

先日、W師とレレマークにご一緒したときに、靴下を片方なくしました。
山用のオーロン(今でもある?)の厚手のやつで、南極越冬したときに支給された靴下です。
スキーに使うには厚すぎるので、山ではめったに使いませんが、最近しもやけがひどくて下界でよく使ってました。

最初、W師に確認いただいたときには車内に見当たらないということでした。
普通、片方だけになった靴下なんて捨てると思います。
けど、たまたま同じタイプの靴下がもう1ペアありました。
1.5足でローテーションすれば長持ちだ、と良い(せこい?)考えが浮かんできて。

1月以上たって、座席の下から出てきたとご連絡いただきました。
すぐに使う予定はないけど、臭い物をお預けしておくのは申し訳ないので、仕事帰りにお寺へ取りに伺いました。
W師はご不在で、奥様から洗濯までしていただいた物を拝受いたしました。
そのうえ、大好物のお土産までいただいて恐縮の限りでした。

少しお話すると、師はテレマークに再び目覚められたとのこと。
奥様も昔テレマーカーだったこともお聞きしました。
0.5足の靴下、捨てないでよかった。






by s_space_s | 2018-03-08 12:01 | 日常 | Comments(2)