blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:酒 ( 18 ) タグの人気記事


2018年 12月 12日

岩村観光(城址は東洋のマチュピチュ!)

三森山登山の後、本日の宿となる岩村山荘という旅館に車を置かせていただきました。
この宿は岩村城址の登り口にあって、お城の一部のような佇まいです。
e0064783_14150268.jpg
まず、冷えた体を温めに?「女城主」でおなじみの岩村醸造の酒蔵を訪ねました。
e0064783_14150275.jpg
美濃市の蔵元、小坂酒造の造りとそっくりなのが興味深かったです。
e0064783_15200918.jpg
トロッコの軌道に沿って醸造室の手前まで見学できます。
e0064783_14150289.jpg
試飲を何杯かいただいて、胃から温まりました。
今夜の寝酒も仕入れました。
「うだつ」がないのを別にすれば、美濃の町屋とよく似た雰囲気です。
e0064783_14160746.jpg
お昼過ぎでしたが、うどん処「みつば」で暖かいうどんをすすりました。
もっちりした麺でうまかった。
これで結構お腹がふくれたけど、名物の五平餅もいただきました。
あまから岩村店のは団子型です。
1本100円。クルミ味噌のやさしい味。
e0064783_14160769.jpg
明智鉄道の岩村駅は普通のローカル駅
e0064783_14160745.jpg
古い看板が気になります。
e0064783_14164990.jpg
路地裏のなまこ壁
e0064783_14164954.jpg
明日ものんびりできるので、散策は早めに切上げ宿に戻りました。
岩村山荘の湯はラジウム温泉と銘打っていますが、真水にラジウム鉱石を混ぜたものだそうです。
ローソク温泉ほど強烈ではありませんでした。

夕飯は「戦国料理」という囲炉裏で肉や岩魚や野菜を自分で焼いて食べるという趣向のもの。
まだピクピクしている岩魚を炭火で焼くというのは初めてでした。
Y田さんなら卒倒しそうな料理です。
岩魚の塩焼きをよく食べてる、わしらでも大変美味しく感じました。

風呂場の隣に体育館があり、フロントで道具を借りて温泉卓球をしました。
昔、卓球部だっただけに、かみさんには敵いませんでした。
彼女には、わしの打つ格好が可笑しいらしく、腹筋の運動にはなったみたいです。
部屋に戻って、岩魚の頭を肴に女城主を飲みました。
e0064783_14164959.jpg
明け方に、かみさんがゴソゴソ探し物をしています。
財布やカード、スマホなど貴重品を入れたバックを体育館に忘れたらしい。
朝風呂がてら見に行きましたが、無かったと言って、風呂だけ入って戻ってきました。

館内のことだし、出てくるとは思っていたけど、落ち着きません。
朝飯前わしも風呂に行った帰り、フロントの奥から流れてきた聞き覚えのある目覚ましのメロディーに、ほっとしました。
次に卓球をされたご家族がフロントに預けてくださったとのことでした。

朝は三杯もご飯がすすみました。かみさんは二杯。
チェックアウトしてから岩村城址に上りました。
マチュピチュってこんな感じ?

e0064783_14164860.jpg
本丸は、名古屋城みたいなのが建っていたのではなく、壁と櫓に囲まれた大きな広場だったようです。
いざという時には、ここに大勢の兵士が集まって、気勢を上げたのでしょうね。
バックは白くなった恵那山です。
e0064783_14173595.jpg
裏側の立派な石組み
e0064783_14173526.jpg
案内標識にあるQRコードをスマホで読み取ると、イメージCGが見れました。
こうやって見ると日本三大山城というのも頷けます。
e0064783_09005283.jpg

下城してから、車で農村景観日本一の展望台へ行ってみました。
手前の杉林?が伸びてきて半分みえません。

e0064783_14173577.jpg
もう一度、城下町を歩き、「かんからや」のかんから餅をいただきました。
1人前が、あんこ・ゴマ・きなこの5個セットで、結構なボリュームで、半分こしました。
e0064783_14173594.jpg
Yさんお薦めの、松浦軒のカステラをお土産に買って岩村を後にしました。

帰りに明智の「団子杉」に寄って帰りました。
樹齢、推定1000年だそうです。
団子というより、ここらなら「栗きんとん杉」ですね。
e0064783_14181326.jpg




[PR]

by s_space_s | 2018-12-12 18:23 | 旅行 | Comments(0)
2018年 06月 26日

ズッキーニの塩もみ

わしは全然手伝っていないのですが、かみさんのやっている畑でズッキーニがどんどん生り始めました。
煮込んだりトマト味で炒めたりするのしか食べたことがなかったけど、ちょっと飽きてきたので、塩もみにしてもらいました。
e0064783_14035924.jpg
キュウリとも違う独特の歯ごたえで、焼酎に合います。





[PR]

by s_space_s | 2018-06-26 19:50 | うまいもん | Comments(0)
2018年 04月 04日

三方岩岳へ行ってきました。

4月1日(日)に名古屋のブナの木スキークラブの方々と三方岩岳へ行ってきました。
白谷から別れ尾根に取りつく登山道のある小沢はかろうじて雪が繋がっていました。
1週間でかなり融雪が進み、尾根上には大きなクラックも入っていました。
雪はいい感じのザラメで快適な滑降が楽しめました。

料金所手前まで除雪が進んでいました。
e0064783_06554319.jpg
白谷から尾根への取り付き地点

e0064783_06554395.jpg
上部はルンルンです。

e0064783_06554349.jpg
やっとピークが見えました。
e0064783_06555690.jpg
野谷荘司方面は雪割れやデブリで厳しそう。

e0064783_06555545.jpg
頂上直下のトラバースで雪割れがあり一回スキーを外しました。

e0064783_06555685.jpg
滑降は快適。Iさんの華麗なテレマーク。
右上にちょこっと頭を出しているのは三方岩。
e0064783_06555557.jpg
1586mピークから三方岩を振り返る。
e0064783_06560698.jpg
Yさんは日本山岳会岐阜支部にも所属してみえて、またご一緒できそうです。
e0064783_06560681.jpg
急斜面や谷の滑降も緊張感があって面白いけど、まったり斜面のクルージングのほうが好きです。
e0064783_06560720.jpg
ブナ林の滑降
e0064783_06560631.jpg
かみさんが留守だったので、帰りにスーパーでトンチャンを買ってきました。
モヤシ、タマネギ、キャベツ、エノキ、ブナシメジと一緒に焼いて食べました。
冷奴と焼き鳥も。

「陽乃鳥」はすごく旨かったけど、居酒屋的な肴とはアンバランスだったかも。

e0064783_06561296.jpg










[PR]

by s_space_s | 2018-04-04 12:06 | テレマーク | Comments(0)
2018年 01月 09日

金箔入りのお酒

お正月に金箔入りのお酒をいただきました。
振らずに飲んでいたら、最後の一杯にこんなに入りました~。

e0064783_12272891.jpg
どれぐらいで出てくるのか。
明日以降、トイレに行くのが楽しみです。




[PR]

by s_space_s | 2018-01-09 12:31 | あほばなし | Comments(0)
2017年 12月 20日

海釣りと初滑りと皮肝

釣りの師匠のKさんのボートに乗せていただき海釣りへ行ってきました。
蒲郡のマリーナから佐久島へ向かいましたが、北西の風強く、波が高いため引き返しました。
波をジャンプしながらドシンドシンと船底を海面にたたきつけるように走るボートは、海になれていない者には怖かった。
漂着した北朝鮮の船に乗っていた人たちはどんな思いだったのでしょう。
e0064783_22000100.jpg
マリーナ近くまで戻ってカレイを狙うも反応なし。

e0064783_22000165.jpg
釣りをあきらめ、マリーナに戻って船上で宴会開始。
ayaちゃんに送ってもらった日本酒をいただきました。
それぞれ個性があって美味しかったけど、谷川岳が一番人気でした。

e0064783_22000140.jpg
飲みながら、K師匠が小さかったころ、家のニワトリをつぶして食べた話や、鳥屋(とや)でおじいさんの焼き鳥の手伝いをした話を聞きました。
小さいころ鳥の肝(特にきんかん)を食べさせられたけど好きになれなかったというのは、うちのかみさんと同じで面白かった。


今日、初滑りにウイングヒルズへ行ってきました。
シーズン1本目はすぐ腿がパンパンになって、まだ気持ちよいとこまで行きませんでした。
おまけに後ろこけして首がむち打ち症で曲がらなくなってしまいました。

K師匠の話を聞いていたら硬いかしわを食いたくなり、郡上の鳥信で皮肝ミックスを買ってきました。
こういう写真ってインスタ映えします?
e0064783_21594514.jpg






[PR]

by s_space_s | 2017-12-20 22:55 | 釣り | Comments(0)
2017年 12月 12日

城崎にて(その1)

すこし前から、かみさんと城崎温泉に行きたいねという話が出ていました。
志賀直哉の本を読んでみたりしましたが、なかなか具体的に考えられずに年末が近づいてきました。
かみさんは、来春ぐらいでよかったみたいですが、こういう話は思い立ったらすぐ計画を立てないと。

ネットの予約サイトでは、わしらには高級すぎるホテルしかありませんでした。
旅館協同組合に電話したらお手頃で場所もいい「つちや旅館」が予約できました。
温泉に入ってカニ食って、かみさんは温泉寺と「天空の城」竹田城、わしは玄武洞を観るのがメインエベントです。

おんぼろビッツでなるべく下道で城崎に向かいました。
この車、もう10年以上乗っています。
一昨年ぐらいからプラスチックのホイールキャップが割れたので全部外してしまいました。
黒いホイールがむき出しで、駐車場でもよく目立つし、ホイールキャップなんて飾りだと思っていました。
ところが先日、冬タイヤに交換するとき、センターハブが錆びついてCRCを塗って足で蹴飛ばさないと外れませんでした。
ちゃんと役目があるんですね。

閑話休題

時間があったので、舞鶴の赤レンガ倉庫群に寄りました。
赤れんが博物館では世界と日本のレンガの歴史を学べます。
レンガを焼くホフマン窯の内部です。
e0064783_21203991.jpg
赤れんがの中庭で

e0064783_21204892.jpg
赤れんがロードの懐かしい電柱

e0064783_21175642.jpg
海軍の魚雷を保管していた倉庫です。
e0064783_21203179.jpg
カフェで海軍カレーというのをいただきました。
自衛隊の砕氷船に乗っていた時も、やっぱり金曜日の昼はカレーと決まってました。

城崎温泉へは少し不安になるような県道の峠を二つ越えて着きました。
そこだけ吃驚するぐらい人がいて、まさしく観光地でした。
城崎温泉は外湯で発展してきた温泉街で、内湯は最小限しかありません。
旅館でフリーパスを貰って、近くの「鴻の湯」へ行きました。
夫婦円満の湯だそうです。
効果あったかな?

e0064783_21204780.jpg
温泉の湯は温まります。
温泉街を少し散策してから四所神社にお参りして、志賀直哉も歩いたであろう大谿川に沿った裏道で帰りました。

e0064783_21204733.jpg
仲居さんに撮ってもらいました。
e0064783_21204702.jpg
香住鶴の熱燗が最高で、何本もお代わり。
蟹の甲羅酒がうまくて、かみさんもこっちが心配になるぐらい飲んでいました。
翌日、道の駅で1升瓶を買ってしまいました。
e0064783_21204759.jpg

♪もう飲みすぎちまって
 きみをだくきにも~なれないみたい♪



夜のあいだ、外で水の音がずっとしていたので、雨でも降ったのかと窓を開けてみると。
e0064783_21220004.jpg
大谿川に面した部屋に泊まっていたのでした。




[PR]

by s_space_s | 2017-12-12 17:28 | 旅行 | Comments(0)
2017年 09月 16日

よい沢の条件

わしにとって良い沢の条件は、魚がたくさんいることです。
あと、自然林できれいな水が流れているところ。
良い沢の逆は、面白くない沢?良くない沢?
沢登りの話で悪いというと、別の意味になってしまいます。
悪くて良い沢ってこともあるのです。

今日はこんな沢に行ってきました。
白山山系の谷で、平日なら誰もいないと思ったのに・・・
滝を超えても新しい足跡かありました。
魚も走らないので、我慢して遡行に専念します。

今回は買ってから全然履いてないモンベルの沢靴で行きました。
タビに慣れた足には固いソールが足裏感覚を邪魔して歩きにくいことこのうえない。
大きな岩を乗越すときにスリップしてあっという間に背中から川床に落ちました。
全身ずぶ濡れになったのとお尻と脇腹をしたたか打っただけで済みましたが、危なかった。

顕著な支流の出合いを過ぎると、魚影が濃くなりました。
e0064783_21452640.jpg
ここまで来ると岩魚はすれていなくて、姿を見せたまま木になったつもりになって、岩魚を見ながら釣りができました。
木化け石化けという技?です。
e0064783_21452944.jpg
よく肥えた尺岩魚
e0064783_21453338.jpg
両手・両足ほどひっかけて納竿。
ぶら下げた袋が重くて、下るのにバランスが取れず、ふらふらしました。
足回りにも不安があるし、ゆっくり下りました。
悪くない良い沢でした。

地図を見て余韻に浸りながら、ウイスキーをちびちびやってます。
お尻が痛いです。

晩酌するには、肴が美味くなる日本酒がいいけど、夜、のんびりするにはウイスキーが良い。
長男坊が置いていった、ラフロイグというシングル・モルトは、癖になる大人の味です。
はじめはピートのスモークが「うげ~!」という感じだったけど。
e0064783_21453938.jpg
最近、ブコウススキーの「パルプ」という探偵小説を読んでいます。
この酒と取り合わせがいい感じです。
難点は2ページぐらいで眠くなってしまうこと。




[PR]

by s_space_s | 2017-09-16 12:33 | 釣り | Comments(0)
2017年 02月 21日

石徹白バックカントリー(野伏ヶ岳)

新潟からお越しになったTさんご夫婦とお仲間のKさんを野伏にご案内しました。
Kさんが300名山を目標にしてみえるということで、一昨年は猿ヶ馬場にご一緒しました。
野伏は昨年も計画しましたが、Tさんのぎっくり腰で1年越になっていたものです。

ダイレクト尾根末端のブナ林
e0064783_21562317.jpg
ダイレクト尾根の中間に立っているY字ブナ
e0064783_21561030.jpg
ダイレクト尾根上部で予想どおりクラスト斜面になり、ヒャっとする場面もありました。
e0064783_22170754.jpg
晴れてくると思ったら、頂上では風も強く寒いので早々に支度して下りました。
滑降は安全策で東尾根を末端まで忠実に滑りました。
和田山牧場まで戻ってきて一安心。
TLTのビンディングは慣れないとトラブルの種になると思いました。
e0064783_21563331.jpg
お土産に、こんな高級酒をいただきました。
大事にして少しずつ飲ませていただいてます。
やっぱ旨いわ。
e0064783_21563249.jpg





[PR]

by s_space_s | 2017-02-21 17:50 | テレマーク | Comments(0)
2017年 02月 11日

雪もようの休日

この土曜日は石徹白の山をガイドする予定でしたが天気が悪そうなので延期しました。
その代わりにNSネットのネイチャースキーのお手伝いをするつもりでしたが、それも流れ。
朝一番でボレのスキーアイゼンの取り付けをしました。
96㎜用のやつですが100㎜センターのアトミックにぎりぎり付きました。
e0064783_16512534.jpg
手前はペッツルのスキーアイゼンです。
ペッツルはビス3本なのに対しボレは2本。
e0064783_16512574.jpg
アイゼンの形状も凹凸で強度を出しているペッツルに比べボレは一枚板。
刃先の鋭さもペッツルに分があるようです。
なお96㎜用を100㎜に付けるのはシビアな穴あけの位置決めが必要です。

まだ雪が降っています。
かみさんが美濃の小坂酒造の蔵開きにに行くというので付いて行きました。
e0064783_16512580.jpg
沢山の人がみえてました。
e0064783_16512438.jpg
蔵の裏庭
e0064783_16512591.jpg
蔵の中まで入れてもらい
e0064783_16512332.jpg
「夢のじゃぐち」から無濾過の純米しぼりたてを瓶に入れていただきました。
e0064783_16512606.jpg
運転を任せて試飲もいただきました。
e0064783_16512555.jpg
粕汁や酒粕の振舞いや酒饅頭でお腹もいい感じ。
e0064783_16512480.jpg
次は3月4日・5日です。
お酒は吟醸しぼりたて。
シボリ上げるそうですよ。

午後は関市の映画館へ行って「この世界の片隅に」を観ました。
ヒロイン「すず」のおっとりと対照的にストーリーは目まぐるしく展開し、年寄にはついていくのがやっとでした。
けど、描いている世界はよくわかるし、歴史のことを考えるとき、いつも感じていることでした。
(日常にかまけて深く考えることなどほとんどないのですが。)

あの時代に生きた人たちの人生は、不幸な人生でしたねで片付けられるのか。
すずはおっとりしたままで死ねれたら幸せだったのか。
あの時代の人はどうすればよかったのか。

純米しぼりたてを呑みながらでは、考えがまとまりません。




[PR]

by s_space_s | 2017-02-11 19:58 | 日常 | Comments(0)
2016年 06月 07日

雨上がりの小さい沢

クラムボンはわらったよ。
クラムボンはかぷかぷわらったよ。


お父さん、お魚はどこへ行ったの。
魚かい。魚はこわい所へ行った


*****************

日曜日、まっちゃんと荒島岳西面の沢へ行く予定でしたが、朝から雨で中止。
朝飯をゆっくり食べてから読書でもしようと思っていたら、雨が上がってきて、腰が落ち着かなくなりました。
そそくさと釣りの準備をして、釣りにしては遅めの出発となりました。

目的は揖斐の小さな谷。
20年以上前の沢登りのノートを読み返してみるとあまり好い印象ではなかったみたい。
今回は、あるものの確認もしたかったので、ダメ元で行ってみました。

谷に入ってみると、雰囲気が記憶とは違っていました(いい意味で)。
雨後のため毛ばりでは食いが浅く何匹も釣り落としました。くそ~っ。
15匹ほど引っかけて納竿。
e0064783_23274373.jpg
車に戻るとヤマビルがいっぱい這い上がってきていました。

小さいアマゴが多かったので、家でから揚げにしてもらいました。
採ってきたばかりの新鮮なアマゴは驚くほど反り返ります。
e0064783_23274368.jpg
酒は頂きものの銀河高原ビールです。
岩手で作られているんですね。
高山に住んでいたころ飲んだのと違う印象(いい意味で)。

谷でも酒でも時間が経つと印象が変わるもんだと思いました。
人もそうであればいいのに。
風呂上り、数ヶ所あるヒルの噛跡から血が流れ出し、パジャマがえらいことになりました。

********************


待て待て、もう二日ばかり待つとね、こいつは下へ沈んで来る、それからひとりでにおいしいお酒ができるから、さあ、もう帰って寝よう、おいで

 宮沢賢治 やまなし




[PR]

by s_space_s | 2016-06-07 12:33 | 釣り | Comments(2)